2022/11/19-2022/11/20

うちの家人

土曜の朝は7時ごろに起床し、一服つけていると家人がゴソゴソと起床。
家人は小動物のようなところがあり、夜、布団の中まで靴下は履いて入り、布団の中で靴下を脱ぐ。脱いだ靴下はシャッと足で布団の外に送り、翌朝、起床後その靴下を探すところから一日が始まる。
あまりに勢いよく靴下を外に送っていると早起きの自分からすると、「これは脱ぎ捨てられたものなのか?明日のためのストックなのか?」という疑問が頭をもたげるのだけれども、大体拾って洗濯カゴに放り込む。
すると、家人がなにやら申し訳ない気持ちと足が冷たいという事象を織り交ぜた感情でいつも「あーあー」と言う。小動物と書いたのは、なんかこんな動物がいそうだからである。特に理由はない。
ま、そんなやりとりをこの日の朝にしたのかは覚えていないのだけれど。

野球をば


起きてウダウダしてたら、お迎えが来たのでグローブを持ってお出かけ。
本日は8時半から山奥の球場で野球である。
野球がやってみたくて去年メンバーを集めてもらって野球したやつの第2段。
今回は山の中の新しい球場で野球。
今回は集まりがそんなに良くなかったので大丈夫かな。と思っていたのだけれども、良い良い。
蓋を開けてみれば試合ができるくらいに人が集まっていた。
昨年と同様、身体を温めるところからはじめてキャッチボールなどを行う。
久しぶりにボールを投げると思っているより前に飛ばない。
10球くらい投げて少しづつ球が遠くに投げれるようになる。
その後、ノック練習。外野で球を受ける。そして早々に休憩。
どうしても喫煙所で集めたメンバーなので言わずと高い喫煙率。
何かやるとすぐ煙草吸っちゃう。
そして試合。
バッターたちがバッティングのグローブのしてるのかと思ってたら、ゴルフのグローブだった。
昨今のゴルフブームの隆盛を垣間見た気がした。
素人歓迎の接待野球のため、広陵野球部や如水館野球部が素人に打ちやすい球をバンバン真ん中に投げてくれるのを一生懸命打つのだけれども、今回バッティングセンターにも行ってなかったので全然飛ばない。
それでも楽しい感があるのは、野球がチーム戦であるからだろうな。と思う。
打っても打たなくてもどこかしらから声が飛ぶ。こういうのが良いのだろうな。
1試合終わったあとで飯を喰ってたら、迎えが到着したので移動。

山口ライブ

shiNmm

午後からは湯田温泉でライブである。
本日は3人編成。徳ちゃんの奥さん含めて4人で湯田を目指す。
車中で家人と徳ちゃんの奥さんがキンプリの解散について激論を交わしていた。
先日、湯田に行ったときは防府東で降りてかっさかトンネルを超えるという昔防府から山口に行ってたときの行き方を選択し、途中でジパングのカレーを食べて会場に向かってたら思わぬ時間がかかる。ということを学んでいたので、今回はgoogleに従い、山口JCTまで高速をひた走り、JCTで中国道に向かい一つ目の湯田温泉の料金所で降りる。
そこから下道で会場に向かったらやっぱり近かった。今度からもそうしよう。
もう一つ宇部無料道路?だったかな。を通るルートも近いらしい。
会場につくとリハが進んでおり、ギリギリだった。
早々にリハをしようと思っていると、「お久しぶりです」と声をかけてもらった誰かと思ったら、島根の中林くんであった。
大学の同級生である。音楽を続けてたらこんなことが起こるから面白い。
山口での邂逅である。中林くんには以前島根でお世話になっており、ちょうど先月松江に行ったこともあり、感慨深い。
大学のサークルの頃はほぼほぼ話したこともなかったと思うけれども、こうやって頻繁ではないけれども何かのタイミングで再会するのは何かしらの縁だな。と思う。中林くんにとっては悪縁な気がしないではないけれども。
本日はshiNmmのさないさん企画「水中、それは苦しい」山口編である。
さないさんは何よりも「水中、それは苦しい」が好きでそのバンドを自分が呼んで一緒にライブをするということに感激。常に泣きそうであった。いや、常に泣いていた。
好きなバンドを呼んで一緒にできるというのは嬉しいものだ。ということは知っているけれども、「水中、それは苦しい」は一角の著名なバンドさんである。それをさないさんの好きの力で諸々を可能にし、今、目の前に「水中、それは苦しい」がいるのだと思うと感慨もひとしおなのであろう。
自分に当てはめてみたらどうだろう?と思ったのだけれども、キムダミや永野芽郁とイベントするようなもんなのかな?と思うと、確かに泣けるな。と思った。
ウサギはリハのあと、街を散策。
家人とホテルの1階でパンケーキとパフェを喰う。
食後、家人が「パンケーキさ、冷たかったんだけど美味かったんよね。あれ、わざと冷たくしてたんだと思うか?
温めが足りなかっただけだと思うか?」と質問され、「知らねぇ」と答えた。知らねぇと答えた後でも家人は、「パンケーキって普通温かいよな?やっぱり温めが足りなかったのか?」と勝手に推理&自問自答を繰り広げていた。
イベントは開始時間から千客万来、盛況&盛況であった。
最初からパンパンのオルガンズメロディでイベントスタート。最初はshiNmm。
進化なのか、もはや以前と同じものでも違うものなのか。
工夫という表現ではなんか足りない。もう一つ奥の何かを弄っている感じ。

ギンピ


次は中林くんのギンピ。中林くんがドラムを叩きながら歌っていた。
前にあった時はギターを弾きながら歌っていた。
そういえば大学の頃はドラムだったような記憶がある。
そしてウサギ。こないだオルガンズ出たときも電源トラブルに見舞われ、今回も電源トラブルに見舞われた。
でも、やれることはやったので良い。良い。
次はfurate。furateくらいから会場内でなかなか身動きが取れない状況であった。大入りである。
カラッカッラに乾いた荒野にコーヒー淹れるほっそい薬缶2つで水を垂らしてるような演奏であった。
めちゃ良かった。
最後は「水中、それは苦しい」ほぼ初見だったのだけれども、めちゃ良かった。
バイオリンとアコギとドラム。そしてグッドメロディ。ホタルイカがタイトルについてる同窓会に呼ばれない歌は
自身の人生とも重ね合わせ、共感の涙が出そうであった。
あと水中は写真撮ってもいいものかどうなのかが分からなかったのでとりあえず目に焼き付けた。そしてその後、写真を撮った。

水中。furateの写真はスマホをスピーカーの横に忘れていたのでない。

サウナへ

おんせんの森


ライブ終了後、近くにサウナがあるということを聞き、山口おんせんの森へ。
徒歩で行けた。
打ち上げまでの短い時間を狙ったので、後から気づくことが多く「え、露天あったん?」「え、外気浴できたん!」
「え、ここが湯田温泉の源泉の風呂?」など大事なことを何一つできなかったので、次回はリハ後~本番までの間にじっくりサウナに行こう。
と心に決める。次のオルガンズメロディは機材にお風呂セットも加わることが確定した。
そして割と巻いて終えたはずのサウナも打ち上げの開始には間に合わず途中参加でこそっと参加。
出てた料理が刺身、天ぷらとどれも美味だったのでこそっと追加で注文し、尚且つ腹が減ってたので饂飩をオーダーした。
そして饂飩喰ったらサウナ効果も手伝って眠くなった。
徳ちゃんを山口JCTまで誘い、山陽道に乗った辺りで寝落ちした。
次に気が付いたときには西広島バイパスの舟入の坂を下りるところだった。
徳ちゃん、ありがとう。ありがとう。
当然のように寝ぼけた中年は忘れ物をする。
徳ちゃんの車にリュックを忘れて帰宅。

広島ライブ

ロクセット

日曜は「水中、それは苦しい」の広島編。
9時ごろ、まなぶくんに連絡もらって11時頃合流してますゐで飯を喰う。
飯を喰って会場へ。
まなぶくんにいろいろやってもらって準備万端。
水中の到着を待つ。
水中はまごめちゃんの車で送迎されているとのことで一抹の不安がよぎる。
不安のとおり、まごめちゃんは道を間違えていた。
そしてまごめちゃん曰く、「車内の誰も何も言わなかったのですが、ヤバい瞬間が一回ありました。」
と神父もいないのに懺悔していた。
なにはともあれ、無事について何より。
水中からリハ。shiNmmのときは久しぶりにPAをした。

PA


ウサギはメンバーの到着がギリギリでリハと言うリハはできなかったけれどもまなぶくんなので何の心配もなかった。
今回はライブで弦が切れた。最近、トラブル無しのライブが少ないな。残念。
と思うものの、精一杯やれるようにはなってるので、それはそれでよいのではないだろうか。
shiNmmは昨日に引き続き、良いライブであった。PAもしてたのでいろいろバランスを調整しながら観れたのもよかった。
名古屋からshiNmm観にジョーくんが来てたのに驚いたけど、いろいろやっててゆっくり話せなかったのが残念。
最後は水中。昨日に引き続き惹きつけるようなライブをされていた。
終演後、いつもの台湾料理屋でみんなで飯。
結構長くいたように思うけれども、解散した段階で22時。
早めのイベントはこういうとこいいな。って思った。

帰宅後、ぼろぼろの家人と共に布団を敷いて寝ようと思っていると、家人が靴下を脱いで布団の外へペッと投げていた。