2021/12/11-2021/12/12

土曜は久しぶりに土曜出勤。と言っても午前中のみ同僚の手伝いで東区の体育館へ。少年少女のバレーボール大会をぼーっと見ていた。しかしながら、体育館というものに久しぶりに訪れたので忘れていたのだが、体育館は上履き必須。もちろん忘れたので、靴下を通して直接床の冷気が身体に届く。芯から冷える。

バレーボール大会はコロナ禍で大会が軒並み中止になった子供たちのために個人主催で行われた大会でなかなかにハートウォーミング。見ているとチーム毎に男女混合、身長120センチくらいの小1か小2の女の子が試合に出てるチームもあって多種多様。久しぶりの試合という雰囲気を楽しんでたら良いなぁ。と思いながら観てた。

午前中で手伝いを終え、帰宅。家の近くのスーパードラッグで日清焼きそば(袋麺)を購入。昼食に食う。

家人は「あまり喰うな。夜、いいもんがでるはずだ」と言っていた。

そう、本日は広島じゃ割という妙に割引率がいいサイトで予約した宮島の宿に宿泊するのだ。宮島は先々週弥山や周辺の山に登ったばっかりなので個人的に新鮮味はないものの家人は久しぶりらしく静かに密かに楽しみにしていた模様。15時くらいに家を出発。

道中は延々kindle unlimitedで「シバトラ」を読んでいた。サイコメトラーにしても、シバトラにしても結構エグい描写が出てくるなぁ。と思いながら読んでいたら、いつの間にやら宮島口到着。suicaで支払う。家人は久しぶりの宮島口らしく土産物屋をふわっと見て回り、「ふーん」という感じでフェリーの時刻を確認していた。確認するまでもなく、土曜のフェリーは5分おきくらいに来るのだが、家人はいそいそと時刻を確認していた。

宮島

即乗船し、suicaで宮島へ。宮島についてからピッってする機械が設置してあって宮島に着くまでは気分は軽い無賃乗車の気分であった。宮島につくと家人の静かなテンションが少し上がり「おい、野良の鹿どこよ?野良鹿。」と鹿を所望。見渡したら1匹いたので「あそこにおるで」と伝えたら、「おぉ」と言っていた。

野良

宿までの道中、結構な数の野良の鹿、野良鹿を見かけたのだけれども家人は「野良や!野良やで!」とご機嫌で写真などを撮っていた。連れてきてよかったな。と思う。

ひとしきり野良を楽しんだ後、「おい、鳥居はどのへんだ?」と家人がいうので「鳥居はあれや」と工事中の鳥居を教えてやったら、「工事中じゃねぇか。残念観光地だな。こりゃ」みたいなことを言って残念がっていたけれども、野良の鹿、野良鹿の子供を発見すると「おぉ、ケツが可愛いのぅ。ケツが」と鳥居のことは速攻で忘れていたご様子だった。

途中、商店街みたいなところを通ってみたのだけれども最近あまり街とかにも出ないせいなのか人酔いをしてしまった。1キロちょっと歩いて漸く宿に到着。宿の近くに大きい紅葉してる木があった。そして既に野良の鹿は見飽きるくらい見た。

チェックインしていると宿の女将さんから「今日、サプライズで20時から花火が上がりますよ」と教えてもらった。「ここで教えてしまったらサプライズではないのでは?」と思いつつ、「そうなんですか。」と反応をしたら、「今日泊まってるお客さんみなさん花火のサプライズをご存じで、はじめて新鮮な反応をいただけました」ととても満足気なご様子で良かったな。と思いつつ、もはやそれはサプライズと呼んではいけないのでは?という疑問が頭をもたげた。チェックインを済ますと晩飯までひたすら暇を持て余し、自分は「シバトラ」を読み、家人はすぎやまこういちの追悼番組を見ていた。ここでちょっと散歩でも…というのが正しい観光地の楽しみ方だと思うのだけれども、二人してもう結構歩いたし、だりーし、風呂に今から入るのも面倒くさいし、という堕落マインド全開だったため、ただただ夕食は19時からと言われた19時を心待ちにしていた。

そして19時。降りて飯がスタート。コース的な感じで喰ったら次の料理が出てくる感じ。一気に食うのではなく少しづつ時間を置いて喰うと胃にしっかり食い物が溜まるのか?そんなに量がなくても満腹になる。コースの途中で1時間を経過し、宿泊客全員でわらわらと花火を観に移動。近くの橋を渡って砂浜の近くから花火が上がるのを待つ。20時過ぎに花火がスタート。

花火
花火

場所がよかったのか、花火が真上から降り注ぐような感じで花火を観ることができた。家人は非常に満足気であった。せっかくなので写真を撮ろうと一生懸命写真を撮っていたのだけれど、うまく撮れない。途中からせっかくなので生の花火を楽しまなくては!とシャッターを適当に押しながら生の花火を目で楽しんだ。後から撮った写真を確認すると、明らかに生で花火を観ながら適当に撮った写真のほうが良いものが多かった。往々にして人生ってこういうことあるよね。って思いながら宿に戻る。

宿でコースの続きを食べる。夕食後は家人はずっと細かくて伝わらない物まね選手権を観ていた。自分は「シバトラ」を読んでいた。本当に観光に向いていないな。と書きながら改めて思うね。敷布団が柔らかい布団に転がっていつの間にか就寝。

なんか寝つきが悪くて2回くらい起きた。朝食は7時からだったので、7時くらいに下に降りたらなかなかの量であった。全てごはんと一緒に食べたら美味しそうなおかずばかりでついつい茶碗3杯の飯を食う。家人も2杯食っていた。満足度の高い朝食だったのだが、そのあとしばらく動けないといった感じだった。

散歩
自殺するジュゴン
こんにちわ

ワンピースかなんかのアニメを観ながら腹を休め、出発。家人が「せっかくなので。」とのことでここではじめて宮島の散歩をはじめた。しかし宿の周囲をちょろっと散歩し、家人は即特典でもらった無料のもみじ饅頭をもらいにいこうと言い始めた。地図を入念に見て迷うことなくもみじ饅頭をゲット。もう貰えるものもないので、フェリー乗り場へせこせこ歩き、乗船。また市電に乗って帰宅。

散歩

さっきまであれほど腹がパンパンだったのに、帰り際に「前、食ったラーメン屋の隣も人が結構並んでた行列店だったので、一回行ってみたい」という企画をここで実施。天満町からその店に向かった。

その店の人気メニューはちゃんぽんであった。ちゃんぽんは行列ができるほどの味わいで美味かった。ただ朝飯はまだしっかり臓腑の奥のほうに鎮座していた。空腹で行ったらもっと美味いだろうな。と思う。

家人はちゃんぽんではなくミニラーメン(豚骨)を食っていたが、「最近食ったラーメンで一番うめぇな」と言っていた。腹をパンパンにして徒歩にてようやく帰宅。

日曜の午後はJOJOの5部を観ながらただただぐうたらしていた

2021/08/07-2021/08/08

モデルナ2回目接種後、1週間。

モデルナ2回目を接種して1週間。体調に変わりはなく検温もこれまでと変わらない体温を記録している。どうやら本当にモデルナ2回目の接種で最高体温が36.8分でフィニッシュらしい。熱が出ないとなんか不安になるような、良かったと安堵するような複雑な気分。ま、腕は痛くなったのでワクチン自体はブーストされているのであろう。現在、デルタ株が猛威を奮い、新規感染者が続々と増えている。様々な要因が考えられると思うが、反対を押し切ってのオリンピック開催による反発心、従っても一向に変わらない環境、リーダーシップを発揮しない政治、それを伝えるメディアのダブルスタンダードな対応や不祥事。国民からすると、「お前らが好き勝手やるのに、なんでわしらはお前らの言うこときかんといけんのじゃ」という反抗心。など政治やメディアが前に出ても無意味いやマイナスという状況を作ってしまい、現場以外の上流医師組織もやるべきときにやることをやっていないという不信もあり、素直に従うことはできない状況。国民の心に響く言葉を発することができるのはコロナ対応している看護師の皆さんの声しかないのではないか?ということをぼんやり考えていた。

夏へGO

本日は午前中から海へ。友人に拾ってもらい、南を目指す。途中、飲料を購入するも、どうやら連絡の手違いで僕自身は買わなくてもよかった模様。目的地に到着すると大量の飲料などが溢れていた。更に目的地には登山目当てで早朝から出張っていたメンバーも海に来ており、「登山が予定より早く終わったのか?」と聞くと、「いや、途中から登山ではなく、クライミングになっているような山だったので、諦めて下山した。」と言っていた。諦めて下山した割にご機嫌だった。多分海に浮かれている。

ここからクライミングになるらしい

親子の想い出第2弾

今回の海は大山だけでは夏の思い出が足りない父と息子の想い出第2弾、家族編の側面もある。そう、今回は父と息子に加え、母と娘もいる。1家族オールキャスト+登山メンバーの集いである。登山メンバーの家族が海の家を経営しているということで一度は行ってみたいな。と思っていた企画が今回実現。バナナボートやサップなどのマリンレジャーに加え、BBQなどのプランもあり、楽々キャンプ風な海を楽しむことが出来た。全員集合してとりあえず海へ。僕は髪が長いため「洗うのが面倒」「塩でキシキシするのが嫌」という理由でいつもより髪をアップ気味にまとめ、顔をつけずにスイミングスクールで学んだ平泳ぎを駆使してチマチマ海を楽しんでいた。

アルマゲドンみたい

初マリンレジャー

そこに上記のマリンレジャー、サップが現れた。サーフィンボードみたいな板の上に立ってオールを持って進むだけなのだが、年齢のせいなのか、体力の衰えなのか、僕はサップの上に上手に立てなかった。ということはサップの上から海に落下するということだ。落下するということは顔をつけないとかそういう器用なことは出来ずに不可抗力で顔、頭含めて海へ落下する。一度髪が海に浸かってしまうともう諦めがつく。髪を気にすることはやめた。髪を気にせずサップに立とうとするも立てない。うまいこと立てても数メートル進むうちに綺麗に海に落下。なぜだ。

コント「SAP」

途中、登山メンバー(父)と二人でサップに乗ってみようと相成り、二人でサップの上に乗ろうとするも、僕がバランスを取れないため、二人して落下→大笑いというくだりを4回くらい繰り返していた。僕は日焼け防止と腹隠しのために上着(ラッシュガード)を身につけていたので何ともなかったのだが、登山メンバー(父)は筋トレの成果の世間へのアピールと筋肉を日光で焼きつけよう。と考えていたため、上半身は裸であった。上半身裸でサップに乗ろうと何度も何度もサップに胸筋をあてていると、どうやら胸がサップに擦れてしまったらしい。数十分後、登山メンバー(父)の胸元は真っ赤になっていた。そして「痛い。ヒリヒリする」と7回くらい言っていた。「体幹を鍛えないと筋肉自慢の皮膚を焦がす。」という事実を目の当たりにして、「こういうことが風が吹けば桶屋が儲かるみたいなことなんだな。」とか変な納得感を覚えていた。登山メンバー(父)ごめんよ。
その後、海から上がりぼんやりプラスティックの椅子に座っていた。海岸では登山メンバー(父)、登山メンバー、息子がはしゃいでいた。息子は怪我や死が近づかないように海パン+ラッシュガード+救命胴衣+ゴム靴という完全防備で海に臨んでいた。21世紀だな。と思った。母はその頃、娘と砂浜で戯れていた。

ジョッキースタイルでバナナボート。そしてもずく。

16時頃、第2のマリンレジャーバナナボートにチャレンジ。これが思いの外楽しかった。水上ジェットスキーに引っ張られ、高確率で転覆。バナナボート搭乗メンバーで振り落とされないように競馬のジョッキースタイルで右往左往曲がりながらも、定期的に振り落とされる。途中、一緒に乗っていた登山メンバー(父)が「ちんこ!」と大笑いを始めた。僕はバナナボートの先頭に乗っていたので振り返ると、一番後方に乗ってたメンバーが左手でバナナボートを掴み、右手で海パンを掴みながら海に落ちていた。どうたら落ちた勢いで海パンが大盤振る舞い!といった感じで大幅にズレ、股のもずくが顔を出していたらしい。登山メンバー(父)は「ちんこ!」を連呼し、メンバーはもずくを右手で仕舞い、照れ笑いしていた。夏だなぁ。と思った。
因みにS角もバナナボートに搭乗し、9000円のネックレスを海の藻屑に変えていた。あと買ったばかりのサングラスも吹っ飛ばされそうになっていた。そしてS角はバナナボートから降りた後にメンバーから「バナナボートを甘く見てたな。」と注意されていた。ま、そう言ってたメンバーも初めてバナナボート乗ったんだけどね。

出発
転覆

夏の夜

その後、BBQで肉を焼く。肉は大量にあった。おにぎりもあった。焼いて焼きおにぎりにしよう。と誰かが焼きおにぎりを作り始めたが、焼きおにぎりが出来るころには大体みんな満腹だった。満腹になったあとは寝るのかと思いきや花火が準備されていた。この滞在30時間程度に今年の全ての夏を詰め込むぞ。という気概を感じた。息子と娘が嬉しそうだった。父と母も満足気で家族4人の写真でも撮ってあげればいい。と写真が上手なメンバーに撮影を促したところ、もずくのメンバーが泥酔しており、どう上手い角度を探してもどうしてももずくのメンバーが入り込んでしまう自体であった。もずくのメンバーに「どけ!」というと日本語ではないような言語を発し、どかない理由を述べていた。いやぁ、夏だな。

ダニに咬まれて朝。

花火を楽しんだ後、就寝。小さいダニに一番人間痒いと思うところをいくつか噛まれる。痒い。次の日は朝から息子が海を切望しており、父やもずくメンバー、その他メンバーが交代で息子を海に入れていた。僕はもう海には入らないと決めていたので、クーラーの効いた部屋でオリンピックの新体操の決勝を観ていた。そして、「これじゃ、家じゃねぇか」と思い、外をうろついた。うろついたはいいもののもうクーラーなしでは生きられない身体になっており、「家と変わらなくてもいい」という結論の元、クーラーの効いた部屋でオリンピックの新体操の決勝を観ていた。昼に海の家を後にし、帰宅。帰りに動いている潜水艦を発見し、登山メンバー(父)が興奮していた。その興奮を余所に後部座席で息子は口を開けて寝ていた。