2022/10/01-2022/10/02

登山

初老の朝はいつも早い。もう週初め、週中、週末全く関係がない。前日までどこに行こうか?って言ってた登山プランが金曜のバンドの練習中に決定。8時11分に呉ポートピアに着く列車に乗るために7時25分に横川駅へ行くという予定になったわけだが、6時には起床。登山の準備を進めていた。

初志は富士山

登山はS角が「富士山に登りたい」という夢をびっくりドンキーで語ったことから始まった。1年以上前の話である。一度登ってみたら山にハマる者多数。彼らのライフワークのようになった。しかし、S角の「富士山に登りたい」という夢はまだ叶えられていない。というか、みな「別に富士山よくね?」みたいなモードになっており、長距離登山や岩登り登山などそっちのほうに興味が移っている気がする。そんな山にハマって1年程度で200、300の山を登った周囲でNo1の山ジャンキーSと本日は登山である。

登山よりも俺はサウナ

自分は登山も好きだけれども、それ以上にサウナが好きである。あ、おじさんたちの登山は当初から登山と風呂はセットであった。なので、登山の降り口の近くから行ける銭湯、スーパー銭湯は必ず調べてから山に登る。今回の銭湯はスパシーレ坂というとこである。自分はまず銭湯のためにサウナハット、サウナマット、LUX、洗顔料などの風呂グッズをリュックに詰めることからスタートした。風呂グッズはなかなかに嵩張り、リュックの容量の半分を占めた。次にタオルや着替えなどの登山と風呂の兼用のものを詰める。最後に登山靴や充電池や絆創膏などをリュックに詰め込む。登山靴はあまりサイズが合っていないのか、長時間履いていると疲れる。なので、山に着くまでは違う靴で行く。

JRで移動

天使の尻

横川駅までチャリで行き、駐輪。じいさんたちに「きをつけて~」と見送られて出発。丁度乗り換えもなく海田市で呉線に変わる電車で乗ってたら着いた。呉ポー。降りてSと合流。結構スケボーを抱えた若者たちがいた。多分呉ポーの跡地?でスケボーとかアーバンスポーツ系が出来るのであろう。Sと話しながら、近くのローソンへ移動し、飲料を購入。ここのローソンはなぜかバカデカいテラスがあった。

ローソンテラス

そのテラスで靴を履き替える。登山の前に一服しよう。と相成り、呉ポーの敷地内にあった灰皿まで移動。移動途中でローソンのバカデカいテラスの横でタバコを吸う警備員。ローソンの駐車場で一服している龍の刺繡が入ったジャージをお召しになったリーゼントなどがいらっしゃった。流石、仁義なき戦いの町である。Sと二人で呉ポーの敷地内にあった灰皿で一服。

登山口へ

そこから登山口を探して歩きだす。途中で何かの工場を発見。S曰く、「ここの工場は上から見ると万年筆の先っちょに見えるらしいぞ」と本当か嘘か分からない情報を提供された。そこからしばらく歩いて登山口。

登山口

コンクリートの階段である。まずその階段が結構急でキツい。最初の山で海抜0mから300mまで短距離で登るらしい。この短距離というのが曲者である。距離が短い=急。ということである。しかも登り始めたら早々に岩も登場。紐などを握ってエッチラオッチラ登る。途中でさっきの万年筆の先っちょに見える工場を見ようとしたら、木が邪魔で見えなかった。ま、そんなに気になるものでもないので、そのまま山頂へ。

どこかの山頂

これで半分くらい終わったのかと思ったら、まだ2割程度だとSは言う。どうやら今日は計7つくらいの山を登るとのこと。今、標高300mで最終の山は598mとのこと。しかも尾根を気持ちよく歩くのではなく、どの山も結構なアップダウンを繰り返し登っていくらしい。結果、アップダウンの繰り返しで5つくらいの山の山頂を制覇。

最後の山頂:オハヨウ

ようやく下り

山頂の度に飲み物をゴキュゴキュ飲んでたら、最後の山で飲み物が尽きた。下りだけだからなんとかなるだろうと思っていたら、598mの下りもなかなか長い。しかもSが速い。ちょっとした野生動物程度のスピードで山を下る。途中、声をかけて休憩。アクエリアスを恵んでもらう。そして下りになると、つま先が痛い。これは靴のサイズが小さいのか、靴紐の結びが悪いのか、歩き方がいけないのか、原因は諸々考えられるが、ま、とにかく痛い。つま先に呼応して、膝、腰まで痛くなってきたところでゴール。ゴールは高台の墓地であった。そこから坂の駅まで歩く。駅までも2キロくらいあったように思う。駅に着いたら、ようやく風呂である。

俺のメイン

スパシーレ坂

スパシーレ坂。妙なアジアンテイスト。妙にシステマティック。店員いるけど、アジアンな服装してなんかずっと下向いてる。全て機械でやりとりを行い、入場。やっと風呂だ。と思ったら、Sがタバコを吸おう。と喫煙所に誘われる。喫煙所でタバコを吸って入浴。内風呂が3つ、サウナが3つ、水風呂2つ、露天1つ、釜風呂2つと豪華な感じである。露天にはなんか偶像が立ってた。呉ポーにもなんか立ってたし、この辺の人は偶像とか銅像とかが好きなのだろうか?そんなことは気にせず、身体を洗い、髪を洗って漸く入浴。「だは」と思わず声が出るような感覚。そして太ももやふくらはぎの筋肉痛予備軍を感じる疲労感が湯に浸ったことでよくわかる。目の前を通り過ぎていく数本のちんこを眺めながらゆっくり風呂に浸かる。

INサウナ

湯にひとしきり浸かったらサウナ。まずは高温サウナから。中には1分計とTVがあり標準的なスーパー銭湯のサウナ。上段の半分が木が朽ちて使えなくなってたので、2段目で10分ほど中年を蒸す。いい感じに汗をかき水風呂へ。水風呂は85センチだったかな?の深さでまぁまあの深さに身体を沈める。「だは~」と思わず声が出るような感覚。最早、宇多田ヒカルのサビの前と同じである。水風呂を出て、露天のほうへ。外気浴ができる椅子や畳なんかも用意されており抜群。

ちんこパラダイス

道々に項垂れて休んでいるおっさんたち。項垂れているからなのか、最初からそうなのかわからないがタオルからはみ出て間抜けに横たわるちんこや畳の上でインリンポーズを取っている右曲がりのちんこを横目に椅子を探す。ちょうどよい椅子を見つけ、ちんこにタオルをかけて休憩。休憩するものの次のサウナが気になり、休憩にならない。少々休んで次の塩サウナへ。塩サウナに入るとSがいた。Sは「さっき蒸し風呂って書いてあるスチームサウナ入ったけど、温度が低かったわ」と言っていた。二人で塩を身体に塗りたくり、数分汗をかく。先ほどとは違う水風呂(露天)に浸かり、クールダウン。周囲を見渡すとSがちょろちょろお湯が流れてる風呂に半身浸かってチャポチャポしていた。幸せそうでなにより。その後、蒸し風呂と高温サウナに一回づつ入り、終了。

どこに行った?S?

上がるときにSを探したけどいなかった。いなかったのだけれども、畳の上で軽い鼾をかいて左太ももにちんこを張り付けて寝ているおっさんがSに見えないこともないけれども、起こすのも忍びないので、寝てたらそのままでいいや。それより奥の白い椅子に座ってるおっさんが1時間くらいまえからずっと同じ場所にいて、現在は結構なボリュームの鼾をかいて眠っていることのほうが気になった。鼾の音量とおっさんの健康、両方気になる。サウナで裸で寝て、風邪ひいても37.5分超えたらおそらく出社はできないのであろう。ことを思うと、早く起きたほうがいいよ。という目線だけ送っておいた。風呂から上がり、髪を乾かし、タバコを吸おうと喫煙所に向かうと丁度Sがいた。あの鼾かいて左太ももにちんこを張り付けて寝ているおっさんはSではなかった。
その後、ラーメンを喰い帰宅。

しょっぱいカレー

身体がバキバキの筋肉痛になっていた。
日曜、朝から筋肉痛。日がな一日中ごろごろしていたのだが、昼に「とんかつ」を喰おうと家人とおでかけ。家人が2店舗候補を挙げていたのだが、奇跡的に2店舗とも閉まっていた。昼飯が振り出しに戻り、帰宅しながら何を食うかを検討。カレー屋があったので、カレーを喰うことにして入店。妙に塩辛いカレーであったが食った。塩辛いカレーだったので、夜に塩辛くないカレーを作って食った。

自作カレー