2021/5/8-2021/5/9

広島でもウィルス感染が拡がり、この2日間はほぼほぼ家にいた。ウィルスに恐れる日々が1年以上も続くと人はそれぞれに考えを進化させるんだな。と思う。気にしないを進化、気にするを進化、人の目を気にするを進化と交わることのない思想が加速して進化している感じ。そしてそういった人々の思想を取りまとめ、指針を示し、ベストの方向を模索する役割を担うはずの上流工程である政治、行政、医療は枚挙に暇のない問題を目の前に思考を止めたのか、昭和脳で根性精神論でまだなんとかなると思っているのか、上に立っていながら自分の周囲のことしか考えれないのか、機能を停止しているような状態だな。と思う。オリンピックに医療者を派遣しようとしているあたり、機能停止より質が悪いような気もする。近く大学生などを中心に新日本政府みたいな団体が立ち上がり、旧来型の日本運営にNOを示す革命などが起きるのではないか?と妄想したりするけれども戦後、牙を抜き続けた結果、そんなことを思っても行動を起こせる世代というのはもう少し後になるのかもしれないな。とか思ったところで詮無いことだな。と思って考えるのをやめる。ま、やるなら自分でやらないとな。

この土日はネットフリックスで結界師を観るか、録画番組を観る。という過ごし方をしていた。土曜に肉がなくなったので、プロマートに肉を買いにでかけたくらいだ。プロマートで500円の割引券をもっていたので、意気揚々と割引を受けようと割引券を提示したところ、感熱紙の色が少し抜けていたのだが、レヂの店員がその感熱紙を凝視したのち、「これ、期限が切れてますね」と期限切れをこちらに通達。痛恨であった。
割引券を持ちつつ、割引を受けることは叶わないという圧倒的な失望感を胸に支払いを済まし、心で泣きながら帰路。ドラクエウォークの万歩計機能だけが1歩1歩を着実に刻んでいた。

家に帰り、来週分のグレイビーを作成。
最近は水を複数回加え、なるべく玉ねぎの粗みじんが溶け、粘り気のある濃い茶色の状態まで炒めるようにしている。こうすると玉ねぎを炒めた段階で結構な旨味が出てるので、調理時に水が少ないほうが旨味がダイレクトに伝わり美味い。そして使用する塩の量が少なくて済む。自分が作ってるカレーの調味料は塩のみである。この唯一の調味料を少量化できることはある意味少し高みに近づいている感を個人的に感じている。ただそれだけなのだけれどもなんか満足度が高い。自分の作る曲もなんかこういった拘りを持ち続け、広く多くの人に認めてもらえることがないのだが、どうやらカレーも同じ道を歩んでいる気がする。ま、でもこういう嗜好をもってるんならしょうがない。とりあえずは自分の好きや美味いを突き詰めよう。と思う。あと、カレーとほうじ茶の組み合わせをここ最近ずっと研究している。いるのだが、一向に自分が思っている香りがカレーに反映されない。ついにカフェインやテアニンなどほうじ茶の構成成分まで調べ始めたもののまだ結果が伴わない。ま、バンドなんて20年研究を続けても全く結果は伴っていないので、10日程度の研究なんてしていないのも同じだな。と思い直し、今日もカレーとほうじ茶を併せる日々を続けている。温度や淹れ方なども研究を続けているが、次はほうじ茶自体を変えてみようと調査。どうやら名古屋ほうじ茶というものが甘味が強く他のほうじ茶と少し違うらしいので、こちらを購入して一度カレーを作ってみようと思っている。

GWの三滝寺。ここ、はじめて行ったけどすごい良いとこだった。

2021GW

「光陰矢の如し」時間が過ぎるのは早いということだが、2021年現在、これは「GW矢の如し、出勤日亀の如し」が正解だと思われる。

今年もコロナがなかなかの猛威を奮っている中でのGWであった。顔見知り、SNS見知りの方々もちょいちょいとコロナに罹患した
方が出てきた。予防ももちろんだけれども、運要素も強くなってきたな。こりゃ。
というのが正直なところである。同じ場所、同じ空間にいたときの位置取り、風の流れ、会話の長さが全て影響すると思ったら、運の要素も強いだろう。と思う。

ま、全員罹患してクラスターで大騒ぎ。ってのもあると思うけれど。
だから、人と交わらない。というのは圧倒的に効果的なんだな。と理解をするところはあるけれども、そもそも人という字が人同士が支え合っている様子であり、明らかに字の段階で密だ。種々の経済活動、生産行動をしていくうえで人と協力して何らかを動かしていくという行為が必須となる方々が多く存在していることは自明の理かと思う。

その中でコロナに罹患したら、差別対象になったり、外出していたからだ!と糾弾されるという事態が個人でも組織でも社会でも至る所に存在しているのは恐ろしいことだな。と思う。未知の恐怖への対処として悪手この上ない。

ま、明らかに糾弾されても仕方ないという行動をとる人もいるから、この差別は
絶妙なバランスの上で肯定されるのだとは思うのだけれども、それにしてもコロナに罹患するより、人のほうが怖い。戦前やその前から何も変わっていない。もしかしてこれは本能なのか?ある程度、進化したいな。と思いつつGWへ突入。

今年は昭和の日から有給を取り、7連休。
基本的には家の中で過ごしたけど、数日は外へ出た。家ではネットフリックスと録画番組と作曲。作曲はちょいちょい素材が浮かんできて、スマホに動画でコードとメロを溜めていった。ひとつ、1メロで転調してサビっぽくなるという曲が出来て録音してみたのだけれども、後から聞いたら結構良い出来。
これは良いかもしれない。
今年のGWは4/23のかりそめ天国のBGMでblurが流れていたことがきっかけで土曜の朝からblurの曲を聴いていた。

blur 20年越しにその良さを知る。

全体的には昔から好みではないのだけれども、song2とか個人的にグッとくる曲も思わぬ多くてblurすごいなぁと20年の時を超えて
blurの良さを理解した。
そしてGWに作ったメロは妙に海外っぽいメロとなった。そう、すぐ影響を受ける。

ネットフリックスはほぼほぼアニメ三昧。
クロスゲームやDAYSなどスポーツ系アニメ
あだち充はいつ見てもあだち充のアニメだなぁ。と思う。主人公がいつもたっちゃんだ。そしてヒロインは南ちゃんかと思いきや、今回はショートカットの南ちゃんだった。でも面白い。見終わった後、MIXのアニメにも手を出したけど、1話を見終わった段階でもうネタが尽きてきたのか、複雑怪奇の設定だな。と思い、あだち充はここで終了。

5月に入った頃、S角と一緒に海田のワークマンに河童を買いに行った。いや、合羽だな。河童が買えるのならば、もはや想像上の生き物ではない。ただ途中通った猿猴という地域の祭りでライブしたとき、なんか町のキャラクターが河童だったことを思い出し、「いやいや、河童もありうるのか?」と思ったが、考え過ぎに違いない。もし河童売られていたとしても、購入者はほぼほぼ尻子玉を抜かれるに違いない。危険だ。

閑話休題

海田のワークマンで新品の合羽を購入した。S角はランニング用のスパッツなども購入していた。ワークマンを出ると停めておいた自転車が他の自転車と一緒に風に吹かれて倒れていた。そして川の向こうにスカートを舞い上げて女子高生たちが河原で大声を出していた。

in 海田

海田のワークマンを後にし、道すがらにあったシソと合流。シソは15時まで寝ていた。お母さん、あいつ怠惰な生活してますよ。シソ家でS角はクリアまでに72時間くらいかかりそうなゲームを始め、僕は東京グールを読み始めた。お互い時間がかかりそうなことを見たことがない黴が生息していそうな6畳間で始めてしまっていたので、途中でお互い止めた。そこからシソと買ったばかりのシソチャリを漕いで宇品へ。飯を食って帰宅。この日は温かったので半袖で出かけたのだが、帰りはカーディガンを着ていても寒かった。

途中の河原

次の日は家でずっとTV画面を観ていた。その次の日は家人が「誕生日にもらったゴディバのクーポンがアルパークじゃないと使えないので、アルパークにいくで!」と言うのでアルパークへ。せっかくゴディバのクーポンをいただいたので、チョコを…と思っていたけど、店内を見渡すとダッツ、いやハーゲンダッツより高価そうなアイスがあったので迷わずそれを6つ購入。無印に少し寄って、がんぼで飯を食って帰宅。その後はずっとTV。

起きたら晴れていた。この日は朝から登山。僕らの周りは誰かがやりたい。といったことをなるべく実現するようにしている。あるときS角が「僕、人生で一度は富士山登ってみたいんすよね」というので、みんなで「そうか、俺たちはS角がしたいと思っていることはなるべくかなえてやりたいと思っているよ」と答え、SCC(シモカドクライミングクラブ)がスムーズに結成された。

そして富士山計画が実行に移された。
そして富士山の山開きがまだ。という事実にたどり着き、尚且つ富士山って急に登れるものなのか?という基本的疑問にもたどり着き、SCCのメンバーが「まず近くの山に登ろうぜ」という非常に的を射たご意見をいただき、本日三滝駅から安佐南区のビバリーヒルズと呼ばれる住宅地まで登山をすることにした。

朝8時半集合。メンバーの一人は遠方からの参加で「次のバスに乗ると到着が8時33分になり遅刻なので、一本前のバスできた。」と7時50分から待っていた。メンバーの一人は近くなのに、8時31分の電車に乗り、8時39分に到着した。みんなとても人間らしい。

8時40分ごろに歩き始めた。三滝は高級住宅街があるらしく社員の血や涙の上に建っているのであろう大豪邸がいくつもいくつもあった。ゴルフ練習場にはマセラッティが停まっていた。世界が北斗の拳の世界になったら、まずはここに来て「ひゃっはー」と言おうと心に決めた。

三滝寺
天気はいい

登山はほぼほぼ初めてだったが、まぁ大丈夫だろうと高を括っていたら、しっかり山だった。急な斜面あり、岩場あり、難所あり。面白かったけど即筋肉痛が約束された痛みが太ももに走った。友達の息子も参加していたのだが、早々に疲れていた。が、さすが小学生。途中から元気を取り戻し、あとはずっと元気だった。隊列はS角ともう一人を先頭に進んでいたのだが、小学生が途中からS角のことを「山の神」と言い始めた。「なぜ?」と聞くと、「あの人についていくと道に迷わない」と言っていた。先頭の二人はヤマップという山歩き用の地図アプリを入れていた。そう、本来は山の神はヤマップである。
しかし小学生が嬉しそうに「山の神」と言っているのに現実を突きつけることもあるまい。と山の神の盛ったエピソードをいくつか披露してあげた。山の神S角はチャリのときでもそうだけど、先頭を行っていても絶対後ろを見ない。だから隊列を途中で引き離すこともある。今回はそれが功を奏し、小学生が「あぁ、山の神が見えなくなった。迷子になるよ。」というので、「そうだな。山の神は人間のペースには併せてくれないのでしっかりついていかないとな」というと必死に山の神を追っていた。

ヤマップいや山の神のおかげで予定より早い時間で到着。安佐南区のビバリーヒルズの豪邸を見ながら、友人宅という豪邸の外で肉を焼いた。その後、小学生が公園に行こうというので、全員で公園へ。そこで逃走者ごっこという名前の鬼ごっこをし、その後ドッヂボール。筋肉はもう限界を超えていた。小学生は逃走者ごっこのハンターを決める際に「ハゲがハンターね」と心無いことを言っていた。純真無垢とは恐ろしいものだ。

ヘロヘロの身体で安佐南区のビバリーヒルズから駅まで歩き、帰宅。即風呂に入り、就寝。

朝起きたら、もちろん身体がバキバキだった。起き上がると太ももが悲鳴を上げる。もちろんこの日は終日布団の中にいた。布団の中にいたら、GWは終わっていた。

2021/4/24-2021/4/25

初老の夜は早い。そしてそのままスムーズに朝を迎える。ということは初老の朝は早い。
この日も6時前には起床。起きて昨日のナイトスクープを観ていたら家人が起床。
椅子をあっという間に直してナイトスクープが終了。毎週一定程度の面白さを担保できるって凄いな。と思いながら、準備。7時半過ぎに徒歩にて川沿いを歩く。歩いた先のレンタカー屋で車を調達し、いったん家で荷物を積んで出発。南区で軽く迷子になりながら、合流。そこから一旦レンタカー屋に戻り、運転者を追加して出発。廿日市へGO。
順調に廿日市まで進み、高速にIN
高速をひた走り、富海で休憩。
家人が妙にトイレから出てくるのが遅くて、倒れてんじゃねぇだろうな。と思ってたら、テクテク歩いてきた。ここまで運転してきたので、交代。交代後後ろでウトウトしてたら寝てた。
寝て起きたら、ほぼほぼ目的地だった。
良く寝た。
目的地についたら以前に聞いてた海鮮の定食屋さんへ。噂に違わず、安価で満足度高し。
素晴らしいクオリティだった。というか、この定食食ったら、もう満足。という出来だった。ちょっと早いけど会場に直行した。直行したら、会場開いてた。良かった。

刺身定食1100円


リハまで時間があったので、旨いと噂のたこ焼き屋へ。こちらも噂に違わず旨い。小ぶりのたこ焼きながら、温度設定、味ともに抜群だった。よほどの有名店なのであろう。と思っていたら、そのたこ焼き屋の上にあるカレー屋さんの広告にたこ焼き屋の上です。と記載があった。地元ではそれが一番人に伝わる表現なのであろう。やはり有名店だ。後から聞いたら、元々どこかのシェフをしてた人がしてる。とか皮に白ワインが入ってる。などの地元情報を聞いたが、真偽のほどはしらない。

ネギバター めちゃうめぇ

たこ焼き食いながら、シソと合流。
シソはビニール袋に大量の鶏飯を差し入れに持ってきてくれていた。ありがたい。
しかし、この差し入れはシソからではなく厳密にはシソ母からである。いつもありがとうございます。シソ母。鶏飯は冷蔵庫で保存し、翌朝頂いた。いつ喰っても旨い。

吉野鶏めし 旨い 味がよくしゅんでいる。

会場に戻る前に浮かれてタピオカを購入。
台湾以来のタピオカ。2年ぶりかな。

浮かれタピオカ


会場に戻り、リハ。
本日は3人。しかもスタジオで使ってたアンプがマイナーなアンプだったので、マジョリティアンプJCで音を作るとなんか違う。メンバーからも違うといわれるもリハ中になんとかなるものでもなく、不安要素を残してリハが終了。

リハ終了後は散歩。
知らずに開店前の歓楽街を歩く。
家人がずっと「水を…水をこうてくれ」と言っていた。砂漠の旅人かな?と思う程度に水を乞い、疲れ果てていた。ちょうど自販機を発見したので、お茶を与えた。ぐぴぐぴ呑んでプハーと言って、元気に歩き出した。砂漠の旅人にしては回復が早い。ま、ここ砂漠じゃないしね。

会場に戻ると久しぶりの面々と再会。
同級生のいずみくんや性根と曲が反比例しているあだちくんには出会って早々「ウサギと対バンするといつもトラブルに合う。だから今日も二人だ。」と性根がどうかしているクレームをつけられる。でも、これが平常運転だからあだちくんなのだ。「お久しぶりです。元気でしたか?」などと言うようになってしまっては曲が陳腐なものになるに決まっている。と個人的に思っている。
ほなみちゃんや主催のほっけさんにも挨拶。
こんな時期に開催してくれてありがとう。ほっけさん。おかげさまで楽しい時間でした。ステージからの距離や転換中の喚起など感染対策にも気を配って精神的にもしんどかっただろうな。と思うと感謝です。

煙草吸ってみんなと話してるとあっという間に本番。

ネネカート 性根と反比例しているので、美しい歌詞と曲と歌声
上野良介
未遂
迷いクジラ

演奏終了後はシソと辛麺を食す。
食後はそのまま会場の上で就寝。

辛麺5倍

翌朝起きると、会場の上に泊まってたメンバーも続々に起床。話は尽きない。
未遂のドラムはアルコールが入っていないと筋トレが似合う好青年だった。話すときはノンアルコール状態に限るな。と思った。
でも、アルコールが入るとやはり常軌を逸したエピソードが出てくる。
他に全面に刺繡が入った原価が高そうなTシャツを着ているアーティストっぽい女の子あきやまちゃんとも話す。ほなみちゃんとやってるというベアーキックというバンドの話もした。今度どこかで一緒に出来たら良いな。と思う。

積もる話もそこそこにみんなとお別れ。

みんなと別れたあと、別府に向かい温泉に入る。温泉はほぼ貸し切りのようだった。そして天気がすこぶる良くて風呂で汗をかいてるのか、外気で汗をかいてるのかわからないくらいであった。風呂上がりに近くにいたメガモンスターを一人で討伐。

そこからは一気に帰宅。
運転をお任せして寝ていた。起きたら、覆面パトカーが目の前にいて、先導されていた。
車内では「初めて…違反で捕まる…」と言っていた。可哀そうだから昼ご飯を奢ってあげることにしたら、飯食ったSAで一番高いふぐ丼を食っていた。

その後、運転を変わりそのまま順調に帰宅。
帰宅後はもう何をするのもおっくうで20時前には寝た。すると、その日のうちに起床。もはや昼寝だ。そこから小一時間起きて1時前に本格就寝。

2021/4/17-2021/4/18

天気がずっと同じルーティンを繰り返している。月-木と晴れて金曜に怪しくなって、土日で雨が降る。こんなことがもう3週くらい続いている。なんだ、この天気のコピーアンドペーストは。天界で誰かが天気PCのコピペを繰り返してんのか?というような天気。

今週もコピペにより、土曜は天気がよろしくない。でも昼過ぎには外に出れるくらいにはなってたので、近所のうどん屋にうどんを食べにいく。レンコンの天ぷらとおにぎりと肉うどん。昼間にカープの試合をTVでしてた。ま、カープのことは1㎜も知らないので、わかんないのだけれどもみんなボーっとTVを眺めていた。1回表だったけど、点は入らなかった。

うどんを食った後、帰宅。帰宅後は途中で止まっていたシグナル(韓国版)を観る。韓国の真木よう子と思っていた先輩刑事や韓国のピエール滝の過去の刑事がいろいろ絡んで過去がちょろっと変わっていき、最後は匂わせで終了。でも、韓国ドラマは面白いなぁ。よいよい。

その後、流れでシグナル(日本版)を見始めたものの1話目で飽きがきて、中断。

夜はというか、この日はすべてにおいて面倒くさい。面倒くさい。という感情に勝てず、晩飯のカレーも作らず、豚汁とおにぎりを夜に作ってもらった。前に買っておいたザーサイと海苔があるとごはんが止まらない。喰うつもりもそんなになかったのにバリバリの食欲が蘇る。多分、太る。

日曜は朝から活動的に実家からもらった新玉ねぎを使ってグレイビーを作成。新玉ねぎは水分が多い。みじん切りにしてレンジで温めて量が三分の二になり、フライパンで炒めたら三分の一になる。何かさみしい。さみしいけど、これがメイラード反応というものだろう。

晴れ。

グレイビー作成後にカレーは作らず、昼飯を食いに外へ。ちょっと雨がぱらついてて速攻で市電に乗る。市電に乗る直前ぐらいで雨は止んだけど、そのまま市電で市内へ。
市内の天ぷら屋で天ぷらを食う。
家人が「前に来た時より旨くなってたな!」というので、「ふんふん」とだけ言っておいた。でも、揚げてくれる人が変わってたので、そういうこともあるのかもしれないし、確かにキノコの天ぷらは大きさも揚げ方も丁度良かった。

天ぷら。

天ぷら食ったあとに誕生日にいただいてたクーポンを使いにソゴーへ。しかしながら、ソゴーの店舗では使えないとのこと。最寄りはアルパークであった。本日はあきらめた。

平和。

その後、歩いて帰宅。ドラクエウォークでDのこころばかりが落ちていた。

帰宅後、家人が「スラムダンク観ようぜ」とうるさいので、スラムダンクを観始めた。どうやら昨今の青春もののアニメに感化されたらしい。弱虫ペダル、ハイキュー、黒子のバスケ、あひるの空、2.43と観てきた効果が表れたらしい。家人は観ながら「合宿はまだか、合宿は。スポーツ青春ものは合宿よ!」と言いながら合宿を心待ちにしていたが、スラムダンクは合宿が始まらなかった。

陵南の練習試合あたりまで観て、就寝。

2021/4/10-2021/4/11

忙しくて〇〇する暇がない。
割とどこでもよく聞く話だ。
そしてその話を聞くたびに〇〇する程度の暇を作れないのは作れないほう、作ってあげれない体制双方に責任があると思っていた。
自分は運がいいのか、悪いのか、
「忙しくて〇〇する暇がない。」という経験が覚えている中ではほとんどない。いいんだか、悪いんだか。

4/10は主催イベント。

みなさん、どうもありがとうございました。


全国的にもcovid-19の猛威がぶり返している中でのイベントであり、尚且つ自身もcovid-19慣れした中でイベントを行うということもあり、考えるというか、最悪の事態を想定して以前使った県のガイドラインに沿った形で開催することにした。飲食する場所と会場を分けること、飛沫防止のプレートをマイクにつけること、ステージと観客との距離を2m開けること、検温、住所登録諸々、covid-19慣れした中では「今時期はここまでせんでも…」という方もいらっしゃるかとは思うけど、最悪の事態のときに自身の後悔が少しでも少なく済むようにやらせていただきました。皆様、ご協力ありがとうございました。

久しぶりのPAだったので、いろいろ思い出しながらチャレンジ。
PAでライブに関わるのって数えるほどしかないけど、バンドの見方が変わる感覚があるから面白い。
この音、もう少し下げたほうが聞きやすいとか、逆にこの音は上げたほうがいい。いや、イコライザー変えたほうが抜ける?
とか通常ライブ観ながら考えてないことばかりを考える。
自分でやってみるとPAさんから昔よく言われていた「音がデカい、中音小さくして」っていう理由も分かる気がする。ただ、自分は
バンドマンであり、バンドマンの想いを幾ばくかは感じることができる。なので、「デカくて正解」ということがあるのも知っている。
ま、機材が壊れるような爆音は論外として、若干の自身の感想や印象よりも今、ステージに立っているバンドの人となりを理解していることって重要な要因のひとつだな。と思ったりした。

あとマイクの位置は発見だった。
マイクの位置って大事だね。PAにとって。

そんな突貫的にPAの準備をしてみなさまをお出迎え。
SGT、kthe、merryghostsのみんなの優しさに支えられてPA業務もなんとかできました。ウサギのときはPAをSGTのホリベさんにやっていただき、これまた感謝。いつも急なお願いなのにシャッと処理していただき
ありがとうございます。

COMA使って自分たちでPAも転換もバーカンもやって箱代を抑えるスタイルは、もちろん考え方や求める品質の違いはあると思うけど、一度体験しておくと何かと役に立つ学びが多いと思うな。

で、ライブ。
kthemusicgirl solo→SGT→MerryGhosts→ウサギduoという流れ。
良い組み方だった気がする。
PAしながらそんなことを思ってた。
今回PAとバーカンを一緒にしてたので、PAの隙間に呼ばれたら
飲み物を注いでた。
飲み物を注いでたら、kthemusicgirl soloで機材トラブルが
発生していた。PAなので、近くにいってはみるもののホリベさんがなんとかしてくれてた。ありがたい。
kthemusicgirl soloはキャリアの中でこういうことも割と経験済みなので、焦りを見せることはなく、淡々と以降の曲構成を考えてたりしてた。流石だ。

SGTやMerryGhostsも長いキャリアがあり、間違いない演奏力があるので、ブレない演奏とパフォーマンス。流石だ。

ウサギduoはこれまた機材トラブルでギターアンプから音が出ない。というトラブルがあったものの途中までは気にせず出来たので、これもまたキャリアで身につけた対処法があったのかもしれない。

あとこんな時期にも関わらずに呼びかけに応えてくれて会場に足を運んでくれた方、気にかけてくれる方がいることに感謝だなぁ。と思う。どのイベントもそうだと思うけど、
演奏する人と観に来てくれる人がいないとイベントは成立しない。
当たり前のことだけれども、こういう中でイベントを行うと当たり前の再確認が心の底から行うことができる。
これはとても良いことだなぁ。と思う。

その後、S角隊長に奮闘していただき、いろいろ頑張っていただいた。
よかった。よかった。

帰りにドン・キホーテで煙草のシャグを購入。いつも吸ってるのがなかったら、何を買おうかな。と思ってたら、いつも吸ってるのがあった。
「やった」と思い、購入し、家で煙草を開くと、カラッカラに葉っぱが乾いていた。
通常であると若干の湿り気を纏っているのだが、11月の落ち葉くらいカラッカラだった。
相当古い。ま、それくらい需要がない商品なのであろう。
カラッカラの葉っぱを詰めて吸ってみたけど、いつもより美味しくないので、グリセリンを垂らすことにした。
グリセリンを足すと湿り気は追加されるものの、ヴェポライザーに入れたあとのシャグポン(シャグをヴェポライザーから捨てる行為)がしにくい。うーむ。でも、買ってしまったものはしょうがない。

土曜は深夜に寝たので、日曜は起きたら9時ごろだった。
ハッピーバースデー俺。

起きた直後に母親から電話がかかってきた。
流石、親。誕生日のことを覚えていたか。と思い、電話に出ると開口一番に「今日、誕生日やろ。なんぼになったんかいね?」
と確認が入り、その後、誕生日のことは触れられることもなく妹の家に筍と新たまねぎを送ったので早めに取りに行け。という
業務連絡を受け、電話は切れた。うーむ。

起きてから「この音とまれ」をネトフリで視聴しはじめた。
コロナ禍で漫画アプリで漫画が無料で読めるときに途中まで読んでたけど、アニメでみるとまた違っていい。
なにせ箏の音が聞ける。

家人はライブをすると怠惰になる癖があるのだが、本日は割と機能しており、昼ぐらいからは動けそうだ。とのこと。
昨日、イベントに行く前にTVのケンミンショーで博多ラーメンの特集を見て以来、今日の昼は博多ラーメンを喰いたいと思っていたそうで、検索までしており、行くお店まで決まっていた。先週もラーメンを喰った気がするが、まぁよい。

妹の家で筍と新たまねぎを受け取り、ラーメン屋へ。家人はもしゃもしゃとラーメンを喰い、満足気。
よかった。よかった。と思っていたら、
「今日はおめぇの誕生日だ。ケーキいるか?」というので、「いる。」と答えると
先週も行ったオカシゲルいやオカシモ(茂)へ。
誕生日なので、ケーキを二つ買ったら、
何でもないように家人もケーキを二つ購入されていた。
これは最早、俺の誕生日の話ではない。ということを胸に秘め、帰宅。

帰宅後もずっと「この音とまれ」を観ながら、昼寝をしたりしていた。途中した昼寝のせいで数話見逃していたけど、気にせず見続けた。いろいろ大団円で次シーズンに繋がっていた。早く3部が観たいな。

この日は疲れていたのでカレーを作らずにいたら、家人のやる気スイッチが機能しており、カレーを作ってくれた。
筍とオクラのカレー。
よい。よい。ありがたい。ありがたい。

その後、歯を磨いて寝ようとしていると
「おい、ケーキ喰わねぇのか、ケーキ」
と家人が言い始め、いそいそを紅茶を入れ始めてくれたので、ケーキを喰う。
オカシゲル(オカシモ(茂))のケーキは価格と大きさが庶民が納得できる設定なので、良い。
味も美味しいと思う。
納得いかないのは店名だけだ。
茂(シゲル)のお菓子屋だけどオカシモ(茂)そして、茂の冠をつけたロールケーキは茂(シゲル)ロール。
ルール付けとしては、オカシゲルで茂(シゲル)ロール。または、オカシモ(茂)でモロールが正解かと。
という、どうでもいいようなことを考えながら、寝た。

そして、最初に記載してた写真のくだりは
PAしてたらライブの写真を全く撮っていなかったので、誰か写真くれ。というだけの話です。

それでは。

2021/4/3-2021/4/4

今年ももう4月か。
毎年いろいろやってなかったことをしてたら、一年は割と長いものだったけど最近は早いな。
また何か新しい興味を引くものを探さなければと思いつつ、いろいろ興味があるものはあるので困ってはいない。
例えば昨年から興味を持ち始めたカレー。
これはどうにかマネタイズできないものだろうか?と考えている。まぁ、マネタイズといってもまずは出店機会の捻出かな。と思っている。
ちょっとしたイベント、ちょっとした出店みたいな機会があれば、自分の作ったものを誰かに食べてほしい。
言うならば、ライブだな。
チケット(カレー代)もらって、自分の表現(カレー)を観て(喰って)もらう。良ければリピートの対象となり、悪ければそれっきり。その勝負の繰り返し。
楽器でいえば一年ずっと家で練習してきたので、そろそろお外でライブがしたい。
そんな心持ち。春だしね。

こんな感じのカレー

あとは絵とか小説とか漫画とか一つやってみたいように思うので、また籠るようなことがあればやってみよう。

本来日曜にライブがあるはずだったのだが、
金曜の段階で日曜の降水確率が90%を超えていたため、まぁ中止だろうな。と思っていたところ、金曜に「延期で」と連絡が来た。
なので、ライブのない週末が金曜には確定していた。

日曜はほぼほぼ雨が降るということなので、
晴れと曇りの間の天候のような土曜日に
昼飯を兼ねて散歩。
なんとなくホルモン天ぷらを食べようと思って福島町を目指して歩き始める。ぶらぶらと
観音方面の橋を渡る。
川の名前は知らないけど川の向こうに海が見える。
ちょうど、この橋の下の塩分濃度ってどれくらいなのか?
濃度が濃かったらここでも海の魚が釣れるのかな?
そういえばもうちょっと江波方向にいったとこでスズキが釣れるって言ってたな。とかそんなことを思いながら歩く。
途中、相当昔からある刃物屋さんの前を通る。埃を被った店頭のお買い得の包丁を見ながら進む。このお店を見るたびになぜか少し胸が締め付けられる。なんだろう。
何かしらの失われていくノスタルジックみたいな感傷を覚えるのだろうか?
店からしたら、いい迷惑だな。とか思う。
更にその隣に撤去された交通標識が立てかけられている。
交通標識の墓場と勝手に思っている。
ここでも何かしらの失われていくノスタルジックみたいな感傷を覚えるのだろうか?締め付けられる。
その後、見頃を終えそうな桜が咲いた公園の横を通り、歩く。そういえば歩き始めた頃、家人が「こないだ寿楽亭を喰って、私は広島ラーメンいいな。と再確認をした」「だから、今日もラーメンでもいいぞ。」と
言ってたことを思い出した。
今日もラーメンでもいいぞ。と言い、譲歩めいた雰囲気を醸し出しているように見えるが、その実、こいつは
「ラーメン喰いたい」と言っている。
なので、ホルモン天ぷらは次回にしてラーメンを喰おうと提案すると「えーいいよー。ホルモン天ぷらでいいよー」と、さも遠慮したようなスタイルでこちらにジャブを打ってくるので、「よい、ラーメンね」と最終的には私が決めたんじゃない。
てめぇが決めたんだぞ。という責任を一緒に呑み込むことで本日は「ラーメン」が昼飯となる。
福島町目指して歩いてたら、「つばめ」を発見。「つばめ」でラーメンを喰う。
久しぶりに喰ったけど、注文のタイミングが全く取れずに自分で注文することを諦めていた。その刹那、家人が目を見開き、ガッと注文。ラーメンへの飽くなき欲求が家人を動かしたのであろう。
本当はおにぎりも注文したかったが、ラーメンのみを喰い、店を出る。
店を出たあと、家人に注文のことでタイミングが取りにくいという話をしたら、あの量の客を一人で捌くのは難しいからしょうがない。ま、でもラーメンの提供スピードが早いからいいよね。というようなことを言っていた。

帰りにオカシモに寄り、ケーキを買って帰宅。オカシモはお菓子茂と書くらしく、店内に茂ロールと書かれた商品があり、
「これはモロール、モロールと呼ぶのか?」と思ってさらに観察したらローマ字で
SHIGERUROLLと書いてあった。
しげるロール。
茂=しげる
それなら、店名はオカシゲルだろ。
と思いながらケーキとシュークリームを買って帰宅。

帰宅後、韓国ドラマを観始める。
「シグナル」
数年前に日本版でリメイクされたドラマの元ネタ。
観始めるとリメイクされるだけあって面白い。そしてやはり漢民族。
反日教育をしていようが同民族。
顔がいろいろ日本人と似ている。
主人公の上司の女性刑事は真木よう子に見えるし、主人公はジャルジャルの後藤をカスタムしたような顔立ち。あと過去の刑事はピエール滝に似ている。
その他のキャストも誰かに似ているというか
誰かみたいだな。と結び付けれるような容姿をしている。
話を楽しむのはもちろんだけど、「この俳優さんは〇〇と似てるね。」と結び付けたりして楽しめる。
日本ならではの楽しみ方だな。
ま、逆もまた然りなんだろうけどね。

そのままシグナルをずっと観て土曜は就寝。

日曜はもちろん雨だったので、
シグナル観ながら、カレーのグレイビーを作ったりウサギの新曲を作ったりしながら過ごす。
DTMってすごいな。と思ったのが、元々テンポ180でギター弾いたり、ベース弾いたりして録音たんだけど、なんか勢い足りないな。と思ったので、テンポを200にペッと数値だけ変更して再生してみたら、何の違和感もなくテンポ変更が出来てた。
すごーい。と思ってテンポ200のエイトビートを基本にしたリズムを家人に聴かせて
「これ、叩ける?」と聞いたら
「ギリだな。後半のテンポは落ちると思え」
と現実的な回答が返ってきたけど、
鍛えたら叩けるだろ。と思って2番も
テンポ200のエイトビートでいくことにした。

雨はずっと降り続いていた。

家人は毎週僕に負けることのないツムツムが
今週に限ってぼろ負けを喫していたので、
「許さん。あたしはお前を決して許さないよ」とずっとツムツムをしてたけど、23時過ぎに「今週は無理や。無理やで。」
とスマホをほおってふて寝~本睡眠に入った。
小さい体を上手に布団に対して斜めに配置した格好で本睡眠に入っておられたので、少し家人の体を転がして
寝るスペースを確保して睡眠。

2021/3/27-2021/3/28

土曜はもちろん希望しなくても早起き。
家人の起床を待ち、朝ごはん。
ご飯を食べたあと、煙草がないことに気づき、
徒歩にて十日市へ。
煙草は数年前からヴェポライザーに変えて以来、
シャグと呼ばれる葉タバコを購入している。
シャグは値段の割に持ちが良く、とても節約に役立つし、
味も自分好みの葉を見つけれたら満足度は高い。
安い、旨いと2拍子揃っているのに市民権は…ない。
会社の柄の悪い顔面の友人と長髪で眼鏡の胡散臭い
自分、この二人しか近くにヴェポライザーユーザーがいない。
「それって、ここで吸っても大丈夫なんですか?」
「それ、法に触れる…」
と吸っている人間の印象でヴェポライザーの印象を下げている。
あきらかに下げている。
そういう遠因も手伝っているのか、ユーザーが少ない。
そんなヴェポライザーのタバコ葉を買いに十日市に出かけた。
購入前に歩いていると、寿楽亭の暖簾が出ている。
時間は10時半前で、朝飯も食っているが、
開いているなら喰わなくては!
それが寿楽亭なのだ。

寿楽亭の中華そば

寿楽亭でラーメンを食った後、100円ショップに寄り、
鍋つかみを購入。布を購入しようと思ってたけど、
結局、シリコンの鍋つかみを購入。
基本的にみじん切りした玉ねぎをレンジにかけた後、
取り出す時にだけ使用するので基本なんでもよかったのだが、
なんとなく気になったのでシリコンを買ってみた。
因みに使用感としては普通であった。

帰宅後、家人が「テニスの王子様も青春系で面白いのか?」という
問いに答えるために見始めたテニスの王子様を延々視聴。
そして昼寝。
昼寝から起きると準備して出発。
本日ウサギバニーボーイ3人でコンクリ詰めにてライブ。
異種混合のスーパーイベント。本日も弾き語り、ポップ、
パンク、ハードコア、デジタルハードコアとなんでもあり。
こういうイベントに呼んでいただけるのはありがたいし、
気合が入る。そして気合は入れすぎるとリハから頑張りすぎて
声が枯れる。リハ後、のど飴を買いに行く。
そして本番。もちろん声が枯れる。
声は枯れたけどなんとかなった。
こういうのを科学的根拠はないけど、気合で乗り切ると
いうのだと思う。
自分たちのライブが終わるとあとは楽しむのみ。
うちの運動嫌い、動くこと自体億劫な家人が踊っていた。
ステップを踏んでいた。
汗をかいて踊っていた。
その瞬間、毎日コンクリ詰めがあるといいのに。
そしたらこいつ、踊り続けるのに。と思った。

家人が30分踊り続けたコンクリ
圧倒的パフォーマンス

ライブ後も遊んで、最終的に雨が降っていたので、
酔ったS角のチャリを駐輪場に止めて二人でタクシーで帰った。
タクシーはもちろんマルキョウで。
タクシー探してるときに嫌な思い出しかない三ツ矢タクシーの
運転手が暇そうに客待ちをしていた。

日曜は疲れてたのか、10時ごろに起床。
そこから菓子パンなどを食う。
その後は延々とテニスの王子様を観ていた。
これもジャンプらしく中学生らしからぬ風体、
よくわからない技の名称とそれを出す前に宣言。
しかしながら、いい。どんなスポーツでも青春はいい。
破滅への輪舞ってなんだよ。

この日は来週分のグレイビーを作成。
今回もいい感じのグレイビーになった。よかった。
作ったグレイビーを使用してカレーを作成。
うむ、やはりいい感じだ。

最近、快食、快便、春眠暁を覚えず系の昼寝時間。
身長が伸びるのではないか?と思うほどの体調。

来年くらいに身長180センチ超えてねぇかな。

あと桜がきれいに咲き始めましたね。





2021/3/20-2021/3/21

金曜の夜に黒子のバスケを全て観終わり、僕たちのウィンターカップが終了。

終盤のドラゴンボール感がジャンプっぽくて良いなぁと思いながら、youtubeで現実のメテオジャムの動画を探したりしていた。

土曜は家にいた。いや、家にいるのはもちろんなのだが、ほぼ布団の中にいた。立ち上がっていた時間も数分だ。怠惰。怠惰オブ怠惰。書き記すこともほぼない。無。

もしかしたら1周廻って、これこそが仏陀の求めた悟り、境地なのかもしれない。
とか考えていたけど、綺麗な怠惰であった。

数十センチ先のリモコンでさえ、取るのが億劫で家人に「リモコンを…」と
嘆願すると「まぁぁぁ」と言われた。
布団の上でDQウォークを立ち上げると歩数が確認できる。

歩数を確認すると2歩であった。

黒子のバスケに費やした1週間を取り戻すように録画番組に着手。
途中、急にエヴァンゲリオンに触手が動き、
序-破-Qを休み、休み視聴。
計6時間を8時間くらいかけて視聴。

アニメで新世紀を観ててもそうだったけど、途中から意味がわからない。
説明が少ない。想像でも補完できない。
で、人類は補完できるのだろうか?
そしてマギシステムって何?
碇シンジの母ちゃんってエヴァ何?それともエヴァの元?
綾波レイって人?
とか基本的なところさえも理解できないまま、Qで?となり、最終的に三人で歩いてどっかに行ってた。

これで8年間置いてかれたファンとしては今、映画でしてる完結編は愛憎の眼差しで眺めるのであろうと勝手に推測。
tw見てると、みんな完結篇には満足気で何より。

カレーさえ作ることなく、布団の上で生活をして、夜が更けていった。

日曜は前日の怠惰に区切りをつけるべく、朝起きて服を着替えた。
服を着替えると気分が変わる。
前日から降り続いていた雨も止んでいたので、ついに満を持して散歩へ出かけた。
目的は昼飯。
場所は西広のカレー屋と定めた。

家人も「行く」とのことで家人の風呂などを待ち、連れ立ってでかけた。そう、怠惰は自分だけではない。

風呂に入るのが億劫なくらいには家人も怠惰を満喫していた。

風呂に入り、よくわからない下地のパウダー状のなにかを塗しただけで家人は玄関から飛び出した。

眼鏡とマスクをしてるから特に化粧は気にしないそうだ。

途中、結んでた髪も解けたのだが、それも気にしないと言っていた。

ある意味、家人も何かしらの境地にいるのかもしれない。

他人の家に停まっているランクルに対して、
「これはTOYOTAってマークじゃないから、可愛くないね。ダメ」とか「これTOYOTAだけど、もっとかわいい奴あるよね」など
所有者に聞かれたら「うるせー、買えもしねぇやつが!黙っとけ」といわれるであろうランクル批評をしながら散歩。

2号線のとこに中華料理屋があったのだが、店が閉じており、空き物件になっていた。こういうとこでカレー屋したら良さそうだな。2階もありそうだし、イベントも出来そうだな。とか考えてたら、西広島周辺に到着。

迫兄の家の目の前にあったお好み焼き屋さんが更地になっていた。

「あー更地になってんな」と家人と話していると信号が赤になった。

気分的に車もおらず、道幅も3mくらいしかないので、信号無視しても全然心が痛まないのだけれども、その信号を待った。

信号が青になり、渡ったところにあるファミマを見ながら、
「迫兄が、この信号守ることって決してないと思うんじゃけど」と家人に問うと、「じゃろうね。」と言っていた。

そして本日の目的地のカレー屋に到着。
入口から見るとカウンターだけの小さい店かと思ったら、狭いのは入り口だけで中は随分広かった。洒落ていた。

で、カレーを喰った。

来週は3月27日はコンクリ詰め!コンクエストにて!



家人が注文したカレーにココナッツミルクが入ってて、少しもらったけどやっぱりココナッツミルクは苦手だった。

帰りに西広の駅前を通ったら、必要以上に洒落ていた。なんだ、今、西広は必要以上に洒落ようとしてんのか?と思いつつ、洒落た西広で家人はなんらかのフィナンシェを購入していた。曇り空の下、用意された洒落たスペースの椅子に腰かけた10代の娘たちが何らかの飲料をストローで吸い上げていた。

家人は購入したなんらかのフィナンシェを帰りに、うちの妹に渡し、妹が作ったおはぎを手に入れていた。

家に帰って甘さ控えめのおはぎを喰った。
家人の分のおはぎを布団の中に隠してみたら、家人は泣きそうな顔で憤怒していた。

夜、ネットフリックスでFree!という水泳アニメを観始めた。

家人曰く「これ、個人競技だろ。チームの青春ものじゃないとグッとこねぇよ」と言ってたものの、観ていると、どうやら水泳の
メドレーリレーがメインらしいぞ。と分かると、「いいじゃないか!」と集中して観始めた。

5、6話観たあたりで就寝。