2022/2/19-2022/2/20

土曜はいつもどおり

土曜はいつもどおり、ちゃんぽんを喰い、煙草を買いに行き帰宅。いつもと違うことと言えば、雨が降っていたことくらいかな。あとはちゃんぽんをとうがらしちゃんぽんにしようと思ってたのに、普通のちゃんぽんを注文してしまったことくらい。最近のよくある土曜日であった。

観たもの:
「王様ランキングの最新18話」
ヒリング様とため口で話してる女兵士みたいな人って誰だったけ?

「STAYHOME」
広島が舞台で修道高校が学校貸してたっていうのを聞いて観てみた。森絵都という作家の方が原作で世界でもいろいろリメイクされている作品とのことで、どんなお話かな。と思って観始めたけれども個人的には今一つ。説教に振る感じでもなく、禅問答みたいな自身の心の内の葛藤に振るでもなくって感じだったけれども要は観る年代、観せたい年代の差。
ターゲットにされていないジャンルの映画だったってことが結論かな。「あ、100m道路。」「あ、これ宇品の橋。」とか地元民ならではのとこは楽しめたしね。
夜に「新解釈三国志」の最初のほうだけ観て就寝。

俺は上り詰めるぞ!山。

日曜は朝8時に登山口の最寄り駅に集合するため、7時過ぎにチャリに乗って横川へ。その時間まで昨日の夜に録画してた対談番組を観てた。オズワルドの漫才師のお兄ちゃんと女優の妹の話が観たくて録画してたのだけれど、一家総出のコーナーになっててアットホームな感じが観ててほんわかした。あと諸々強い一家だなぁ。と。伊藤家の団欒を観た後、出かけたわけだが寒い。

久しぶりのにーくん

非常に寒い。耳当てをしていなかったので、チャリを漕いでる段階から耳が赤い。本日はバンド友達4人で三滝山~武田山の10キロ越えの登山コースにチャレンジの予定だったのだが、朝、早々に元悪者のおっくんから「体調が…悪い」との連絡があり急遽3人でアタック。ただおっくんのLINEの下に「体調が回復したら合流する」と記載してあったのだけれども、その時は3人とも社交辞令的なものだろうと思い、スルーして「お大事に」とだけ伝えていた。登山口口の最寄り駅に集合時間10分前くらいに降り立つとそこには、にーくんがいた。にーくんと会うのはあれだ。たかおくんとS角先生と4人で焼肉行って以来だ。1年ぶりくらいかな。

え、タバコ吸います?

1年合わないといろいろ話すこともあり、話していたら、LINEにて本日のオーナーS角先生より電車に乗り遅れちゃった。てへ。とコメントがあった。8時15分に到着した先生は合流後、アメスピに火をつけて煙をくゆらせていらっしゃった。アメスピが吸い殻となり、先生の携帯用灰皿に収まった後、登山スタート。

みんな人生歩んでんな。

歩き始めてしばらくしたところで、にーくんが「ここ、ぶーぶの家ですよ」といきなりぶーぶ(バンド友達)の家を紹介してくれた。ぶーぶいいとこ住んでんな。とみんなで言って更に歩く。また、しばらく歩いて登山口近くの寺に到着。この段階で先生は下に着ていた服を脱いでいた。僕はまだ寒かったので脱がなかった。登山口近くの寺の中に入り、途中から登山口に突入。まずは三滝山の山頂を目指す。

お手本のような曇り

初っ端からめちゃしんどい。

登山口から数分で我々はなかなかの傾斜角の登山道とも言えないような山道を這うように進んでいた。登山初心者のにーくんにはキツいかな?と思うよりも前に自分がキツかった。登りは心肺の機能が非常に重要だと思われるのだが、先生のスピード(予定のスピードの200%のスピードを記録していた。)についていく心肺ではないようだ。なんとか登り切ったらアスファルトの道路に出た。しばらく道路を歩くのかと思いきや、即また山道に突入。最初からなかなかキツい登山であった。三滝山の山頂から観る景色は軽く雪もふぶいていていろいろ霞んでいた。

おばあさんの好意

山頂で僕も服を脱ぐ。Tシャツの上に上着を羽織るような恰好で次の山へ。次の山の丸山~その次の山の石山は去年登っていたので、多少覚えている景色もあった。途中、老人ホーム?的な横から山道に入る際にホームに居住しているのであろうおばあさんから「その道、崩れとるけ行けんよ」と教えてもらう。一旦引き下がったもののS角先生は「んなこたぁない」とおばあさんの姿がいないことを確認し、小走りで山道にINされた。僕らも小走りで山道にINした。最近の雪のせいなのか割とぬかるんでいたり、道が細くなったりしていたものの結果、崩れているといった場所はなかったものの歩きずらい場所はあった。おばあさんが親切で言ってくれたことを感謝しながらも、おばあさんの姿が消えるか消えないかくらいで小走りを始めたS角先生の山への想いも強く感じた。

この辺でにーくんの声はもう小さかった
まだ元気なS角先生
石山

にーくん、登山どうよ?

石山の手前くらいの鉄塔で休憩した際にS角先生がにーくんに「登山楽しくない?」と聞くと、にーくんは小さい声で「楽しいです」と言っていた。続けて、僕が最初から結構しんどいコースなんでめちゃ疲れん?と聞くと大きな声で「疲れました!」と言っていた。S角先生は合点のいかない顔をされていらっしゃった。石山をくだり、火山の手前のお社みたいなとこで昼飯。このころ、温度もかなり下がってて尚且つふぶいていたのでかなり寒い。脱いだ服を全て着ても手が震える。

震えて食す、トルティーヤ。

風も吹いている。震えながら朝、コンビニで購入したトルティーヤを食す。身体の芯から冷え、オミクロンでもデルタでもなんでもない本来の風邪にかかりそうなくらい冷えた。そしてそこから火山(ひやま)へ。火山はシンドイ。と聞いていたのだけれども距離的にそこまで長くないためなのか?これまでの道のりがキツかったのか、それほど大変という印象ではなかった。

火山の途中

子供とおっくんは風の子

火山の山頂で休んでいると欠席のはずのおっくんから「今、どこすか?合流します。古墳のとこから登ります。」との連絡があった。とりあえず「古墳ってどこだよ」と全員で突っ込んだ。その後、山で途中合流ってできるもんなのか?も分からないまま途中の峠を待ち合わせにして武田山を目指す。20分後くらいに元気ピンピンのおっくんが山道に現れた。

そんな一酸化炭素吸う?

そして「昨日、薪切りよったんすけど、その薪燃やして一酸化炭素吸い過ぎたんすかね。朝、めちゃしんどかったす。」と言っていた。おっくんのそれが真実であれば、火災現場で煙吸って一酸化炭素中毒手前の身体と変わらないじゃないか。と思った。そして合流したおっくんを先頭に武田山を目指す。おっくんは最近トレイルランを始めたとのことで、山を軽々と行く。

おっくん合流
おっくんはグイグイ登る

スピードスターおっくん

既に疲労が困憊している3人はおっくんのスピードについていくのがやっとというか、「おっくん、はえぇ。スピード落としてくれ」と懇願していた。おっくんが合流してから何故か山道の傾斜が非常に急になった。武田山の手前なんかは手足を使って這うように登った。非常に疲れた。なにやら岩山が現れ、その裏側に行くとそこが武田山の山頂であった。

バリ元気なおっくん

武田山山頂。

着いてよかった。山頂でおっくんがコーヒーを入れてくれた。山頂の温かい飲み物は何にも勝るな。と思いつつ頂いた。息ついてると、おっくんが「会社の先輩とトレイルランをしてるんですけど、お前のクマよけの鈴の音、なんか音が良くないっていうんすよね。悔しいから中の部品を加工してサスティーンを伸ばしてやろうと思ってます。」と急に角度がドラマー角度になる会話などを楽しんだ。あと、おっくんが「トレイルランって体幹に凄く効くと思うんで、サキチヨさん(家人)に伝えといてください。」と言っていたのだけれども、サキチヨさん(家人)とトレイルランは水と油というか輪廻転生を8回繰り返しても決して出会わないような組み合わせだな。と思いながら聞いていた。

モンベルの鈴の音は綺麗。

途中一人で登ってた女性の方から写真を撮ってほしいとにーくんが頼まれて写真を撮ってあげたのだけれども、その女性のリュックにクマよけの鈴がついてたので、「その鈴ってどこの鈴ですか?」と聞いてみたら、「モンベルです」とのことで鳴らしてもらったら、全然音色が違った。モンベルかー。と全員で思った。ちなみにおっくんのは100円ショップの鈴。

にーくん、登山どうよ?2

武田山を20分くらいで下り、予定していた道程を全て完了。S角先生が最後ににーくんに登山どうだった?と聞くと、にーくんは小さい声で「楽しかったです」と声を絞り出していた。S角先生は悔しそうに「にーくんだったらハマると思ったんだけどなー」と言っていた。僕もにーくんもヘロヘロであった。S角先生も「膝が…」とか「足の裏が…」と乳酸が溜まっているご様子だった。

風の子は風のように帰宅。

おっくんだけは日曜日の朝起きたばかりの小3くらい元気だった。途中で「俺、こっちが近道なんで」と別れたのだけれども、たぶん走って家に帰るような雰囲気であった。ヘロヘロの身体でJRで横川まで戻り、そこからチャリを漕ぎ自宅へ。

温まりきらないぞ。身体。

風呂に浸かると冷え切った手の先や足の先まで十分に温めるのに結構な時間を要した。風呂から上がり、家人におっくんのトレイルランのことを伝えると、「あたしゃ、こないだ寒い中登山したじゃないか!」「あれが限界だ!」「お前、何言ってんだ?」みたいなことを言っていた。おっくん、サキチヨさんはやっぱりトレイルランはしないみたいよ。

2021/9/25-2021/9/26

出発

朝、これまた早朝5時頃に起床。
多分前日は21時ごろに寝たような気がする。そこからドラクエウォークを立ち上げてポチポチとモンスターを倒す。飽きたところで昨日の探偵ナイトスクープを観る。
テントがうまく畳めない。とかだった。いつもクオリティが高くてナイトスクープはいいな。
その後、アメトーークとか観てたら時間になったので出発。
近くの港へ。

乗船。乗船。

本日は近くの港から島へ釣り組と登山組と別れて遊ぶ。8時15分の集合時間には誰も来ることはなかったが、8時20分辺りに全員集合。
そこから切符を購入し、乗船。
乗船後、煙草でも吸おうと思ったら、喫煙室がコロナの都合で全面使用停止であった。残念。
今から行く島の情報をまとめた紙が1枚あったので、みんななんとはなしにその紙を読み込んでいた。
驚くような情報が満載だった。
島に到着すると、まずは竿を借りる。降りて15秒くらいのところに竿のレンタル所があった。そこでサビキ釣りセットを2つ借りる。着いた港あたりでも釣れるというので港に腰を下ろして準備。

山口の想い出


山口に住んでいた頃、チャリで15分くらいのところに港があったので、中学生のころ、剣道の練習の合間に同級生と釣りに行っていたことがあったのだが、その頃はキスを投げ釣りで釣っていた。山口の釣りの想い出はそれくらいだが、キスが何かとよく釣れた印象がある。そして広島に移り、15年くらい前に釣り雑誌の編集をしている友人に釣りに誘われて出かけたのだが、間違いない。と言われた釣り場で坊主(0匹)をかました。

広島には魚が棲んでいない。


それ以降、広島には魚が棲んでいない。と勝手に思っている。そんな坊主以来の釣り、尚且つ島。多少は釣れるだろう。それにサビキで魚は集まってくるだろうしね。とか高を括っていた。大山に一緒にいった親子も釣り組で参加しており、息子は釣り堀にしか行ったことがない。と言っていたので、「本当の自然で魚を釣ることは良い経験になるな」など人生の先輩めいたことを考えていたのだが、釣れない。全く釣れない。
やはり広島には魚が棲んでいない。サビキの釣針を垂らして、辺りを見回すと自転車や原付バイクで島民が移動している。そして島独自の交通ルールがあるんだ。ということを学んだ。いいな。島って。
場所を変えても何ら変わることはなく、エサだけが着々と海に帰っていった。息子は早々に飽き、youtubeを観ながら「今日の企画考えたの誰?」とプロデューサーみたいなことを言っていた。「俺だよ」と答え、見えるけど全く釣れない魚を水面の上からボーと眺めていた。

田舎のチンピラ

散歩へ

その後、一旦釣り竿を上げて「その辺を散歩してみよう」と次の企画を出したところで登山組の離脱者が現れた。「腰がまだ万全じゃないんで、ひとつだけ山登って帰ってきました」とのこと。彼は以前、登山で椎間板を痛めており、リハビリがてら行けるところまで登ってみると言っていたので、良い判断だったのであろう。そして椎間板の彼に息子は非常に懐いている。椎間板の彼に息子を預け、父と僕はちょっと散歩へと島内を歩き始めた。

とりあえず島の裏側まで行ってみようと歩き始めたら、なぜかあっちに●●がある。とか目的地を次々変更し、結果5~6キロの本格的な散歩を知らぬ間に楽しんでいた。途中釣り人に声をかけ、「反対側で釣りをしてるけど釣れないですね」とか言うと、「こっちはまぁまぁですよ」と魚が釣れていた。広島にも魚がいることが証明された。更にあるくと水面に畳を叩きつけたような音がした。近くにいた釣り人に「さっきのあれ、なんですか?」と聞いたら、「エイだよ」と教えてくれた。この頃には島を半周しようと相成り、グングンに歩いていたのだけれども結構高い壁に囲われた邸宅を発見した。二人で勝手に妄想を膨らませて、「ここは元々漁師の網元だったけど、戦前からテキヤ家業をはじめ、戦後にはここいら一帯を牛耳る●●一家となった家だろう。」とか好きなことを言っていた。その家の玄関前を通ると、非常に家庭的なママチャリが鍵もかけずに止めてあった。その後も到着時に竿を借りるときに通りかかったじいさんと会話をした際に結構イノシシがこのあたりにはいて、じいさんは朝からイノシシの駆除に出ていた。とか言ってたので山手側の隙間にイノシシがいるかもしれない。とかフンを見つけてこれはイノシシのフンだ。とか言って遊んでた。「もしイノシシに遭遇したらどうしよう?」「あいつら猪突猛進っていうくらいだから、あいつらの直線上から離れたら大丈夫」とか皆無の知識の上で安全を買っていた。本当にイノシシに遭遇したら高確率で二人ともパニックでまずはイノシシに背を向けて逃走すると思う。
小一時間くらいの散歩を終え、元の場所に戻ると息子と椎間板の彼が元気に遊んでいた。息子は椎間板の彼に非常によく懐く。その二人と合流して「さ、これからどうしようか?」という話をしていると、ボーと汽笛をあげて船着き場に船が姿を現した。時計を見ると12時50分。時刻表を見ると13時発らしい。「これはちょうどいい!」とみんなが思っていたところに登山組が姿を現した。ベストタイミング!そそくさと全員で釣り竿の返却や荷物をまとめて乗船。なんとか13時発の船に乗り込むことができた。

いつもの風呂へ

港に着くとそこからはいつも通り、銭湯へ。いつもみんな2,30分で風呂から上がってしまうので、長髪ということとサウナに入りたいことを考慮して風呂に1分くらい浸かって即サウナへ移動。「整う」という状態を未だに経験したことがないため、なんとか一度整わないものか?と毎回試みるもダメ。今回もダメであった。自分はサウナに5~10分→水風呂1分を数回繰り返している。多分何か違うんだろうな。とは思っている。風呂上がりに飯。あまり期待していない飯場だったけど、量も多く味も満足。予定ではここで解散だったのだが、駐車場で野球の話になり、バッティングセンターに赴いた。

バッティングセンターへ

ほぼ素人なので80キロの球とかを打ってたけど80キロはなんか変化球気味に手元に届いて打ちにくい。結果110キロを打ってみて「はえー」とか言ってた。息子は「球が怖い」「おえ(俺)はしない」と言って父を連れて別のゲームをしていた。父は隙間で球を打っていたが、流石素人と言わんばかりのバットコントロールであった。しかし日夜行っている筋トレが功を奏し、2回目の打席では豪快なスイングを見せ、元野球部曰く「ブライアントのようだ」と言っていた。僕はブライアントといえば、近鉄の黒人選手ということぐらいだったが、父の豪快なスイングとブライアントという単語が何かしっくりくるな。と思っていた。

体中が痛い

その後帰宅して日曜日。身体中が痛い。最初は寝違えたかと思ったり、腰を悪くしたのかと思っていたが、単なる筋肉痛であった。バッティングセンター痛。バッ痛。日曜日はずっと「あぁ、腰悪くしたんだろうから、またプランクしねぇとな」とかずっと同じ姿勢で寝てると身体が痛いな。とかずっとそんなことを考えながら、ネトフリで見つけた女子高生が釣り部に入って釣りをする。というアニメを観ながら、また釣りに行ってやるぞ。という思いを少しだけ強くした。
そんな感じ。