zoom 「livetrack l-12」の備忘録

購入して、1か月経って何曲か録音してみたので備忘録的感想

バンドを始めたころから録音に興味はなく、
録音は割と緊張するし、時間はかかるし、好きな活動ではなかった。

しかしながら、昨年末くらいから自分で全てをやれるほうが
結果的にスムーズにペースを上げて、いろんなことを出来るように
なるのではないか?と思い、初心者向けの録音機材やDTMを探し始めた。

そして、辿り着いたのが「livetrack l-12」だった。
ま、浅はかな知識を元に「簡単」「バンドの練習のときにも使える」みたいな
謳い文句を鵜呑みにしただけですがね。

時は正月、ボーナスの残滓も預貯金の中に存在していたこともあり、
割と気軽にクリック。
割と気軽に届いた。

届いた箱はスーパーファミコンの箱の1.5倍くらいの大きさだった。
箱を開けるとスーパーファミコンの箱の1.5倍くらいの大きさ(
スーパーファミコン本体ではないよ。)の卓が入っていた。

色んな記事を読んでると、直感的でわかりやすい作りなどと
書いてあったけど、初心者の僕からすると、わかるのは電源の場所のみ。

しかし、ちゃんと付属の説明書を読めば初心者でも分かる。
説明書を読んで、まずはzoomのサイトから最新verのファームウェアかをPCか
スマホにダウンロードして、それを卓にインストールした。
そしたら、ver2.0になった。

そこからスタジオに卓を持ち込んだ。

スーパーファミコンの箱の1.5倍くらいの大きさの卓なんで、
リュックに入れて自転車で…ってほど小さくないので、
市電でスタジオ。
大きめのトートには入るくらいの大きさなので、
持ち運びは割とし易いと思う。
あと、市電の中で何度か床に落としたり、座席にガツッと卓が
当たったりしたけど、今のところ何の問題もなく動いているので、
日常生活で起こりうる多少の打撃くらいなら耐えれる強度が
あるのだと思う。

細かい機能的な項目はオフィシャルサイトに載ってるけど、
結果、多少の知識が必要だったな。

以下は、この公式サイトに添って感想をば。
r

https://www.zoom.co.jp/ja/products/production-recording/live-sound-recording/livetrak-l-12#features

直感的にミックス」の

モノラル8チャンネル、ステレオ2チャンネル、合計12チャンネルの入力を備える『LiveTrak L-12』
これは割と言葉のままの理解で大丈夫だったな。
ケーブル差すとこが8つ。
あと4つが馴染みがなかった。
ステレオ4チャンネル。
差すとこもギターのジャックみたいなとこが2つ。
で、その下にフェーダーが2つ。
良く見積もって「これ、10だろ」と思うけど、
ギターのジャックみたいなとこが2つみたいなところが
右と左に対応してて、それぞれ1とカウントするみたいなので、
2×2で4の計算で8+4で12チャンネルということらしい。
個人的には8チャンネル+αを書いてもらったほうが想像しやすかったけど、
それは個人的な話で、「多少、興味があんなら知識くらい入れてこいや。」ってのが
一般的だと思うし、ドラム録音するのにもマイク8本立てれれば
何も問題ないので、OK。

「マルチに録音」の

bit数のとことかは調べたら、CDは16bit/44.1kHzなので、
それより高音質で録れるので、何の問題もなし。
ネットで音源配信するときなんかに24bit/96kHzは使えるみたいですな。
あと、背面のスイッチでbit数を切り替えることができるんですが、
間違えそうだな。と思ったけど、16bit/44.1kHzとかに
固定して使うことしかないんで、今んとこ間違えて困ったことはない。

「5系統のモニター」

これは使ったことない。
バンドで一発録音とかするときに便利なんだと思う。
ちなみに最初にしたver2.0のアップデートは
モニターに返す音に加工した音が返せるようになる
バージョンアップだったみたい。

「オーディオ・インターフェース」

これが一番困った。
基本的に卓で録音して編集するだけのつもりで購入したけど、
結果、studio oneなどのDTMを導入し編集してるので、
「14イン/4アウトのUSBオーディオ・インターフェースとしても利用可能。」
ここがとても不便だった。

ま、でもzoomからしたら「オマケに贅沢こいてんじゃねぇぞ。ごるぁ」と
いう感じだと思う。

入力は14できるけど、出力(studio oneに直接取り込めるチャンネル)は4つしかない。
しかもマイク立ててやろうと思うと、モノラル2チャンネルとステレオ2チャンネルの
4つなので、モノラル2チャンネルしか取り込めない。
ここは14イン/14アウト、12イン/12アウト、14イン/8アウトくらいあれば
非常に助かる。

と、思ってたら、
「Pro Tools製品版にアップグレードすれば、その入力数をL-12最大の12チャンネルまで拡張することが可能です。」
とのこと。

protools買うしかねぇ。
studio oneも対応してほしい。

https://www.zoom.co.jp/ja/news/ProToolsFirst_for_L-12

ちなみにmixerとしては8チャンネル使えるので、その4チャンネルを使って
mixerにてドラムを録音(mixerにwavファイルとして保存される)。その保存されたドラム録音のファイルをUSBケーブル使ってPCに移し、studio one(DTM)に取り込むとドラムの編集がDTMで可能。ただDTMに直接取り込めるほうが音が良いのかもしれないと疑っている。

■総評

基本的には説明書読めば、初心者でも使える。
パンチインとかも単純で簡単。
録音のマイクの立て方とかは別で学ぶ必要があるけど、
初めて録音にチャレンジするというときには、
機能も制限されてて、使いやすい。

もともと「オーディオ・インターフェース」じゃないので、
贅沢だが、「オーディオ・インターフェース」が
12イン/12アウトになったら、利用機会も増えて最高だな。

追記

記事上げたら、いろいろ教えてもらって誤りっぽいところが判明したので、追記です。
どうやらl-12は期待する挙動はできるけど、使ってるDTMが制限を加えてるみたいですね。とりあえずなんかのDTMの有料版で試してみたいのぅ。

2019/02/01-2019/02/03

2019/02/01

金曜は肉を喰った。
大層脂の乗った肉で大盛の米と共に流し込むと
15分程度で食事が終わった。
呑み会だったので、そこからはカシスウーロンに
ちょいちょい口をつけながら2時間くらいちょい
ちょいしていた。

脂の乗った肉は3-5枚で胃が上限を迎えるな。
ということを学んだ。
そして、脂の乗った肉をタレで喰うのは40代にとっては
量が入らなくなる自殺行為だということも学んだ。
最初に割と頼みすぎたせいもあり、最終的には
ホルモンを塩で食っていた。
さっぱり感がないと胃が受け付けてくれない。
これが加齢というものなんだろうな。と思う。

呑み会後に家に帰ると21時半。
TVつけたらサッカーやってた映像だけぼんやり
みながら作業。

先週の録音の課題は

〇1 マスター0db、マイク4本立てるので
それを全部0dbから引き算で調整して
ドラム全体で-3~-6dbくらいに
収まるような音量で録音する。

→やってみた。割と0db近辺まで音が
割れないように録音できた。
いかんせんドラムのチューニングや
マイキング、マイクそのものは上手くできていなかったけど、
ミックスしてたら結構違うな。と実感。
しかしながら、ミックスダウンして聞いてみると
さして適当にやってときと印象は変わんない。

〇2 バスドラはsm58を奥まで
突っ込めなかったので手前で録ったけど、
奥のほうがドスドス感が出るみたいなんで、
なんとか突っ込んでみよう。

→やってみた。突っ込めるだけ突っ込んだけど、
上記と同じでミックスダウンして聞いてみると
さして適当にやってときと印象は
変わんない。

〇3 ノーマライズという機能を試す

→やってみた。でかくなる。でかくなる。
けっこう便利だけど、
やっぱり録音のときに音をでかく録るに限るな。
と思うのが、結論。

〇4 今一つ、
エフェクトがわかってないので勉強する。
→イベントごとにエフェクトをかける
→エフェクトチャンネルってのが
出てくる場合と出てこない場合があるのはなんで?

→Oやってみた。学んだ。
音そのものを変えるようなエフェクトと
元の音の上に被せるエフェクト(send?)
があるみたいで、もちろん印象も違うし
向いてるエフェクトも違うみたい。

〇5 ボーカルを録る

→やってみた。ピッチ修正ができないので
録ってイコライザーで下をカットして
リバーブかけて終了。
ミックスするときボーカルはむずいな。と思ったよ。
音外してるから録りなおそうと思ったけど、
早く完成させたくてちょっとの音痴はいっか!と決断。

〇6 歌だけならミスカラとかが
近いからそこで歌入れようかと思ったけど、
マイクがどんなのあるか分からないので、
ヤフオクででもsm58をひとつ買ってみようか?
というのを検討してみる。

→やってみた。結果、スタジオにした。
マイクは録音時に8ch録れるので購入はしたい。
どちらかといえば、コンデンサーマイクがほしい。

〇7studio one primeにはマスタリングする機能がないので、
ここまでやってミックスダウンをしてみよう。

→やってみた。できた。さらにサウンドエンジンという
フリーソフトでマキシマイズ?音がでかくできたので
それを使った結果、
音がデカいとこはそのまま
、音の小さいとこは音がデカくなって
音量の振れ幅がなくなっただけの印象。
でも、他の人の音源と
同じくらい音がデカくできるんだな。と実感。

■疑問
zoom livetrack l-12で録ったものを
0db超えないように調整して
l-12にヘッドホン刺して聞くと
生々しくていい感じなのに、
それをミックスダウンして
マスタリングデータとして
studio one primeに
取り込んで聴いたら、
ドラムはモコモコに籠って、
ベースは音がデカかったりするのは何故だ。

→これはまだよくわかんないな。

これらの課題をクリアして初のバンドミックス
「アイスを買いに」を金曜の夜にアップ!
いろいろあっただけに楽しかった。
一番イラついたことは
いろんな線が絡まって「ムキー」ってなったな。
全部無線になればいいのに。

あとほかの人のものや過去のウサギの音源を聞いてみて
録音やミックスして初めて感じるところが多々あったな。

なんでみんなあんなにリバーブかけるのか。とか
ドラムの録音は難しい。とか音が被る。とか
なるほどねぇ。って感じ。

そして2曲目のドラムのオーディオデータを取り込んで
ドラムの調整を始め、ざっとできたところで寝る。

2019/02/02

調整してたドラムに併せてギター2本とベースを録音。
ベースも録音するときはいい感じの尖った音なのに、
ミックスダウンするとポコポコ系の音になっている。
なんでだ。
もっと尖った音で録らないといけんのんかな。

あとベースの録音が結構手間取った。
音のゲシュタルト崩壊。
ずっと5拍で一音を弾き続けて回数を忘れたころにサビ。
途中で5拍が取れなくって大変。8拍子に引っ張られたり、
回数忘れたり、1時間くらいやってたな。

ギターも出力大きくするボタンを押し忘れてたりと
結果2本ギター録音するのにこれも1時間ちょっとくらい
やってた気がする。

ギターとベースの録音が終わって、昼寝。
16時ごろに起き出してスタジオに声の録音へ。
雨が降りそうな空模様だったけど、チャリでGO。
最初に2月10日に一人で歌うアコギの練習をして、
声の録音。

録音後、チャリで帰宅してミックス。
もちろん声はピッチ修正ができないので
録ってイコライザーで下をカットして
リバーブかけて終了。

そして全パートを併せて0dbとの戦い。
あっちをあげれば、0db超える。
下げたらなんか変。
多分ちゃんとしたマイキングやノイズ処理とかしたら、
もっと楽なんだろうけど、
0db超えたらオートメーションを書きまくって
音量を弄る。弄る。

で、出来上がったのが「模倣の街」

アップして一息。

コナンのオープニング曲が
こないだの修学旅行編の画の再編集だけで出来てた。
倉木麻衣が西野カナみたいな曲を歌っていた。
そして一緒にコナンを観ていた家人が
「舟入より治安悪すぎ杯戸町」と
スローガンめいたことを言っていた。

2019/02/03

朝から人種のるつぼのパン屋に行く。
今日は家族連れがパンを喰ってた。
ただ、家族連れと入れ替わりでいい感じのおっさんと
おばさんが入ってきた。
前の日記と併せると、もしかしたらここは、
俺と幸せな家族連れといい感じのおっさんとおばさんしか
いないのかもしれない。
人種のるつぼかと思いきや世界の果てなのかもしれない。

録音したかった2曲を録音し、一息ついたので、
日曜はずっとTVを観ていた気がする。

録ってた有吉反省会とかアメトーークとかを観て過ごす。
オンタイムでやってたyouは何しに日本へもぼ~と観ていた。

知らぬ間に夕方になり、打ち合わせにでかけた。
やったことないことをやるのは、脳に新しい刺激が加わり、
歳をとっても「1年早くてねぇ」とか言わなくていいので、
とてもありがたい。
どうなるか全くわかんない、使えるものが作れるのかも
わかんないけど、やったことないことをやって、
後から振り返って「この時はこれやったな」ということが
脳に刻まれていればいいな。

打ち合わせ後、家でご飯を喰い、毎週のお楽しみ
3年A組を観て、就寝。
いやぁ、hunterは教師か。
来週が楽しみだ。

今週末は世羅にて落語家さんと一緒にイベント。
アコギで歌を歌う。
あまりやってないことなのだが、こちらは
恥を脳に刷り込まれない程度に努力して臨みたい。
最近、気付いた癖として音程が低かったり危うかったりすると
変な癖のある発声でごまかす癖があるみたいだ。
これを直して臨むため、今週は一人でスタジオじゃ。

2019/01/26-2019/01/27

2019/01/26-2019/01/27

ちょっと悩んですぐに買ったzoom livetrack l-12を使い、週内に録音しておいた
ドラムの音源を元にギターとベースを録音。
出来上がっていく様は楽しい。
無料で配布しているstudio one primeを使って音を編集。
難しいもんだな。と思う。
前知識なく、適当にいい感じに聞こえるという理由で録ってた
ドラムの音量が小さいぞ。と思う。
どうやら録音はすべての楽器を足したときに0dbという音量を超えないように
調整せねばならぬらしい。
ドラムを録る時もギターを録る時もベースを録る時もボーカルを録る時も
全てそうらしい。
そんなこと知らねぇよ!てな具合に録音したドラムはどうやら音が小さい。
なので、音を大きくしようとしたら、バスドラ一発で0dbを超える。
いやぁ、難しいもんだ。
いや、しかし物事のすべてがそうなんではないかしらん。
と思い至る。
キャンプでもイベントでも大体前準備が万全であれば大抵失敗は起きない。
準備不足だな。と思っても準備する前に飛んじゃう性格なので、これでいいのだ。
落ちてから、こけてから、膝をついて立ち上がるときに負った傷の痛さで
学ぶということを、ずっとこれまで続けてきた(別に望んではいないのですが、そういう性分なんですね。)ので今回のこの録音学習も痛い目見ながら
学べばよいのだ。おほほ。
とりあえず調べたら小さい音をいい感じにデカくするノーマライズという機能が
あるみたいなので、帰ったらそれを試してみよう。
音が悪くなるって書いてあったけど、いい感じだと自分が思えばそれが正解だしね。

20年間音楽やってても全く興味を持たなかった録音になんとなく興味をもって
やってみて、その面倒さや難しさも分かりつつあるけど、なんかやっぱり音や曲が
出来上がっていく感じっていいよね。面倒を超越するね。

あと録音するときって録って聞いてやりなおしてってのができるので、
ライブや練習のときとは使うピックアップやエフェクターの掛け方も変わるね。
っていうか変えたほうが曲のまとまり?塊(かたまり)感?がよくなるよね。

とりあえずネットで今回の痛い目で何をどんな感じで準備したらよいのかを
学べたので、今週はまたドラムを録ろう。

■今週試すこと

〇1 マスター0db、マイク4本立てるのでそれを全部0dbから引き算で調整して
ドラム全体で-3~-6dbくらいに収まるような音量で録音する。

〇2 バスドラはsm58を奥まで突っ込めなかったので手前で録ったけど、
奥のほうがドスドス感が出るみたいなんで、なんとか突っ込んでみよう。

〇3 ノーマライズという機能を試す

〇4 今一つ、エフェクトがわかってないので勉強する。
→イベントごとにエフェクトをかける
→エフェクトチャンネルってのが出てくる場合と出てこない場合があるのはなんで?

〇5 ボーカルを録る

〇6 歌だけならミスカラとかが近いからそこで歌入れようかと思ったけど、
マイクがどんなのあるか分からないので、ヤフオクででもsm58をひとつ買ってみようか?
というのを検討してみる。

studio one primeにはマスタリングする機能がないので、ここまでやってミックスダウンを
してみよう。

■疑問
zoom livetrack l-12で録ったものを0db超えないように調整して
l-12にヘッドホン刺して聞くと生々しくていい感じなのに、
それをミックスダウンしてマスタリングデータとしてstudio one primeに取り込んで聴いたら、
ドラムはモコモコに籠って、ベースは音がデカかったりするのは何故だ。

ということを2日にかけて学んだ。
あと、優先のケーブルやヘッドホンの紐は簡単に絡んで超イライラする。
ということも学んだ。

あとは楽しみにしてる3年A組を観たくらいかな。
なんかいろいろ分かってきたけど、悪の秘密結社が登場してきたので、
少し話がわかりやすい感じになってしまいそうだな。
悪の秘密結社のリーダーはこないだ花より団子の杉咲花verに出てた
女優さんの彼氏か兄貴。そこでひとエピソードがありつつ、
菅田将暉の病気や元カノと悪の秘密結社の繋がり(性犯罪的な重いテーマかな?と想像)
などの展開を挟みつつ、だんだん観てるほうが終わりを想像できるような
ミスリードをしつつ、実はこうでした的な大どんでん返しを期待したい。
例えば田辺誠一がすべての黒幕とかね。
なんにせよ毎週楽しみに観させてもらってるのはありがたい。

そういえばこの二日間は1時ぐらいに寝て、8時ぐらいに起きるという
わりに規則正しい生活であったな。