2022/10/8-2022/10/10

3連休の前日は浮かれる

金曜はサウナ。友人の仕事終わりを待ち、8時過ぎ頃合流。
9時までやってる中華料理屋でサウナ前にマーボーナスを食べようと思ったら、閉まってた。
9時半までの中華料理屋でマーボー豆腐食べようと思ったら、閉まってた。
どこも閉めるの早いな。と思いつつ、通り沿いでやってた来来亭に入店。
多分人生で2回目くらい。オールタブレットで注文し、ラーメンと半チャーハンを喰う。腹が減ってたのもあったけど、美味いよね。来来亭。
腹を満たして銭湯へ。

夜っぽく見えるけど、ライブの図

ス、ス、スチームサウナ


今日の銭湯はいつものところではなく、割と新しめの銭湯。
ここは乾式の高温度のサウナではなくスチームのじっくり遠くの弱火みたいなサウナなので、1度のサウナ時間が10分くらい入るようになる。なので、結構時間がかかる。
21時前に入って、出たのは22時半ごろだったように思う。
友人はこの銭湯が気に入ったらしく「良い」「良い週末の始まりだ」と言っていた。良かった。良かった。
少し肌寒い風を浴びて帰宅。

右足の爪は内出血


土曜は起床後、前日届いていた登山靴のクッションを登山靴に貼って調整などを行った。
登山靴はサイズが合ってないわけではないのだけれども、下山時に足が前につんのめった時に圧迫され、親指が内出血を起こしたりするので、それの回避のために新しい登山靴を買う、親指のクッションを購入する、などの候補からとりあえず親指のクッションを購入してみた。入れてちょっと試してみるとなかなか良いのではないかな?と思うのだけれど、実際登ってみないとなんとも言えないな。という感じ。
もう一つ、エアモワブというacgの靴を買おうかな。と思っているのだけれども、ナイキ公式では割引で売られているのだが、サイズがない。広島だとatmosってとこで売ってるみたいだけれども、定価で売られている。
これは悩ましいところである。
今回は試着したほうがよいと思うものの、そのまま買ったら8000円くらいネットより高い(サイズはないんだけど)。
でも、試着してネットで買うってのもなんか引っかかるものがある。悩ましいところだ。

コンクリ詰めへ


夕方、「コンクリ詰め」へ
爆音で音を浴びるのはいいよね。と思うのと、タガが外れてアルコールとテンション高で自走できなくなったS角を見るのもなかなか面白かった。S角に足を2回踏まれ、S角は外に出て栽培マンにやられたヤムチャのポーズで寝ていた。
そして7万したという眼鏡のフレームが綺麗に曲がっていた。

リハヌイル

もうみうらじゅんのコスプレはしないぞ


そういえば、ライブの前にzoffでこないだ山口で踏み抜いた眼鏡の代わりを購入した。
8800円くらいであった。S角の眼鏡のほぼ十分の一である。
眼鏡はパセーラで購入したのだけれど、それとこの日まで全部そごうだと思っていたものが、そごう旧館、そごう新館、AQUA、パセーラと4つもの企業が混在していたとは。全部、そごうでいいじゃねぇか。とか思った。
ライブを最後まで楽しみ帰宅。23時半ごろであった。

尾道へ


日曜は11時半にお迎えにきてもらって、尾道へ。
きょんきょんくんの企画にウサギ3人で出かける。
懐かしい面々が尾道のあの場所でライブをするというだけでわくわくする。
尾道に無事到着したまでは良かったのだけれども、この日の尾道はなんか人がめちゃくちゃ多かった。
なので、車を停めるところがない。
都合20分くらい探しても近隣に停めるところがなかったため、とりあえず荷物を下ろしに会場へ。

ジョーボックスみたいなB×B

駐車場がない!


会場へ着くと、etosがいた。
S角は全身ACGであった。ライブと言うよりは登山スタイルである。
荷物を下ろし、今日は車が多いぞ。ということを共有したあと、徳ちゃんが駐車場を探しに旅に出てくれた。
高架を超えたあたりに駐車が出来たようでなにより。
合流後、リハの準備をしてたら忘れ物をしたので、チャリを借りて車まで荷物を取りに行く。
途中でいい風情の銭湯を発見した。行きたい。と思いながら、結局行けなかった。

雑兵という名の赤兎馬


リハ後はいつもどおり雑兵という名の赤兎馬でラーメンを喰う。
美味しいと思うけど、人が他と比べて圧倒的に少ない。
並ばずに美味いものを喰いたいと思う僕らには最適解の店である。
そういえば前に喰ってあんま美味しくないな。と思った店に行列を作っていたりした。
要は情報なんだろうね。
飯を喰って散歩。
散歩した後、会場へ。

いきなりクライマックス


ライブはヌイルからといういきなりクライマックス的な盛り上がりからスタート。
次がウサギ。ウサギはウサギなので、と思いながらライブをするもライブ終盤の曲ではいつも以上に気合が入った感じがする。
周辺環境に引っ張られてしまうあたり、まだまだだな。と思いつつ、2秒後には伸びしろ、伸びしろと考えれる自分のポジティブさはよいと思うけど、45で伸びしろって言ってるあたりが痛いな。というのもまた真実である。
ま、死ぬまで成長っていうしね。

本番ヌイル

酒に呑まれる


ライブ後は調子に乗り、ハイボールを3杯呑むと酩酊状態となる。
酩酊状態打破のため、少し横になろうとケッチを観た後2階で横になると次の瞬間、家人が「おい、お前ライブもう全部終わったぞ」と起こしに来てくれた。10分のつもりが60分以上寝ていたらしい。
最後の2バンドは全く見れなかったけれども、酩酊状態は回復し頭がすっきりしている。
何かを何かを得る。とはこういうことだな。と思いつつ、反省。
打ち上げは30分くらい参加してスピーカーのいっきさんと共に帰宅。

ケッチ
チームドワーフ

膀胱待ったなし!


帰宅時、いっきさんの膀胱が破裂せんばかりだ。ということで「次、コンビニがあれば停まってほしい」とリクエストを受けたところが高速手前の田舎町だったので、車が停めれそうなとこに車を停め、いっきさんを下ろし、ことが済むのを待っていたわけだが、
ことが済み、出発して1分後にファミマを発見。しかも高速直前でローソンも発見。
そうか、田舎町でも高速の近くはコンビニがあるのか。ということを学習。
大瀧詠一のカバーアルバムをBGMに帰宅。

KOC2022


KOCを途中まで観て就寝。
漫才と違って形式が決まっていない分、発想が自由なのかコント師が多いのか分からないけれども、近年のKOCはとても面白い。
無名だろうが有名だろうが、決勝上がってきたコンビのネタにハズレがない。
最初から最後まで笑えた。
個人的な好みで言えば、スタンダードなビスブラよりもや団やコットンのほうが好みだけれどもビスブラ優勝に何の文句もない。
本当みんな面白い。それぞれの武器を磨いている感じはバンドにも通ずるな。と思いながら観てた。
年末の漫才も面白いといいな。

月曜日


月曜は午後からatmosに靴を見に行くも試着が恥ずかしくて出来ずに初志貫徹ならず。
天ぷらを喰って、ドーナツを買って帰るだけのおっさんであった。
家人が無印良品で欲しかった品を購入したので、まぁ、引き分けとしておこう。

マイホームサウナ


帰宅後、ホームサウナというべきサウナへ。家人は寝ていた。
今日のサウナは人がとても多かった。
和彫りの方が5人ほどいた。4人は早々に上がっていったけれども一番色彩豊かで彫り面積も広い方がほぼほぼ同じタイミングのサウナとなった。
サウナ内では下段におじいさん、突っ立った形でおじさんがずっと世間話をしていた。
100度のサウナで都合30分以上はいたのではないだろうか?
そしてじいさんのほうが延々マシンガントークを繰り広げ、じいさんが74であること、ほの湯よりもこっちのサウナのほうが熱くて好みだということ。
彼女がいると言っていたが、彼女は20代のソープ嬢とのことで決してそれは世の中では彼女とは言わないぞ。ということ、彼女?とほの湯に行くと彼女?が3時間も風呂に入るということなど汗を出しながら、脳の海馬に無理やりこんな情報を詰め込まれたりしていた。
じいさんは和彫りの方に「すんません。兄さん、すんません」と非常に気を使っていた。気持ちはよくわかる。
気持ちはよくわかるが、何度も何度も言うんじゃない。和彫りの方も無視してるじゃないか。
これ以上刺激するんじゃない。という気持ちのサウナ内の我々と仁義を切ったので問題ないと思ったのか、延々とマシンガントークを繰り広げているじいさん。なかなかの地獄絵図である。
あとじいさんがマシンガントークを繰り広げているのはサウナ室内である。じいさんがコロナだったら全員キレイに罹患である。と考えることが多いサウナを楽しみ帰宅。

風は少し冷たくサンダルの足先は軽く湯冷めをはじめていた。
もう秋ですな。