2019/11/3以降

11月はライブもたくさんあって、ついつい日記も
書かなくなってしまったな。

11月3日以降、先週末までを軽く振り返って
思い出を書いとこう。

黒崎のライブ以降、11月9日はgentleman surferと
throwawayの広島公演、throwawayはシンプルなこと
もあり、リハなしのPAでもなんとかできたけど、
gentleman surferのPAが上手に出来ずにやりにくい
環境でライブをさせてしまった。
ドラムが打ち込みで自分もループをやるから
キーになる打ち込みが聞こえないと地獄になるって
思いがあったので、なんとかドラムが爆音で
聴こえる環境を作りたい!って思ってたけど、
明らかに裏目だった。申し訳ない。
馬だらけが抜群でJさんに食いついてくれたことと
Jさんがナチュラルボーンの天才だったので、
いろいろ打ち上げでも楽しい話題を提供してくれた
みたいで有難かった。
通訳してくれたベンやカウンターやって、
打ち上げも仕切ってくれたタナ先輩にも
感謝だったな。

次の週は仕事明けで
ヌイルのイベントに遊びに行った。
ヌイル渾身のブッキングってこともあって
会場にも熱気や気合が溢れていた。
ウサイン・ボルトみたいな疾走力で
ヌイルのライブが終わり、強制アンコール。
以降、全てのバンドがアンコール。
それぐらい盛り上がった良いイベントだった。
ヌイルのアンコールでやった曲が
ただでさえ早いのに、盛り上がってる
イベントの熱をなぞるように
いつも以上にテンポアップしてて、
これはグロくんが顔を上げて口呼吸でも
してるんじゃないか?と思ったけど、
普通に演ってた。
流石だ。
シモカド、シソ、オーハシがキッズの
如く騒いでいた。
騒ぐシモカドを久しぶりに観た。
ダイブもどきのようなこともしてて、
非常に幸せそうだったな。
周囲もシモカドが騒いで、ビールを呑んで、
タバコを吸う。その一挙手一投足に
少し昔にタイムスリップした感を感じてて
感慨に浸っていたのもよかったな。

nuill&cuento de hadas

その後、あんどーくんのイベントに
でかけてたサキチヨさんと合流し、
来週お世話になるふじちゃんの
イベントに参加。
DJイベントってあまり行くことが
ないけど、音楽聞きながら人と
喋って時間を過ごすって楽しいな。
って思った。
今は広島だけど、
岡山でmadobeってバンドをしてる
娘と話ができた。
DJイベントだからこそ、
話しかけやすく、反応しやすいって
こともあるんだろうな。と思うと、
来週はこんな感じがのイベントに
なればいいな。っていう
理想ができたのもよかった。

そして、今週。
木曜に前に主題歌、挿入歌、
劇伴を作った映画「君がいる、
いた、そんな時」の飲み会が
あったので、kneeeeeeくんと
参加した。
最初は想像通りの借りてきた猫いや
ウサギ状態で手持ち無沙汰感満載だったけど、
途中、誰もいない2階に上がって
kneeeeeeくんと「この料理は多めに
頼んであって、僕らが好きなものを
好きなだけ喰っても咎められないもの
だろうか?」「いや人数を確認してたので、
これはちゃんと配分があるので、やめといた
ほうが無難では?」と目の前の料理を
チビチビ喰ってたら、主演の小学生と
更に小さい小学生が現れた。
そこから4人で会話してたけど、面白かったな。
二人でアナ雪を観たことない僕に
アナ雪の概要を説明してもらったりした。
途中、疑問を呈すると
「最後まで聞け!」と大人を制する
更に小さい小学生は面白かった。
主演の坂本いろはさんは映画のときと
比べると女性として大人になっており、
使い慣れない敬語とかをちゃんと使って
大人に気を使いながら会話していた。
音楽のおじさんたちに敬語を使う必要はない。
と伝えても敬語が出てた。
多分頭がいいんだろうな。と思った。
雰囲気というか、空気というか、
昭和脳のおっさんに対して
無意味な悪感情を抱かせないための
リスクヘッジとしての敬語の意味を
分かってる感じがした。
こういうのって年齢ではなく
経験なんだな。って思った。
時折、屈託なくタメ語で喋ってくれるときも
あり、何故だかホッとした。
その後、主演女優さんがやってきた
タイミングで2階が騒がしくなったので、
下に降りた。
やはりみんな美人は見たいし、
話したいもんね。
個人的に明日行われる広島国際映画祭の
檀上にどんな服を着ていけば悪目立ちしないのか?
が気になってたので、主演女優さんとその
マネージャーさんに着る服を聞くときに
話が出来たので、美人と話ができたので、
悔いはなかった。
kneeeeeeくんは多少悔いが残る表情をしていた。

金曜、広島国際映画祭の檀上に上った。
上ったところから映画祭に来てた
カンダさんの姿を見つけて、カンダさんに
写真を撮ってもらおうとカンダさんを観てたら
後からアップされた写真をみると、
一人だけ目線が違うので悪目立ちをしていた。
反省。
服装の問題ではなかったな。
初めて完成した映画を観た。
映画もまぁ、気になるもののメインは
やっぱり自分の劇半がうまく嵌っているのか?を
非常にドキドキした気持ちで観ていた。
こういうところが人間の器が小さいなぁ、俺。
と思うけれども、仕方がない。そういう奴なのだ。
最後の主題歌は大丈夫だろ。自信満々で
結果も満足いくものだったけど、劇半は
もう少しクリアにやっといたほうが使いやすかった
のでは?など勝手に課題を発見して
反省していた。

土曜、朝はホットケーキを喰い、
昼にラーメン喰って、リアルに菓子を
買いに行き、道中でドラクエのメガモンスターを
成敗してたら、メガモンスターが割に
強くなっていた。
ま、それと共にトルネコも強くなってたから
いいんだけどね。
rootzに着くまでもメガモンスターばかり
やっつけてた。
rootzのビルの前に着くと、到着が少し
遅れると連絡があった福岡のメガモンスターが
予定よりも30分も早く到着していた。

福岡のメガモンスター「folk enough」

ちょうどfolk enoughの荷物を搬入前だったので
一緒に搬入。テトリスのように積まれた荷物を
下ろし、会場へ搬入。

そこから「folk enough」のリハ。
準備は時間がかかるけど、音を出し始めたら
数分で終了。「全部自分たちの機材だから
これでええっちゃ。」と言ってた。
そして呑みに出かけたけど、珍味がまだ閉まってて
近くの立ち飲み屋で少し呑み、早めに開いた
珍味に移ってまた少し呑みで2軒。
この段階でウコンの力を借りていた。

会場に戻り、開場からDJスタート。
DJしゅうまいくんはナカタクさんの
同級生だった。DJのシローさんは
大病してたり、遺品が面白かったりと
最高だ。更にホラーの話も面白いらしい。
二人とも「folk enough」が来るということを
依頼した際に音源を聴き、そこから
自分たちで想像して曲を組み立ててくれる
という有難い組み方をしてくれてて、
最高だった。
最高をブッキングしてくれたふじちゃんに
感謝。感謝。

ライブはアンド―くんから。
サキチヨさんと受付を半分、半分で
観てたけどアンド―くんはやっぱり
すごいなぁ。なんか感じるものがある。
続々まだまだ年内にもイベントあるのに、
参加してくれてありがとう!
次はウサギ。
なんとか4人で出演できてよかった。
僕の練習が間に合っておらず、
最初の太鼓ポップのサビのコードが
直前で思い出せないときは焦ったけど、
結果なんとかなったので良かった。
あとテレキャスとレスポールの
音の分離というか音の性質の違いは
お互いが単音弾くときに顕著に
その違いが表れることでお互いが
何を弾いて、アンサンブルが成立してるかが、
分かりやすくていいな。と思ったな。
ライブの最後はフォークイナフ。
いきなりマイクから音が出なかったり、
弦を切ったりと「これは…」という
スタートかな?と思ったけど、
バチッとすごいのを広島で魅せて
いただきましたね。
おーはしくんもカンダさんも
お客さんもとても喜んでいたので、
嬉しかったな。
最後のサボタージュまで
楽しませていただきました。
次のシローさんのDJも
サレンダーのやつなど懐かしくも
色褪せない選曲ばかりで
グッときたなぁ。
ありがたい。

folk enough

打ち上げはお好み焼き。
鉄板とお好み焼き喰って
終了。
ライブの途中かなんかで話をした
「バンドの引き算は大切。
バンドの引き算は美しい。
対して足し算のみを行うバンドは
基本、大して良くない。
しかしながら足し算の
バンドが爆発したときは、
引き算のバンドは勝てない。」
っていう話は「わかるわー」と
とても合点がいった。

何はともあれ
無事に終わって良かった良かった。
2019の厄を全て払い切った(笑)

日曜はずっと布団の中。
amazonでジャックライアンを
観始めて、amazonで頼まれごとの
漫画のケント紙を購入。
来週はウツツキの広島公演。
楽しくできるようにPAの練習しよう。
それとおーはしくんにバスドラの
マイク借りようと思ったら、
おーはしくんはバスドラ用のマイクを
持っていなかった。

この週は水曜に大阪に行った。
ライブではいろいろ大阪にいくけど、
基本的にライブが主体となるので、
そんなにグルメに力を入れていない。
今回はグルメに力を入れることが
出来たので、みんなにおススメを聞いたら
たくさん情報が集まった。ありがたい。
その中から「麵屋たけ井」と「旧ヤム鐡道」に訪問。
どちらも美味かった。
そして、教えてもらわないと自分では
行きつかない。
ありがたい。ありがたい。

旧ヤム鐡道
麺屋 たけ井

で、用事をこなして帰り道に
いろいろ考える。

20年動員がないバンドが急激に
動員を増やすことは難しいけれども、
何らかチャレンジはしたい。
ということで考えた結果、

■口コミ計画

口コミはやはり強い。

口コミを増やすには?

ライブに来てくれる子が友達を
連れてきてもらえるのが
一番良い

どうやったら、
友達を連れてきてくれるのか?

複数人数割引

2回目以降はライブと音楽性次第
これがまず一つ。
これはうまく廻ればみんなにメリットがあると
思うけど、やっぱりキーとなるのは、
ライブ動員の母数になるので、根本の問題は
変わんないなとも思う。

■バンドとの距離計画

複数人で来てくれる際にlineグループを作った際に
ウサギ公式アカウントを入れてもらう。

タイテや曲順なども提供できるし、
場所の案内などもできる

便利で尚且つ、知り合いになれる

ネットで音源に触れ、近くにライブに来るとなり、
興味はあっても恐怖や生まれ持っての人見知りが
爆発しそう。などはよくあることかと思い、
ライブに行きたいと思った段階で
ウサギウサギ公式アカウントをlineグループに
入れてもらって事前にコミュニケーションの
深度を深くしてもらってれば、ライブへの
ハードルが少しでも下がるのではないかな?
と思ったけど、これは告知力が大切に
なってくるので、次は告知力について
考えなければな。と思う。

という来年の目標を考えたりしながら、
551の肉まんとしゅーまいを抱えて帰路。

金曜は先日ワールドプレミアを迎えた
映画のお疲れ慰労会。

音楽の振り返りとか映画の感想とか
いろんな話をしながら、鍋。
ギャラとなる余剰金の頭割り分を
渡せてよかった。

日が変わるくらいまで
家の話や音楽の話をして解散。

土曜は「田舎者」
本日は山口からウツツキが登場。

ウツツキは
ウサギの予告の音源を録音、編集して
もらったスガタくんの所属するバンド。
話をもらったときから、楽しくなりそう
だなぁ。と思ってたけど、楽しかった。
角島などで何回かライブ観てたので、
speaker gain teardrop、simulacraと
ウツツキと違うけれどもそんな離れてもいない。
みたいなメンバーに参加してもらえたのも
統一感があってよかった。
あとは客席にシソとシモカドがいたことは
勝因だな。

simulacraもspeaker gain teardropも
良いライブをしていただいて感謝。

simulacra
speaker gain teardrop

あと今回PAはウサギが4人で出れないと
なったときに時間が出来たおーはしくんが
してくれた。
ただ土曜の朝に愛車のフロントガラスを
拭いてたら、ぎっくり腰になっていた。
ぎっくり腰の中、PAをしてくれて
ありがとう。

ウサギもduoでリアレンジした
グッドバイとアクエリアスが出来てよかった。
そして、この日はループ入れるのに
度々手間取ったし、あんなにやってる
1000の真理の最初のコードを忘れるとか
虎舞竜いやトラブルが多かったけど、
後から振り返ると、このトラブルは
ハイボールのせいだと思う。

リハ終わりのちょい呑みが
原因かと思われるが、
辞める気はあまりないな。

そしてウツツキ。
ツインドラム+シンセ+ギター
+ベースの編成でポップでありながらも
ひとつ上の不思議感というか心地よさを
出してくれる。
スガタくんは受けなくても
広島に寄せたMCを3回もやった。
ウケる、ウケないの範疇は
とうに超えていたが
鉄の心で乗り切っていた。

一万円の食事券

リハ終わりのちょい呑みから
打ち上げまで暖かい雰囲気で
進んでいった。
打ち上げも黒崎君がヤンキーに
攫われる話からいっきさんの
ヤンキーの先輩の話、山口の音楽、
広島の音楽の話など様々な話を
した。そして様々な話の腰を
打ち上げにもいたタケベがキレイに
折っていった。
ま、これも山口の一端か。
個人的に山口と熊本は
近いと思っている。
縦の系譜が繋がれている。
広島、僕らの周りはそれがない。
縦の系譜とは大学生と社会人バンドの
繋がりと言ってもいい。
山口で言えば、タツヤくんの年代を
先頭にlily~POZO~クラムラッツ
~shiNmmなどの大学の先輩後輩の
繋がりが現在のfurate、
ふーふーくうに至るまで存在する。

これは県大だけど、山大にも同じような
系譜があり、大学を問わずに交じり合う。
これは音楽人口の少なさが
生んだメリットなのではないかな?と
勝手に推測している。

熊本もdoitscienceを先頭に
fjordまで累々と縦の流れが存在し、
小林どろりの学園大の系譜も混じって
出来上がっているので、山口と熊本の
音楽は似ていると勝手に分析している。

広島にこれが出来なかったのは、
各バンドのスタンスと音楽人口が
それなりに多いということが原因だと
思う。
その代わり広島は横の繋がりはある。
同年代のバンドは割と繋がりが生まれる。
ただ縦がないので、高齢化に対応できない。

なぁんてことを思っているよ。
なんて話をした。

あと累々と繋がる山口の系譜の
解の一つがshiNmmであり、
elephantなのではないか?という
考えを言わせてもらった。

山口の解はそれが答え、
証明完了。
という感じではなく、
他の答えや他の計算方法も
積極的に模索する。
それがfurateであったり、
ふーふーくうだったりする。
そういう風に考える素養みたいな
ものを累々と繋がる縦が
生んだんじゃないか?
なんてことも話した。

あっ、shiNmmと述べたけど、
ここではshiNmm=学くんね。
あとの3人はまだ録音で泣いちゃうしね。

そんな話をしてたら、あっという間に
深夜になった。
あと定期的に
「シモ〇ドのケツはキレイだ。」
「シ〇カドのケツに体内のコラーゲンが
全部集まっている」という
〇モカドのケツ弄りがあった。

帰りのタクシーにエフェクターを忘れて帰宅。
一緒に帰ったいっきさんが回収してくれていた。
ありがとうございます。

日曜は地元に帰るとよちゃんが嫁のちかいちゃんと
息子のさつきくんを連れて遊びにきた。

とよちゃんの息子

前に会ったとよちゃんより元気だった。
大変だったことを乗り切って新しい生活を
始めることはなかなか大変だと思うけど、
嫁、かわいいししっかりしてるし、
息子もかわいいし、なんとかなるだろ。
次の会社辞めて、新しく事業をしようと
思っても融資先には多分困んないし、
怖いもんは何もない。
頑張れ、とよちゃん。
tooniceでまた会おう。

あと息子は人生9か月目にして
既にギターに興味を持っていた。
ギターを鳴らしてキャッキャッと笑い、
ジャックに人差し指を何度も入れようと
していた。さすがにジャックに指は
入らなかった。
あとボリュームのつまみを口に含んで
キャッキャッと言っていた。
消毒はしてたけど、腹を壊すなよ。
と思った。

とよちゃん一家が帰った後に
いっきさんに連絡してエフェクターを
回収。連絡して返事が来るまで
いっきさんの家の近くのコンビニに
カフェスペースがあるので、そこで
待っとこうとコンビニに入ると、
偶然いっきさんがいた。
スムーズにエフェクターを回収させて
もらって帰路。

家に帰り、梨、しゅうまい、
カップラーメン、グミを食して就寝。

いだてんが大詰めだなぁ。

2019/10/12-2019/10/14

金曜の夜にルロウズが広島に到着。

ルロウズは土曜から
福岡→熊本→広島の3公演で
ウサギは土曜から
大分→熊本→広島の3公演。
2か所が一緒といった具合。

以前、会ったときに
「それなら金曜に東京出て、
広島で一泊して福岡に行った
ほうが楽じゃない?」となり、
「そりゃそうだ」とのことで
ルロウズは金曜に広島に到着。

夜にお好み焼きを喰う。
グリンミルクが好きな
一休さんで肉玉そばや
スペシャルを喰う。
甲殻類が喰えない上田くんが
スペシャルのメニューに
書いてある海老という文字を
じっと見ていた。

ルロウズ

オールドスタイルの
しっかりキャベツ押し付けて
水分を抜くタイプの
お好み焼き。
広島住んでても元が山口県民
なんで、お好み焼きを
生活の中で積極的に
摂取しないので、こういった
タイミングで喰うことが
多いけど、たまに喰うと
お好み焼き美味いな。

喰ったあとに
ドラッグストアで氷や
ビール。
セブンでガトーショコラを
購入し、帰宅。
じゅんぺいくんおススメの
セブンのガトーショコラは
濃くて美味かった。

ルロウズのフォント6ptで
書かれた米ツアーの珍道中を
少し読みながら就寝。

朝8時過ぎ。
全員で出立。
シモカドハウスに向かう。
大分、熊本は
kthemusicgirlと
etosとウサギの3組、
kとetosの車に
それぞれウサギを二人づつ
乗せてもらってGO。
途中、ローソンに寄ったら
早速ドアのガラスが割れていた。
ズレててこの威力か。台風19号。

広島は台風の端なのに、風で割れてた。


車中で、ちょいのり保険にスマホで
入ろうとしたら3大キャリアじゃ
ないと入れない。とか
確認メールが届かないなどの
苦難は乗り越えられず、
防府の佐波川SAのセブンで
ちょいのり保険に加入。
途中、SAでetos号から
kの車に移動。

kの車の車中でいろいろ
音楽を聴く。
アイドルソングを
聞いてたら、Aメロが
GAOの「さよなら」の
オマージュで驚く。
台風が反れたといえど、
大分に向かう途中も
風が強く、「これは本体が
関東に上陸したら大変だぞ」
と関東住みの家の弟のことを
思い出したけど、別府で
温泉は入ろうぜ!と相成った
段階で一度完全に忘れた。

別府に着いて、温泉に入浴。
山の上の温泉だったので、
台風の端でも風が強い。
でも温泉は気持ちいい。

風呂上り。


妙にケツがキレイなおじさんとかも
いた温泉を楽しみ、本日の
会場athall(アトホール)へ。

いつ来ても楽しいathallで
リハをして、上の階の宿泊所に
荷物を置く。
そこからシソくんに連れられて
珈琲屋で一息。
美味い珈琲だった。

美味かった。アトホールから徒歩3分くらいだった。


あと置いてあったケーキも
抜群に美味かった。
会場に戻り、御土産の話を
みんながしてて、アトホールの
河村さんに教えてもらった菓子を
購入しに再度散歩。
無事購入。

会場までの帰り道、サキチヨに
妙にケツがきれいなおじさんの
話をしたら、「顔がきれいな
やつはケツもきれいだ」と
嘘か本当かわからないことを
言っていた。
ちなみに「顔がきれいだったら、
爪もきれいだ。」とも言ってた。

ライブは7バンドくらい出演の
長丁場ライブ。長丁場ながら、
飽きることなく最後まで
楽しめるイベントで最高。
僕らの出番前に出演してた
mmm(みーまいもー)さんとステージ上で挨拶。

mmm(みーまいもー)


「どうもウサギバニーボーイです」
「どうももえです」
「みーまいもーさんじゃないんすね。」
「あっ、名前がもえです」
っていうやりとりをしつつ、準備。

ライブは楽しくやらせていただきました。
lowBPMの曲からスタートして
BPMをどんどん上げてく曲順にしたら、
なかなかしんどくて疲れた。
でも、生きてるな。って感じの
ライブが出来たので、少し気に入った。
後ろを振り返ると、ドラムのサキチヨが
2ℓくらいゲロ吐いた後のような顔を
してて、「体力がもたねぇ」と言ってた。
「ふーん」と思った。

ライブ後、調子に乗って缶チューハイを
2杯呑んだら、思ってたよりも酷い
酩酊状態に入った。顔も赤かったとのこと。
最後の迷いクジラの頃には立つのも
しんどくて会場内会場外をフラフラしてた。

迷いクジラ


迷いクジラのアンコールが終わる頃には
たぶん世間でいう「出来上がった」状態
だったと思う。

シソくんのお母さんに鶏飯のお礼を
言い、CDを購入いただいた方にお礼を
言い、いろんなとこでお礼を言い、
河村さんに交通費をいただき、
お礼を言い、最終的には上の宿泊所で
横になっていた。
横になっていたら、笑いながら
うえのくんがあらわれて、
「麺を食べにいくみたいですよ。わはは」
と言ってたので、下に降りたら、
麺ではなく、打ち上げ会場に行った。

大分の流川

打ち上げ会場は30人のお客さんを
スタッフ2人で廻すという荒行みたいな
ことになってた。大変そう。

打ち上げ後、アトホールにて就寝。
呑み足りない人たちは更に
闇夜に消えていったらしい。

ダウンタウン&芭蕉

朝、起きるとみんな寝ていた。
そしてみんな寝言をいったり、
いびきをかいていた。
なので、自分もいびきをかくけど、
お互い様だな。と思いながら起床。

歯を磨いてボーっとする。
わりとみんな早起きで8時半ごろには
ほぼ全員起きてた。
そしてみんなでシソくんのお母さんに
いただいた鶏飯を朝飯にいただく。
美味い。
そして、いつもありがとうございます。
りょうたは広島で元気です。
ちなみにシソくんは広島を代表する
インディーオルタナのプロの
客です。

朝10時に大分を出発。
本日は熊本へ。
kの車に本日も一緒のmmmも
積んでスタート!
自分たちの出番の前に急遽、
長崎のvelocityutが出演するとの
ことで大急ぎで向かう。
着いたらvelocityutが最後の1曲をしてた。
1曲だけでも観れて良かった。

velocityut

途中、妙にケツがキレイなおじさんが
「クソがしたい」と15分程度、
別府湾SAの便器で踏ん張りを効かせて
いたことが悔やまれるが、1曲だけでも
観れてよかった。
前日の夜にvelocityutが出演する!って
聞いたときに観たい!と思ったことが
叶ってよかった。

そんな感じで開幕した僕らの
今年の#artblakeyfes
今年も最高でしたな。
昼の12時から夜中の1時くらいまで
ずっと音楽が鳴りっぱなし。
PAのじゅんくんにとっては年1の
苦行のような気がするけど、
出演する僕らからは最高に楽しみな1日。

田中事件
furate
fjordとその奥の清田さん

田中事件、フィヨルド、フラテなど
熟し過ぎた果実の腐れかけが一番美味いを
実感したり、フレッシュな果実の艶々した
音楽を楽しんだりしつつ、徐々に痛くなる
足の裏。減る腹。
途中抜けたり、入ったりして楽しませて
いただいたが、清田さんは常に最前で
ノリノリで全てのバンド、歌い手を観ていた。
それもキラキラした純粋な目で。
とても羨ましい純粋さと関わる人への敬意。
神みたいなもんだな。と思った。
熊本の良心を具現化したような人だ。
etos、mmm、ルロウズ、倉知さん
円柱へ、yolz、screaming car show、k、
マレットカット、ドイサイエンス、石頭地蔵
まで足を休め休め、身体を休め休め、
いろんなとこから観て楽しんだ。

ルロウズ
screaming car show
doit science ウサギのギター、ウサギTシャツでレア画像で嬉しい。


毎年こんな音楽だんじり祭りをしている
ドイサイエンスはじめ、スタッフの皆さんは
本当に尊い。
みんな疲れてても楽しそうだし、
本当に素晴らしい場所を自力で作っている。
そんな中に毎年混ぜてもらえて嬉しいし、
嬉しいからこそ身も引き締まる。
素晴らしい土地だ。
いやぁ、住みたい。
でも石頭地蔵のみなさんに追い出されるなw

石頭地蔵

今年も最後の石頭地蔵のライブを
拝ませていただき、祭りの後夜祭には
今回は出ずに、一路広島へ。
時間は午前2時前。
ルロウズ号に乗り込みGO!

途中、じゅんぺいくんと運転を変わるはずが
じゅんぺいくんが元気を取り戻したことと、
上田くんの稼働により、
僕は最後まで運転せずに済んだ。

家に着き、あっというまに就寝。

昼過ぎに起きて、近くのうどん屋で飯。
うどん喰いながら、台風被害のニュースを
見てたらじゅんぺいくんが「これは、
家の実家のすげー近くだね」とさらっと
告白。
「大丈夫なん?」と心配するも、
いろいろ話を聞いて、「それは…大丈夫だね」
となる。

うどん喰って家で少しゴロゴロしたら
出発。本日は広島にて田舎者。

恙なくリハをみんな終え、
あっという間に本番。

ルロウズにチケット予約して
見に来てくれた方

シューゲーズが好きで
広島でもシューゲーズバンドが
観たいといろいろ調べて
遊びにきてくれた専門の留学生

いろんな方がたくさん遊びに
きてくれて嬉しかった。

そして、忖度かのように
kneeeeeeくんとルロウズが
ウサギカバーをしてくれた。
ありがたい。忖度。
8万もってたら、2000円づつ渡すくらい
感激した。

kneeeeee
speaker gain teardrop

留学生の子は初めてみる
スピーカーのライブを
とても満足気で観ていた。
そんな風景を観てて、
やってて良かったな。と思った。

ルロウズ
ルロウズ

ルロウズはどこで観ても
楽しい。抜群で爆発してる。
どこを切り取ってもルロウズ。
赤倉くんからDMで
the great journeyのリフの
タブ譜をもらったので、チャレンジ
してみよう。

イベント終了後はルーツで鍋。
遊びにきてくれたshiNmmの
まなぶくん、furateのかねこくんと
話込む。
面白かったけど、自分の凡人ぶりを
再確認する時間となったな。

1時半ごろ、お開きとなり
2時ごろ就寝。

スムーズに7時半に起きて
スムーズにDQウォークを
ウォークモードにして出社。

2019/07/20-2019/07/21

この週は水曜から広島で研修があるという
shiNmmの立ち上げメンバーにして
ギターボーカルという文字面だけ見ると、
shiNmmのリーダーのような立ち位置の
さないさん(以下、さない)が泊りに来ていた。

さないが広島に来たその日、
僕は風邪で倒れた。
活蔘(かつじん)を飲んだら半日で直った。
さないは興味深そうに
アメトーーク!お母さん大好き芸人を観ていた。

木曜は元気になったので、
家人と三人で近所の爆発した
お好み焼き屋でお好み焼きを喰った。
さないが満足気でよかった。
あと普通のお店のハイボールを
注文したら1杯全部呑めた。
少し酒のことを理解しはじめた気がする。

金曜は家人が食あたりになった。
家人は病院が、わりと好きで
点滴や薬をちゃんともらってきていて、
顔をあわせたときには、
症状は深刻ではなかった。
前日にさないと約束してた
ホルモン天ぷら屋に連れて行ってやれ。
というので、さないと出かけた。
さないは今日も満足気。
よかった。
天ぷら喰って「うめぇですね、
この肉なんですか?」
でんがく汁呑んで「うめぇですね、
この肉なんですか? 」
と言っていた。
あとは二人でまごめちゃんの就職や
将来を勝手に心配したりした。

土曜はさないが研修にでかけた後、
まだ万全でない家人と明日のライブを
どうしようか?と会議。

最悪、ひとりで弾き語りもできるから
無理はするな。と言うと、
「ほーん」と言って、
床ズレが起きるのではないか?
というほど体勢を微動だにせず、
横になってTVを観ていた。
だいぶ具合がよくなったようでは
あるが、外出できるほどではない。
というので、一人で今なんとなく
作っているduoの音源の歌の録音に
スタジオ25に行った。

外はすごい湿気で5分歩いたら
身体中がベトッと嫌な汗が
タンクトップにへばりついていた。
しかし、先輩からの教えで
換気扇はおろかクーラーも切って
なるべく無音状態で録音すべし。
との教えを守り、実行。
1曲歌うともはや運動の後か?
というレベルに汗が流れてきた。
スタジオなので、鏡がついており
そこに映っている自分の姿を
見ると、髪もほつれており
「敗残兵」
という言葉が思い浮かんだ。
そこから髪を結び直した敗残兵は
70分程度、結構な数歌った。

あとから自分で編集するので音量、
あとは録りなおすきっかけになった
破裂音が入らないように注意。
声が高音のところは声量が増すので
あとから編集が面倒なので、
マイクから適度に口を離す。など
気を使って録音していると
あっと言う間に時間は経ち、
タンクトップの壁を越えた汗が
服にも染みてきていた。

家に帰ったらすぐにシャワーを
浴びた。

シャワーを浴びて編集してると
さないが帰宅。

手に家人へのお見舞いの
フルーツを持っていた。
優しい。

その後、ひょんなことから
3人でキングダムのアニメを
観始めたが最後、
日が変わってもキングダムを
観ていた。
そして15話目まで観てひと段落。
もう空いてる店もないので、
ジョイフルで遅い晩飯を喰った。

日曜は家人と二人でキングダムを
観ていた。
さないはずっと寝ていた。
ただレム睡眠、ノンレム睡眠の
間で台詞はたまに聞こえていたと
言ってた。

さないが起きた頃には、
生放送でワイドナショーを
やっていた。

続けてミライモンスターを
観た後から準備。

本日のライブに向け、
練習。
練習の前に選挙へ。
家は徒歩3分くらいの距離に
投票所があるから
ついでに行けるけど、
同じ広島でも
結構投票所まで遠い、
そして遠いくせに車で来るな。
という地域があるそうだ。
2要素認証でも組み込んで
ネットでも投票できるような
仕組みを作ったらいいと思うな。

ま、狡(こす)いことをするのが
得意な政治屋が多いので、
呼吸するように
改竄とかするんだろうけど。
国民の声は届きやすい。

そういや
選挙で盛り上がってる最中、
また年金機構が問題起こしてた。
選挙の陰に隠れて発表とか
やはり公がすることは狡い。

閑話休題

選挙のあとに移動。
蒸し暑い。
汗がべとつく。
なんとかスタジオに到着し練習。

練習後、会場へ移動。
リハの前にさないと
「ますゐ」のサービストンカツを
喰いにいく。
さないはやはり満足気だった。
さないはこれを今回の広島研修
最後の食事とし、ライブ後帰宅。

ライブはまぁ病み上がり二人にしては
頑張れた。

やなぎだにくんの曲がよかった。
バンドで観てたときよりも
よかった。

歌詞もよかった。
シンプルに一人の構成が一番良いように
思う。バンドでもいいんだろうな。
とは思うけど。
あと歌詞はこっちが勝手に理解を
進めて勝手に泣きそうになる。
これはやなぎだにくんの歌詞について回る
呪縛なのか?守護なのか?

ま、「むかつくけど、うちの弟、
いい曲書くんですよ。」って
言ってたんで守護なんだろうけどね。

あと、今年は水曜だな。

主催のポプラで初の打ち込みドラムと
生演奏が混じるPAをさせてもらった。
難しかったけど、発見や楽しさがあった。
インストの曲はなんとか調整ついたと
思ったけど、歌ものになると
声の調整が難しかった。
もっと早く音の種類を聞き分けて
的確に何を削る、何を足す。の
判断をしていけるようにならないとね。
と思った。
そして、
イコライジングっておもしろいよね。
と思った。

最後のkのときは
うすいさんの声をCDに近い再現をしたいと
思ってやったら、やっぱり難しかった。
ドラムの音も拾う中、うすいさんの声を
単純にGAINで音量を上げようと思ったら
ハウリングを起こしたので、
ハウリングが起こらないギリギリまで
上げたあと、イコライジングで
オカダさんの声の帯域の空いてるとこを
上げてみたら、性別により声質の違いの
おかげなのか、非常にうまくいった。
CDで聞いた音に近くなった。

いやぁ、満足。満足と思っていたら、
うすいさんの気合が増したのか、
スネアがピーク(ずっとついてたらスピーカが
壊れちゃうよ。ってランプ)ランプがついてた。
GAINを切ってもピーク超えてたし、
観てて音量も抜群にあったので、pad
(音を減衰するスイッチ)入れないで
最終的に途中からはスネアは生音にしたけど、
これで良かった気がする。
マイクを通さない気合のほうが似合ってた。

そう、ひょんなことから
このイベントもPAさせてもらいましたよ。
勉強になりました。

イベント後はみんなでつけ麺食べて帰宅。
帰宅後、キングダム29話の途中で就寝。
キングダム芸人でこじるりがコスプレしてた
羌瘣(きょうかい)がやっと出てきた。

2019/07/06-2019/07/07

2019/07/06

土曜というか前日の金曜に
薄いハイボールを気分よく2杯程度呑み、
21時前に酔っぱらって就寝。

土曜の2時半に起床。
うむ、まだ夜更け。
ま、いっか。と思い、
数時間前の探偵ナイトスクープを観るも
総集編。いくつかは知ってる話だったので、
ながら見程度に楽しむ。

4時ごろに眠くなったが、
落ちることはなく、そのまま朝。

起きてきた家人が
「昨日のお前は早く寝た。えらい早く寝た。」
「え、2時半から起きてんの!」
と一連の皮肉を浴びせかけてくるのを
えへっ。って感じで受け流す。

9時ごろに眠くなったので、
寝ようと思ったが、今日は10時半から歯医者。

寝ずに起き続けて歯医者へ。
歯石の壁が崩壊して数か月。
「今日は大したことないですね」
と歯科助手が言っていた。

家に帰り、朝から時間があったこともあり、
着手していたウサギduoの音源作りを行う。

ギターを全部重ねてイコライザ弄ったり、
音色を弄ってたら、迎えが。

今日は福山へkthemusicgirlのレコ発に
ついていく。プロの客shisoももちろん帯同。
同じイベントに出るスピーカー先輩とも
合流し、車2台で福山へ。
途中小谷SAで休憩して、一路福山。
あっとういうまに到着。

以前、一度kと一緒に福山来た時に
道に迷ったこともあり、福山東ICからの
道をみんな覚えてて、スムーズに
明治館へ。
途中、「斜めに入る道を間違えないように」と
岡田さんが言ってたけど、道は覚えてなかったけど
その道のたもとにある木の大きさや見た目を
覚えてて、「この木、見覚えがあります。
曲がるのここですね。」みたいなことを言ったら
岡田さんが「太古みたいですね。」と言っていた。

会場の明治館に着いたら、即kのリハ。
新兵器のサンプラーの調子があまりよくない
みたいだった。
なんとなくkのリハとスピーカーのリハが
終わったら、みんな飯を食いに行くんだろうと
思ってたけど、なかなかスピーカーのリハ順が
来ない。

もう腹が減った…。。

とソファに座ってたkのウスイさんに
「すいません、腹が減ったので僕は
一人でラーメン喰いに行ってきます。」
と宣言すると、
「私も腹が減っている。
行くならこのタイミングしかないです」
とラーメンのパーティに加わった。

中華そば そのだ

あとのみんなはどうするかな?と
思い、shisoくんのほうを見ると
楽しそうに談笑してたので、
忍びないということでスルー。
岡田さんに電話してみるも、
出ないのでスルー。

ウスイさんと二人で歩いて30秒の
ラーメン屋にイン。

ラーメンはもちろんのこと、
ここはしゅうまいが美味。
うめぇ。

一番手がスピーカーだった。
いつ観てもスピーカーはいい。
音の正義だな~。
2曲目でいっきさんがスナッピーを
外してリムショットしてて、
スナッピーでリムショットの
音色って変わるんだなあ。と
思って後で聞いたら、
スナッピー入ってたら、
どうしてもベースの震動で
スネアの音がしちゃうんで
切っとるんよ~。とのこと。

神は細部に宿る。

これだな。
と思った。

アンチ→sourthought
→yoromeki→ジュースと
続き、最後はレコ発のk

リハで諦めていた
新兵器サンプラーの曲も披露。
サンプラーはわがままだったけど、
いい感じになっていた。

打ち上げでPAのあいこさんとも
話せてよかった。
深夜1時半に
「6時に起きて弁当を詰める
バイトが今日ある!」と
言っていた。

その肝っ玉母さんナイズな
発言に健康に気をつけて
ほしいことと、母は強し。
ということが両方浮かんだ。

すごいな。

深夜4時ごろ、途中寝落ちして
帰宅。

2019/07/07

今、書いてて思うけど七夕じゃん。
朝、9時過ぎに起きて、
CDウォークマンが欲しいぞ!と
思い立って、廿日市のハードオフに
家人とともに出かける。
2人ともずっとポケモンGOをしていた。
ちなみに家人が続けているスマホゲームは
ツムツムとポケモンGOだけだ。

市電でのんびりと思ってたら、
思いのほか市電がスムーズ?
なのか、50分弱くらいで
ハードオフに着いた。

そしてCDウォークマンはなかった。
少年がテレキャスの
クリーントーンでMXRの
microAmpを試奏してた。

「少年よ、それ俺もってっけど、
音がデカくなるだけだぜ」
と、思いつつ少年のギタープレイを
聞きながら、いろんなものを見た。

最近PS3とかWiiとか安いんだねぇ。
という感想を持ち、帰路。

途中でうどんを喰って帰宅。

家に帰って、作ってたduoの曲を
編集。イコライザーや音色、
音量バランスを整える。
スタジオワンは買ってよかった。
いろいろ遊べる。
ただ多機能すぎて、全てを理解するのは
諦めている。

曲を詰めて、昼寝してたら
18時半。

19時に約束して
スカイ膣ハリケーンと呑みに出かける。
2回目かな。
堂本剛のおもしろ画像や
ブスの悪口、人妻店長がエロい、
友達と顔が似てるけど、
友達はエロさがあるので、彼氏がいる。
顔が良いのがすべてに勝る。
一緒に三宅健の誕生日を祝おう。など、
1mmも知恵として有効打がない
取り留めのない話を聞く。
最後に本日、スカイ膣ハリケーンが
購入ホヤホヤのホモ漫画を斜め読み
させてもらってフィニッシュ。

迷い家も久しぶりに行けてよかった。
やはりうまい。
生トマトチューハイは夏だ。

家に帰り、2曲目のduoの曲に着手。

キリが良いとこで就寝。

2018/12/1-2018/12/2

2018/12/1

前日に深夜3時くらいまで遊んでいたのに起きると9時ごろ。
疲れすぎると寝れない。眠る体力がなくなるんだろうね。
金曜に録画してた番組を観ようと思ったら、今週は特に特筆すべき録画番組もなかったので、風呂を溜めつつ、ツムツム。
もうツムツムも2年くらいやってると思うけど、なかなか点数が伸びない。
今年中に5千万点超えたいなと思いながら、風呂の中でツムツムしてると
非常に調子が良くない。個人的にすぐイライラするタイプで尚且つ貧乏症なので、ツムツムで思うようにいかないときのためにいつも沈みのよい布団やクッションを近くに置いてゲーム終了後、その沈みのよい布団やクッションにスマホを「くそがぁ!」と投げつけるのが日常なのですが、今日のプレイ場所は風呂。
イライラしても決してスマホを投げることができない状況。
そんなときに非常に調子が良くない。いつも以上にストレスも勝手に溜めて入浴。そんな風呂から上がると12時前。

本日は福山明治館でのライブ。
水曜日の練習で急にオーノが
「会社の人に始発と終電なんですけど、福山までの新幹線のチケットもらったので、僕は車で行きません。勝手に現地集合してください。」
とのこと。
しょうがないので鈍行ででも行こうかな?と思っていましたが、
それだったら打ち上げまで出れないな。と思ったので、ダメ元で一緒に広島からいくkthemusicgirl(以下、KTMG)のオカダさんに連絡。
車で行くとのことでお願いして同乗させていただくことに。
助かった。ありがたい。
で、待ち合わせの時間が12時過ぎだったので、急いで準備。

予定通り12時過ぎにKTMG号が到着。
途中、広島が誇るプロの客「しそ」も拾い、一路福山へ。
福山へ向かう途中、小谷ICで休憩。
なんか不動産関係の話でひとしきり盛り上がった。
最近安い中古マンション買って、払い終わるころにマンション取り壊しとかでも
今より安い家賃で広い場所に住めればそれはそれでありなんじゃないか?と考えている。

toeのブラックサバスのカバー曲やthe hatchなんかを聞きながら福山へ到着。
KTMGは福山での流儀がある。
チーン
「徳島ラーメン東大を食す」

チーン
「開放倉庫で”しそ”の服を買う」

この二つを必ず実践している。
が、今回ウサギのリハの都合でラーメン東大に行けなかった。これは非常に申し訳ない。
ただ開放倉庫で”しそ”の服を買うという流儀は達成。
頭の中でスガシカオを流した。”ずっと探してた理想の自分にぃ~”

で、明治館へ。
ウサギはすぐリハ。
同級生でPAのアイコさんが短時間でいい感じにしてくれる。ありがたい。
その後、ウサギのせいで流儀「徳島ラーメン東大を食す」を逃しているので
みんな腹が減っている。
近くにラーメン屋があるというのでリハ終わりに行ってみる。
「そのだ」というラーメン屋さんなのだが、みんなシューマイを推してくる。
なので、台湾ラーメンとシューマイを注文。
シューマイ、めちゃ美味い。
台湾ラーメン、めちゃ美味いけどぶち辛い。

先日の風邪が治りきっておらず、とくに喉の調子が本調子でないと感じていたので、朝からのど飴をずっと舐めていたわっていたその喉に唐辛子や山椒が直撃。
のど飴の効能をすべて綺麗に消し去った。なんかゾーマの凍てつく波動みたいだな。と思った。

あっ、ライブ大丈夫かな?と思い、
そっと喉の調子が良くても音程ギリギリの左脳という曲を
そっとスタメンから外した。

で、本番。主催のキョンキョンくんのアンチに続けて2番目で出演。
おっ、喉はなんとかイケそうだぞ。と思ったのも束の間。
1曲目で弦が切れる。
なんか「弦が切れる。」って「弦が切れる。→ゲンが切れる。→おどりゃークソ森」って
思考が進んで、広島っぽいな。と思ってしまった。

閑話休題。

1曲目が終わりどうしようかな。弦張り直そうかな?と思ってたら
sour thoughtのアライくんが自分のギター差し出してくれた。
ありがとう。と感謝してギターを借りてそのままライブ。

その後は弦が切れることもなく順調。
なんとかやり終える。
不安万能感とかファンタUSAとかあんまやらないやつをやったけど、
全部ウサギ2の曲ばっかりで後程ウサギ2がちょろっと売れていたみたいで、
なるほどなぁと思ってしまった。

その後sour thoughtを見ているとアライくんが1曲目でギターの弦を切る。
いきなり貸し借りいってこいでチャラ。
アライくんも弦を1本しか切らなかった。

岡山の二組のライブを見ててやっぱり
岡山の音楽シーンは面白いなぁと思った。
勝手な知見だけの印象ですが、岡山は、
「JC直刺し派/機材厨派/魔改造派」
みたいな感じで非常に両極の思考たちが1つの場所で混じってる感じ。
そういうのってすごい良い。

その後、打ち上げに参加してると酔ったおっさんから「ねぇ、ミュージシャン?」と聞かれ、会社員なので「違うよ」と答えたら、「じゃあ、大学生か?」と聞かれたので「過去はね」と
答えると「そうか、大学生か!大学生か!」と言ってた。
人間酔うと、40のおっさんが大学生に見えるというその事実。
ここまできれいに誤認できるということは、酔って女の人を口説いて朝起きると云々…というテンプレみたいな話って本当にある話かもしれないな。

打ち上げで同級生でPAのアイコさんとも少し話をさせてもらう。
同級生の生き方って自分と同じ年のあの頃にあんな判断をして、こんな結果を手に入れてるんだ。
みたいな感じで超リアリティがあるというか、簡単に自身に置き換えられるからなのか、なんかとても楽しい。

今度、グリンミルク(kくん)、ルロウズ(淳平くん)、ウサギ(僕)、PAのアイコさんの同級生イベントやりたいわ。んで打ち上げで小学校からここまでの道のりをみんなで話をしてみたい。

打ち上げも程々にKTMGの皆様と帰宅。
行きも帰りも運転してくれたオカダさんに感謝。
行きに一緒にいたはずのプロの客”しそ”が帰りにはおらず、
「じゃ、俺、アライくん家に泊まるから大丈夫っす」と
福山の夜に消えていく様は、誰よりもバンドマンの鏡だなと思った。

きょんきょんくんに感謝&感謝の1日でした。

2018/12/2

この日も帰ったら深夜3時。
そこから有吉反省会などの録画を漁る。
コナンも観る。
多分5時頃就寝。
そして起きたらワイドナショーしてたんで11時前後かな。

治りきらない風邪を治すべく一日中家で安静。
もちろん途中昼寝。
起きたらM1やってたけど、CM多いので飛ばしてみたいので、
M1録画して、ドキュメンタルを観る。
前の探り合いばかりで笑わせあわないということはなく、
割とみんな持ち駒をどんどん繰り出していく感じがとても良い。
一人退場となったところでM1視聴に切り替え。

視聴。

M1の審査員がとても良かった印象。自分の笑いのスタイルや新しいものを
受け入れれるのか受け入れられないのかとか人間性とか審査基準が人それぞれだけれども、それをまったく隠さない。隠さないと今時期はSNSなどで簡単に中傷や炎上の対象になるけど、そこは堂々と我が道、我が判断。我はこう判断する。というのが良かった。
もちろんそれができる人たちを上手に集めてたし、そういう風な評価を依頼してるんだろうなぁ。と思った。
多数派、少数派、依怙贔屓的な意見があり、評価のベクトルが審査員の数だけ存在する中でその全員が評価したコンビが優勝。
清々しくて、わかりやすかった。

M1を楽しんだ後「今日から俺は!」を見て、寝ようとするも昼寝のおかげで眼がギンギン。
結局また3-4時までは浅い眠りとなった。

広島の想い出
「田舎者」
#kthemusicgirl
#loolowningenandthefareastidiots
#キツネの嫁入り
#shiNmm
#迷い家

今日は広島です。
スパイダーです。
動画は昨日のアイスのチョコが服についてしまい、困ったので服を吸っているオーノです。
みんなスパイダー来てね。
#田舎者
#ウサギバニーボーイ
#キツネの嫁入り
#ルロウズ
#kthemusicgirl
#shiNmm

田舎者@アジト
タケベズ
ガール椿
shiNmm
kthemusicgirl
kijima sound system
ウサギバニーボーイ
で、開催しました。

この組み合わせがなかなかに妙を見せて雰囲気よくイベントができました。
ありがとうございました。
自然と共演者が話して仲良くなったり、みんな初めて見るであろうshiNmmに自然とアンコールが起こったり、僕がこうあってほしいイベントが出来たことが嬉しかったです。
良い演奏には喝采を。
良いバンドとは仲良く。
それだけなのですが、なかなか難しいものなのです。
考え方だったり、好みだったり、プライドだったり、素直に認めたり楽しんだりすることが難しいことが多いのですが、この日はそういったものが少なくみんな基本的には楽しんでいたのではないかなぁと思います。

この日の成功の要因を僕なりに分析した結果、永田(kijima sound system=繊細なゴリラ)のお客さんとタケベズを自然と巻き込んだ演奏と、シモカド&シソのお客さん側からの酔いどれ盛り上げが功を奏したのではないかと思います。

こんな日が死ぬまでに1日でも増えるように僕はバンドをやってるんだと思います。

みなさん、またやりましょうね。