2021/07/17-2021/07/18

土曜は起床後から「七つの大罪」の3部を視聴。今週を費やして「七つの大罪」を視聴したものの 加齢のせいなのか、疲れなのか布団で転がってみていると2話も持たずに寝てしまう。

冬頃には身長が180を超える勢いの睡眠欲だ。しかしながら、加齢のせいで連続睡眠はせいぜい6時間。21時に寝たら大体3時には起きる。

土曜も5時前くらいから起きてた気がする。家人が起きるのを待って朝食。朝食後はいそいそと準備を整えてスタジオへ。10時から90分、ウサギduoの練習。明日がライブなので確認的な練習をば。と予約入れてたものの、 前の練習でそこそこ良かったアレンジや前の練習のときに入れてたループを入れる練習など確認とは名ばかりの新アレンジの模索。

ライブ前日にこんなことだから上手くいかない。とわかっちゃいるけど、 思いついたらそっちのほうが良い!って思っちゃう質なので 今のベストを詰めるだけ詰める。
練習後、前に行った天ぷら屋に行きたいと思っていたのだけれど、 天ぷら屋の前に駐輪場がなく、近くを見回してもどこもチャリが撤去されそうだったし、 近くの駐輪場は3~400mありそうで、この暑い中チャリを駐輪場に停めてから 歩いてくるのも面倒くさいということで、天ぷら屋を却下。

信号が変わるほうになるべく止まらず家のほうを目指して走る。2号線付近で「そうだ、周月喰おう」と鷹野橋のほうへ進路を変更。 周月に着くと12時前にも関わらず満席。 基本的に待つことが好きではないので、却下。 道すがら、前にfoodpandaかなんかで注文したお店「ローン」という 喫茶店?とんかつ屋の店舗を発見していたので、昼は「ローン」に することにした。 ローンも盛況で席の7割くらいは埋まっていた。
一番奥の席に通され、メニューを見るととんかつにしては 割と1000円を越さないギリギリの設定を維持してくれており、昼飯1000円ハードルを持っている自分としては選択肢も多く有難かった。
家人はロースかつ、僕はヒレカツとそれぞれ注文。サラダ、米、漬物、味噌汁は全部おかわり自由。
最初に出てきたサラダが恐らく普通の店舗の2倍くらいのサラダの量でなかなか食べ応えがあり、おかわりどころではないな。と思った。
わさびドレッシングでいただいた。
家人はもう一つのドレッシングで喰っていた。
このご時世、どこもそうだけど席と席の間にパーテーションがある。ドレッシング2種ととんかつソースは全て僕の席のほうにあった。そして黙食が言われている昨今、家人は目で「おい、ドレッシングとれ。」 「そっちじゃない阿呆」と訴えていた。そして最終的には喋っていた。
しかもサラダの量が多かったので、途中で味変を楽しむべく、 再度、目で「おい、もうひとつのドレッシングとれ。」と一瞥をくれてきやがった。そしてとんかつ到着。食す。美味い。家人も黙々と黙食もくもく。
満足気にとんかつを喰っていた。
衣は時間が多少経ってもサクサクを保ち、肉もしっとり柔らかい。美味い。
僕はせっかくなので、少し米を追加してもらって満腹。 家人も満足そうだった。
店から出た家人から「あたしゃ、ここのとんかつ好きじゃわ」 「今までで一番かもしれん」と急にランキングを発表し始めた。
家人のランキングとんかつ部門の第1位が決まってよかったな。とおもいました。

帰宅途中に近所の「ちから」で先週に続き、わらび餅を購入。 ここは360円のスタンダード、380円の抹茶を購入。

ちからのわらび餅

家に帰ってから冷やして食す。
「ちから」のわらび餅は 「ちから」のわらび餅で美味い。満足。満足。
あと時間が合わないのでなかなか買えないけど、「月天心」というお店のわらび餅も美味しい。近所のスーパードラッグで買う78円のわらび餅もどきのような甘味も美味い。そう、僕は馬鹿舌なのだ。
わらび餅は美味い。
帰宅後は「七つの大罪」の視聴と昼寝、ごろ寝を繰り返していた。

日曜は朝から家人が「パンがない!」「パンがないんや!」と訴えていたので、いつものパン屋に行こうか?と提案したもののこの日は面倒くさいが勝ち、 近くのスーパードラッグに家人がパンを買いにいってくれた。 帰宅した家人をみると、キャップに眼鏡、マスク、真っ黒の出で立ち。と なかなか不審だったので、写真を撮って本人にお見せしたら 「なんや、この不審者は!」と声をあげた後に「不審者にもらったパンは美味いか?おう」 と嫌味のカウンターパンチを喰らった。

パンを喰った後、「七つの大罪」観ながら昼ごはんの準備。生クリーム買って結構時間が経ってたので、チキンコルマを作成。
これまた賞味期限ギリギリのヨーグルトに鶏肉をぶち込んで 30分程度置く。
その後、冷凍させてた青唐辛子やカルダモンをぶち込んで 40分煮込んで、牛乳と生クリーム、砕いたカシューナッツを投入し、 更に10分程度煮込んでチキンコルマの完成。 ちょうど昼ごはんの時間だったので、家人に食わすと美味い。美味いと喰っていた。
家人はチキンコルマが好きなようでパクパク喰う。

チキンコルマカレー

昼を喰って「七つの大罪」の4部が終わったところで出発。新ライブハウス「ロクセット」のオープン記念。ついて早々にリハ。初めて音を出したけど音がスッキリしてていい感じ。デッド(音が吸われてなんか圧がないように聞こえる)ってわけでもなく、 音が廻る感じでもない丁度良い感じ。
家人も「あたしゃ、問題ねぇよ」と言ってた。リハ後に久しぶりにリハと本番の間の手持ち無沙汰タイムを楽しんだ。
かき氷などを喰った。

かき氷

かき氷を喰ったあとにドン・キホーテに入ってみたら人が多すぎて人酔いしてしまい、 すぐに退場した。大盛況だな。と思った。 ライブは出番は2番目、最初の3曲は良い感じだったのに後半2曲が「うーん」な尻すぼみな展開。ま、練習と本番の繰り返しでしか勘は戻ってこない。やり続けるしかないな。 次のduoも決まってるので、頑張ろう。 ライブ後、いろんな方に話しかけていただき有難い限り。広島でもまだまだいろんな人に知ってもらえると思うと良いな。と思うけど、 その方たちに次のライブの情報を伝え、連絡先を交換し、次のライブに誘う。ということが 恥ずかしくてできない。というのが、ウサギのライブ動員が増えない理由の一因だと 20年前から気付いているものの、できないということは何らかの疾患が僕にはあるのであろう。 なんかのトラウマみたいなもので、昔、ガツガツ人誘って人集めてライブしてるバンドを観る機会が あって観た感想が「こんなしょぼいもん見せるために人集めんじゃねぇ、練習しろ」と思ったという記憶が あるようなないような。どうも「求められて初めて認められる。」という思い込みがずっとある気がする。そして、それはあながち間違っていない。とも思っている。でも、こういうことをしないと自分が臨む範囲まで拡がらないということも20年で学んでいる。
ずっと二律背反の考えがある。
ま、自意識過剰が過剰なまま時間が経ってるだけだと思うけど、過剰なまま死んだら、 それはそれで信念みたいにも見えると思うので、やはり自分が苦しくない方法を選択し続けたら いいな。と思っている。
「ロクセット」オープンおめでとうございます。

https://www.livebu.com/hall/8619

ライブ終演後、帰宅。 帰ったら久しぶりのライブのせいか、とても身体が疲れていた。 でも、ライブは楽しいねぇ。

昨日のギターアンプセッティング
昨日のベースアンプセッティング

2021/5/29-2021/5/30

最近はライブがない。決まっていても延期や中止になってしまう。ま、しょうがない。日本は国内中そうだからね。全ては国民のせい。老害に政治を委ねた結果、ろくでもない日常を送っている。若い人に政治を任せたいと思っても選挙に行ってその人を国政に送らなければ何も変わらない。そう、ほかの国の若い政治家は国民が生んでいる。日本は生んでない。それだけ。それが今の飲食店の喘ぎを生み、データに基づかない自粛をさせられ、後ろ盾の観光業界に金を落とす策を講じようとしている。そしてオリンピックは電通とパソナに金が落ちる。変えれるのは国民しかいない。けど、選挙に行かずに文句だけを垂れる。ふう。そろそろ変わらないとね。

で、土曜日。朝から20人前のカレーの仕込み。そう今日はヲルガン座にて18時よりカレーを提供する日。高校生のときの初ライブみたいな気持ち。バンドは20年続けると、人にどう思われるかも大事だけど、自分が良いと思うものをちゃんと作れているのか?が大事だということを口だけじゃなくて気持ちで理解できていると思っている。ただカレーは初舞台だ。人の評価が気になって気になって仕方がない。音楽の批判には多少慣れていてもカレーの批判には慣れていない。ビビる。ビビる。そう、そもそも気がそんなに大きくない。デフォルトがビビり野郎だ。

なので、前日から鶏肉をヨーグルトと塩麹につけて、まずは時間という味方をつける。時間とは素晴らしいものでそれだけで旨味が増したり、柔らかくなったりする。朝8時より玉ねぎを都合8個程度処理。炒め方がちょっと異なるので、4個づつ処理。時間が倍かかる。そこから2種類のカレーに分岐。今回はバターチキンとチキンコルマの2種に決定した。バターチキンはスタンダードのものが必要と思ったことと、いずみさんに誘われたときに気になると書いてあったからだ。あと、前に五日市のスパイスカレー屋さんのカレーを喰ったときに妙にクローブが効いてて、以前ネットで読んだ日本人はクローブの香りが好きということを思い出していたので、今回のバターチキンはクローブ強めで作ってみることにした。もうひとつのチキンコルマは以前ヲルガン座のカレーイベントでドベをとったときに1位だった山広ちゃんのカレーを食べたらクリーミーだったので「そうか、社会はクリーミーを求めているのか。クリーミーこそ民意」とわが事得たりという学習をしていたので、今回はチキンコルマは社会と握手するのに必要なカレーだ。と思っていたのでチョイスした。バターチキンはクミン、コリアンダー、ターメリックと基本に忠実に作成したつもりだ。チキンコルマはクミンと大量のカルダモンという厳選のスパイス2種で作成。10人前づつを作ったつもりだったが、結果17人前しか取れなかった。これはどうやら皿が大きかったこと、店に立つと高揚して多めに注いでしまうこと、根本的に作る量が少なかったことに起因するっぽいと分析している。あと、注文が入るまでの保温としてカレーを超弱火にかけていたのだけれども、超弱火であろうとも数十分、火にかけ続けていると水分が飛び、味が濃くなっていくことを学んだ。提供途中でこのことを学んだので途中から水を差して、塩を調整し味見をするということを何度も何度も行った。味見で太るとはこういうことか!と思ったけれども今、考えると違うかもしれない。

カレーは皆さんの気遣いもあり、開始60分程度で提供終了。売り切れとなった。ありがたい。ありがたい。

提供後、食べてくれた皆さんと話していると割とみんなツイッターを見てくれていて、現在研究をしている「ほうじ茶カレー」が提供されるものと思っていた方も多かった。早めにほうじ茶カレーも完成させなければ。と心に近い次の日から更に研究に熱が入った。ほうじ茶カレーが完成した暁にはまたヲルガン座でカレーを出させてもらいたい。バンドのライブがないとほうじ茶カレーの完成を目指す。どうやらこれが自分のスタイルらしい。不思議な組み合わせだな。と思うけど、ま、これが自分なのでしょう。

はじめて大量のカレーの提供をしてみて、本当に学ぶことが多かった。今回、お店を想定して原価のことなんかも考えてみたし、提供スピードや盛り付けや辛さのリクエストのことなんかも考えていた。が、米が足りなかったら…とか皿を洗う。とか注文がもし複数あったら…とか想像が足りていないところもあった。あと調理器具や火力などもっとこういうのがあれば…とかもっとこうしたら…とかの発見もあった。

いろんなところでカレーを出してみたいなぁと思っているので、どこかで機会があればみなさん誘ってください。あと保健所の衛生責任者のやつを取りにいこうと思った。

チキンコルマとバターチキンのあいがけ800円

空の容器をもって十日市から家まで歩いて帰った。手伝おうと思ってきていた家人とカレーの反省会をしながら帰宅。

翌日はずっと家でネットフリックス。と思っていたら、昨日の疲れがでたのか見ながら寝てた。夕方に起きて、またカレーを作る。先日いろいろみんなから聞いていたほうじ茶カレーに対するアドバイスや提案を実践してみた。結果は芳しい方向ではなかったけど、大量に作ったので1日置いて追いほうじ茶をキメてみようと思い至り、冷蔵庫に余ったほうじ茶カレーを入れて就寝。