2021/11/13-2021/11/14

6日に弾き語りという名の一人ルーパー演奏を行った際にドッグフード買い太郎くんが観に来ていた。
ドッグフード買い太郎くんはドッグが本名でフード買いがミドルネーム、太郎が名前だそうで、山梨の富士の麓の辺りで元々は雪解け水を使ったワサビ農家が祖先だそうだ。
明治の頃、曾々祖父が改宗をしてクリスチャンになったのをきっかけに以後、ミドルネームがつくようになったみたいだけれども曾々祖父が茶目っ気のある人でドッグ家のミドルネームは大喜利をすることということを以後の家訓としたそうだ。
曾々祖父はドッグラン忍たま乱、曾祖父はドッグトックティック徳郎、父がドッグプレイリードッグ宏、そしてドッグフード買い太郎。全員うすら滑っているのがドッグ家の伝統である。}昭和に入り、曾祖父ドッグトックティック徳郎が軍需産業に着目。ドッグフード型手榴弾は各地で戦果を挙げ、ドッグ印の手榴弾として世界のブリーダーを恐怖の底に陥れた。
しかし出荷時、神戸、横浜での誤爆も片手で収まらず、ドッグ家の人間は未だに神戸、横浜への出入りが許されていないことはあまりにも有名な話である。ドッグフード型手榴弾で一財をなした徳郎の息子、太郎の父宏は世間でよくあるボンボン2代目となり、ドッグフード型手榴弾の権利もろもろを部下の猫キャット宏に奪われた挙句、株主総会で取締役も解任されてしまう。宏は「そうだ、魚が食べたい」と思い立ち、瀬戸内海へ移住。父の残した遺産を食いつぶしながら瀬戸内でマグロ料理専門店を始めるものの、開業後、瀬戸内でマグロが取れないことを知り、絶望。そのまま初代プリウスで出かけたきり、未だ帰ってきていない。と、ドッグフード買い太郎くんから以前聞いたことがあるようなないような感じなので、若干史実とは違うかもしれない。

そんな太郎君から「来週の土曜PAしてくれませんか?」と頼まれたのでPAをすることにした。みんな困ってたようで力になれてよかったと思うと共に4000円と飯までくれるというのでラッキーと思った。

半年使えなくなるスタジオ25

で、土曜日。次の日がライブだったので昼頃から練習でスタジオ25へ。25も改装になるとのことで現状でのスタジオでは最後の練習となった。そして最後の日に個人練の1時間無料チケットが貯まった。60分の持ち時間なので、全曲チェックするだけでも結構な時間と集中力が必要だったがなんとかなりそうかな。という感じで終了。

その後、十日市へ移動し、久しぶりに辛部でつけ麺を食った。辛部も改装しており、綺麗な店内に券売機が導入されていた。後ろに人が待っていたせいなのか、使いにくいのか分からないが、いつも頼む定番つけ麺15倍のおむすびセットの券を発券するのに難儀をして、結果定番つけ麺15倍のみを発券した。「これで足りるか?」と思い食い始めたら、食い終わったら腹が一杯だった。加齢と共に食欲は減るんだな。と思いつつ、「それなら何故痩せない?」という疑問が浮かび悩み続けていた。

食後、家人が「クレープ屋!クレープや!」と言い始め、「以前それを私は食べたことがある。」「高価なブリュレのクレープは600円くらいするのだ。」と教えてくれた。そして、「それは人に買ってもらえたから食ったけれども身銭切って600円のブリュレは食えねぇ。」とどうでもいい情報を元気に教えてくれた。そして自分は450円のチョコバナナクレープを購入、家人はいくらか分からないけれどもブリュレではないクレープを購入し、空鞘稲生神社の近くの公園で食うために歩き始めた。食いながら歩いてたら空鞘稲生神社に辿り着くまでに食い終えてしまった。公園で家人はクレープを食い、自分は煙草を吸っていた。

そこへチャリで交通取り締まり請負サービス的な半公務員みたいな二人組が現れた。公園の周囲に停めてある車の駐禁をチャチャっと切り始めた。そこに幼児が一人ひょこっと表れて「ねぇねぇなにしよるん」と半公務員に問いかけた。なんて答えるのかな。と思って眺めていたら「これ、君のお母さんの車?」と半公務員が幼児に聞き、幼児が「違うよ」と答えると半公務員が「君のお母さんの車だったら可哀そうだから駐禁取らないようにしようと思ったけど違うんだね」と答え、幼児は「違うよ。ちがうよ~」と言ってどこかに消えていってしまった。幼児の返事に違反金15000円分の価値がある瞬間だったな。と思って駐禁取られてる車をボーッと眺めていた。

その後、ふらんす座に入ってPA。D.S.Sというイベントで良きミュージシャンばかりであった。みんな最小単位1の人数でステージに現れ、表現して人々の感情に訴えていた。素晴らしい。自分だけ感情に染まるより、「これで大丈夫か?」「これはミドルをあげたほうがよいのか?」「次のステージ間の曲はshiNmmにするか?」とかいろいろ考えていた。そしていろいろ考えていたら回線が切れたのか何なのか携帯から次に流す予定の音楽が流れて迷惑をかけたりしていた。イベント終了後、まかないという名の飯をいただき帰宅。ずっと立ってたので足の裏が痛かった。

日曜は9時前の市電に乗り込み、広島駅へ。向かいの席に老齢ながら非常に美しい方が座っていた。矍鑠(かくしゃく)とした身のこなし、姿勢、お召し物、髪の1本のうねりまでに気を使っているような方でかっこいいな。と思った。広島駅からはこないだ大阪にいったときと同様の流れで岡山で1時間待ってる間にうどんを啜り、14時前に扇町に到着。荷物を置いたところで今回呼んでくれたzoozの面々と再会。みんな変わりなくて何より。ジョーくんの国家試験の具合も上々とのことで流石だな。と思う。その後、双方リハを済ませた後にお好み焼き屋へ。ライブ後はほぼほぼとんぼ帰りだったため、こういう時間を持ててよかった。ただ入ったお好み焼き屋がそうなのだと思うのだけれど、お好み焼きがほぼどれも1枚1000円を超える価格帯であった。広島でいうところの平和公園の廻り、お好み村で食べるような場所なんだろうな。と推測。食の町大阪なので、おそらく地元で喰えば600円から800円くらいなんだろうな。と考えながら食していたら、「あ、あと10分でスタートですよ」とはやいさん(16ビート)に言われて、急いで会計を行った。そしてライブ。60分。割と落ち着いてできたので、ほどほどよくできたのではないかな。と思う。レコ発のzoozは3枚目のレコ発のはずだったが、まだ見ぬ4枚目のアルバムの宣伝をしていた。前にのめり過ぎてて頭がコンクリートに刺さりそうになってるおじさんを想像しながら聞いていた。zooz3枚目のアルバム発売おめでとうございます。あと来年4枚目出されたら、ウサギのアルバム枚数が抜かれるのでなんとか頑張りたいな。と思っている。

zooz

帰りは21時半の最終で帰宅。ちょうど電車が同じで大阪で遊んでいたタナ先輩と一緒に行動。同じ車両だ!偶然にしてはよくできている。と家人と盛り上がっていたが、家人は席に着席するなりスネアの上に短い足を伸ばして寝た。それはもう綺麗に寝た。自分も攻殻機動隊のアニメ見てたけど2話くらい見たら寝てた。広島止まりの電車でよかった。

帰宅

到着後、タクシーを拾ってみんなで帰っていると、タナ先輩の旦那のベンが家にいるはずだったのに、タナ先輩を迎えにきており、タナ先輩は「なんの嫌がらせだよ。おぅおめぇサプライズって何してくれてんだよ」と怒りのバロメータをグングンに上げていた。そして「最近買った新車で迎えに来てたらどうしよう。殺そう」と言っていた。ベンは最近はじめたピクミンのゲームのために6キロくらい徒歩で駅まで来ていた。殺されなくてよかったな。と思ったのも束の間。家について自分の携帯を見てみたら「ベンの野郎、鍵を閉めていやがる。殺す」という連絡が届いていた。「ベンが帰ってくるまで、家に来るか?」と聞いたら、「いや、近くのホテルを取った。今日あいつに会うと殺しそうだ」みたいな犯行予告みたいな文面が返ってきた。ベンは心優しいヲタクなので殺されなかったらいいなぁ。と思いながら就寝。

2021/11/6-2021/11/7

週の真ん中に大阪ライブ

この週は3日の文化の日?と次の日に有給を取り、久しぶりに大阪para-diceにライブに行ってきた。
重い楽器を背負っての移動、ライブが終わるまではやっぱり気になるので何かを思いっきり楽しむ感じにはなれないあの感じ。久しぶりに味わえてよかった。

激安新幹線での移動は岡山で1時間くらい待つ。岡山駅のうどん。美味い。

猫にゃー

泊まったホテルには猫がいて廊下をノソッと歩いていた。部屋に戻ると、猫が後をついてきていたようでドアの前でにゃーにゃー泣いていた。

猫にゃー


すると、朝はwindows98くらいの起動時間がかかる家人がSSD搭載のwindows11にでもバージョンアップされたかのような動きで「猫にゃー」とひとつ雄たけびをあげ、起き抜け15秒でハイテンションを決めていた。
その後、部屋に猫を招き入れ、日本語を介さない猫に何度も話しかけていた。こういった非日常的楽しみを甘受できるのも久しぶりだった。

ライブライブ

ライブは久しぶりで尚且つ進化途中のduoということもあり、粗(アラ)もあるライブだったけれども、一番の粗 (アラ) は本番だけベースアンプの電源を入れ忘れたことであろう。やってても気づかない程度に緊張をしていた。ベースアンプはスタンバイとメインスイッチがあるタイプでスタンバイにして温めてるうちにセッティングしようと思ったのが運の尽き。ライブが終わるまでただただアンプを温め続けていたらしい。ま、そんな失態をしながらも関西圏の友人たちが来てくれていろいろおしゃべりが出来たことがうれしかった。
SNSやらなにやら連絡を取ることは簡単なのだけれども、直接会って話すというのは良いものだな。と思った。
みんなありがとう。
という感動の気持ちになり、ハイボールを都合4杯くらい呑んだのに吐きもせず元気に過ごせた。喜びが肝臓を強くしたのであろう。

週末だー。

と、週中にそんなことがあったので週末は中年にありがちな「どうも万全でない」状態に家人と共に陥った。体調不良でもない、メンタルがやられているわけでもない、只々動きたくない。布団から出たくない。できれば起き上がりたくもない。という疲れをベースにしたやる気メンタルのHPがほぼ0のような状態となってしまった。しかしながら、この長いコロナ禍で対処法はしっかり学んでいる。ネットフリックスである。

昭和生まれリボン育ち


いや、11/3の大阪に向かう新幹線の中からもうネットフリックスであった。ここ最近は「別冊マーガレット」の底力に感心しきりである。ネットフリックスで見つけた「俺物語!! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)」を皮切りに「君に届け リマスター版 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)」を視聴。土日は講談社の「ちはやふる(47) (BE・LOVEコミックス)」を観始め、勝手に少女漫画ウィークを迎えた。ま、元々妹がいたおかげで少年期より毎月りぼんを楽しみにしていた自分としては平成、令和の名作に触れることは必然と言えよう。「俺物語」「君に届け」は根にしっかりと恋愛の種を植え、視聴者はその種から成る木の幹や枝葉、そこから成るジューシーな果実を悶絶さながらの感情で頂いた。タケオ、大和、風早くん、爽子。うぅ。と云った具合である。「ちはやふる」は恋愛要素はあまり前に出てこない競技かるたを通した青春群像劇として視聴していた。「競技かるた」のことを学ぶとともに反射を求められるスポーツの観点から考える主人公と1000年続く歌として捉えている部員など初心者が最初に考えそうなこともしっかりお話の中で昇華してあり、疑問を持たずに没頭できた。調べると3部まで放送があったみたいだけど、ネットフリックスでは2部までしか視聴できなかった。3部が待ち遠しい。と共に呼吸や素振りなどスポーツ的要素も多いのに、1試合終わると糖分を補給しないと持たない。など将棋や囲碁などの文化的側面もしっかり持ち合わせており、スポーツ部と文化部のちょうど中間なのかもしれないな。とか勝手に考えていた。ストーリーも目標となる人や大会があり、勝ち負けがあり、涙と笑いがある。ここまで記載して思ったけれども、これは講談社だけど友情、努力、勝利の集英社だな。ま、スパイス的に三角関係的恋愛要素もあるので、友情、努力、勝利、恋愛が講談社のストロングスタイルなのかもしれない。はじめの一歩(1) (週刊少年マガジンコミックス)の一歩も間柴の妹が彼女だったし、恋愛回もあったしな。とかどうでもよいことを考えていた。

そんなことを考えてはいたものの、土曜は夕方に外へ。そうライブである。弾き語りという名のループ演奏をしにでかけた主催のハリーさんにお誘いもらって何度かの延期の末、ようやく開催できたイベントだったので、感慨深い。演奏はなんとかなんとか。頑張った。

カサガミさん。なぜかカサガミさんのライブを観てると進撃の巨人を思い出した。世界が近いと無意識に思ったのかもしれない。

そして土曜と日曜2日かけて「ちはやふる」アニメ50話を見終わり、その週に録画してあった番組をいくつか観て就寝。