2020/10/24-2020/10/25

今、右肩が痛い。
その原因は今週末にあると思われるので
検証していこうと思う。

土曜の朝、youtubeを観ていた。
aiming for enrikeのPVみたいなのを
観てた。ウサギでduoをするときに
一時期よく観てたのだけど、
最近audiotree?のチャンネルを
観てたら、久々に動画を観かけたので
朝から観てた。


やっぱり二人でここまで出来るのは
凄いよねぇ。芸だよねぇ。
とか言ってたら、9時半前。

近所のウォンツへ。
ウォンツ近くのパチ屋の
屋外喫煙所でS氏を発見。
割とパチ屋が似合っている。

「おい、何をしているんだ?」と
S氏に問うと、
「タバコ吸ってんだよ」とのこと。

タバコを吸い終えたS氏を連れて
ウォンツへ。

本日、SCC(Sカドサイクリングクラブ)
で宮島へチャリで出向く。
往復50キロの行程。
ほどほど距離とこの季節なので、
リュックに防寒具や着替えを
忍ばせての出発。

しばらくすると、SCCの会員2名と
合流。一路、楽々園を目指す。

楽々園までの道程は
これから走るであろう宮島街道を
想定し、車道の側道を走ろうと
提案し、車道を走っていたけれど、
信号待ちや悪路から井口辺りで
裏道に切り替えた。
やはり裏道はスムーズ。
風を切って走行。
コイン通り手前に会員1名に異変が…
「膝が痛い…」とのこと。
SCC隊長のS氏は快適に走行してて、
もう背中は見えない。
「大丈夫か?」と声をかけながら、
ゆっくり進む。
右に曲がったところでS氏らが
待っていた。
事情を説明し、結果、
「ま、なんとか進めそうだ」と
相成り再出発。
S氏も心持ち、少しだけスピードを
緩めていたように思う。

楽々園の蔦屋で最後の会員と合流。
本日自分は帽子を被っていたのだが、
出会い頭に「カウボーイみたいだな」と
言われる。

そこから廿日市高校周辺の川と海の
境目の辺りをぐるっと周回して、
宮島街道へ。

一路、宮島を目指す。
途中、斜度がかなりある歩道橋を
チャリで渡り、しばらくすると
到着。宮島口。

到着!

早速、目標のひとつである
あなごを喰おうと店に向かうと
行列&密。
これがゴートゥートラベル。
周囲から聞こえてくる会話にも
広島弁とは違うイントネーションが多い。
いやあ、経済廻ってるけど、
密作ってんね。という感じ。

人が密集してる行列に並び、
受付をすませ、アナゴ弁当を購入。
2000円ちょっとした。たけぇ。
ま、観光地なんでこんなもんだろう。
買った弁当を渡し場の2階で喰う。

そこに親子向けの段ボール迷路が
用意してあり、係員の女の子に
「これはおっさんの単発でも
利用可能なもんなのだろうか?」と
問うと、
「えへへ、親子向けなんで…」
としっかり断られる。
段ボール迷路を横目にもしゃもしゃ
あなご弁当を喰う。

アナゴ弁当

弁当を喰った後は
フェリーの往復切符を買い、
フェリーへ。
大人360円、チャリ100円だったと思う。
このチャリ100円を払うだけで
フェリーに乗り込むのが、
車両扱いになり、待機場所も
一般とは違うし、快適。
待ち時間もなく非常に
スムーズだった。
宮島へはチャリで行くのが
よいと思うな。

オバショット。自分以外全員国に拘束されているわけではない。

宮島に着き、S氏がさっそく包ヶ浦を
目指そうとするも制止する。
「せっかく宮島に来たので、
ドラクエウォークのお土産を
取らせてくれ」と懇願。

了承を得て、大鳥居に向けて歩く。
大鳥居までの商店街?みたいな
とこは密の極みだった。

密!密!ミッツ!

誰か一人でもコロナだったら、
クラスター発生装置みたいな
場所となっていた。
これがよかったら、
もう「コロナは終息!宣言」
出せばいいのに。
と思いながら、
大鳥居でお土産クエストを完遂する。

せっかくなので、大鳥居の姿を
見ようと思ったら、大鳥居は
がっつり工事中であった。
朱色は一切見えず、工事の足場が
ガンガンに組まれ、鼠色に包まれていた。

そこから一路、包ヶ浦へ。
距離は数キロなんだけど、
割とアップダウンが多い道程で
膝を痛めている会員は早々に
チャリをついていた。

しかし、S氏はそんなことは気にしない。
グングンに坂を登っていく。
クライマーだ。クライマー。
そして自分も「おっらー」と
クライムしていく。

自分のチャリのハンドルが
真一文字であるせいか、
立ち漕ぎがやりにくい。
なので、ケイデンス上げ系で
サドルに尻をつけたまま、
回転数を上げていく。

そう、坂道くんと同じスタイルだ。
悲しいかな、坂道くんほどの
ケイデンスは出せずに立ち漕ぎの
S氏に少しづつ離されていく。
後方では膝を痛めた会員が
チャリをついている。

で、包ヶ浦到着。
管理棟みたいなとこでアイスを買う。
アイスを喰ってたら、遊具の貸し出しの
看板を発見し、遊具を借りる。
S氏がグローブ2つボール、
自分がサッカーボール。
そう、これが今、右肩が筋肉痛の原因だ。

こんなことをしているから筋肉痛になる。

15m程度離れ、ボールを投げる。
山なりに投げればいいものを、
地面とほぼ平行に腕を振り振り
キャッチボール。交代しながら
60分程度遊ぶ。その後、60分程度
サッカー。大量に汗をかく。

途中、管理棟にメガモンスターが
登場したので、狩る。
ブラックドラゴンのSが落ちた。
ラッキー。

集落を歩く

その後、メイン地区に戻り、
温泉へ。知らなかったけど、
宮島にも結構温泉に入れるとこが
あるらしく、坂道を登り、
宮島の集落を歩く。
なんか尾道みたいな街並みだった。
昔ながらの街並みを歩いていると、
急に近代的なホテルが登場。
livemaxと書いてあった。
そこで汗を流す。

15時から入湯可能で
15時10分くらいに訪問したので、
ほぼほぼ貸し切りであった。
そこで湯船に浸かった会員が
「あーーーーーーーー」
という声を割とボリューム上げ目で
発すると、S氏が
「うるせー」と言っていた。

自分は先日掴みかけた「整う」を
追い求めて、サウナへ。
5分×3セットと水風呂と思ったが、
水風呂はなく、大きな甕に水が
溜まっているのを桶で汲んで
身体にかけるタイプだった。

水風呂よりは難度が下がるけど、
やはり一発目は「ひょうぉぇ」と
声を上げてしまった。

業界用語でいう羽衣が纏えたか
纏えないかってくらいで
今日のサウナは終了した。

今日は洗髪をしてたので、
そこから20分くらいかけて
髪を乾かしていた。
皆は岩盤浴に行っていた。

髪を乾かし、外にでると
S氏が外でタバコを吸っていた。
そこにわらわらとみんなで
集まり、タバコを吸い、
今後の相談。

妙なセレブ感がある。この人は目線だけで隠すとなぜか本格派だな。

ここで初めて政府の施策
ゴートゥーイートを使用し、
店を予約。
ただ自分が予約したわけでは
ないので、個人的に恩恵はない。

帰り道1
帰り道2
帰り道3
さらば宮島

宮島から予約した店まで
市一つ分を風呂上がりの
おっさんたちが疾走。
途中、歩道橋の坂は
全員チャリをついていた。

そして打ち上げ。
3時間のコースだったわけだが、
本当に実のない話に終始。
今、思い出しても何も
会話の内容が思い出せない。
しかし、これでいい。
これがいい。
ほどほど仕上がった状態で
解散。
次回は江田島に行くらしい。
家に帰り、有吉反省会を
観ながら就寝。

日曜も朝からチャリ。
ドラクエウォークのほこらを
登録することを目的に
宇品港まで家人とともに走る。
途中のファミマで家人が
ゴートゥーイートのチケットを
出力していた。

途中、ホラービーストの
心を狩り、ゆめタウンを
ちらりと散策して帰宅。

帰宅後、昼飯のカレーを作成。
ついにほうじ茶キーマの
イメージ通りの味を作れた。

成功したほうじ茶キーマ

やはり手間こそ全てだった。

今回は500ccのほうじ茶を
美味しく煮だし、その
ほうじ茶を100ccずつ
グレイビーとひき肉を
炒めた鍋に投入した。
その100ccのほうじ茶の
水分が飛んだら、再度
100cc投入ということを
3度繰り返し、最後に
50ccくらいのほうじ茶を
投入し、少しだけ煮立たて
完成とした。
これが正解だった。
後味にほのかに香るほうじ茶、
しかしながらほうじ茶のあの
香りはしっかりカレーの隙間から
匂う。
これこれ~。と思いながら
食す。うめぇ。これはうめぇ。

家人にも
「ついにやったな」と
お褒めの言葉を頂いた。

で、昼寝を目的に
布団に転がって、
まっちゃんねるの録画を観る。
ドキュメンタルの女性タレント版と
大喜利警察。面白くてそのまま
昼寝せずに観てた。
ゆきぽよの元ヤン感が出てて
よかったな。あと、芸人の
モニター越しのアドバイスが
自分も同じことを思ったけど、
いざ、現場になると思い浮かば
ないんだろうな。とか想像してた。
(峯岸みなみの坊主写真の
使いどころね)

んで、その後昼寝。

起きて、世界の犯罪番組
観ながら、髪を切ってもらって
風呂に入り、録画番組の
嵐大好きおじさんを
観ながら就寝。