20190525-20190526 第2部

20190525

地元に住む二人が「ない」と言った
佐波川PAで朝飯。
陽も上り、日差しが強くなってきたので
事前に用意していたサングラスをかける。
さないさん、ゆかみりや、サキチヨに

「怖い」
「なんかどこ見てんのかわかんない」
「漫画の売人みたい」

と好評を博し、「こいつら」と
思っていたら、他人のサングラスの話題なんか
30秒で過ぎ去り、PAのコンビニで買った
クリームコロッケが旨いと言っていた。

そこからは休憩もなく角島へ。
さないさんの車は左右のどちらかに
寄り過ぎるとピーピーと警告音を
鳴らしてくれるのだが、何かといえば
ピーピー言っていた。
さないさんは基本左に寄りで運転する。
危ない。
そして、さないさんはピーピー鳴る度に
「この車、ちょっとしたことで
すぐピーピー言うんですよね」って
言っていた。
たぶん違う。ちょっとしたことじゃない。

美祢で降りて下道。
さないさんは
去年もここを通ったとか、当たり前の
ことを言っていた。
そして、美祢と長門の市の境くらいに
バイパスみたいなのが出来てるのだが、
さないさんのカーナビにその道が
登録されておらず、去年は
「この道ないはずなんですけど、
大丈夫ですかね?」と言い、
「大丈夫。新しい道じゃけ」と
答えた。
そして今年も
「この道ないはずなんですけど、
大丈夫ですかね?」と言い、
「大丈夫。新しい道じゃけ」と
答えた。
多分来年もこのくだりはある。

そして去年見つけてた難読地名
特牛(こっとい)を見つけて、
車中でずっと「特牛(こっとい)!
特牛(こっとい)!」って言ってたら
角島に着いた。

去年とは違い、晴天。
角島はインスタ映えのための景色に
なっていた。

到着後、主催のえいぞーさんに
挨拶したら「フルですね」と
言われたので「ええ」と答え、
これから始まるフル参戦の
角島ジャミンに気合を入れた。
着いたのが早くて最初のバンドさんから
ライブを観覧。
角島ジャミンのよいところは
会場から離れたところにいても
演奏がはっきり聞こえるとこだ。
散歩してても聞こえるし、
トイレに行っても聞こえる。
なので、いろいろうろうろしてたら、
知らぬ間にたつや軒BBQ班が
いつもの場所で火を起こしていた。
たつやくんを中心とした
統制のとれた組織である。
誰かが炭に火をつける間に
誰かが食材を切る。
アッというまに準備が整い、
BBQスタート。
酒飲むなら1500円
酒なしなら1000円と破格。
今回参加者が多かったせいもあり、
1日で2日間の食材や飲み物がなくなってた。
そして深夜にたつやくんが
「もう疲れました。今年でこれ(BBQ)も最後です。」
と角島の向こうの日本海を遠い目を見ながら
言ってた。
ま、準備から仕切りから疲れることも多いので、
ゆっくり休んでほしいですね。
タツヤチルドレンと呼ばれる
たつやくんの意思を継ぐ若者が大量に
育っているので、たつやくんがやらずとも
後輩たちがしっかりしてくれるので、
来年もBBQは続くのだと思うと、
人を育てる大事さを学んだ。
僕は人を育てるのは苦手なので、
うらやましい。
僕の場合、いろいろ手を尽くさず
勝手に僕を見て、勝手に僕に感謝してくる人は
すごい育つけど、自分で手をかけるとダメだ。
僕に人を見る目がないのと、わりと甘やかして
しまうのとで結果がでない。
ま、人には向き不向きがある。
しょうがない。

ライブは続々と山口やいろんな地域から
バンドが集まり演奏。
特筆すべきは長崎の三回転とひとひねりと
ノイエサンスーシ。
ナイスなメロディとメンバーの冷温混ぜた
キャラクター群。
抜群だ。
ノイエのライブ後にミカカさんが
箸が転げても可笑しい年ごろの乙女のように
ずっと笑っていた。すごい好きとのこと。
面白さと良い音楽性が混じっててツボに
はまったとのことだったが、広島のみんなが
ミカカさんに思ってることと大体同じかな?
とも思ったが、言わずにそっとしておいた。
しばらくしたら、ミカカさんは角島の夕日を
背に寝ていた。
寝る前にモリソンさんに誕生日にもらった
Tシャツに早速鯖缶の汁をこぼしたと言っていた。
マムシVSミカカの一戦を広島でやろう。
ま、やるのは僕しかいないだろう。

一日目の最後はエレファント。
素晴らしい三人編成。
強い。
ヤバいが飽和している三人組とはワケが違う。
MCでバッタ食ったといってたけど、
バッタ食う余裕があるのが羨ましい。

一日目のライブが終わり、
食材が乏しくなったたつや軒を
いただくと共に外へ買い出しへ。
床に黒崎くんがゴミのように寝ていた。

ローソンに行ったら、先日の災害レベルに
棚に何もねぇ。
とりあえずパスタとか食って腹を満たす。

ちなみに三回転のライブ中に
死ぬほど眠くなり、三回転のライブ後に
昼寝してたので深夜まで目は持ったけど、
たつや軒のオーナーたつやくんの
SFのライブは見れなかった。
申し訳ない。

その後、まなぶくんや森岡くんと話してて
眠くなったので就寝。
さっきとは違う場所で黒崎くんがゴミのように寝ていた。