2022/8/6-2022/8/7

金曜サウナと土曜の早起き

金曜にまた雨が降った。こんな雨で?という量の雨でもトラブルになるときにはトラブルになるものだ。
夜はサウナでさっぱりして就寝。21時前には寝たように思う。

土曜は前日が早寝なので、
早起きになる。
朝ぼらけの前段階くらいで起床。
5時前くらいかな。
昨日の探偵ナイトスクープを観ようと思ったら、やってなかった。
かりそめ天国もやってなかった。
しょうがないので、最近公開されてたネトフリオリジナルの賭ケグルイのアニメでも観ようと思い、ネトフリを立ち上げる。
前に賭ケグルイを観てたけど、記憶が曖昧である。
今回の主人公は賭ケグルイの最初に出てきてたキャラのスピンオフみたいだな。というアタリをつけながら視聴。
途中で家人が目を覚ましたが、また寝た。6時くらいにリュックを取り出して準備。

2週連続岩登り

登山靴だよ。


本日は江田島に登山&海水浴に出かける。本当は海水浴のみのバカンスのはずだったのだが、諸々の事情が重なり、登山グループと共に移動と相成り、登山グループと移動するなら「そら、山登るやろ?」とのことで2週連続の登山。しかも今回の山は昨年彼らが初めて撤退をキメたダボウ山という山である。
要は険しいということである。
いつもの登山グッズ+海水浴グッズ+歯ブラシなどの泊まりに必要な品目を続々にリュックに詰める。
最近、ことに重要だな。と思うのは履物である。
登山なので、登山靴はもちろん持っていくのだが、最初からは決して履かない。最初はサンダルでいく。なぜならとても楽だから。
最初から登山靴で行くと、なんかとっても疲れる。
車の中で靴も脱ぎたくなるしね。その点、最初はサンダルやリラックスできる靴があれば楽。
難点は荷物が増えることである。

仮性包茎リュック


最近、買ったリュックは仮性包茎の皮の如く、荷物の量によって被ったり、被らなかったりできる仕様である。
なかなかに便利。仮性包茎仕様。
着替えや水着、登山靴、その他を詰め込んで半被りみたいな状態である。上々上々。
半被りリュックを背負って、7時前に家を出発。
西広島の駅にチャリを止め、歩いて集合場所の近くのコンビニへ。
コンビニで凍ったお茶や900ml2本で二百数十円というお買い得なアクエリアスを発見していると、登山メンバーと合流。しばし歓談。
朝飯代わりにカレーパンを購入し、食す。しばらく待っているとS角登場。
3人で車に乗り込み、他のメンバーをピックアップしにいく。
乗り込む際にS角のほうが僕より大きいので、「助手席に座るか?」と問うと、「大丈夫だ」と後ろに乗り込んだわけだが、のちほど後部シートはジャンケンで座席位置を決めるという仕組みとなり、S角は今回の旅のほとんどをvitzの後部座席真ん中で過ごした。
安佐南区のコンビニでもう二人ピックアップして一服。
ほっておくといつまでででも煙草を吸っているので、いいとこで切り上げて出発。

安いたまねぎを発見


時刻は既に8時を回っている。
そこから江田島を目指し、おっさんを5人積んだvitzは国道と県道を疾走する。
途中、呉のエブリーで買い物。
玉ねぎ中玉が7つ入って390円という破格なたまねぎを発見。
ついつい購入してしまう。
酒やつまみに紛れて、玉ねぎ。
9時過ぎに江田島の目的地着。
暑い。
昨年もお世話になった海の家なので、勝手知ったる他人の海の家である。
荷物を下して、海にレッツゴー!となるはずもなく、荷物を下して、登山靴を履いて山へゴー。

山へゴー


どうやら昨年撤退したダボウ山はコースが2つあるらしく、昨年彼らは登山初心者のくせにハードコースを登り、撤退をキメたらしい。
情報から判断するに僕は初心者コースを登ることとした。
あとS角と登山メンバーHも初心者コースにするらしい。
登山メンバーSと登山メンバーDが昨年のハードコースに挑むとのこと。
二手に分かれてスタート。
登山開始40歩でもう結構な坂。
撤退の二文字が過る。
ただここで撤退しても都合4時間程度一人で時間をつぶさなくてはならない。
なんとか踏みとどまる。
傾斜のある山道をしばらく登ると現れた岩。
なんだ、ここ外国か?というような景色である。

あんま外国的ではないかな。


そして標高がまだ低いせいか暑さがグングンくる。
蒸す。というより熱気の暴力である。
そこから逃げるように登山道と岩を登る。

S角、撤退

しばらく進むとS角が「僕、もうエンプティです。」の言葉を残し、撤退。登山メンバーHと二人で残りの工程を進む。途中、岩の広場みたいなところに到着。ここが頂上かと思いきや、違うらしい。

頂上ではない。


登山メンバーHのヤマップを頼りに進むと、道路に出た。
違うコースから来ている2名と「天狗岩」というところで待ち合わせをしようとしていたのだが、肝心の天狗岩がよくわからない。展望台みたいなところで待っていると数百メートル向こうに二人の姿を発見。
しばらく合流のため、待機。
グングンのコンビニで買ったアクエリアスが温くなっているものの、背に腹は代えられないので、喉を潤す。凍った麦茶だけがキンキンであった。先週、凍ったアクエリアスを購入したのだけれども、溶け方の具合なのか最初にアクエリアスのアクエリアスたる所以の味成分が濃くなり、後半ほぼ水のようになったため、凍ったお茶を購入したのだが、キンキンのアクエリアスが飲みたい気分であった。

合流


しばらく待ってると2人がやってきた。
展望台から降りると天狗岩なのだろうと思い、進んでみるとまた海外みたいな景色のとこに到着。
これが天狗岩なのだろうか?
合流後は登山なんだけれども、舗装道路を延々歩く。
都合、1時間近く歩いてようやく頂上。
頂上で一服して下山。

下山途中


下山しているとどうやら途中あった岩の広場のとこが天狗岩らしいということが判明。

ここが天狗岩だと思っていた。


しかもここはるろうに剣心の撮影地で佐藤健が来ていたらしい。
おそらく登山道からではなく舗装道路から車で。下山後、S角と合流。

割に元気なとき。


なにやら熱中症ではないのか?というような症状をしていたが、元気であった。
1時間くらいクーラーが効いてる部屋で寝てたらしい。
早々に登山靴を脱ぎ、サンダルに履き替える。
そして汗だくの服を脱ぎ棄て、水着に着替えるもそのまま海にどぶんといく体力もなく、ただ煙草を吸ってウダウダする。

海へ


登山メンバーSは異常に元気で早々に裸足で海に飛び込む。
登山メンバーSは暑いという理由で登山の際にアンダーウェアも身に着けず、バラの棘で脛に大量に傷を負っていたのだが、そんなことは関係なしに海に飛び込んでいた。
そして海から上がり、「傷が痛む」などと言っていた。
登山メンバーDと「傷口に塩を塗るとはこのことですな。あはは」という会話をしたりした。
ほんの数秒、海に浸かり、あとは外気浴。その後、SAPが登場してSAPにチャレンジ。
乗れはしたものの、体幹が弱いのであろう進むための櫓を数度右に左としていたら、バランスを崩して海に転落。
早々に今年の海は終了した。

上手にSAPを漕ぐ


その後はただただ海辺の影でウダウダしていた。
たまに海に浸かりながら。
夕方近くになると、早々にシャワーを浴び、スッキリ。

BBQ


あとは大量に用意してもらっていた肉を焼く。
肉は大学生のころ焼肉屋でバイトをしていたというS角がバチバチに焼く。
焼かれた肉をモシャモシャ食っていたのだけれども酒をあまり吞まないので米が欲しい。
都合3個のおにぎりを腹におさめ、米で満腹になりフィニッシュ。

小杉君の甲子園


早々にフィニッシュしたので、小屋で甲子園を見ていた。
京都VS岩手
非常に面白い試合だった。9回表に京都が追いついたときには「もう勢いは京都だな」と思ったものの岩手頑張った。途中から岩手の3番セカンド小杉くんが実写ドカベンに見えて、矢も楯もなく「小杉!」と応援していた。
小杉の一関学院の勝利を祝いながら、ウダウダした。
その後はスピーカーでDJ/S角の選曲を楽しんだりして22時過ぎに就寝。

朝日を見に行こう

朝は5時過ぎに起床。
朝日を見にいこう。というので、見に行く。
昨日、リタイアしたS角も連れ立ってGO。
山頂まで車で登る。
その下山途中で天狗岩を見に登山メンバーSとS角は出かけて行った。
僕は車内で唯一映ったNHKで「あかひげ先生」を観ていた。
天狗岩から帰ってきたS角はなんらかの虫に刺され、「痛い」と言っていた。
その後、コンビニで朝飯を購入。
朝飯喰って二度寝をした後に帰宅準備。
昨日買った玉ねぎをリュックに入れると、仮性包茎ではなく真正包茎のようなリュックになった。

最低山登山


帰り道、広島で一番低いとされる茶臼山に登る。

茶臼山


干潮のときしか登れないらしい。
景色も海もキレイであった。

いい感じの海

しらす丼食おうぜ

そこから11時開店の食堂に移動し、20分くらい待って入場し、しらす丼を喰う。
しらす丼も美味いけど、魚介出汁の味噌汁が最高であった。
その味噌汁を登山メンバーSは早々にひっくり返してテーブルをびちゃびちゃにしておかわりをもらっていた。
S角は「指が痛い」と言っていた。
14時半ごろ帰宅。

日曜サウナとスパイス炒飯


西広から自宅まででも結構な汗をかいていたので、日曜もサウナだ。と思い、サウナへ。
日曜15時だとそんなに多くないだろうと思っていたけれども甘く、サウナへの待ちが発生するほど大盛況。
3セットほど入って帰宅。
帰宅後、スパイス炒飯を作りたくて、作ってみたもののスパイスも塩胡椒も足りず、普通なんだけど美味い!って感じではなかった。
またチャレンジしてみよう。
飯を食った後は賭ケグルイの続きを観て、就寝。