2022年末-2023年始

年末スタート

この年末にかけて、すごい面白そうなドラマだったので撮り溜めているけれども家人が主演女優のことを「大根役者」というので、一緒には決して観ることのないドラマを視聴することと、髪の黒染めでもしようと思っていたのだけれども、結局できなかった。
まぁ、よい。予定とは総じてそんなもんだろう。

ほの湯へ

ほの湯

年末初日、有給を2つ費やしての初日。
中国電力のポイントで「ほの湯」の券を2枚もらってたので午前中に宇品の「ほの湯」へ。
いつ如何なるタイミングでも「ほの湯」は多い。
年末と言えども水曜の午前中でなぜ?というくらい人はいるのだけれども、その分施設も広いので問題なし。
前日に髪を洗っていたので、身体を清めてサウナにIN。
皮を被っている人口が少ないサウナであった。
その後、外で外気浴をしていたら、足から寒さがグングンに伝わってくる。
冬のサウナの外気浴は椅子の上で胡坐を組むか、外に出ずに休んだほうがよいな。ということを学ぶ。
露天で10分くらい微動だにしない爺さんをボーと眺めながら休む。
爺さんが動いたタイミングで自分もまたサウナに向かった。
帰りに喫煙室にマフラーを忘れそうになる。

岩国へ

さないとすえひろ


午後からはJRに乗って岩国へ。
岩国でさないと合流し、すえひろで中華そばを食す。
ソウルフードと呼ばれるだけのことはある味わいで満足。
でも、40超えて喰ってるから美味いのかもしれないな。とかも思う。
その後、さないが近くに有名なクレープ屋があるというので、行ってみようと相成るもSNSを確認したら売り切れ。
人気店なのか、生産数が少ないのか分からないけれども残念。前に駅の近くで満足度が高かったカフェにてクレープを食す。本日も安価でボリューム満点で満足。さないも「安くてうまくていいですね。」と言っていた。
その後、岩国出身のさないの想い出話を聞きながら散歩。
近くのデパートでさないの想い出が爆発。「この6階がフードコートになってて美味しいクレープ屋さんがあったんですよ~。」と言っていた。
「岩国はもしかしてクレープの激戦区ではないのか?」と会話をしながら、想い出のフードコートへ向かう。
想い出のフードコートはワクチン接種会場になっていた。
さないは少し肩を落としていた。

そして錦帯橋

PINK


その後、錦帯橋へ移動。
錦帯橋は風俗街のような真ピンクのライトに照らされていた。
ここでもさないの想い出話を聞く。遠足の目的地が錦帯橋近くの公園だったり、マラソン大会のゴールが錦帯橋だったりと言っていたのでだけれど、ゴールの錦帯橋までさないの地元から50キロくらい離れていると言っていた。複数人で走るとは言っていたけれども、中学生にしてフルマラソンより長い距離を走らされるんだな。とか考えていた。
近くにカーテンをしていない民家のような民宿のような建物があり、さないと「あれは民宿だ」「あれは民家です」と違う主張をして、答え合わせのために近づいてみると本当にただのプライバシーを外に開示したいだけの民家であった。

TVスタッフのサイン会館

資料館


錦帯橋は小石をまとめる虫がいるらしく、その虫がまとめた石を展示販売している小屋があったので行ってみた。
虫が集めた石で作った大名行列などがあったのだが、それよりも驚くべくはサインの量であった。
有名芸能人の色褪せたサイン、地元ローカルタレントの色褪せたサイン、一番の驚きはタレントのサイン収集に飽きたのか、照明さん、カメラマンさん、タイムキーパーさんなんかのロケスタッフのサインが展示されていたことである。
ここまでくると、サインのほうを全面に出していった方が面白いのではないか?と思うほどである。
あと、展示小屋で案内してくれるお兄さんの解説の声が抑揚がほぼなくてAI解説みたいで印象的だった。

山口へ


その後、フレスタをうろうろしていると入電。家人を迎えて一路山口市へGO。
さないの灯油と共にさないの家に着くと、もうほぼほぼみんなが集まっており、忘年会がスタート。
珍しくまなぶくんも酒を呑んでいた。
鍋をつつき、肉を焼き、大いに楽しむ。
途中で中年は眠くなり、たつやくんと二人で地べたに寝ていた。
忘年会後はさないの家に世話になる。
さないがU-next?かなんかを契約していたので、寝る一瞬前まで「アキバ冥途戦争」を観る。

実家へ

起床は早かったのだが、二度寝して動き出したのは10時頃であった。
清水湯というめちゃお湯が熱いという銭湯に行こうとしていたのだけれども断念。さないが防府まで送ってくれる。
近所のパチンコ屋がyumetownに変わっていた。防府は田んぼがどんどんなくなり一軒家が建っている。
寂しくはあるものの、家を建ててここで暮らそうとする人が増えるのはよいことだな。と思う。
うちの近所もほぼほぼ田んぼはなくなり、一軒家が建っている。

防府のスーパー銭湯

和の湯


帰宅後、昼にラーメンを喰った後、牟礼のスーパー銭湯へ。
ここも車が大量に停まっており、人が多いかな?と思ったけれどもそれほどでもなく快適。ナイス、防府。
ここも外気浴は足先が冷えるので屋内の椅子で休憩。
サウナ内は老人、若者は比較的行儀よくしているのだけれども、一部のバブル世代、こいつらがダメだ。
50絡みなのに、大声でしゃべるな。という文字が読めないらしい。
ま、或る意味幸せの極致だな。よかったね。

風呂上がりに親戚の家に訪問し、軽く挨拶。

肉を焼く。船を編む。


夜は「ことぶき」に焼肉を喰いに出かける。
父母はいつもカルビとホルモンしか食わないらしく、ハラミ喰って「これ、美味いね」と母が言っていた。
帰宅後は早々に就寝。

防府探索

現役養成道場

実家の朝飯は量が多いし、言わないと次から次へと新しいサムシングが登場する。
ほどほどで切り上げ、母が親戚のおばさんに何か渡しに施設に行くというのでついていく。
昔スポーツセンターと言ってた場所がソルトなんとかって名称に変わってたり、中学校の頃まではなかった道路などを通り、西の浦へ。おばさんがいる施設は自己啓発道場みたいな名称であった。面白い。近くの漁船が停まってるとこでボーと空を見たりしていた。
何らかの昼飯を食い、JRで帰宅。
帰宅後、風呂に入り身体を温めてネットフリックスや録画していた番組を観る。

72hourが好きなのよ。


NHKの72hourという番組が好きで良く観てるのだけれども、ちょうどこの時期に人気ベスト10ランキングなどをしており、その録画を観たりしていた。ちなみに歴代1位の回だけ録画していなかった。歴代2位までの放送を見たりした。
樹木葬の回や長崎の祭りの回などが好き。あとどっかのサンドウィッチ屋?の回も好きだったな。
その後、2022年の72hour人気ベスト10ランキングもしていた。
1位はどろんこパークであった。確かにいい回だった。
子どもも生きづらい時代、こういう救いがあっていいだろうと思いながら観てた。
あと一部のバブル世代の矯正施設もあればいいのにな。とかも思っていた。閑話休題。

カレー作り

カレー

次の日はカレーを作る。
最近、煮るための玉ねぎと炒めるための玉ねぎを別々に調理して途中で合わせるというような作り方にチャレンジしている。
大きな違いがあるわけではないのだけれども、個人的には明らかに違うのだ。
あとこの作り方だとたまねぎの節約ができることに気づいた。
たまねぎ大2玉で6人分くらいが作れる。
そんなカレーを作り、家人に食わすといつもと同様「うめぇうめえ」と褒めてくれる。
家人としては食えないものでなければ大体美味い。それよりも家事の一端、調理を自分がしなくて、TV観てたらカレーが勝手にでてくる状況が一番の旨味だと思っていると思う。間違いない。
カレー喰った後にアメトーークの5時間SPを二人してながら観してた。

近所の銭湯へ


5時間SPの後、年内最後の銭湯へ。
年内最後は近所の銭湯である。
夕方だったのだけれども人は多かった。
早々に場所を確保して洗髪&洗体。
最近、髪にモロッカンオイルをつけているせいか初回のシャンプーでは泡立ちはほぼしない。
油を落とす作業に終始し、2回目からシャンプーが始まる。
モロッカンオイルユーザーはみんなそうなのだろうか?はたまたこれは自分だけなのであろうか?
湯船にじっくり浸かっていると近所の銭湯で最も和彫りの表面積が広い方が現われた。
銭湯に行き初めた最初はその迫力に圧倒されていたものの通い始めて数か月すると慣れるものである。
「あぁ、いらっしゃるなぁ」ということは感じつつ、緊張はなく風呂でくつろいだ。
その後のサウナも良い感じに温まり帰宅。
帰宅後、ウダウダしていてドラクエウォークのイベントをやってガチャが全然当たらないな。ボケが。と思いながら、
PCとか弄ったあとに布団でコロコロしていたら、風呂上がりの家人が現われ、「お!あけおめ。今年もよろしくな!」と言われ、「え、年明けたんけ?」と問うと「おう!」と言われた後、就寝。

家人の初詣

初詣

起床後、家人が「初詣にいく」というので珍しいな。と思い、理由を聞いてみると数年前の破魔矢などの返さなくてはならないものが溜まっているので処理をしたい。なので、早々に初詣に行きたい。とのことであった。
昨年も行った近くの神社まで徒歩で向かう。
昨年は配置されていなかったお祓いの棒を持ったおばさんが配置された賽銭箱に100円入れて新年のご挨拶。
古くて小さい神社ながら、祭神は天照大神である。
帰宅後、amazonprimeで「うぬぼれ刑事」を視聴。
良い新年である。
宮藤官九郎作品は時代に関係なくクスッとできるし、話もいろいろ凝った作りになっていて最高である。
ここで長瀬と戸田恵梨香が共演してた。なので、次は「俺の家の話」でも観ようかな。とか思っていた。
西田敏行もいるしね。その後、「孤狼の血」を2つ観る。家人が「あたしゃ、高校の頃、この映画を観てたら広島来なかったね。絶対。」と言っていた。役所広司の回はとても面白かった。鈴木亮平の回も滝藤さんの拳銃を持ち出すくらいまでは良かったのだけれども最後の山の件(くだり)はなんなんだろう?蛇足のお手本ではないのか?と思いつつ、なんかタイトルにひっかける以外で深い意味があるのか?と思ったけれども何も思い浮かばなかった。なので、個人的に最後は蛇足である。
あと年末は「今際の国のアリス」を観ていた。
いろいろ謎があるもののタイトルに収束していく感じがよいなぁと思った。
アリスとウサギの話を最後のエンドロールまで観て、スマホを弄っていると土屋太鳳が結婚してた。

いなり湯へ

いなり湯

新年2日目は初銭湯へ。「ほの湯」の無料チケットがもう1枚あったのだけれども、「よし」と思い、宇品の「いなり湯」へGO。入ると「お年賀です。」と番台のおばちゃんに赤箱の牛乳石鹸を頂く。
ありがたい。
おばちゃんから「今日、まだボイラーの調子が悪くてお風呂が温いんでサウナで温まってくださいね。ごめんね~」と言われる。
「わかりました~。」と返事をして服を脱いでいるとおじさんに声をかけられて「今日、風呂まだ温いよ」と教えてもらい、そこから赤箱の牛乳石鹸は泡立ちが良い。など何気ない会話を楽しむことができた。

銭湯は庶民の社交場

赤箱


庶民の社交場の真骨頂を新年から堪能出来て、それだけで満足度が高かった。
おじさんは他の銭湯客から先生と呼ばれていた。
洗体&洗髪して風呂に浸かってみると確かに温いものの入れないというほどではなく、しかも少しづつ温かくなっている感じであった。
なので、長めに湯に浸かり風呂を堪能したあとにサウナへ向かう。
いなり湯のサウナは銭湯にしては広めのサウナなので、ゆったりできる。
狭いスペースに和彫り、サウナハットの俺、ノー彫り物が並んできゅうきゅうとなって入るサウナも悪くはないのだけれども、ゆったり空間ももちろん良い。じっくり温まって水風呂に浸かって、水風呂の隣に用意してある椅子に座って呆けていると、奥の小さい扉からおじさんが現われ「サウナも一本火がついてないわ」とサウナの調整をしておられた。
半分夢心地で呆けていたのでおじさんの「サウナの調子が悪い」というコメントよりも最初は「このおっさんどこから出てきたんや!」っていう驚きが先にでてしまった。提供側は割とてんやわんやぽい新年初営業のようではあったのだけれども、入ってるこっちは良い新年初銭湯であった。
「いなり湯」から帰ったあとは残りの1日の大半を費やして家人と「ザ・グローリー」を観ていた。
いじめへの復讐劇を描いた韓国ドラマである。全8話と書いてあったのでそろそろ終わるのにこんなに丁寧に描いてて大丈夫か?
まだ復讐そんなに終わってないけど大丈夫か?とか心配してたら全16話で9話からは2023の3月に配信があるらしい。
おそらく現在は最終話手前の回くらいを撮影しているのであろう。
韓国ドラマはいいな。面白い。
あと、関係ないけど「初恋」は観たいな。と思っている。

新年初登山。

一旦、三滝寺に降りる

次の日は新年初登山。8時に西広島駅に集合し山を越えて春日野を目指す。約10キロのコース。
途中までは順調だったものの途中三滝寺で挨拶した婆さんとどこかの山頂でも偶然出会い、会話をしていると、これまでに行ったことのコースを教えてくれたので、メンバー揃って新しい道を進んでみると、次の山に到着する前に下山した。
もう下山したならこれで終了でもいいかな。と思っていたのだけれども、「登る!」というメンバーがいたため登山続行。おそらく標高数十メートルからリスタート。

昼の金網をくぐり抜け。

どこかの山頂


リスタートしたのはよいものの初めての道。尚且つ砂防ダムかなにかの工事現場がリスタートの場所だったため、登山道も見当たらなかったけれども、印を見つけたのでその印を頼りに進んでいると途中道がなくなり、「うーん」と思いつつも行けそうなとこを藪を払い、バラを払い、進んでいたら近場で軽度の遭難。
最終的に有刺鉄線を潜り抜け、車道に出る。
もうここがゴールで十分だと思っていると、「登る!」というメンバーがいたためそのメンバーを残し、他のメンバーは車道に沿って歩き春日野にIN。
春日野で肉を焼き、犬に手や顔を舐められ、小学生に公園でドッヂボールや鬼ごっこのメンバーに任命され、限界近くまで頑張った。公園から帰ってからは疲れからか体に優しいものを欲し、白湯ばかり飲んでいた。
帰りは車で西広島駅まで送ってもらい帰宅。
家人に軽く遭難したと話したら「まぁ~、危ないことはしちゃいけんよ!」と窘められる。
風呂に入って就寝。

家人の誤情報。

家人が「ちゃんぽん喰いにいこうぜ!」と言うので、「よし」と昼前からいそいそとちゃんぽんを喰う準備をしていたら、ちゃんぽん屋は正月休みであった。流石、家人である。
その後、街まで徒歩で出かけ、「よし、てんぷら食おうぜ!」と天ぷら屋へ行くと正月休みであった。
歩いていると家人が「足が痒い。温かいところばかりにいて久しぶりに外へ出ると温度差か何かで足が痒い」と訴えてきたので、速攻で市電に乗り、帰宅。帰宅前に目的であった家人の商品受け取りをしにGUとユニーククロージングだけには立ち寄っての帰宅。
目標だけは果たせてよかった。近所のラーメン屋が開いてたのでラーメンを喰って帰宅。
ラーメンもルーローハンも100円値上がりしていた。
ラーメンはあれだけど、ルーローハンは家で作って喰ったほうがいいな。と個人的な感想を持つ。
帰宅後は早々に布団を敷いて転がるといつも以上の昼寝時間を決める。
おかげさまで深夜2時頃まで目が冴えていた。
起きたら日常にIN。