2022/12/24-2022/12/25

日頃の行い×2

大分ATHALL

9月に熊本で半分酒に呑まれた状態のあだちくんから「12月24日大分来ません?」と誘われ、「おう、行く行く」と簡単に返事をして3か月。あだちくんとの約束を果たすべく、朝起きたら記録的な大雪。自分の日ごろの行いのせいなのか、あだちくんの日ごろの行いのせいなのか、その両方なのか?多分両方だろうと思われるピンポイントの豪雪の中、朝9時にお風呂セットと機材を徳ちゃんの車に積み込み広島を出発。

山口南を目指すぞ

晴れ

とりあえず山口南まで高速が通行止めなので、下道で山口を目指す。宮島街道方面を進むと木材港の辺りから素晴らしい渋滞。まるで渋滞のお手本のようだ。犬を散歩させている老夫婦を観ながら渋滞を進む。

前日はサウナへ

ゆらゆら

前日20時で閉まるというエクストリーム閉店をしていたほの湯楽々園店の近くをゆっくーり通り過ぎる。因みに昨日は19時半に公共交通を使い、ほの湯楽々園店まで行き、上記の事実が判明後、最早帰りのバスはない。という絶望の状況の中、五日市ゆらゆらまで有志3人でサウナに行った。風呂上がりに雪をかき分け、五日市駅まで40分以上歩き、JR23:13分発の山陽本線に乗車。西広島で下車してそこからまた30分程度かけて帰宅。途中、西広の橋の上で迫兄、みくちゃん、タムタムくんと遭遇。豪雪の中、遠くまでサウナに行くような自分もバカだな。と思っていたけれども、同様に豪雪の中、焼肉屋に呑みに行く迫兄たちもなかなかだな。と思った。こういうマインドだから、惹かれあうのであろう。タムタムくんの欲求の話を聞いて、家に向かったのであった。閑話休題。

渋&滞

宮島街道は先の見えない渋滞であった。しょうがないので、窓の外をじっと見ていた。すると、この滑って転びそうな最中、ランニングをしている中年、老人を割とみかけた。「なんなんだろう。転んだとしても、もう走らずにはいられないのかね?」と車中で「何故、今、走らないといけないのか?」という話題が取り上げられた。が、昨日、「何故こんな日に遠くのサウナに行かないといけないのか?」を実践している身としては積極的な参加はできなかった。

世にも奇妙なスウェット

更に進んでいると上下グレーのスウェット&足元はエアフォース1の茶髪のお姉さんが道端ですっ転んでいた。お姉さんは立ち上がりまた歩き始めていた。車は渋滞しているのでお姉さんの行く末を追うことが出来た。お姉さんがすっ転んでまで目指した先はケンタッキーフライドチキンであった。そう、今日はクリスマスイブである。あだちくんと自分の日ごろの行いが良ければ、家でケーキ喰って鳥の足を喰う日である。お姉さんはケンタッキーを抱え、元来た道を歩いていった。なおも渋滞は続き、小型犬の散歩よりも遅いペースで進む。しばらく進むと何故か先ほど元来た道を歩いていった上下グレーのスウェット&足元はエアフォース1の茶髪のお姉さんが現われた。「何故!?」車内は困惑した。困惑する車内を尻目にお姉さんは慎重に歩き、その横を老人ランナーが走っていく。不条理。雪の日の広島は不条理漫画のようだ。不条理広島を垣間見ながら3時間。

イズミはライフライン

ようやく宮島付近に到着。廿日市のイズミを超えた辺りから少し車が動き出していた。車内では「どうやら近隣の住民はみんな雪の中、イズミに鳥の足を購入しに行っている。」と結論付け、廿日市のイズミは近隣の住民にとって大事な場所なのであろう。ということを認識した。宮島の丸亀製麺で昼飯。カレーうどんを喰う。

徳ちゃん、憤慨

丸亀製麺から本線に合流しようとした際に、神戸ナンバーと静岡ナンバーの車の心無い態度で徳ちゃんが憤慨していた。最終的に広島ナンバーが入れてくれた。徳ちゃんは割と優しくて合流に対して1台は先に入れてあげるようなスタンスだったため、広い意味で「恩を仇で返された」という感じだったのだと思う。この辺りで岩国から北九州までの高速は通行止め解除となっていた。できれば、廿日市~岩国までも解除されて街道沿いにある大野ICから高速に乗れたら良いな。と思っていたけれども、問屋は卸してはくれなかった。大野ICは通行止めは解除されず、一路岩国へ。

目指せ!岩国

途中、岩国から山口南までの雪タイヤ規制が解除された。この辺を走ってるくらいから頻繁にあだちくんから「大丈夫ですか?」「まだ通行止め多いですね。」と連絡をもらう。豪雪はあだちくんの性格を良くする。そんなことを思いながら車は進む。岩国ICの近くは高速に乗る車でごった返してさぞ大変なことになっているだろう。と覚悟していたのだけれども、渋滞ではあるもののどうしようもないということはなく、ちょっとづつちょっとづつ進んで普通に岩国ICにIN。九州方面は通行止めが解除されたものの岩国ICから広島方面はまだ通行止めである。2キロくらいトラックや一般車が通行止め解除を待っていた。日ごろ見れる景色ではないので、なかなかに圧巻であった。

一路、大分。

その連なる車群を横目に一路大分へ。高速に乗ったことで安心したのであろう。一生懸命運転をしてくれている徳ちゃんを尻目に普通に寝た。起きたら王司であった。もう少しで九州じゃん!ガソリンを入れて九州に向かっていると九州自動車が大分の「大分農業文化公園」というとこまで通行止めが解除された。「ラッキー」とそのまま小倉東から東九州道をひた走る。そしてそろそろ「大分農業文化公園」だからここで降りてまた下道だなぁ。と思っていたら、「大分農業文化公園」の2キロ手前くらいで通行止めが解除された。ラッキー。そのまま大分ICまで走り切ることができた。やったね。

大分、到着。

都合8時間半かけて漸く大分に到着。荷物を下ろして会場に向かうと丁度自分たちのリハが終わるくらいの時間であった。河村さん、うえのくんに挨拶をしたあと、家人が「わし、口内炎が痛ぇんじゃ。」というので、近くのココカラファインで口内炎の薬を見ていると、あだちくんとネネカートのみんなが偶然あらわれた。あだちくんは「こんな日によう来ましたね。」と言っていた。横から奥さんが「ずっと高速の通行止め情報とか見てたんですよ。」と言っていた。これではまるであだちくんが本当は性格が良いけれども強がっている奴のようである。少し話した後、あだちくんたちはドトールに行くというので、家人の買い物をしたあと、近くの府内温泉の位置を確認して、ドトールに向かった。

あだちトーク

あだちくんたちと合流して久しぶりに話す。あだちくんは今日するベルトで夫婦喧嘩をしたことや、家の片付けのことについて熱弁を揮っていた。そして片付けてないから奥さんはモノをよく無くすんだ。と絶好調で語っていた。そんな熱弁を奥さんは柔和な表情で聞いていて、良い夫婦だなぁ。と思った。

よく効いたフリ

そして30分後、あれほど片付けに対して熱弁を揮っていたあだちくんが「あれ、俺のストラトのアームがない」「アームがない」と会場内や荷物置き場など至る所で無くしものを探し始めた。流石である。ほんとギリギリいっぱいのフリが効いている。すぐ様、あだちくんの奥さんに報告すると、「いいんです。こういうときは攻めずにニコニコしてるほうがいいんです。」と言っていた。

嫁の脳内のリボルバー

使ったことはないんだけど、リボルバーに弾を装填するときってこんな気持ちなんだろうな。と思った。心なしか奥さんの表情から「カチッ」という弾が装填された音が聞こえた気がした。ま、いつか装填された弾があだちくんに向けて発射されるのであろう。脳天を撃ち抜かれないことだけを祈ろう。あだちくんに「さっき片付けのこと言ってたのに、自分がアーム無くしたね。」と言うと、「アームを無くして困るのは僕だけです。僕だけが困るんでセーフです。」と正論と屁理屈の中庸のようなコメントをしており、これは良い闘いが期待できるぞ。と勝手にワクワクした。そしてまた、良い夫婦だなぁ。と思った。お互いが盾と矛を用意して暮らしている。最高ですね。

ライブ開始。

SAYOUTEN
なんとか動物園
sportsmans

ライブはSAYOUTEN、なんとか動物園、ネネカート(写真がこのとき携帯充電しててない。家人の携帯にはある。)、ウサギ、sportsmansの流れで良い良い。最初から最後までATHALL愛が溢れていた。SAYOUTENは以前観たときよりオルタナ感にデジタルが加わっていたし、なんとか動物園は初めて観たけれどもMCが堂に入っててライブ全体で楽しくする感じ。ネネカートは残念ながら、いつ観ても良い。この日も良かった。ホームであるATHALLってこともあるんだろうけど、全部が丁度ハマってる感じ。ウサギは3人で一生懸命頑張る。これに尽きる。sportsmanはドラムの方(もっちゃん)が東京に転職とのことで一区切りのライブ。諸々噛みしめるライブであった。

打ち上げ。

カーブミラーズ
GOAT BELL
sportsman kiss

ライブ後の打ち上げで即興歌ものをやろう。と提案して歌を歌いはじめたら3時間くらいみんなで歌を歌ったり、演奏をしたりしてた。カーブミラーズのアコースティックなんかも聴けて楽しい限り。あだちくんが高校の頃に作ったと言ってた「アラビア人」という曲も良かった。あだちくんはほぼほぼステージの上で何かしらをしてた気がする。あだちくんとduoで歌を歌ったのも楽しかったな。こういうのが得意でないと言ってたうえのくんも巻き込んでしまい、申し訳なかったけどステージに立つと何かしらやり切る姿は流石だったな。GOATBELLも歌ってくれて大満足。

辛いものを喰わされそうになる。

激辛8倍。あだちくんが日記のために写真撮らなくてもいいのか?と写真撮影を促してくれた1枚。

その後、あだちくんとうえのくんに付き合ってもらって麺を喰いに出かける。ラーメン食べれれば良かったのに、何故か「広島の人は辛いもの好きでしょ?」と激辛タンタンメンの店に連れて行かれそうになるも、満員だったため、宮崎辛麺の店に移動し、結果、辛い麺を喰う。「広島の人は辛いもの好きでしょ?」はS角のせいではないか?と個人的に思っている。あだちくんはサンタ業務。うえのくんは次の日のバイトがあるのに最後まで付き合ってくれてありがとう。あだちくんは何故か辛麺も奢ってくれたし、感謝&感謝。

就寝。

最近、ライブ後は高ぶってるのか布団に入っても30分くらい起きてる。うえのくんがレイコップをかけてくれてたATHALL上のゲストハウスの布団に潜り込み、一日を終える。

岬へ

海鮮丼(1000円)
刺身定食(1150円)

次の日は以前食べて最高だった「食彩岬」へ出かけた。11時半開店で11時15分くらいに着いたけど、1周目には間に合わず、12時半ごろまで並んで飯。自分は海鮮丼。家人は刺身定食。満腹で大満足である。因みに徳ちゃんは特選海鮮丼、徳ちゃんの奥さんは海鮮丼を食していた。その後は帰路。昨日とはうって変わっての晴天。4時間程度で広島着。途中、芸人のラジオとは?という話題で徳ちゃん夫婦それぞれの持論を聞かせてもらって楽しかった。芸人の枠ではないけれど、やはり安住さんはすごいな。と思ったのと、芸人さんはみんなラジオ好きなんだな。と思った。

レッツゴーサウナ

帰宅後、即近所の銭湯へIN日曜の夕方はめちゃ人が多い。15人くらいいた。和彫りの方も5人くらいいた。サウナの中できさくな和彫りの方と仲良くなった。仲良くなったら緊張するものでもないし、良い感じだった。コミュニケーションは大事だなぁ。とこういうとこで感じる。3回目水風呂の後、湯船に浸かって帰ろうと思ったのだけれども湯船が満員だったため、「ま、いっか」と思い、そのまま着替えた。外に出るころにはちゃんと身体が冷えていた。冬のサウナは最後、湯船に浸かることが大事だな。と感じた。帰宅後、家人とセブンイレブンの鳥の足とセブンイレブンのローストビーフとセブンイレブンのケーキを喰う。二人して「セブンイレブンって美味いな」とか言っていた。その後、ご長寿クイズを見ながら就寝。サウナのおかげか8時間くらい寝れた。

30年ぶりのサンタ

サンタ!

起床したら、30年ぶりくらいにサンタからプレゼントが届いていた。