2022/3/12-2022/3/13

まんぼう明け

金曜は仕事終わりで久しぶりに迷い家へ。夕方の浅い時間でも店内は程々賑わっており、カウンターに座り、チビチビあまり呑めない酒を呑む。チビチビやっていると、ガラガラと引き戸を開けて、いっきさん登場。隣に座ってもらって諸々話をする。

久しぶりの…

迷い家の二人もいっきさんも来週の田舎者にヌイルとスピーカーで出演いただくので、この日に会えてよかった。いっきさんと、とりとめもない話をしながら過ごす。良い良い。途中お酒をお代わりして、煙草を吸いに外へ行こうと思ったら千鳥足。これはいかん。と煙草を吸ったタイミングで精算。精算したタイミングでひさしさんが登場。座っていたいっきさんの隣の席をひさしさんにお渡しして帰宅。

スライディング睡眠

家に帰ると、布団が敷いてあったのでそのままスライディングのように潜り込み、スライディング睡眠。恐らく22時前である。土曜の朝は前日のスライディング睡眠&アルコール摂取が効いたのか5時前に起床。こうなるともう老人をも追い越した早起きでは?と考えながらしょんべん。アルコールを呑んだ後の朝のしょんべんは独特な匂いがするなぁ。と便所で考えながら、しょんべんを済ます。

朝、それは珈琲。

そして珈琲を入れる。最近買ったインスタントのほうは粉っぽいけど、ミルク入れると美味いよね。と家人が言っていたのだけれども、その通りだな。と思う。豆の珈琲は家人が起きたら淹れてくれるので、それまではインスタントを飲む。6時過ぎ頃に家人が「うあぁー」と変な前髪と共に起床し、普通の薬缶にお湯を沸かし、沸いた湯を先のほっそい薬缶に移して珈琲フィルターに入れた挽いた豆の上にちょろちょろと湯を垂らしていた。その珈琲を飲みながら、かりそめ天国か何かの録画番組を視聴。

山の小春日和に併せて

7時半過ぎ頃にバタバタと着替えと「今日は暑くなるらしい。」「じゃ、Tシャツか?」「いや、Tシャツは流石に早い」などの議論をしながら準備を整え、チャリで横川駅へ。7時58分の電車に乗って宮島口へ。本日はバンド仲間と登る宮島弥山ツアーである。宮島口の駅を降りて、近くのお土産物屋みたいなコンビニで飲み物とパンを購入。集合場所のフェリー乗り場近くの喫煙スポットを目指す。

痩せた迫兄、泣いた赤鬼

コンビニを出たところでにーくんと痩せた迫兄と遭遇。迫兄は前に会った時より30キロ瘦せていた。米を喰わない糖質制限で痩せたらしい。あの面白くパンパンに膨れ上がっていた尻と太ももがシュッとしていた。ただ痩せても顔は変わっておらず、ついつい被写体にしたくなるその愛くるしさと狂気を孕んだその表情は変わっていなかった。

山の痩せた迫兄

ガラス玉のような眼

迫兄はうちの家人と同郷で尚且つ非常に正直な性格をしている。「人の葬式ってみんな一様に神妙にしてて、そこはかとない面白さがあって笑いそうになりません?」と蛭子さんと同じようなことを言う。それが迫兄である。そんな迫兄が痩せている。

登山家にーくん

集合場所に行くと、リーダーのS角先生、おっくんは到着していた。ひとつ前の電車で来たらしい。集合場所に合流し、一服。にーくんの装備が登山家風になっていることに気づき、聞いてみると、嫁のお父さんが登山が趣味でいろいろくれたり、貸してくれたりしたとのこと。結構登山が趣味の人っているんだなぁ。と思いながら、宮島へ。

島へ

すぐ出る船に乗ろうとしたら、S角先生たち現金購入組が遅いほうの船の乗船券を買っていたので、5分遅れの船に乗って出発。宮島行の船はそこそこに満席でマンボウが明けたことを実感する。おそらく岩国からだろうけど、海外の方の姿もちらほら。宮島に降り立つと、宮島の喫煙所で一服。

登山開始!dead end!

その後、登山開始。おっくんを先頭にS角先生、自分、迫兄、にーくんの順で登り始める。前に登った時に「dead end(=死、そしておしまい)」と書いてある看板を見つけていたので、迫兄にこれから登る山の途中に「dead end(=死、そしておしまい)」って書いてある看板があるよ。と教えてあげたら、「deadでendっすか。ええすね。」と言っていた。

迫兄の体力

迫兄が体重が減ったせいで身が軽く、はじめての登山の割に全く息を切らすこともない。まさかこんな登山スペックが迫兄にあったなんてと思いながら進む。にーくんはちゃんと疲れていて、自分も疲れていたのでなんだろう。しんどさを共有できる心の友を見つけた感じであった。あとの3人は全く疲れていない足取りで今回も予定の200%のスピードでグングンに山を登る。この日は暑かったので途中でTシャツ1枚で登山。

ふう、到着。

弥山に到着し、一息つくと次はdead endを目指して駒ヶ林へ。岩山の山頂に向かう途中でdead endを発見し、迫兄は嬉しそうに写真を撮影していた。駒ヶ林で昼飯を食す。

撮影風景

おっくん、サプライズ。

おっくんが様々なサプライズを用意しており、皆が喜んでいた。今回はにーくんもいろんなグッズを忍ばせており楽しかったな。飯を食い、ウダウダしていると「この岩肌は…」と思い立ち、ロッククライミング調の写真が撮れると踏んで撮影開始。結果、良い感じの写真が撮れた。ひとしきり楽しんだ後、駒ヶ林を下山。

駒ヶ林からの風景

ゲリラレディオ!あおぅ!

そういえばおっくんが熊除けという名のハンディスピーカーを持ってきており、Bluetoothで音楽を再生してくれた。駒ヶ林の下山一歩目でレイジアゲインストザ・マシーンのゲリラレディオが流れた。見事なシュールさに一同笑いがこぼれる。何か試合が始まるのかと思ったよね。その後は山を一山スルーして下山。

気持ちの良い山頂にて

大岩とにーくんのにー(膝)

途中で迫兄は「大きい岩を見ると、興奮しますね。」と思わぬ性癖を伝えてくれ、にーくんは「膝が…ちょっと痛い」と体調の不良を伝えてくれた。駒ヶ林の山頂でにーくんが「クラフトビール」という単語を発して以来、S角先生は「下山したらビール」という呪文に囚われていらっしゃるご様子だったので、とりあえず呑めるところを探した。結果、宮島の商店街みたいなとこの中頃にあったクラフトビール屋で650円のビールをそれぞれ注文し呑んだ。疲れているせいなのか、

クラフトビール

酒!風呂!

酒が吞めるようになったのか美味かったな。ビールの吞んだ後は風呂へ。と思っていたのだけれども、風呂は15時からで現在の時刻は14時過ぎ。最初の宮島の喫煙所に戻り、2服くらいして風呂に移動。風呂に移動する前ににーくんがしまうまベーカリーみたいなパン屋の看板を指さし、「ここ、前に泊まろうと思って予約したんですけど、コロナでキャンセルしたんですよね。」といい、「罪滅ぼしじゃないですけど、パン買ってきます。」とパンを買って食っていた。

島(しま)旨(うま)

S角先生は早風呂

そして風呂。前にも来たことがあったのだけれども、今回は露天にも入り、サウナにも十分入り、1時間半くらい満喫していた。S角先生は風呂にかける時間は勿体ない。という派閥なので、15分くらいで風呂から出て酒を喰らっておられた。全員風呂から出て一服したあとに船に乗り、本土へ。

風呂に入る前

かみちょう

そこから横川に電車で戻ったあと、にーくんは用事で帰宅、迫兄は練習とのことで、おっくんとS角先生と3人でかみちょうという飲み屋へ。かみちょうはS角先生のタワーの後輩、自分は「導火線と意見」というイベントしていたときのスタッフという関係で要は知り合いの店に飲みに行ったという感じだ。S角先生がメニューにないのに、「米が食べたい」とのたまい、米を炊いてもらったりしていた。

じゃ

久しぶりにあったスタッフは変わらず元気そうで何より。「飲食初めて10キロ太りました。あと飲食もらえる金が多いっすね。」と言っていた。22時頃まで楽しんだあと、帰宅。S角先生とおっくんはかみちょうの後輩を連れ、練習終わりの迫兄とも合流し、またどこかへ行ったそうだ。

チャリを探して三千里

日曜、目が覚めたあと、家人と探偵ナイトスクープを観たりしていたら、おっくんが「チャリがない」と朝から街中を歩きながらチャリを探していた。どうやら昨日の夜はタクシーで帰ったらしいのだが、チャリを何処に停めたのかは覚えていないらしい。結果、夕方18時ごろサンモール付近でチャリを発見していた。執念の捜査だな。おっくんは警官に向いているのかもしれない。とか思っていた。

発見、オケラ2号

夕方過ぎにSNSを見てたら、静岡でお世話になったオケラさんが広島にいるとのことで連絡を取ってみた。うまいこと繋がり、珍味で飯を食いながら2時間くらいオケラさんとオケラさんの親会社の社長さんと話す。いろいろ話せて楽しい。最終的に社長さんが奢ってくれた。ありがたい。ありがたい。

おでこに「ちんこ」

帰宅後、布団の中でゴロゴロしていた家人のおでこを撫でて、その広いおでこに指文字で「ちんこ」と何度も書いて遊んでいたら、「いってぇ。バカ」とどうやらおでこの端にある吹き出物に触れたらしく烈火の如く怒っていた。その後、家人は知らぬ間に寝ていたので、その横で「魔女は甦る」という小説を読みながら就寝。

2021/11/27-2021/11/28

なんだろう。最近成長期をまた迎えたのだろうか?21時前に眠って6時まで寝れたり、7時間、8時間の連続睡眠がしっかりとれる日が続いている。非常によい調子だ。👍だ。👍。なぜグッドと打つと👍が表示されるのだろうか?まぁ、良い。最近睡眠が格段と向上している。このことを記すことが大事なのだ。

土曜もほどほどに眠り起床。土曜にしては遅く8時頃に目が覚めてそこからウダウダしていた。10日前程度にアウトレットにzoffができるという情報を得ていて、最近布団の中でスマホの漫画読んでいると文字が読みにくくなっていて「ほう、これが老眼というものか」と思っていた矢先だったので「これは老眼鏡を作ろう」と決意し、家人にその旨を伝えていたので、家人から「今日、ジアウトレット行くんけ?」となぜか「ジ」をつけることが気になったもののほっておいて「行こう行こう」と返事をして引き続き、うだうだを続けていた。

11時ごろ急に思い立ち準備を始めて12時前に家人と共に市電に乗車。kindle unlimitedで「王様ゲーム」という漫画を延々読んでいたら西広島駅に着いた。西広島駅に無理くり引っ付けたような洒落たことがしたい空間KOIPARKを傍目に見ながらバス乗り場へ移動。ちょうど到着していたボンバスに乗り込み出発。目の前に座っていた若いカップルが手を繋いで彼女が彼氏の肩に頭をちょこんとつけてイチャイチャしているのを見ながら 「王様ゲーム」 を読んでいた。 ボンバス 内でもイチャイチャしてしまうような若者は生き急ぎ過ぎだな。どちらかがその身体に飽きたところで浮気なりなんなりを行い、その関係を終えるのだろう。長生きする愛情は小出しがいいぞ。とか思いながら 「王様ゲーム」 を読んでいたら着いた「ジアウトレット」。

「あ、ここイオングループなんですね」という発見以外はなにかとキッチン用品を見ていた。いつかzoffが見つかるだろうと思っていたらなかなか見つからなかった。結果、zoffの位置から真逆のコースを選んでいたようだった。なので、いろいろ見終わったあとzoffに入店。いろいろみたものの今の眼鏡の色違いで老眼鏡を作ることを決意。決意後、店員さんに事情を伝えると視力検査を実施。担当の方が京訛りで尚且つ、名前に京極と書いてあったことで夏彦、コナンの京極さん、美味しんぼの京極さんを思い出し気分は新しい畳の香りがする庭の手入れが行き届いた日本家屋で視力検査を受けているような気分であった。京極さんに「滋賀か、京都の方なんですか?」と聞いてみようとおもったもののタイミングもなかったのでこの質問は心に仕舞ったまま視力検査を続けた。視力検査の結果、丁度良く調整してもらった眼鏡をかけ、文字が書いてある冊子を渡され、「これで見えますか?」と言われたので冊子を開いてスマホの距離で文字を見ようとすると「そんなに近くで見ます?」と京極さんに言われ、「いや、布団の中のスマホはこれくらい…」と言い訳をする時間もなく、京極さんに小学1年生が最初の国語の授業で先生に正しい姿勢で本を読みましょう。と教えてもらうくらいの距離で小冊子を読むことを勧められ、見てみるのだけれども、この距離なら今の眼鏡でも読める。その旨を京極さんに伝えると「ま、近視そんなにないですからね」と老眼疑惑が浮上した。どうも老眼とは違うもののようだ。老眼とはどうやら小学1年生が最初の国語の授業で先生に正しい姿勢で本を読みましょう。 的な距離でも文字が見えにくいことをいうのだ。という学びを得たもののここで老眼作りを止めるわけにはいかないと思い、そのままスムーズに清算。いや、ついでにこのコロナ禍に対応するために眼鏡に曇り止めまでつけた。計16000円程度の支払いを終え、帰宅。眼鏡は12/11頃出来て送ってもらえるらしい。

日曜は7時に起床して宮島へ。久しぶりの登山。弥山という山に登って、あと何個か近いから行ってみようということで会社の登山部隊のみなさんに着いていってみた。

登山部隊の方々

弥山は昔登ったことがあったので、そんなにしんどくないであろうと思っていたけど、そんなに簡単という感じではなく、良い運動になった。

弥山の頂上

問題はここからだった。頂上から見える岩肌がむき出しの山があり、その上に人影みたいなものが見えたので「あんな岩肌のとこ登れるんじゃね。」と部隊長に言ったら「ん、今からあそこいくよ」とまさかの回答が返ってきた。部隊長曰く「近いから大丈夫」とのことだったけど、この段階で「近いとかそういう問題なのか?」という疑問が頭をもたげた。15分後、その疑問は正しかったことを知る。僕はロープを握り登山というよりはクライミングに近いスタイルで岩肌を登っていた。しかしながら頂上につくと気持ちがいいもんで「あぁ、達成感があるなぁ」「さ、降りて風呂に入ろう」という提案をするまでもなく部隊長が「次はあれね。15分くらいで着くよ」とのたまった。部隊は誰も息をあげるものもなく訓練の練度が伺い知れた。そして20分後、こんな看板を見ながら次の山の頂上を目指していた。

岩肌の山の頂上。
あ、これ二つ目の山だ。

このタイミングで見る「Dead end」はなかなかクるものがあった。

そして最後の山に移動。この段階では流石にいろんなことを学んでいた。
・メジャーな山は整備されている。
・アングラの山は逆。
・部隊長は疲れない。
・部隊も疲れない。
最後の山は階段的なものは存在せず、ただただ獣道であった。看板などは存在せず誰かがつけた赤いシールを頼りに歩くのみであった。しかもたまになんか難所がある。

難所。

獣道をかき分け、登りきると最後の山の頂上に着いた。こんなとこ来るのは自分たちだけだろうな。と高を括っていたら、頂上では60代70代の登山同好会みたいな感じの方々が弁当を広げて昼食をとっていた。おばあちゃんがジップロックに入れてきた切った柿を周囲に配り、周囲の知り合いのじいさん、ばあさんが「ありがとう」と柿を食っていた。このじいさんとばあさんがあの獣道を超え、ここにいるのか!ついでに小学4年生くらいの孫もあの道を超えてここにいるのか!と思うと自分の感覚がおかしいのだろうか?と思ったけど、この登山同好会が体力があるのだ。と勝手に結論づけることとした。

最後の山からの下山もなかなかのもんだった。道なき道とまでは言わないもののほぼ獣道を下山。どこを歩いてるのかも分からないまま部隊長について進軍。1時間程度歩いてようやく宮島水族館の近くに下山。この段階で太ももが痛い。確実に筋肉痛だ。靴脱ぎたい。風呂入りたい。なんか飲みたい。なんか食いたい。という第1次欲求みたいなものが脳の大半を占めていた。しかし下山時刻が14時ごろだったため、宮島には入れる風呂がなかった。15時からなら入れたのだけれども1分たりとも待てない。宮島を後にして楽々園のほの湯に向かう。楽々園に到着すると曇りであった。個人的に楽々園は曇りがよく似合う。なんとなく胡散臭い感じ。素晴らしい。誰にでもほどほど優しい感じがする。タトゥーショップの看板を見ながら、ほの湯へ向かう。途中で部隊長と部隊員が「あ、ナイスデイが潰れてる!」と非常に残念そうにしていた。ほの湯はいつも通り最高であったが、システムが宇品と違っていた。宇品のシステムの方がいいな。と思った。その後、食べ呑み放題の店で部隊長と部隊員が信じられないくらいの量の料理を注文し、その料理をやっつけて帰宅。

帰宅後、即寝。起きたら0時半でギリギリ月曜日であった。