2021/12/4-2021/12/5

金曜が深夜いやほぼ早朝まで起きていたせいか寝たのは12/4になってしばらく経ってからだった。泥のような眠りを貪るのかと思いきや、8時ごろに目覚める。そう、年をとり寝る体力がない状態で寝ると数時間後に起きるのだ。

そしてすっきりしない身体を引きづって活動をはじめること数時間、この数時間で多少体力が回復する、その体力を使って布団に滑り込み、再度の入眠を試みるわけだがそんなにうまくいくものでもない。しょうがないので、観てない録画番組やJOJOを観る。漫画で読んでた徐倫のアニメを数話観るも上記のことからアニメを見続ける集中力の源の体力がなく3話程度観てからウダウダしていた。

もう立ち上がるのも面倒で昼は家人が外に出るついでにアイスとカップ焼きそばを購入してもらってそれを食った。日清の焼きそばが好きで定期的に喰っているのだが、なんだろう。同じメーカーで同じようなデザインなのにカップに入ってる日清焼きそばより袋に入ってる日清焼きそばのほうが旨い。言葉では言えないニュアンス的なものかもしれないけど、袋焼きそばのほうが旨いと感じてしまうのは小さい頃、学校が昼までの土曜の帰宅後に父親がたまに袋焼きそばを作っていたのが思い出として脳に残っているからかもしれないな。とか考えている。

ただ父親の作る焼きそばは袋焼きそばにキャベツと豚小間切れを足すという形で作られていたのだが、個人的には何も手を加えず、日清さんに提供されたものだけで作るシンプルなやつが一番うまいと思う。これは父親が作っていても思っていたことで本人にも伝えたことがあるのだけれども決してキャベツと豚小間切れを抜くということはしなかったので、自分で初めて袋焼きそばを作って食したときの「ほら、やっぱりこれが一番旨い」という脳の経験が残っているからかもしれない。

カップ焼きそばを食って尚入眠を目指して布団でウダウダしていると妹がやってきた。妹は実家から送られてきた蜜柑の受け渡しが終わると帰宅すると聞いていたのだが、帰宅する気配を一向に見せない。家人もどこからともなく茶菓子をもってきてコーヒーを淹れ、長居確定の様相を呈している。

家人と妹は変に声が通る。二人で笑いでもしたら、TVからの音は聞こえない。笑わなくてもTVの音は非常に聞きにくい。ということでTVは役に立たず、ただただ入眠を待つしかなかった。

そして待望の入眠。おそらく13時半くらいだ。起きたら16時であった。そして妹と家人はまだ話すことがあったのか話を続けていた。なくなったコーヒーと茶菓子に時間の経過を感じる。17時ごろに妹が帰るというのでそのタイミングでプロマートに買い物に出かけた。肉や野菜を購入し、会計をしようとしたら美味そうな弁当が半額になっていたので、晩飯をそれにした。

すきやき重と韓国風鶏肉調理の弁当。喰ったらやっぱり美味かった。そして就寝。

日曜も朝からウダウダを繰り返していた。本日はduoで岩国へ。

13時過ぎに家を出て、横川駅を13時50分に出る電車で岩国へ。14時半ごろかな?岩国に到着。改札でsuicaが使えた。駅が小奇麗になっていた。

そして明日12/6の早朝6時に新しいキオスク?(ほぼセブンイレブン)がオープンとの記載があった。明日か。と感慨にふけりつつ移動。到着し、中に入ると何故か2年ぶりくらいに会う武部がいた。

武部とはTAKEVEZのボーカルでバンド内で権力を持たない象徴みたいな人物で男性版のほんまもんの不思議ちゃんといった人物である。道端を歩いていてフライヤーを見つけて入ってきたという。何故入る?不思議だ。そしてリハが終わってサイコメトラーEIJIをamazon kindleで読んでいると武部の連れ合いがやってきて「ライブを観て帰ろうと思っているが、酔った武部が眠いからお家に帰りたい」と言っているなんとかならないか?と相談を受けたのでなんとかすることにした。

結果、なんとかなったものの武部は終始眠そうであった。武部を起こした後、せっかくなので、岩国のソウルフード「すえひろラーメン」を食す。

すえひろラーメン

以前食べたときより非常に美味しく感じた。味の好みが変わったということはそれだけ時間も流れたし、歳を重ねたということなんだろうね。と家人と話しながら「うめぇ、うめぇ」とラーメンを腹に流し込んだ。

モジュララ
Hydrogens
AFTER EFFECT+3号

自分のライブは最近あまりなかったトラブルの連発であった。ループでギターの音が出なくなったら地獄だな。という学びがあった。もうどうしようもない。うーむ。原因は割とすぐに判明し、ループのボタンを押したタイミングでケーブルが一本外れていた。こんなことで地獄に落ちることができるなんてループは茨の道だな。と思いながら、仕切り直してみると、これまで練習でもズレたことのなかった家人のドラムが大きくズレた。

あとから家人に聞くと、「リハよりギターアンプがドラム側に向いていなかったけど、返し(欲しい音を返してくれるスピーカーね)があるので大丈夫か。と思ってたけど、3曲目はダメだったね~。1曲目で聞こえづらいのはあったので、その時に演奏前にでもギターアンプの角度を変えればよかった」と反省の弁を述べていた。

良いものが出来ずに残念ではありながらも、これもライブ。また反省を活かして成功を目指せばよいな。と思いつつ悔しい感じであった。

ライブにはshiNmm、ayatoの学くんも遊びにきてくれており、これもまた悔しさを増したね。いろいろ自戒や反省をしながら、noisegoatのライブを観ていた。

noisegoat

noisegoatは音が大きいバンドでありながら、丁寧な音作りのバンドさんだった。「ベースの役割はここね。」「ギターの役割はここからここまで」みたいなものがちゃんと決まっていて轟音ながらnoiseが最適で必要十分な音量で耳に届くのでちゃんとしている。音楽性も相まって海外廻ってるバンドさんなんだろうな。と思ってあとで聞いてみたら、やはりみんなに海外でやればいいのに。と言われてるし、音源も海外のレーベルからのお声もあるみたいだったけど、ライブのお誘いがあるところがクレイジージャーニーハイパーハードボイルドグルメリポートに出てくるような地域からのお誘いらしくライブに伺うのは逡巡していると言っていた。あとnoisegoatのベースさんがこないだ難波bearsでayatoのライブを観ていたらしく学くんに声をかけていた。こういうのって旅っぽいし、バンドマンぽいし、いいよね。と傍から眺めながら思っていた。

少しの時間だったけど出演者のみなさんともいろいろお話できて楽しかったな。また、ゆっくりとまではいかないものの学くんとも近況を交換するくらいの会話が出来てよかった。僕の地元と学君の地元が一緒ということもあるので、年末くらいにタイミング合わせて鍋でもできればいいね。と話しながら別れた。

そして終電に乗り、広島へ帰宅。音漏れにしてはハッキリ聞こえるくらいの音量で音楽を嗜んでいる後部の人がいるなぁと思いながら、サイコメトラーEIJIを熟読していたら、いつの間にかハッキリ聞こえるくらいの音量で音楽を嗜んでいる後部の人は消えていた。すると俯いてた家人から「おい、お前、あれ音漏れってレベルじゃなかっただろ?顔見たか?顔」と問われたので「いや、見ていないよ」と告げるとつまらなそうに「ふーん」と言っていた。

駅からタクシーで帰宅。家の目の前までギリギリメーター変わらずイケる。とふんでいたら、最後の最後でピッと上がった。