2022/04/16-2022/04/17

ローカルキーホルダー

風呂に入るぞ

土曜の朝、起きて朝一で風呂の水を抜く。我が家でいうところの「抜くとこスタート」である。何をするかというともちろん風呂の水を抜き、掃除をし、風呂を入れるのである。

高木さんっていいよね

最近、TVを観ずにネトフリばかり観ている。風呂を溜める間も珈琲を入れ、「からかい上手の高木さん」の3部の頭のほうを観ていた。家人は全く触手を伸ばさないのだが、なんだろう。「青春」+「初恋」+「淡い」こういった要素は人間だれしも若年層と呼ばれる世代があり、その世代時に理想をまんま叶えたという自負がない限り、少なからずひっかかる要素があるのではないか?と個人的に思うのだが、家人はそうではないらしい。恐らく絵柄やあまり抑揚なく描かれる日常が好みではないのであろう。

運動神経?何それ。

あと家人は極度の運動能力不足で体育の時間にバスケをしていて味方のパスで骨折。連れて行かれた病院で医師に指を引っ張られて気絶。というポップなストーリーをお持ちなので、満足するほどの「青春」+「初恋」+「淡い」要素を持っているとは思えないのだが、まぁ、何事にも例外はあるのであろう。風呂が溜まったところで視聴をやめ、入浴。

おっさんの風呂の詳細

髪を伸ばし始めてから洗髪が非常に厄介である。まずシャンプー。基本、二度洗いである。最初は頭皮を指の腹でモシモシ洗う。髪が伸びてからはなぜかファースト洗髪の泡立ちが悪い。なので、まずはあまり泡立たない状態でモシモシ洗って流す。次に髪を中心に髪を擦る感じで洗う。この時は少量でもかなり泡立つ。その後、トリートメントを塗り、塗ったままで洗顔と髭剃りを行い、その後トリートメントを落とす。これだけなのだが、面倒くさい。更に風呂上りに髪を乾かすのも面倒くさい。調査を繰り返し、繰り返し「これだ!」という高額なドライヤーを購入したもののやはり10分程度は髪が乾くまでに時間を要してしまう。なんとか乾かした後に化粧水、乳液、美容液を枯れた畑に振りまいて終了。時間もかかるし、工程も多い。こういうのを毎日やってる人たちは偉いなぁ。と思うし、費用をかけてそれなりの消耗品を使用している人は更にすごいな。と思う。

家人の化粧

風呂から上がると、家人も起き出しており「わしも風呂入るでや」といい、そそそそと風呂に向かっていた。数十分後、風呂から上がった家人は「化粧するで」と宣言された。家人は自分と同様とても面倒くさがりで禁忌とされる行為をずっと繰り返していた。禁忌というのは化粧の上塗りである。家人は20代の肌が元気な頃、元気なことをよいことにそれはそれは肌を酷使していた。仕事から帰ってくると、倒れるように転がり、転がりつづけて布団にIN。そのまま就寝したり、起きて飯を食ったりしてそのまま眠った。起きて風呂に入ればいいもののギリギリまで眠りたい。という欲に勝てず、そのまま眠り続け出勤直前に鏡を見ながら化粧を上塗りし、また出勤していた。そう、肌に呼吸をさせるのを拒否した20代をおくられていた。

ウォンツのババアに叱られる

ある日、化粧品を買いにウォンツに出かけ、肌の調子を見てもらった際にウォンツのババアに注意され、上記の生活スタイルを話したら、ウォンツのババアに叱られた。というエピソードもお持ちである。そして当時のウォンツのババアの願いが叶ったのか現在、家人の肌はいつも呼吸をしている。その理由は明白で家人は化粧をやめた。流石だ。コロナ禍のマスク着用+眼鏡がスタンダードスタイルとなった現在、化粧を引退したのである。

化粧宣言

そんな家人の化粧宣言。ま、ただの気まぐれである。久しぶりに眼鏡を外し、コンタクトを入れると「おい、ものが大きく見えるな。やっぱり」と言っていた。家人はコンタクトをしたまま料理をすると、かなりデカ盛りの料理を作るのだが、それはこれが理由らしい。そして化粧。しかしながら、できる限り工程を省こうとする。

省く!省く!

「マスカラは…うーん、(しなくて)いっか」「アイライナーもなー…(しなくて)いっか」こんな調子で恐らくベースメイクをすることを化粧をする。と定義したのであろうスタイルが完成していた。そんな家人と9時半ごろに出立。

現地集合。現地解散。

本日はライブで山口へ向かう。通常、バンドワゴンに機材を詰め込み、メンバーを拾って出発と思いがちであるが、我がバンドはまず僕らは車を所有していない。ギターは所有しているものの2人乗りのスポーツカーである。ベースは子供が小さいので家を長く空けるわけには行かず、ライブ終了後、即帰宅という都合上、ほぼほぼバラバラで移動することとなるのである。

鈍行でGO!

自分たちは鈍行列車で生まれ故郷防府を目指す。ファミマでお菓子を買い、こないだ買ったkindleに漫画と本をダウンロードして鈍行に乗る。うまいこと席も空いており、まずは岩国まで移動。途中、DQウォークなども立ち上げ、モンスターを討伐したりもしていた。家人は漫画や本だと酔うので、外をみたり寝たりしていた。岩国からも同じような感じで過ごす。そして防府へ。

奴らが…

防府に着くとshiNmmのまごめちゃんとゆかみりやが迎えに来てくれていた。改札で戸惑っていた部活の高校生の横を抜け、切符を駅員の横に置いて合流。因みに防府に自動改札機はない。まごめちゃんの運転で山口まで連れて行ってもらう。まだ早いので飯を食ったりする予定を入れている。

まごめスタイル

走り出して数分でまごめちゃんの運転は限界までスピードを追い求めるスタイルだということを知る。どうやら前に車がいると、その車に追いつかないといけない。と思っている節がある。そして追いつくのはなるべく早いほうがいい。という独自ルールもあるようだ。結果、限界までスピードを追い求めるスタイルが確立されたようだ。因みに前の車に追いつく際、車間は割と近い。

まごめスタイル

とりあえず間違えよう

まずはリバーというお店で飯。ゆかみりやのナビでゴー。地元なので、リバーと聞いてロゴが浮かぶ。しかしながら、場所が明確に思い出せない。小中学校の区域の何処か。というまでが記憶の限界である。ゆかみりやのナビに従い進むと、中学校区域の入り組んだ場所に連れて行かれた。絶対にこんなとこにリバーはない。と思っていたら、ゆかみりやが「リバーって入れると絶対最初にこの変な場所に連れていかれるんですよねぇ。」と言っていた。予定調和の間違い。なんてレベルの高いことをするんだ。こいつは。

真のリバーへ

と思いながら、真の目的地へ。真の目的地へはゆかみりやのうろ覚えの記憶で向かう。という斬新さ。こうなると自分も記憶を総動員するしかない。おそらく自分がロゴが浮かぶということは街道沿いであろう。そして街道沿いに記憶では喫茶店は4件程度。その4件のうち、3件は現在地から東側。とすると、このT字路は右折が正解。と思っていたら、ゆかみりやがあっさり左折を指示。左折し、数百メートル行くとあった。リバー。そうか、自衛隊のとこのはす向かいの喫茶店か。確かにあった。あった。ようやく到着したリバーで日替わり定食とミックスジュースを注文。他は日替わり定食、煮干しラーメン、ナポリタンを注文。どれもいい感じの料理であった。そして何度か来ているというこの二人は毎回あの中学校区域の入り組んだ場所を経由してここに来るんだな。と思うと、こいつら道に関して学習意欲はゼロだな。とか思っていた。

ドライブ


食後は中学の頃、親がヤクザだという同級生が住んでる地域が懐かしくなったのでその地域をドライブしてもらうことにした。記憶ではトンネルを抜けたところにある地域だったように思っていたけど、トンネルがない。少し行ってトンネルを見つけたのだけれども、なんかトンネルが真新しい。違うような気がする。でも、そのトンネルを超えると海が見えたり自然が豊富だったり、道が綺麗だったりといい感じ。まごめちゃんのスピードもいい感じで限界ギリギリだった。まごめちゃんはギリギリのスピードでカーブに差し掛かると「私、カーブ苦手なんですよね。えへへ」と身の毛がよだつことを言っていたが、こうやって日記が書けているので結果OKである。

道の駅大道

地元ながら馴染みのない道をひた走ると大道の道の駅に到着。妙に人が多く、老人や主婦が溢れていた。地元野菜などがかなりお安く売られていた。トマトひと箱20個入りくらい?のが880円などかなり安い。購入意欲をそそられるもののトマトの箱を持ってライブしにいくのもあれだな。と思って思い留まる。ただ後ろを振り向くと、デカいタケノコを2本、なにかしらの苗、あとほうれん草?なんかをカゴにしっかり詰めたゆかみりやが会計をしていた。ゆかみりやは「たけのこ激安!」と言っていた。「2本は多いだろう?」というと、「いや、こんなデカくても食べれるとこは少ないんですよ」と言っていた。そんなもんかな。と思ったけれども、やはりあれはデカいと思うな。

長沢ガーデン

その後、長沢ガーデンに移動。ただ池のほとりに入浴施設、宿泊施設、飲食お土産施設があるだけの場所なのだけれども昔からあり、地元民に愛されている場所である。そこで長沢ガーデンキーホルダーを購入。あと、最近では珍しいとされるうどんの自販機でうどんを購入。ひとしきり遊んだ後、小郡経由で会場に向かうのかと思いきや、防府に戻り、さない宅で布団をレンタル。布団をトランクに入れるとまごめちゃんのマーチの後ろの視界は0だったが、まごめちゃんは「全然、平気」と言っていた。「そうか、そうか、お前は平気か」と思っていた。

ガーデン

山口市へ

そして会場に向かう。会場に行く前にゆかみりやの家に寄り、一息。ゆかみりやはさっき買った野菜たちを玄関に投げていた。ゆかみりやは古民家に住みたいという理由で1軒屋を借りている。だから広い。そしてその広い家をまごめちゃんとシェアしている。リビングには炬燵もあり、快適そうである。一息ついた後は会場へ。

オルガンズ到着

オルガンズメロディに着くとメンバーも全員揃っており、ちょうどayatoのリハが終わったところであった。リハはたまに良いライブハウスにある。多少マイクから離れて発声しても自分の声が歌詞までしっかり聞き取れる系の作りになっており、今日の主催兼PAの学くんの技術が光っていたので、コーラスやドラムボーカルの曲を確認させてもらった。リハ後は調子に乗り、一杯呑みにでかける。

顔が真っ赤

会場近くの兆治というお店である。ここの牛煮込みがとても美味しい。温玉を落として食べると尚いい。そしてハイボール一杯で顔が西方(からかい上手の高木さんの登場人物ね)みたいに真っ赤になっていた。良い感じになり、会場に戻り、ayatoのゆーかちゃんと韓ドラ談義などをしていた。

韓ドラっていいよね

キムダミの魅力や最近観て面白かったもの、果ては韓ドラにハマった理由などを話せて満足。ゆーかちゃんはBTSきっかけで韓ドラを見始めたらしく、この日もBTSのTシャツを着ていたのだけれども、ayatoのドラム叩きながら時折認識できるBTSのTシャツは非常にシュールであった。アンダーカルチャーのど真ん中のビートの中心にオーバーカルチャーの代名詞。シュールで素晴らしいとしか言いようがない。そしてライブ。

爆発する山口の可能性

ライブはふーふーくう、ayato、ウサギの順番。ふーふーくうは3曲ながら、1日2回の練習も含めて週8で練習をしていたらしい。メンバーが減り、音楽性も変化を見せようとしている最中の踏ん張りを感じる。今がゴールではなく、これからの可能性が全方向に拡がる仕上がりになっていた。北九州予備校ではないけど、実った努力だな。と思った。ayatoは気負いなくずっと最高を更新している感じ。ただただバリバリにヤヴァい。リズムがskillkillsみたいな強弱のつけ方で狙ってるのかな?と思ってたけど、あとから聞いたらskillkillsのドラム教室に通ってるとのことで納得。真綿に水が浸みこむように吸収してるんだな。まずは飽和するまで浸み込ませて、そこからまたひとつもふたつも化けるんだとうなと思うとどこまでいくのか楽しみだなぁ。とか勝手に思った。ただ2バンドとも予定より演奏時間が短くあと5曲づつくらいは演ってほしかった。

ふーふーくう
ayato

さ、ライブ

ウサギは予定時間ピッタリくらいの9曲を演奏。声枯れもなく良かった。ただメンバーがやたらと「緊張する」と言っていたのが印象的であった。ライブ後はまた調子に乗り、ハイボールを一杯呑んだら顔が西方になっていた。
しばらくウダウダ会場でしたあとに、ゆかみりや宅へ移動。移動の前からアルコールの効果で睡魔があと数ミリのところまで迫っていたもののなんとか意識をキープ。家につき、炬燵で寝転がっていると少し目が覚めてきた。用意してもらってた台湾料理をつまんでいると、たつやくんたちがやってきて会が加速。

夜は深くなる

みんな、ラグビー部で黒い弾丸と呼ばれていたり、弓道部のリーサルウェポンと呼ばれていたり部活していた頃に通り名があったという話や言語学っていうけど、言語って科学やITの進化、要はSNSの台頭などによるコミュニケーションの変化と共に可能になった伝達方法から伝達方式を模索したりするので、言語学一つだけで学問を成立させるのは難しく、社会学や環境、IT、時代のバックボーンを含んだ総合学問みたいな建付けにしないと成立しないのではないか?みたいな話をした。アカデミックで面白かった。別れ際にくろさきくんが「今度、前に話したイズミの駐車場で僕が攫われた話をもっと面白くして話しますね」と言ってくれててあまり一度聞いた話をブラッシュアップして再度聞かせてやる。みたいな芸人的発想で声をかけてもらうことが少なかったのか、とても印象に残った。言語研究者のソリッドにブラッシュアップされた「ヤンキーに半分誘拐された話」を楽しみにしています。深夜になったころ、就寝。どうやら自分とたつやくんのおじさん二人がいい音量で鼾をかいていたらしい。鼾DJが二人もいるのに周りはよく寝れるもんだな。と迷惑をかけた自分が感心した。

日曜の朝

朝はいつもの起床時間くらいに起きて、家人と散歩。近くに公共施設がたくさんあり、公園もあり、優雅な散歩であった。優雅な散歩から帰ってくると、昨日の夜の継続とでも言おうかヘドロみたいな睡眠を貪る輩たちが出て行ったときと同じ姿勢で寝ていた。そこから2時間程度経つと、いちおう皆起床。更にそこから維新百年記念公園でfurateの金子くんが出店しているアート&クラフト展に皆で出かける。久しぶりの開催になるのであろう。会場は人、人、人であった。またこの日は地元サッカーチームの試合も同じ場所で開催されており、集客に更に拍車をかけていた。数千台は止めれそうな駐車場の空きがほぼほぼ見当たらない。

散歩

県民大集合

まごめちゃんは運転しながら「山口県民がみんな来てますよ。ここ。」と割と真顔で言っていた。駐車場待ちの列に待ちきれずに逆走で抜け出そうとして失敗するもUターンで切り抜けたりしながら、公園の端っこの駐車場の一番端っこに駐車が出来た。そこから歩いてアート&クラフト展に向かうとそこも大量の人、人、人であった。そして金子くんの店舗はすぐに見つかった。そこに学くんやふーふーくうのメンバーも丁度集まり、談笑。

まごめの切れ味

まごめちゃんは金子くんの力作の木工皿を見ながら「これ、ドッグフード入れる皿ですか?」とか本気か嘘か分からないことを言っていた。金子くんは「まごめちゃんには前にもへこまされました。」と言っていた。流石、まごめちゃんである。

提供スピードや効率について

かなり面積の広い会場をみんなで歩いて回り、途中、飲食の出店でタコスなどを食す。タコスはほどほどの待ち時間だったけれども、もう1店舗のほうが12時半前に米がなくなったり、時間のかかるワークフローをやってて、お客さんがかなり並んだりしてたりして、会社員の我々は勝手に改善策などを提案したりしていた。自分たちの机で。「回転率を意識すると、カレーなんかの提供までの工程の少ないものを選んだほうがよいのでは?」とかこんな感じである。

買い物したよ

その後、みんな気に入った工芸品などを購入し、お開き。帰り際にまごめちゃんに半分冗談で「岩国まで送ってくれ」というと何故か快諾され、本当に岩国まで連れていってくれた。ありがたい。ありがたいもののまごめちゃんの運転は個性的且つ前衛的な個所が散見される。加えて、いつも以上にテンションが高かったのか、初っ端から不思議なことを口にしていた。

維新公園の門

まごめタクシー

「まごめタクシーっていいって思いません?」「20代の女の子っていうのに価値があるんですよ。」「代行でもいいです。」意図していることはわかるので、「でも、酔客を扱ったりするとセクシャルハラスメントやそれ以上の危険に巻き込まれる可能性は高いよね。」というと、「絶対触らせません。ここにアクリル板つけます。」とサイドブレーキやシフトレバーの手前にアクリル板をつけるそうだ。最早どうやって車を発進させるのか?そんなことが気になるけど、ま、アクリル板に穴でもあけるのだろう。そしてその開けたアクリル板から酔客が手を突っ込んできたら、スムーズに事故でもするんだろうな。くらいまで想像して、「ふーん」と言ったりしていた。

ありがとう。まごめちゃん

高速道路でもまごめ運転がいい感じだったので、結果、自動車学校の授業みたいになったりもした。17時過ぎに岩国駅に送ってもらい、感謝を述べると共に見えなくなるまでまごめちゃんを見送った。多分、送ってくれた道と違う道を通って帰っていった。1時間半後、まごめちゃんから「無事つきましたよ」と連絡をもらってとてもホッとした。

ありがとう。山口。

山口でお世話になったみんな、ありがとう。また行くから遊ぼうで。

2020/10/03-2020/10/04

木曜、練習に向かうため
チャリに跨ったその数分後、
「あら、妙に曲がるときに
バランス崩すぞ」と思い、
チャリを停め、チャリを目視。
異常なし。
再びチャリに跨り、曲がり角。
めちゃめちゃバランスを崩す。
「おかしい。これはおかしい」
タイヤを触ると空気が…。
先週の後輪パンクに続き、
今週は前輪パンクか。。と
肩を落とすのも束の間。
練習だ。練習。
まだ19時前だったので、
急いでチャリ屋テラオに駆け込むも、
「今からは無理やね」と言われ、
チャリだけ預けて、市電に乗り込み、
20分遅れで練習開始。

これを踏まえて金曜日、
所属組織の方針で、
チャリ通勤には一銭も払わない。
ビタ一文払う金はない。というので、
自腹で通勤。往復800円也。

こういうのは金額ではなくて、
精神にくる。

電車通勤には金を払い、
車通勤にも金を払い、
バイク通勤にも金を払うが、
チャリ、お前はダメだ。という差別感。
チャリだって雨が降ったら、
電車乗りたいし、パンクしたら
電車乗りたい。しかしながら、
「お前がチャリを選んだんだろ。」
とトラブルの際は全て自腹。
なんだ、そのルール。

ま、そんな通勤差別の話は置いといて、
金曜自腹で通勤したその帰り、
上記の理由よりどうしても無駄銭を
使いたくない。という気持ちから
通勤距離8キロを徒歩で帰ろうと決意。
17時半過ぎに出立。

スニーカーでアスファルトを
踏みつけて歩く。歩く。

数キロ歩いたところで、
時計を見ると18時過ぎ。
まだ中間点となる駅まで
数キロある。

計算の苦手な脳で考えても、
おそらく中間点の駅につくのが
18時半前。
そこから自転車屋までを
今日の徒歩速度で考えると
19時過ぎくらいが到着時間。
チャリ屋は19時まで。

ということで、中間点の駅からは
市電に乗らないと、チャリを
取りにいけないことが判明。
結構な汗をかき、時間をかけ、
歩いたものの節約金額190円也。
市電でテラオに向かう。

19時前にテラオに着き、
900円支払い、チャリを回収。

帰路。

豚肩ロースのカレーを作って
むしゃむしゃ喰って、就寝。

土曜。
起床後、録画番組を観ていたら、
ウダウダと家人も起床。
面白そうなので、家人が起きる前に
出立しようとしていた計画は
水泡と帰す。
本日は一人で実家に帰る。
数日前に
「wi-fiが繋がらない」
「PCは見れる」
という断片的な情報のSOSを
SNSで頂き、ほおっておこう。
いずれ繋がる日もくるであろう。
と思っていたけれども
「親孝行したいときには親はなし」という
言葉を思い出し、「んー」と思ったが、
実家に帰ることを決意。wi-fiを繋ぎに。

思い返せばルーターも数年前のものなので、
もしかしたらボロくなってるかもしれないな。
と思い、amazonで家と同じルーターを注文して
実家に届けた。
ただ後から気付いたけど、家のルーターは
2.4?hz帯かなんかの帯域で接続してると、
電子レンジを使ってたら、ネットが
繋がらなくなる。
これはまた「wi-fiが繋がらない」と
言い出すかもしれない。と思いつつも
注文した後だったので、何も考えない
ことにした。

ウダウダ起き上がった家人は
「横川になんか新しいパン屋が出来ている」
「評判がいいので、そこで土産を買っていけ」
と命を下した。
「荷物になるから嫌だ」とは言えない。
なぜなら家人は土産のひとつも持たせずに
帰省させるということを気にするタイプだからだ。
そして自分で土産を買っておいて、
それを持たせるというところまでは
面倒くさいの感情が勝つタイプなので、
これを買って帰れ。という指示だけが飛ぶ。
なんて人間らしいのだ。
と思いつつも、面倒がひとつ、こちらに
やってきた。
ということで、電車に乗る前に駅周辺を探索。
大体あのあたりと思ってたところにパン屋がない。
喫茶店しかない。
うーむ。とファミマの裏の小道を分け入ると
発見。駅からも道路からもファミマが邪魔で
全く見えない場所にパン屋はあった。
開店5分前だったので、5分待って
パンを購入。
人気店ですぐ売り切れるらしい。との家人の
情報はこの日は違ったらしく。
開店を待つのは僕一人。
入場即購入が可能であった。
プレーンとあずきのパンを購入。
割高な金額設定と思ったものの、
あずきのパンの重さたるや、
乳児の頭の上にこのパンを落とすと
「首、大丈夫かな?」と心配に
なるくらいの重さはあった。
かなりあずきが入ってることが
推測された。

で、防府へゴー。
通勤ライナーみたいなのが
あったので、岩国まではものの
30分程度で到着。
山口の本領はここからだ。と
ばかりに30分に1本の山陽本線。
そして各駅停車。しかも柳井や
徳山で15分程度の待ち時間。
都合2時間かけて防府へ。

13時4分に防府着。

そうそうに実家に帰り、
新しいルーターをセット。
うまくいかない。
説明書を読むと、
ケーブルテレビの場合、
電源切って30分くらい
置いとけ。と書いてある。
母親に「時にこの家の
ネットはケーブルTVか?」と
問うと「そうだ。知らんかったか?」
と言われ、知る由もないだろ。とは
応えず、そっと全ての電源を抜き、
買ってきた土産のあずきのパンを喰う。

あずきのパンを喰い、
煙草を吸ってから再度設定。
うまくいく。
その後、父のiPad、母のスマホに
wi-fiを設定する。
父は嬉々として競輪の動画を
観ていた。
母は「次はこのスシローのアプリが
うまく入らないので設定してくれ」と
追加依頼がやってきた。
スシローのアプリを設定し、帰路。

帰りに多少申し訳なさそうに母が感謝を
述べるので、「気にすることはない。
これで今、自分は親孝行ポイントが
かなり貯まっている。明日、両親が
死んでも親孝行をもっとしておけば
よかったという後悔は微塵もない」
と伝えると、「いやいや、まだまだ親孝行ポイント
のスタンプカードは付くとこがいっぱいある」
みたいな内容を伝えられるが、
「ま、親孝行ポイントは残される側が
勝手に換算するものだからね」と言うと、
「ぐぅ」と言っていた。
ともあれ、まだまだ親孝行ポイント
のスタンプカードは付くとこがいっぱいあるらしい。

防府駅のキオスクでは、サッポロ一番みそラーメン(袋麵)を冷やしている。なぜ!

実家でもらった芋と栗を
リュックに入れて電車に乗る。

帰宅後、カレーを作る。
家人は身体がだりぃとゴロゴロしていた。
昼に妹が来たらしい。

日曜。
日曜も妹がやってきた。
なにやら作業着の裾上げを家人としていた。
僕は「残酷で異常」というカナダの映画を観ていた。
所謂ループものという映画になるんだろうけど、
面白かったな。
多分2-3回観ても新たな伏線などを発見して
面白がれるやつだな。と思う。

その後、広島だけ数日遅れでOAされた
有吉の壁のSPを観てた。
有吉の壁のSPより野球のほうが視聴率が
いいんなら、しょうがないけど、
視聴率悪いのに、惰性で野球のほうを
選択して放送してるんなら、さっさと
考え方改めてくんないかな。広島の
TV局は。とか思う。
もはやリアルタイムでSNSみながらTVを
楽しむという手法は特定の年代層が
少数で行うようなものではなく、
メジャーな視聴方法になったと思うしね。

んな、こと考えてるうちに昼寝をしてた。

起きたら18時半だったので、カレーを作る。
手羽先カレーを初めて作ったけど、
手羽先カレーの手羽先って圧倒的に
喰いにくいな。と思いながら食す。

美味そうにできたけど、喰いにくい。

食後、世界のコロナ対策みたいなTV観てたら、
寝てた。