2019/05/25-2019/05/26 第3部

2019/05/26

角島ジャミン2日目

起きると人がまばらに寝ていた。
まだみんな寝ていたので、二度寝。
8時ぐらいかな?に起床。

寝袋からごそごそ起き出でて
近くのペットボトルの水を飲む。

その後、歯を磨きに便所へ。
割とみんな起きてた。

歯を磨いた後、まなぶくんや
えいぞーさんに会って歓談。
その中で「広島でもこういう
イベントを…」とか「広島は
上下の繋がりが希薄なので、
もっと大学生とかと一緒に…」
となど山口で出来てて広島で
出来てないなぁとふんわり思ってた
ことを言葉として交わして、
これはやってみないとね。と
思う。いつまで生きてるか
分かんないしね。悔いになる
くらいなら、やっときたいね。
やった後に苦しむほうが向いてる
性格だしね。

話をしたあと、さないさんが
風呂に連れて行ってくれるというので、
さないさんの車に乗って、
去年も行った温泉へ。
途中ガソリンが入れたいというので、
ガソリンスタンドを探すと
ことごとく閉まっている。

温泉入る前に受付の方から
「今日は11時から入湯料が半額ですよ」
と教えてもらったが、ふーふーくうが
見たかったので半額を待たずに
入湯したのだが、ガソリンスタンドを
温泉の受付のおばちゃんに教えてもらって
ガソリン注いだ後にセブンイレブン見つけて
そこで助六寿司などを摘まんでたら、
予定時刻を大幅にズレた。
因みにさないさんはセブンで
カツカレーを買った。

セブンイレブン以外にも
角島ジェラート喰ってたことや
頼まれもののアイスを購入したことなんかも
要因となり、会場に戻ったら12時前だった。
ので、ふーふーくう見れんかった。

たつや軒ステージでカレーの準備してたので
手伝うべく、芋を焼いた。
芋は割と簡単に焦げた。
しかし炭で焼かれた芋はとても美味そうだった。
それをカレー作ってるスペースに持ってて
しばらくすると、カレーが出来ていた。

ウサギ三人編成という不安が服を
着たような編成のため、昨日から
割とちょいちょいギターを出しては
復習をしてた。
復習して思い出しても身についていないので、
次の復習のタイミングでは忘れてる。
これはやべぇ。
と思いつつ、練習してたら、
ベースのこうたくんが家族で登場。

こうたくんちの子は泣きそうな顔は
するものの泣かない。
泣いたとしてもギリギリ声を張らない程度で
済ますという非常に優秀な赤子だった。
角島の海に入ったあとに全裸で
お母さんにささっとちんちんを洗われていた。

こうたくんも不安は同じで
三人でちょこちょこ打ち合わせ。
往生際ギリギリまで打ち合わせ。

打ち合わせが終わったあと、
外に出るとカレーの第一陣が終わってた。
第二陣のカレーを待って、サキチヨさんと
カレーを喰う。
やっぱりキャンプはカレーだな。
と思う。

バンドの演奏はどんどん進んでいく。
三人バンドとかギター1本のバンドみながら、
「これくらい音が厚いほうがやっぱりいいのかなぁ」
とか
「コードとの幅を持たすには単音で最初はやるほうがいい」
とかこの期に及んでまだ往生際でふらふら思考が
ダンスを踊っていた。
僕らの一つ前のshiNmm観ながらもそんなことを
思っていた。
shiNmmは本人たちも言う通り、どんどん溜めを膨らませて
どんどんテンポが遅くなっている。
そこの隙間に緊張感が漂う。
なんなんだろうか。すごく良い。
elephantが一気に数万本のナイフを
突き立てるようなライブと評すると、
shiNmmは一本のナイフをゆっくりゆっくり
1mmずつ動かして深く刺す感じ。
全く違う方法論だが、二つとも人の感情に
何かしらのナイフを突き刺す。
素晴らしいね。

で、ウサギ。
結果、ナイフを忘れたような仕上がりと
なったものの、ナイフがどこに置いてあるかな?
くらいは思い出せる感じだったと言おうか、
うーむ。
また三人用のナイフをしっかり研いでみんなと
やりあおう。

イベントも無事に終了し、御片付け。
ここでもタツヤチルドレンの機敏な動き。
基本的な片づけはもちろん、持ち帰るゴミの分担、
手配まで続々と片づけていく。
立派だ。

僕も少し手伝いをさせてもらって
さない号にて小郡まで送ってもらう。
途中僕らの車の前を
アーサーヒールパンと書いてある
車が走ってて、さないさんはその車を
抜きたがっていたが、嫌な予感しか
しないので、「ゆっくりでもいい」と
その車を抜くことを止めた。

そしてしばらくすると、さないさんが
「アーサーヒールパンって、
朝と昼にパン食べてほしいから
アーサーヒールパンなんですかね?」
と言ってて、思わず「おぉ」となる。

アーサーヒールパン=朝昼パン

「なるほど!すごいね!さないさん」
と褒めた。

そのころ後ろの席に乗ってた
ゆかみりやとまごめちゃんは
爆睡していた。
さないさんも疲れていると思い、
さないさんが寝ないように
個人的に車内を盛り上げるべく頑張った。
さないさんとポルノグラフィティとかを
一緒に歌った。

21時前に小郡に降ろしてもらって帰路。

疲れた身体を新幹線のシートに
埋めるつもりが、博多であったのであろう
コンサート帰りの同じTシャツ、同じタオルを
もった集団がこれでもか。と車内に溢れており、
疲れた身体を新幹線のシートに埋める
どころか、小郡から広島までドアの前で
ギュウギュウのすし詰め状態で立ってた。
徳山くらいで関西弁の女性三人組に
囲まれ、関西弁での会話が聞くとは
なしに聞いてた。
この人たちはコンサート帰りではないものの
何かのファンで山口に何かを観に行っていたらしい。
会話の節々にニッチな専門用語が飛び出していた。
一番年長であろう先輩が8割喋りあげ、
後輩二人がうんうん言ってる感じ。
よく喋ってる先輩の顔を見ながら
「あぁ、この人、この後輩とかに
彼氏とかができたら裏で悪口いいそうだなぁ」
とか無責任な想像をしてたら広島に着いた。

そこから市電に揺られ、帰宅。
家につくと、さっき着いたと
別便で帰ってきていたサキチヨさんが
1mm動くのも億劫だという顔をして
布団の上に大きめの熊の人形のように
鎮座していた。

腹は減っているので、セブンにいくか?
というと渋々ついてきて、
僕がカツカレーを買おうとすると、
「私はそれを買わないけど、一口は食べたい」
と朝方さないさんが喰ってたカツカレーの
影響をこんなところで出してきた。

カレー喰って、布団に転がったら
朝が来た。

今年も楽しかった。角島ジャミン。
みなさま、ありがとうございました。

来年もお願いします。と共に
広島でも!となった際は出張たつや軒&
タツヤチルドレンのみなさま、
タツヤチルドレン広島支部の育成も含め、
よろしくおねがいします(笑)。