2022GW

大阪へ

4月30日、起床後、割と家人とウダウダ家で過ごした後に11時くらいに広島駅へGO。本日は扇町para-diceにてライブ。GW期間なのか、ホテルもこないだ泊ったところは取れず、新幹線も割安のものが取れずいつもより高級感溢れる仕様の旅。新幹線はいつも1時間程度停車する岡山駅を1分程度で出立し、いつも食う饂飩が食べれなかったが、その分12時の便に乗り、1時半には新大阪に着というナイスなスピード感で移動。そのまま大阪駅に進み、環状線に乗り換えて扇町。14時過ぎには扇町の商店街を歩いていた。

扇町公園

扇町着

いつも目印にしている額縁屋と閉店した店舗前での野菜販売所を横目にpara-diceに向かう。ただこの野菜販売所は横目では留まらないくらい野菜が安い。広島とはちょっと次元が違う。安価、大量。野菜も果物も安い。苺がひとパック150円とかだった。もちろん近所に住んでいるのであろうおばはんたちが集まって野菜や果物を購入していた。牛蒡とかも50円とかだったような気がする。para-diceに荷物を置いてまずは今回のホテルの場所の確認。近くの扇町公園というとこを見ながら移動。扇町公園は関テレの裏手にある公園でちょっとした丘があり、その丘が何か優雅感を演出している良い公園であった。ホテルを確認した後、公園の中を横切ったのだが、子供たちが遊び、主婦たちが集い、ウッドベースの練習をしている人もあった。

マウント婦人会

家人と「いやぁ、広くて良い公園ですね。」とお話していると、家人が「今、見たか!おい?」と少し興奮気味に話しかけてきた。見るも何も平和的な公園ではないか?みたいな感想を述べると、「お前の目は腐っているのか?すぐそこにいたあの主婦の集団からマウント取り合いの殺伐とした空気が流れていたではないか!」とおっしゃられ、「奴ら、たかが野っぱらの集いにハイブランドで決めていやがる。そしてあの会話の端々からそれぞれの旦那、子供でのマウント、もしくは没落を願っている叫びのようなものが聞こえるではないか!」と強い口調でおっしゃられていた。「あたしゃ、一瞬で分かったね。あいつらは怖いよ!」と高らかに長閑な春の日の午後、扇町公園で宣言されていらっしゃった。会場に戻り、リハ。リハ後、ホテルにチェックイン。チェックイン前にラブホテルの前でキンポ?キンパ?だったかな。韓国海苔巻きを購入。

韓国風海苔巻きを喰う

ホテルで食す。美味い。美味い。プルコギ入りとチャンジャ入りを喰ったけど両方美味かった。海苔巻き喰ってひと段落した後に会場に戻る。久方ぶりに会った「あの娘はウォンバット」のメンバーと話をしたりした。メンバーそれぞれ数年といえども人生を歩んでいて何より。新しいドラムの子が僕も持ってるUteroTシャツを着ていて話をしたら、大学まで九州にいたそうな。で、「九州でもウサギ見たことあります。」って言っててくれて、「世の中狭いな」と感慨に浸ったりしていた。自分たちのライブはほどほど。最近、duoが多いのでいろいろ考える。ウサギ4人で完成の曲を2人でやるより、2人体制の曲を0から考えたほうが良いのでは?とかね。ま、考えても答えを出しても時間がかかりそうなので、いつも考えるのを途中でやめるんだけどね。

ライブってバンドっていいよね

対バンのあの娘はウォンバット、jabberwocky、槙平れんくんも良い演奏で観ていて楽しかった。観に来てくれてたMerryGhostsの脇坂くんに「jabberwockyのギターええ音しますよ。凄いですよ。」って聞いてて観たら、本当にええ音だった。個人的にピックガード小さいSGを使ってる人はええ音出す。という理論があるのだけれども、それがまたしてもハマっていた。演奏後はpara-diceで酒を呑みながら談笑して23時過ぎ頃に帰路。帰りにモスバーガーを購入。

あの娘はウォンバット
jabberwocky
槙平れん

夜の扇町公園

てっぺいくんに「扇町公園、夜は公園で一人でベンチに座ってると…」となかなか良い話を聞けたので、家人に共有すると「よし、夜は公園の中を突っ切って帰ることは止めよう」と言っていた。そういえば昼間、公園でホームレスではなさそうだけれども、いつも一緒の服を着ていそうな独り言をずっと言ってる兄ちゃんを見かけていたのだけれども、夜もその兄ちゃんみたいな人を見かけた。やっぱ公園に住んでんのかなぁとか想像していた。大阪の朝、特に何もないのだが、雨が降っていた。15キロの荷物を抱え徒歩での移動。雨は想像以上にテンションを下げてくれる。

朝風呂

ま、考えても雨が止むわけでもないので、とりあえず大浴場があるというので、大浴場に移動。朝だからそんなに人いないだろうな。と思っていたけれども、常時7-8人くらいの人がいた。ちょうどサウナもあったので、5~10分サウナ、1~2分水風呂、2~3分外気浴というセットを三回くらいやった。3回目で窓の外の景色をボーっと見てたら口が自然と開いて諸々緩んでいた。これを「ととのう」というのだろうか?と思ったもののこれは呆けているだけだ。という結論づけて風呂を上がる。ロン毛の短所、ドライヤーの時間がかかる。しかも風呂場のドライヤーのパワーが弱い。10分以上かけてゆっくり髪を乾かす。チェックアウトギリギリまで部屋でウダウダしたものの雨は止まず、小雨の中荷物を持って扇町の駅を目指す。

喫茶店へ

ちょっとだけ時間が早いので、前にも行った扇町駅近くのいなたい喫茶店でモーニングを喰う。煙草が中で吸えることからどうやら中はほぼほぼ喫煙者であった。450円で珈琲とサンドイッチ。値段からしたら十分に満足である。そこから昨日とは逆のルートで新大阪まで行き、帰宅。12時半に新幹線に乗って14時ごろ広島着。新大阪の待ち時間で家人は551をゲットしていた。帰宅後、551を喰い、昨日から観ていた「その着せ替え人形は恋をする」を最後まで視聴。コスプレにかける青春物語と言えばよいのか、口調などなかなか恥ずかしくなるシーンも少なくはなかったが、面白かった。2部などもあるのであろう。楽しみだ。

コンクリ詰めへ

夕方はコンクエストに「コンクリ詰め」を観に出かける。コンクリ、ヌイルはじめ見知った方も少なくなく、初めて見るバンドさんも多い。こういうイベントは良いなぁと思う。大阪のB玉は名前は知ってたけど初めて観た。ハードコア的なものや歌ものなどいろんなタイプの曲があるのが楽しい。ボーカルの人は知らぬ間に鼻血を出していた。やっぱり作りたい曲を作りたいように作って後は聞く人が勝手に判断どうぞ。ってのが音楽は正解だなーとか思っていた。あとギターの上手い女性っていいな。と再認識した。岡山のダンスマイダンスも初めて観たけれども明るい!楽しい!ハードコアであった。「コンクリ詰め」楽しかったな。半袖で出かけたのだけれども、半袖のチャリは少し肌寒かった。家に帰ると家人がコロコロ布団に転げていた。

ヌイル

スプリットCDを聴く

次の日は前日に購入していたヌイルとアンチクロックワイズのCDを聴いたりしたのだけれども、2バンドスプリットで5曲づつ入っているはずだったのだが、12分程度でアルバムが終了した。なので2周した。

アニメを観る

この日から2日間は予定がなかったので、「鋼の錬金術師」「re:ゼロ」のアニメを視聴開始。昼寝しながら観てたりしてたので、ところどころうっすらだけれどもお母さん復活させようとして手足と弟の身体がなくなり、さぁ大変。賢者の石?で元通りの旅を国家の犬になりながら頑張る話と死に戻りのタイムリープものだった。パチスロ台で見てたメイドが主人公かと思っていたら違った。そしてどうやら写真があるので、この日カレーを作った模様。あと出来たばかりという無印良品のデカい店にも出かけた。

登山1周年

5月4日は朝から登山。SCC(シモカドクライミングクラブ)一周年記念登山。安佐南区大町の住宅街から登り始め、武田山~火山を超え、1年前にBBQをした春日野ハウスに着弾。みんな1年で装備から体力から飛躍的に向上しているのではないでしょうか。S角先生だけは前日が前職の呑みで二日酔いながら、見知った山なので大丈夫であろうと参戦され、途中で「ゲロ吐きそう」と言っていた。幸いゲロは吐かなかったものの疲労?いや酔いが溜まっていらっしゃった。12時半前に春日野ハウスに到着し、そこからBBQ。実にGWっぽい。良い。BBQ後、S角先生が発見したキックボードを手に子供たちと大きな公園に移動。

下山

普通に怪我をする

公園がトラック型で周回できる形だったので、S角先生の持ったキックボードで「みんなでタイムトライアルをしよう。」と提案したのが運の尽き。乗ったこともないキックボードでタイムトライアルにチャレンジしたところ、最終コーナーで膝をついてこけた後、コンマ数秒で顔から地面にダイブを決めてしまった。見ると左手から大量の血が出ている。みんな最初の膝からのコケでは大笑いだったもののその後、顔からイッた際は命を心配する程度のコケだったそうで、ま、左手だけで済んで何よりと思っていたのだけれども、3日後のライブまでに快復するのか?その一点が疑問であった。大量の絆創膏を指に巻き、帰宅。

家人の金言

帰宅後、家人は「まぁ」と言い、続けて「なぜお前はできるかどうかも分からないことにできる体(てい)でチャレンジできるのだ?」と至極ごもっともなことを言われた。次の日はただただ体力の回復をし、その次の日は家人は仕事に出かけ午後から一人で過ごした。近所のスーパードラッグで助六寿司とカップヌードルを買ってくったりした。その日の夕方はウサギduoの練習にでかけ、帰りにお好み焼きでも喰おうと思っていたら、ひとつは満員でひとつは閉まっていた。しょうがないので、ジョイフルでハンバーグを22時頃食った。あ、かき氷も食った。なので多分太る。

グリンミルクがやってきた

寝ている間にグリンミルクご一行がやってきて、朝起きると布団で寝ていた。5月7日は田舎者。久しぶりに会うグリンミルクの3人も変わりなくて何より。朝は家人とパン屋でパンを買い、河原で喰って帰宅後ウダウダしていた。昼前くらいにみんなを起こして談笑。基本的に髪の話をし、体重の話をした。途中みんな、風呂に入り汗を流していた。シャワーを浴びた後、和田森くんが抜けた髪を丸めてゴミ箱に捨てていた。話は尽きないけれども会場に移動。グリンミルクの3人はお好み焼きを喰ってから合流することとした。

田舎者へGO

市電で会場に向かったのだけれども到着がギリギリになってしまったが、ロクセットのオーナーさんが諸々準備をしてくれたおかげで事なきを得た。対応マイクを確認してたら、コンクリさんが登場しリハを開始。自分たちもループという聞こえなくなったら一巻の終わりという仕組みを使って演奏してるので、打ち込みのコンクリも同じだと思い、音の返しはなるべく大き目。とかしてたら、どうもマイクの調子が悪い。音が大きくならない。オーナーさんがパワーアンプの電源を入り切りしてくれたら治った。良かった。その後、グリンミルク、スピーカーとリハをしてPAをスピーカーのほりべさんにかわって自分たちのリハ。

ライブはハウる

前日の練習で歪みの調整をしてこんな感じがいいだろうな。と考えていたセッティングでリハをしてみるとなんかめちゃくちゃハウる。ハウるもののなんか音を小さくしたくはない。(←これが間違い。でもねぇーって感じ)テレキャスのリアのピックアップだけとてもよくハウる。リアを使わなければいいではないか。と思うのだけれどもループを聞かせるためには同じ帯域の音だと他の音と混ざって聞こえなくなる危険性があるため、ループはリアで入れて、演奏はセンターまたはフロントピックアップでやることに慣れているので、本番直前に仕組みを変更することはできない。ということで、音を小さくする。結果、音が小さいほうが全体的によくなった。ま、でも音量で押す感じのこともしたいので、また考えていくしかあるまい。ほりべさん、いろいろご迷惑をかけてしまい、すいません。本番はしっかりリハができたおかげで聞こえない音もなく、万全。

speakergainteardrop

ふぅ。スピーカーからはPAとして頑張る。スピーカーはPAがあっさり決まったので照明に凝ってみた。スピーカーの静と動の切り替えのタイミングに合わせて暗転→光量最大までいっきに持っていくとかしてみた。

SGT( 写真はよちぐさんのtwより )

はい、トラブル!

グリンミルクも途中までよかったのだけれども、kくんが叫んでるのに音量がまったくでない。リハであった症状だ。声のパワーアンプを見ると落ちている。再度電源をON。ついた!ついたのも束の間、ダメだ。また落ちた!オーナーさんが途中で変えのパワーアンプを持ってきてくれるまで、「こうなったら返しで声出しましょう!」と打開策を提案してくれた。おりしもそんな歌が多いわけではないグリンミルクの曲群の中で歌が多めの曲の最中である。返しのスピーカーのつまみを全て捻り上げて返しから声を出してみる。おぉ、少し変だけど聞こえる。更にリハでは上手くいかなかったアジテーション部分のディレイがなんかいい感じにかかった。不幸中の幸い!曲の後半部分でパワーアンプの入れ替えが完了。オーナーさん、ありがとうございます!!

グリンミルク(写真はよちぐさんのtwより)

トラブルを乗り越える!

最後のコンクリはパワーアンプもばっちりで良い感じに出来た。いやぁ、でもあれ一人だったら「終わってたな」と思いながら無事終演。あのとき会場にいてくれた全ての方々に感謝です。終演後はみんなでご飯を食べて帰宅。

コンクリ(写真はクラッシャー バンバン アゴヒゲさん)

朝はウダウダ

翌日は10時ごろに京都に向け出発するグリンミルク一行とギリギリまでいろいろ話をしてた。えーちゃんにアイドルパンチの話とかを聞いたり、kくんの自営の話をきいたりしてた。久々なこの感じはいいなぁ。グリンミルクを見送ったあと、家でしばらく呆けてスーパードラッグで助六寿司と焼きそばを購入。

銭湯へ

14時ごろに思い立って近所の銭湯に出かけた。サウナがあるということと、ここは刺青規制がないと聞いていたのでワクワクしながらタオルだけ持って出かけた。番台でおばちゃんに「髪長いから結んで入ってね。」と言われ、髪を結ぶ。あと「シャンプーとか何もないけど大丈夫?」と問われ、全く大丈夫じゃないので、ボディソープとシャンプーを数十円で購入。早速、服を脱ごうとすると目の前に背中一面に彫りの入ったおじいさんが…。噂は本当であった。おじいさんはそのまま何度もかけ湯をして湯船に気持ちよさそうに浸かっていた。僕は数十円で買ったボディソープ、シャンプーを使って体を洗い、入浴。湯船は紫一色であった。壁に本日はなんとかローズの湯と記載があった。そうかそうかこれが何とかローズか。と思いながら入浴。その後、サウナにIN。今回はサウナ7分程度→水風呂2分程度→外気浴3分程度を4セット繰り広げた。こちらも途中、口を開け呆けていた。サウナに入っている間におじいさんは消えていた。昭和然とした銭湯に入って気づいたのだが、昭和前期~中期の方々のほうが仮性包茎が少ない。そんなことを思いながら風呂から上がり帰宅。シャンプーしか販売していなかったので帰宅後トリートメント&ドライヤーをかました。その後、家で呆けていた。

4.14へ

呆けている時間が終わったら4.14へ。山口のelephantとdogrunfunclubのライブを観に行ってきた。山口で観るバンドを広島で観るのはいいもんだ。elephantもdogrunfunclubも良いライブであった。久しぶりに会ったタケさん、田舎者にも来てくれたじゅんさんに会えたのも良かった。また4.14でもたくさんライブしたいものだ。 帰宅後、家人がゴロゴロしていたので、そのまま一緒にゴロゴロして就寝。
そしてGWは終わった。。

elephant
ドッグランファンクラブ

2019/03/02-2019/03/03

久しぶりに2日連続ライブの週末だった。
広島→山口の隣県の移動距離は短い2日間だったけど結構疲れた。

土曜は広島coma
初めて使わせてもらいました。
PAとバーカンを自分たちでやると割引ありとのことで、
浅はかに「なんとかなるやろ」と思って、
割引を適用してもらうと、結果まぁ大変。
いやぁ、人間って一人では何もできないんだな。という
人の基礎を学ぶ。

結果、偶然と人のご厚意によりなんとかしてもらいました。
浅はかに考えてても、自分がライブするときにPAはだれかに
してもらわないとな。って思ってSNSに投稿してたら、
shiNmmの学くんから「僕やりますよ」との連絡があり、
「じゃぁウサギのときお願いします」って感じでお願いしてましたが、
蓋を開けたら、ステージの配線から機材から学くんに
頼りっぱなし。挙句の果てには全バンドのPAをお願いさせてもらった。
学くん、ありがとう。
感謝しきれませんな。

あと、内向的な性格を変えようと思い立ち、外向的な性格になると
ともに言葉の棘、言葉の暴力を手に入れたタナトリ先輩が「おい、
どうせおめぇ酒の種類も知らねえだろ。あたいがバーカンやってやるよ!」
と言ってくれて、これもまたイベント通してずっとバーカンしてもらいました。
そしてコジコジ読みながら、なぜか飲み物をすげー売り上げてた。
感謝しきれるけど、ありがたい。ありがとう。

お客さんで来てくれてたまついくんもビールの樽を変えてくれたり、
ストーブ運んでくれたり、挙句の果てには洗い物までしてくれて、
非常に助けてもらいました。ありがとう。ありがとう。
感謝しきれませんな。

そんな多くのみんなに何とかしてもらった田舎者。
多くの方にご来場いただき、盛況のまま終えることができました。
さ、少しづつ振り返ってみましょう。

■TAKEVEZ
打ち込みの音が演奏の隙間に入るくらいのバランスで
ギター、ベース、ドラムの人力の演奏が前に出る感じだったんだけど、
肉感的な演奏が非常にグッド!強いライブだった。
タケベが居ること以外、素晴らしかったのではないでしょうか?

■ウサギバニーボーイ
頑張ったね。メンバーみんな。

■SF
ポキッと音がしたので、どうしたのか?とステージを
みると竜山津村の心が折れてましたね。
でも、初めて見た子に魅力が伝わるくらいに頑張ってたので、
みんなが音源を持って帰ってた。
よかった。

■elephant
西京の横綱感満載。
一音目から強い。
演奏に打力もあるし、繊細さもある。
みんなが大好きになるはずやね。
あと森岡君は会場常備のヘッドとキャビが持ち込んだ
ヘッドとキャビと全く同じという奇跡を体験してた。

■speaker gain teardrop
いつ見てもいつ聞いてもどこで聞いても
美しい轟音。
いっきさんの芯の通ったドラムに
ほりべさんの轟音、木村くんの
屋台骨ともいうべきベースライン。
ブレない。
強い。

イベント終了後は、会場で打ち上げ。
みんな割と控えめな辛さのつけ麺を食して終了。
エレファントのリズム隊は辛さに強め。
ひとしきり楽しんだあと、家に帰ろうと思ったら、
竜山津村が機材置き場でSFの一番重い機材として
転がっていました。
その後もエフェクターボードを二つ持って立って寝てました。

SFとelephantのメンバーはうちに泊まりにきたのですが、
竜山津村が元気を取り戻し、深夜3時頃までMC竜山として
活躍されたそうです。その後、鼾をかいて眠り始め、
最初に鼾をかいて寝てたSFのクロサキくんと鼾セッションを
始めたと聞いています。
修学旅行感満載でみんなノリノリで良かった。

開けて、日曜日。
深夜に寝た割にみんな起床が早く(森岡くんは鼾セッションを
一晩中楽しんだみたいですな。)、サキチヨさんに9時ごろ、
「おい」と起こされた。
起こされたあと、暫しみんなと歓談。
話は尽きないけど、珈琲飲んでみんな移動。

うちもレンタカーを借りて、本日の会場
オルガンズメロディに出発。
今回、借りたレンタカーにETCカードを突っ込むと
「エラー03カードを確認してください」とのこと。
確かにカードは汚いけど、読み込み不可ってほどではないだろうと
思って、何回も試したけど、「エラー03カードを確認してください」とのこと。
しかもこのETCの機械が何かとETCの電波を見つけてきては、
「おい、カード刺せよ」
「カード、刺さってねぇぞ」
みたいなことを言ってくる。
「おめぇが受け付けねぇんだろ。カード刺してねぇんだから、
いちいちコメントすんな」
と、一人でムカつく。

しょうがないので、通行カードで高速へIN
防府東で降りるときに通行カード入れた横に
ETCカードを突っ込むとこがあったので、突っ込んでみる。
すると、ETCカードも通行カードも呑み込まれて、
スピーカーでおっさんの声で「どうしました?」と言われる。
なので、機械の調子が悪くて、通行カードで入ったけど、
清算のとこにETCのカード入れるとこがあったので、入れてみた。
という旨を伝えると、「カードの受信機?機械はついてんのか?」と
問われたので「ついてる」と言ったらOKと言わんばかりにゲートが
開き、ETCカードが返却され、3030円と明記されていた金額が
1890円くらいに変わった。ラッキー!
因みに帰りも同じようにしたら、おばさんに
「カードの受信機?機械はついてんのか?」と聞かれた。
どうやらETCカード取得だけでは、高速割引サービスは受けれないんだな。
機器を買うまでがETCサービスなんだろうな。と思った。

で、防府東から湯田へ。
中国道の山口IC過ぎたあたりからなんか長い渋滞。
一体何の渋滞かと思ったら、本当に原因のないただの渋滞だった。
渋滞を乗り越え、オルガンズメロディへ。
着いたら、えいぞうさんと学くんがセッティングの最中。
二日連続で学くんPA!ありがとう。ありがとう。

荷物を置いて、散歩がてらご飯を食べに…。
結果、ガスト。安定のガスト。

帰ったらelephantがリハしてた。ホームはやっぱり違うな。
SFもそうだけど、ホームはやっぱり違うな。いい。
ウサギもリハ。
本日はduoで二人編成。
ホームは違うな。とかそれよりもっと前の段階で二人とも
がちがちに緊張した。ループはそれくらいヤバい代物だ。
間違ったときのカバーの仕方を綿密に打ち合わせるくらいヤバい。
そんなヤバいループの初披露。
緊張しないわけない。
緊張を和らげるというかおまじないみたいなもんでついつい音を
でっかくしちゃうけど、学くんのアドバイスでベースの音を絞ったりして、
なんとかリハ終了。

開場すると、見知った顔のみんなが集まってくれたり、
初めて見る方が居たりと盛況。
elephantとSFの音楽と人望。

で、人が多いことにも緊張。
今日はSFからスタート。箱鳴りもピッタリで世界観が伝わるライブでグッド。クロサキくんの間違えたら耳がいってしまいそうな反復フレーズとその横で気持ち良さそうにポロロンとギターを鳴らす竜山津村。
SFの良い演奏のあとに用意。

おう、久方ぶりに足が震えているよ。
おじさんの足が震えているよ。

足を若干緊張で震わせながらも頑張る。
で、6曲なんとか演奏。
終わっても若干足が震えてたな。

最後のelephantも流石のライブ。
どこで観てもいいんだろうけど、抜群だったな。だって、後ろにいた女の子が途中で前に出てくるのを見つけたもの。「わー、こういうのいいよね、羨ましいわー」って思った。

ライブは健康的に19時半には終了。
かねこくんやたいせーくんも遊びに来てくれてて、
話せてよかった。かねこくんの悪口は目の付け所がいい。
そしてかねこくんのキャラクターもあって、人にそれほど酷い傷を負わせる
仕上がりではないので、こっちも安心して笑える。

打ち上げはいろいろみんなから話は聞いてたけど、
初めて行くお店「兆治」モツの煮込みから始まり、
出てくるものが全部美味かった。

人気店で席数も少ないので、いつもいっぱいとのことだったけど、
運よく貸し切りが出来た。と言ってた。

そこで3時間くらいいろいろ話す。
スガタくんがキムラくんに偏愛気味な愛情を注いでた話や
タツヤチルドレンと呼ばれる竜山津村に影響を受けた後輩の話、
鹿アレルギーの話やジビエの話、ドイツ語喋れる話、棟上に来た
神主がやる気なかった話、婚活の話、なにわのヤンキーにちょっと攫われた話、
スガタくん唇だけ未だに成長してる疑惑の話など枚挙に暇ない話題。

23時前にいったんお開きとなり、広島へ。
名残惜しい。
帰りの車でサキチヨさんが「スタジオでも7、80点しかできないのに、
本番で100点なんか出ねぇよ。練習だ。練習」と核心といえるコメントをしていた。

部活の練習とかすげー面倒くさいと思ってたけど、バンドの練習は
20年しててもあんま面倒くさいって思わないな。ま、雨とか降ってたら
面倒くさいって思うけど、とか思ったらやっぱりバンド活動が好きなんだな、俺。
と思ったよ。

広島に帰ったら1時半で、寝ようと思ったけど寝れるわけない。
録画してた「3年A組」を視聴。
最後まで謎残す~。
確信的なとこは未だわかんない。いやぁ、3月10日が楽しみだ。

2019/03/03(sun) 16時オープン 16時半スタート 1500円+1オーダー 山口ヲルガンズメロディにてエレファントとSFとスリーマンライブ。 「象とウサギと空想科学」 ロングセットで楽しみな1日。 #live https://t.co/yzR56E3V8L