boss OC-3を購入

BOSS SUPER Octave OC-3を買ってみた。

最近、バンドというものにいろいろ思うところがあり、
バンドとしての最小構成2名にしてライブを行うことがある。

なぜ最小構成が2名なのかというと、1名ではSSW(シンガーソングライターね)
と差異を説明できないからだ。因みに少し前までSSWの綴りの意味が
分かっていなかった。サウスバイサウスウエストのXがないやつ?
サウスサウスウエスト?などと珍妙なことを頭の中で思っていた。

閑話休題。

ということで、最小構成2名でのバンドを作りを始めた。
当初からループ(ひとつのフレーズ弾いたら即録音できて繰り返して流して
くれる機能ね)を使用し、フレーズを重ねた上にコードをジャカジャカ
弾いたり、アルペジオを弾いたり、さらにフレーズを重ねたりして
ライブをしていた。そのころはtennjoeという名前でライブをさせて
もらっていた。ポップソングを歌うので、そこまで音もデカくなくていいし、
まぁ、ギターをギターアンプとベースアンプから出すので迫力もそんなに
出ないわけではなかろう。と考えてやっていたけど、どうにも足りない。
音にガッツというか、グッとくる感じがない。
悪くはないけど、良くもないチェーン店のハンバーグみたいだった。

そこからグッとくる感じを求めた。
ピックアップを変えて、弾き分けをしてみたり、
ディレイとかでループフレーズに奥行きを持たせてみたり、
試行錯誤してはみたもののそんなにグッとこない。

そして、原因に辿り着いた。
ベースだ。
ピアノで言うと、これまではずっと右手しかないから、
右手で出来ることを模索して、左手はないものだと思っていた。
しかし、右手には限界があり、尚且つ右手だけでは僕は
グッとこない。というところまでが分かっていた。

ピアノでは右手しかなかったら、右手で演奏するしかないが、
エレキギターは違った。右手で演奏した音をオクターブ下げて
アンプから出すことができた。
それを実現したのが、オクターバーだ。
右手を弾くだけで、左手の音も出してくれる。
便利だ。
しかも付属する機能を上手く使えば、オクターブ下のルート音
(ドミソだったらドとかの基本になる音ね)だけを
ベースアンプから出してくれる。
これはもう間違いなくベースだ。

因みに前からオクターバーというエフェクターがあるのは知ってたけど、
買わなかった。いや、買えなかった。
厳密にはヤフオクで5000~6000だったら買おうと思ってたけど、
そんな都合の良い値段のものと巡り合えなかったのだ。

そして、気長にヤフオクで5000~6000を待つ余裕がなくなった。
そう、ライブが決まったのである。

最小構成2名でバンドをやり、自身がグッとくる感を
手に入れようと思うと、オクターバーは多分役に立つ。
でも、使ったことないし、買って使わないのも嫌だな。とも
思ったが、可能性を信じ定価でオクターバー(BOSS SUPER Octave OC-3
以下、OC-3)を買った。

結果、OC-3が入ったおかげでグッと来た。
バンド感が強まったのだ。
やはりベースだ。
ベース音だ。

OC-3が入ったことで音が激変した。
それに伴い、アレンヂも全部変えた。
それはそれは大変だった。
しかし、満足度は以前の比ではない。
最小構成2名だけど4人バンドみたいだ!と思っている。

メンバー
gt/vo 俺
gt loopstation(RC-202)
ba OC-3
dr サキチヨ

ほら、4人バンドだ!

そして、何度かライブをしたが以前より満足度が高くなった。
因みにセッティングはこんな感じにしている。

ウサギの4人編成時のエフェクターにプラスして、
OC-3、loopstation(RC-202)、switchbladeが加わっているという感じ。

さらにOC-3の個別のセッティングはこんな感じ。

最初OC-3のDIRECT OUT 端子とOUTPUT(MONO)端子の両方に繋いだら、
片方づつ(エフェクターOFF時はDIRECT OUTから、エフェクターON時は
OUTPUT(MONO)端子)しか音が出なかったので、switchbladeを導入した
って感じ。もしかしたら、セッティングで両方から出るのかな?とも
思うけど、switchblade持ってたから、あまり深く調べずに
switchbladeに繋いでいる。

で、これでライブしたのがこれ。

ウサギバニーボーイduo-左脳

これはループフレーズ入力後にOC-3をONにしてる。
で、40秒くらいから自身でギターフレーズを弾いてるのだが、
聞いてもらったら分かるようにギターの音しか出てない。
これはギターをOC-3のBASS IN端子に刺すことで、
高音を拾わずオクターブ効果がかかっていないように聞こえているのだ。

しかし1分44秒くらいから始まるBメロにはガツッと
ベースアンプからオクターブの音が出る。

ループやってて、ボタンを押す回数が減ることは
緊張が減り、非常に精神健康を維持するのに役に立つ。

というような使い方ができるOC-3を重宝していますという
お話。なぜ、こんなことを書いているかというと、
こないだなんとなくAmazonのアフィリエイトに申し込んだ。
この記事のOC-3の写真やリンクをクリックし、amazonからOC-3を買ってくれると、
幾ばくかの銭が懐に入ってくるという。
以前も何かのアフィリエイトに登録し、記事を書いてみたが泣かず飛ばずだった。
世の中、そんなに甘くない。

なのに、何故記事を書くかといえば、自分もOC-3買う前にいろいろ調べてて、「で、お前はどんな風に使って、どんな音出しとるんじゃ?」と疑問に思うことがたくさんあった。そして、それを解消する手助けをしようと思った。僕みたいな奴の手助けになればいいな。

あっ、買ってくれたほうが身銭になるんで嬉しいんですよ。
それでは。

ウサギバニーボーイduo

ウサギバニーボーイduoのライブ動画です。
duoでの出演となった際はこのような形でライブいたします。
よろしくおねがいいたします。

ウサギバニーボーイduo-予告
ウサギバニーボーイduo-アイスを買いに
ウサギバニーボーイduo- 1000の真理
ウサギバニーボーイduo-左脳
ウサギバニーボーイduo-素敵な生活
ウサギバニーボーイduo-東京はダモリ

20190315-20190317

20190315

世の中はほぼほぼ理不尽で出来ている。
その理不尽に対して真っ向から立ち向かうのもひとつ。
理不尽とへらへら一緒に踊り続けるのもひとつ。
理不尽から逃げ出すのもひとつ。

僕も組織に属し、不可思議と思ったり、理不尽と思うことの
ひとつ、ふたつは経験しており、上記の3つの方法のいずれかを
選択しながら暮らしを続けている。

昔、拷問のひとつに捕虜や囚人に午前中にスコップを渡し、
穴を掘らせて、午後にその穴を埋めさせるという意味のない作業を
させつづけることで、精神が病み、狂うというのがあったと思うけど、
僕の属する組織もその拷問に近似なことを悪気なくやっている。

この「悪気がない」というのが曲者で組織はあくまでその組織に
属する人間たちが育つと思ってやっている。

具体的には定期的に新しいアイデアを組織に属する人間に
強制的に捻り出させ、それを評価するというものだ。
しかし決してアイデアが実現することはない。
なぜなら、実現には人と金と時間が必要だからだ。
そして組織は人と金と時間をかけるつもりは毛頭ない。
だから、実現はしない。
と、いうことはアイデアは全て塩漬けされ、全て風化していく。
これは午前中に穴を掘って、午後に穴を埋める行為と全く変わらない。
1点、違うとすれば良いアイデアには富裕層の時間給程度の
賞金が渡される。

そして今年も知り合いがこの拷問を受け、運よく富裕層の時間給を
手に入れた。そしてその金で飯をおごってくれるというので、
飯を食いにでかけた。美味い韓国料理だった。

盛り上がって12時くらいまで遊び、家に帰ると1時頃。
そこから録画してあったロンハーを観てたら3時前。
急いで寝た。

20190316

6時半ごろ起床。
そこから服を着替えたり、歯を磨くなどの一般的な準備をして
7時過ぎに出発。
今日は大阪へライブ。
家人とともにduo編成でのライブ。
家人は早起きはするものの化粧はしない。
なぜなら化粧をすると、落とさないといけないからだ。
家人は20代のころから化粧を落とすのが苦手で
少しでも疲れていたら、化粧を落とさずに寝ていた。
そして起きると化粧を上塗りしてでかけ、肌に一切の呼吸を
させずに一定期間暮らしていた。
あるとき、化粧品を買いにウォンツに行ったとき、 肌診断みたいなものをウォンツのババアにしてもらったらしいのだが、
化粧の上塗りの話をしたら、ウォンツのババアに叱られていた。
そして家人は30を超えたころ、ひとつの発見をする。
「化粧…せんかったら、落とさんでええじゃん!」
天啓!
神のお告げ!

しかし化粧をしなくても何かと出発するまでにはお互い時間が
かかってしまうもので、ギリギリで出発。

市電に乗り込み、横川からJR。
広島駅からこだまで新大阪へ。
入り時間は14時過ぎなので、12時頃に広島を出ても間に合いそうな
ものだが、朝の8時台の次の便は14時台の便しかないという
エクストリームな時刻表だったので、8時台の新幹線にライドオン。
3時間かけて新大阪。
そこから御堂筋線→鶴見緑地線と乗り換えて、本日の会場へ。
大阪は街が大きいけど地下鉄が分かりやすくて助かる。

12時ごろに会場に着き、調べておいた会場隣のスタジオを当日予約。
そこから飯へ。
SNSで教えてもらった北極星のオムライスを食す。
美味いね。満足。
そして最終の練習。
スタジオの店員の女の子が感じ良くて家人と良い人だ。と勝手に
結論付ける。
練習後、ミスタニスタと遭遇。
本日はミスタニスタの企画。しかもそれぞれ人生の岐路を
迎えており、解散というわけではないけれども一旦お休み
とのことで節目のイベント。頑張らないといけんな。と
思いつつも、久しぶりにミスタニスタのメンバーに会うと楽しくて
そんなことは忘れていた。
そして、リハ。
とても音環境が良い。
リハーサルで確かめるべき、音量や音の返しなどは何も問題はなかったが、
ループのボタン操作ミスなど自分が原因で失敗してしまい、勝手に不安になる。

不安になったところでこの段階で何ができるわけではないので、
ホテルにチェックインしにいった。
1キロくらい歩いたとこにあるホテルだったけど、温泉もついてて
良い感じ。ただ温泉はホテルに一か所しかなく時間制で男女が交代する
という方式だった。時間を確認すると、男性は深夜に入るのがよさそうだ。

チェックイン後、会場に戻り開演を待つ。
いろんな人に会えて懐かしかったり、懐かしくなったり、
初めてだったり、初めてじゃなかったりとみんなと
少しづつでも話せてよかった。

開演近くになると黒山のひとだかり。
ミスタニスタの人気に驚く。
しかもF1-F2層というわけでもなく、
性別、世代まんべんなくお客さんがいる感じ。
都会だからなしえる技なのか、ミスタニスタの魅力なのか、
ま、ミスタニスタの魅力なんですけどね。

出演順が2番目だったので、最初のバンドさんを3,4曲見て
準備。そして出番。
いろいろやらかしはしたもののなんとか終わる。
そんなライブがこちら

usagibunnyboyduo-yokoku

出番が終わると見に来てくれたひなりんやあの娘はウォンバット
のメンバーたちと喋る。UKくんも見に来てくれてたけど、
最初ロシア帽みたいなのを被ってて分からんかったな。
足を運んでみてくれた皆様ありがとうございました。

その頃もイベントは進んでおり、最後はミスタニスタ。
ファンで埋め尽くされる会場。いい感じに盛り上がる空気の中、
良いライブをしてましたね。ミスタニスタ。
ミスタニスタは全く人生の構造が違う三人がお互いのテンションを
変えずに役割を分担する組織体で割と人間の理想郷みたいな
バンドだな。と思っている。社会組織で言えば、社長→課長→
平社員の命令は片道切符の上意下達のオールドジャパニーズ方式ではなく、
全員専門職。それぞれ得意分野と苦手分野がはっきり分かれており、
各々の苦手分野が残る二人のメンバーの得意分野となるため、
上下が生まれない。ゆえに衝突もしやすいが、精神的な居心地はよく
組織内でのモチベーションは一定を保たれるといったイメージ。

今回はいったん節目のライブとなるため、それぞれがそれぞれの
テンション、それぞれのやり方で気合が入っていたなぁと思う。

とても良いライブだった。

ライブ終了後は会場で少し話したあとホテルに帰宅。
The denkkibranの倉坂さんといろいろ話をさせてもらえて楽しかった。
だいちゃんに見放題に出させてもらってた頃からバンド名や名前を知ってる
方だったが、同世代でさらに聞いてた音楽なども近しかった。
いつか対バンできたらよいなぁと思う。

ホテルに帰ると疲れがピークだったが、なんとか温泉に入る。
温泉行く前に家人に「鍵をもって出ろよ。私は高い確率で寝ている」と
言われたので鍵をもって温泉へ。
中へ入ると小太りのおっさんが一人で湯船に浸かっていた。
身体と髪を洗い、湯船に入ると入れ違いでおっさんが湯船から
出てきてシャワーで身体を洗ってたので、もう上がるのか。と
思ったら、おっさんはそこから身体と髪を洗い始めた。
エスカレーターに乗る際、左が通常、右が急ぎという暗黙ルールが
大阪では逆なのと同様に大阪では洗髪・洗体→湯船ではなく、
湯船→洗髪・洗体なのか?と考えたが、大阪の人間が大阪のホテルに
泊ってる可能性より絶対県外、府外の人間が泊ってる可能性が高いので、
これは大阪ルールではないと思い至る。さらにこんなもん人によって違うので、
そいつ次第じゃねぇか。わはは。というとこに考えが至り、結果おっさんに
「お前の出汁を公共の風呂にたんまり出してんじゃねぇぞ。」という表情だけして
おっさんが入ってた隣の湯船に浸かった。

おっさんが洗髪・洗体をしている間に湯船から出て身体を拭いて、部屋へ戻る。
案の定、家人は寝ていた。
今日は歯ぎしりをしていなかった。

20190317

7時ごろに目覚める。
もう一寝入りと思うが、疲れすぎてたら寝れない。
悲しい。

家人も起き出し、大阪のTVを観る。
昨日の昼間チェックインしたときや、深夜にTVをつけたときも
そうだったけど、千鳥がいつもTVに出てた。
流石、お膝元だな。と思う。そういや岡山とかもそうなんだろうか。

鬼太郎を観てたら、「おい、次の鬼太郎の歌はバクチクらしいぞ」と
家人が言い始める。

準備が完了して12時ごろにチェックアウト。
UKくんのカレー屋。カリーノアトリエへ。
12時過ぎということもあり、店内はお客さんが一杯。
家人はほうじ茶チキンカレーとスペシャルカレーの
あいがけ。僕はスペシャルカレー大盛を食す。
うめぇ。あっという間に完食。
しかもそんなに辛くないなぁと思ってたのに、食後、
額には汗が…。
UKくん曰く、そういうスパイスが入ってます。とのこと。
是非、また食べたい。
あと、カレーは何でも合う。という言葉通り、ほうじ茶や鯛出汁、
根菜などいろんなチャレンジをして美味いカレーを作ってるUKくんは
すげぇなと思い、席を立つ。
その後、新大阪駅に移動。おそらく13時ごろ。
そこから怒涛の4時間半の電車待ち。
何かあったらいけないと割と遅い時間に電車を予約したのが、
功を奏さず、ただただ待ち。
荷物を預けようにもどこのコインロッカーも満杯。
20キロ近いギターを担ぎ、新大阪駅を彷徨う。
結果、2tトラックなんかを1台持ってきて、
週末だけ荷台に荷物を預けれるサービスでもやったら
駐車場代だけで儲かるんじゃね。
と思ったり、関空から飛び立つ飛行機を見たり、
551の豚まんを買ったりしていた。

そしてようやく5時半の新幹線で帰路。
新幹線に乗った途端に後ろの席の若い女の子二人組が
「島根といえば、伊勢神宮」というパワーワードを
発して、思わずいけないと思いつつクスッと笑ってしまう。
「島根といえば、伊勢神宮。確か出雲じゃろ」とさらに
追い打ちをかけてくる。
なぜ、出雲の地名まで出てるのに伊勢を持ってくるのか?
ま、中国地方に住んでなかったらそんなに知らんのんかもな。
と思って疲れてたので、新幹線で眠り、漸く広島に着いたと
思ったら、「島根といえば、伊勢神宮」の二人も広島で降車していた。

広島駅からJR→市電で自宅へ
551の豚まん喰って、いだてん観て、有吉反省会を観てたら寝てた。

March 17, 2019 at 01:45PM

shule And christmasのUKくんのカレー屋さんカリーノアトリエに行ってきました。写真はUKスペシャルカレー(ほうれん草と鹿肉のカレー)美味!あっという間に食いつくしてしもうた。ごちそうさまでした。
#カリーノアトリエ