2/25

image

朝、起きるのが少し遅くて8時半前。そこから準備して9時になんちょんがお迎えにくる。遠目に見るとなんちょんは痩せた。多分近くで見ても痩せている。でも、玉ちゃんのほうが減体重が多いらしく「玉石はすごいですよ」と言っていた。

そこからかんなちゃんを迎えに行き、一路小谷SAへ。小谷は十何年か前に犯罪で話題になったSAだが、十何年か経つと流石に日常を保っている。なぜSAかというと今日はここでshiNmm(シンミリメートル以下シンミリ)と合流して京都へ行くのだ。

シンミリは山口のバンドでどうやって知り合ったかは忘れたけど、才能あふれる学くん、クレイジー操り人形1さないさん、クレイジー操り人形2ゆかみりや、物静かな常識人ゆきさんで構成される山口を代表するバンドだと僕は思っている。

合流早々にクレイジー操り人形1と2は元気だった。強烈に元気だった。出会って4秒でもう十分だった。が、そんなわけにはいかず、ウサギ号とシンミリ号で京都へ。

京都へはなんちょんが一人で運転。慣れたもんでチュイーンとグローリーへイン。14時ごろにはグローリーにインしてた。リハは16時ごろからだったが、今日の僕は京都でのミッションがあった。

ミッションその1「まどなしくんに教えてもらった担々麵屋で飯を食う。」

このお店が15時閉店だったので、シンミリもウサギも早起きして京都へ向かったのだ。期待度MAXで臨んだのですが、期待をゆうに超えてくる味に大満足。けして辛さだけで押してくる担々麵ではなく、まろやかな旨みの詰まったこだわりのスープ。そして関西では太麺が多いイメージだったけど、ふつう麺のちぢれ。これは中国地方の人間には食べやすい麺。関西だったら歯ごたえとかが少し物足りないかもしれないけど、スープを生かすためにもここはふつう麺がよいなあと勝手に思った。

三条商店街「匹十(ぴーと)」※旨そうに撮れずに申し訳ない。

image

セットでついてくる鶏肉の蒸し煮みたいなのも酸味が効いてて、美味。担々麵への集中力をリセットさせてくれる感じ。

食後はグローリーに帰り、リハ。シンミリのリハでゆかみりやのスネアの音が一般的なバンドは「ターン」って鳴るのに、「ボブ」って鳴っててこれで正解なのか?と思って本人に聞いたら「わかりませーん」って言ってた。まなぶくんに伝えると、まなぶくんがスネアのチューニングを始めた。流石クレイジー操り人形2。

ウサギも十分なリハをさせてもらって、次は

ミッションその2 「エフェクター会に参加」

atuisoの野田君とシゼンカイノオキテの佐野君のスタジオに参加。楽しい。人のギター弾くのもエフェクター試させてもらうのも実に楽しい。まなぶくんも参加して4人で遊んでた。あとから聞いたらなんちょんはこの時間を使って割と高めな銭湯に浸かりにいっていたそうだ。数十分後にあったら、すっきりした顔をしていた。スタジオにはABも配置されており、途中セッション大会というか誰かのリフに併せて遊ぶ時間があった。せっかくなので「5+6拍子で叩いて」とか「途中でオモテとウラが変わるの叩いて」とABにリクエストを出すも叶わず。AB曰く「atuisoには複雑なリズムないんで」と言ってたが、ABは変拍子しかない「ふつうのしあわせ」のドラムでもある。

そしてイベントスタート。流石は安齋君の組み合わせという感じ。ちょっと意地が悪いけど、抜群の組み合わせ。

※意地が悪いなぁと思ったところ。

シンミリの前がばけばけばー。ウサギの前がmegafauna。と遠征組の前に悉(ことごと)くハードルを上げてくる(笑)。

ライブの感想はそこにいたお客さんが感じたものがすべてなんで割愛。

ライブ終演後、グローリーでいろんな人と話して、お腹すいたのでラーメン屋まで出かける。途中、いい感じに酔って千鳥足で歩いていたミスタニスタのジョーくんに会ったので、一緒にラーメン行くか?と聞いたら行く!というので連れ立っていく。ラーメン屋までの道のりで急にクレイジー操り人形1のさないさんが「私の好きな食べ物のTOP3って知ってます」と聞かれたので「知らん」と言いつつも、さないさんの好きな食べ物TOP3クイズに参戦。カレーと言おうとしたその刹那、さないさんから「カレーが一番好きなんですけど、2位と3位当ててもらっていいですか?」と言われる。「ラーメン?」「ハンバーグ?」「すきやき?」ととりあえず子供が好きそうなものを言ってみるもハズレ。結果2位たこやき3位うどん。何故にそんなことを聞くのかと思ったら、ラーメン屋までの道すがらにたこ焼き屋があった。というのが理由だった。。そうそう、ジョー君にミスタニスタパーカーをもらった。ライブ後にもらってすぐ着替えさせてもらった。安齋君とお揃いとのこと。嬉しい顔をしたらいいのか、恥ずかしい顔をしたらいいのか、嫌がればいいのか考えてるうちにそのくだりが終わったので、多分ゼロの顔をしてたんだろうなぁと思う(笑)。

そしてラーメンを食し、安齋くんちに泊めてもらう。さないさんは寝顔を見られるのが苦痛とのことでうつ伏せで寝ていた。TVドラマで見る死体と同じ格好だった。ゆかみりやは

安齋君から窓の外に比叡山が見えると教えてもらったら、

深夜にも関わらず窓から比叡山を見ようとしていた。多分見えてないけど「うっすらみえますー」って言ってた。朝起きたらゆきさんが起きて準備をしてた。さないさんとゆかみりやは寝ていた。ゆかみりやは寝起きがとても悪いことをこないだのゆかみりやフェスで学ばせてもらったので、早めに覚醒させないといけないと思って、まなぶくんに相談してみた。すると、まなぶくんが「起こし方があるんですよ」と言って小声でゆかみりやに声をかけると起きた。ゆかみりや以外は2秒で起きるような地獄みたいな音の目覚ましがなっても起きず。しかもその地獄みたいな音を止めるにはゆかみりやの指紋認証が必要で必死に起こしても全く起きなかった”あの”ゆかみりやが起きた。さないさんは寝てたけど深夜に見れなかった比叡山を見ようとゆかみりやが少しカーテンを開けたら「あたし、光が苦手なんですよ~」とさないさんが起きた。

この日はシンミリと菅田くん(今回運転手)と嵐山へ。有名な書類送検案件の線路を見たり、月曜から夜ふかしでみた御髪神社を見つけて興奮した。御髪神社では菅田くんが絵馬を書いていた。絵馬の内容は見せてくれなかったけど、さないさんはそっと見てたらしい。嵐山でもゆかみりやはライブ放送してみたり、キャーキャー言ったり、人生フルスイングという日本酒を買って日本酒の匂いをさせながら、風流な京都の街並みを闊歩してた。さないさんもずっと何か意味のないことを喋ってた。

そして、帰路。車の中でもさないさんとゆかみりやは延々何かを喋ってた。ウサギでいうところのなんちょんとおおのが一緒に車に乗っている感じ。楽しい。車内の並びがさないさん、ゆかみりや、僕だったので僕も二人のクレイジー操り人形と一緒によく喋った。さないさんは嵐山で昼飯を食い、そのあとアイス、高速乗る前にゼリー、三木SAでお好みたいやき、吉備SAでたこ焼き、広島着いて、牡蠣乗せお好み焼きを食っていた。口癖は「お腹空きましたね」だった。それとは逆にゆかみりやはだいたい食うものを残してた。小食。その残したものをさないさんやまなぶくんが食べてた。

広島に送ってもらったあと、タナトリーヌ主催のイベントへ。着いたのが21時半まえで確認したら、江波の終電が22時半だった。財布の中が昭和の小学生のこずかいくらいしか残ってなかったので、泣く泣く22時半の市電に乗り込んだ。

家に帰ると布団の中からサキチヨさんが「おかみー」と声を掛けてくれた。ぐうたらしてるサキチヨさん見ながら、歯を磨いて寝た。

2月18日

朝、目覚まし時計の音で目覚める。
今日は東京へいく。
しかし、通常日より早い目覚めのため眠い。6時半過ぎに横川駅行きの市電に乗り込む。
朝の市電はなかなかクレイジー。
炸裂した人格の方や夜遊びからの帰りと思われる方々が続々詰め込まれ、横川駅に向かう。

7時に横川駅に着いて周りを見回すと長谷川くんがスタスタ歩いていたので、手を振ったら長谷川くんは少しはにかんだ。

少しこうたくんを待って、一路広島空港へ。広島空港に着いたら即手続き。
お姉さんがとても丁寧に対応してくれる。
ヘッドアンプが入ったリュックにペタペタこっちが上、間違えないでね。のシールをたくさん貼ってくれたりした。

手荷物検査を終え、搭乗を待つ。
空港内で今日お世話になるルロウズへの手土産を買う。最初お菓子を買おうと物色してたら、こうたくんから「ルロウズの皆さんは酒ですよ。これとかどうすかね?」と安倍オバマの会談の際にも呑まれたという賀茂鶴を指さしてくれたので、おぉと思い、即購入。

いい手土産だと独りごちる。
あとはこのバグ気味の脳ミソがこのお土産を忘れなければ十全と思い、忘れないことだけを心掛ける。
その心掛けが実り、モーションにてリハ終わりのルロウズの皆様にお土産を渡せたときは良しと心の中でガッツポーズをする。
また、バグが治ったように錯覚する。

ルロウズのリハの後は、吉田ヨウヘイgroopのリハ、そしてウサギのリハした後に左右のリハ。
どのバンドもリハの段階で素晴らしい。
音楽的には混じりにくいながらも、そこはルロウズのイベント、全てアンサンブルが素敵。アンサンブルで完成するルロウズや左右。アンサンブルの上にメロディが乗って完成する吉田ヨウヘイgroopとウサギ。
変な話だが、リハの段階で今日は良い日だ!と満足してた。

リハ後、開場。
そして、DJ小森によるDJタイム。
最初は外で聞いてたもののスパルタ、ギャングオブフォーで思わず会場へ。
上がるぞ。
上がるぞー。
と、思う。
その後もむちゃくちゃいい感じの音が流れてきて、これ誰ですか?って聞いてfar franceですよ。と教えてもらう。
これは手に入れたい!と思い立つ。

そして、イベントの1番手左右がスタートする訳ですが、ここからはルロウズのサイトにもありましたが、文章で長々述べても足りないので、割愛です。
楽しすぎて、僕がライブで調子に乗り、声を枯らすという久しぶりの失敗をしたということくらいを記して以後の反省にしたいと思います。
あの会場、あの空間で共演のみなさんやお客さんにとても楽しませていただきました。

「左右」

「吉田ヨウヘイgoorp」

「LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS+西田修大」

ありがとうございました!

ライブあとはライブに遊びに来てくれた懐かしい人や全然懐かしくない割とよく会う人やウサギより寿司が大事なアマと楽しい時間を過ごさせてもらい、満足。
取り置きでわざわざご連絡くれた皆さんと話せてはいないので、話せなかった皆さんにここに感謝を記します。

そのあとはそのまま会場で話をする。
途中、ルロウズと吉田ヨウヘイgroopでギターを弾いてた西田くんと話をして思わず「えっ!」と驚く話を聞いて沸いた笑。

その後、会場を出てルロウズのみなさんとお世話になる赤倉くん宅に移動。
外は「マジか」ってくらい寒かった。
雨は夜更け過ぎに雪へと変わってた。
赤倉くん家に到着。
素敵な家。
音楽家の家ってこんな感じだろうなー。っていう家だった。

荷物を置かせてもらって山本くんの車に積んでもらって高円寺へ。
山本くんには次の日こうたくんが羽田まで送ってもらったり、僕らも東京駅まで連れていってもらったりと非常にお世話になりっぱなしだった。ありがとうございます。
今度は広島でこうたくんがいろいろ送ってくれるはず笑。

高円寺の沖縄料理屋さんでご飯。
海ぶどうを初めて食う。
美味い。
とうふようも初めて食う。
塩辛みたいだ。
ソーキそばも初めて食う。
唐辛子と酢?で出来てる調味料を大量にソーキそばに投入して食う。
美味い。辛い。
モーションでもビール2本、カシスソーダを1杯。この沖縄料理屋さんでもビール1本呑んでたので、多分僕は酔ってましたね。
ちょいちょい泡盛の利き酒みたいなこともさせてもらったので、更に酔う。
うえだくんに沖縄の日本酒というものもちょっと呑ませてもらったけど、キツかった。ずっと味が舌に残る感じ。
うえだくんは美味いと呑んでた。こうたくんは寝てた。

あと店員さんの半袖シャツから出るトライバルのTATTOOが印象的。
その後、赤倉くん家に戻り就寝。
うえだくんがかなりの手際の良さで寝袋を拡げてくれて至れり尽くせり。
すぐ寝る。
疲れてたので、鼾かくと思って皆に最初に伝えてましたが、鼾ではなくて悲鳴みたいなものをあげてたと起床後に聞いて、これはやはり脳ミソが…と不安になる。
が、20分後には忘れてた。
やはり脳ミソが…。

起床後、オススメのカレー屋さんに連れていってもらう。うめぇ。
広島にもこの店ほしい。

何から何までルロウズのみなさんにお世話になりきって広島へ帰る。

広島に帰るとサキチヨさんが鍵がないと騒ぎはじめる。探して空港やバス会社に電話したあとにかるってたリュックの内ポケットより発見される。
よかった。
と、同時に僕がモーションにカーディガンを忘れてきたことが判明。
やはり脳ミソが…。

と、思い夜は更けていく。

今週末は京都。
多分何か忘れるけど京都は大丈夫。
忘れたら安齋くん経由でABが広島に届けてくれるから。

ふぅ。

1/14

テレビでは、この冬一番の寒さとのこと。
朝8時に家を出て、横川へ。
雪は降ってはいないけど寒い。
横川でやすまくんとしおりんと合流して、徳島へ。
とりあえず橋を目指す。
なぜなら橋が渡れないと今日ライブができない。今日は徳島へ。
そしてなんとか橋へ。
橋は揺れていた。
えぇ、風で揺れていた。
ただ晴れていた。
四国はいい天気だった。
雪を考慮して早めに出たけど、風以外は順調。しかし、風のせいでいつもの与島パーキングの入り口を逃す。
うどんを欲していた私たちは坂出で下道へ。下道を疾走。
途中、うどん屋を発見しイン。
すげーカレーうどんを推してる店だったので、素直にカレーうどんを食う。
なんかチェーン店ぽいけど、香川の人たちがひっきりなしに寒空の下、車を駐車して店内へやってくる。
カレーうどんはもちろん美味かったけど、人生で初めて高野豆腐の天麩羅を食った。
甘くて美味い。
廻りを見渡したら、おっさんとおばさんが高野豆腐の天麩羅食ってたけど、若い子たちは鶏肉食ってた。うむ、歳を取ったな。と感慨にふけりながら、美味い美味いとあっという間に食す。

腹が膨れたら、一路徳島へ。
14時頃に着。
なんちょん、こうたくんペアは先に着いてた。そこからリハ。
リハのあとに楽器屋へ。
徳島の楽器屋を堪能。

そして、ライブ。
今日は前にuniTONEの企画でご一緒させてもらったbandneonさんの企画に呼んでもらった。徳島3組、県外3組と言ってたけど、沢山のお客さんが雪の中、集まってて素晴らしいなーと、思った。

ウサギのライブは尻上がり。 やすまくんが久しぶりということや、前半初コーラスにチャレンジと不安要素を前半にもってきたのが、主な要因かと思うけど、諺にもあるとおり、終わりよければ全てよし。なので、昨日のメンバーで出せる最大限はやれたかなーと思う。

終演後、僕は珍しく打ち上げに参加せずに帰宅。明日はやすまくんが友達の結婚式とのことで帰る予定だったのだが、雪の運転&夜の運転&橋の凍結の危険性ということも踏まえて、僕とやすまくんは帰ることにした。
ただ、なんちょーーんとしおりんが打ち上げに参加してくれたので、酔って無礼や酔って記憶をなくしていなければ、しっかり打ち上げてくれたと思う。

帰り道、凍結問題は広島高速で「おいおい、ここ大丈夫か?」というとこを通るが、安全運転でこなす。そういや対向車線で事故ってた車を3-4台みかけた。

あと、橋超えた辺りでガソリン危機をむかえるも、近くに開いてるガソリンスタンドのあるSAがない。
途中、ガソリンマークが付きながら、最寄りの福山SAを目指す。
多分、マジでぎりぎりで福山SAへ。
人生で一番福山SAを待ち望んだね。

なんとか帰って寝ようとしたら、サキチヨさんが起きる。
上半身を起こして、二言三言会話してまた寝てた。

心残りは徳島ラーメン。
王王軒。

以上です。

1/7-1/9

また今年もやってきた田舎者フェス。
会場に着くと、機材がフロアに降ろしてあり「今年も来たな~」と思う。
会場には「ふつうのしあわせ」「よろめき」の皆様がいた。
ということで、ABがいた。
ABはすでに満足そうだった。
多分満足だったんだろうと思う。

そして、ライブ。
speaker~concreまで静と動が入り混じる良い流れ。

nekomusumeにうえのくんが入ってたのが新鮮な感じがしたけど、
違和感もなくて良かった。
よろめきの皆さんは初めて観させていただきましたが、良いですね~。
形容の仕方がチープで申し訳ないのですが、「絵」みたいです。
そして、concreは流石の一言です。
メンバーの皆さんも楽しんでる感じが満載に出てて、それがライブの勢いに加わり、
爆発してました。
utero zzz aaaも初めて観ましたが、ライブが進むにつれ、中学校の頃の初期衝動を
思い出させてくれるようなトラックがたくさんあり、ライブが終わったころには、
サキチヨさんと茶山くんと徳ちゃん(広島のガーゴイル好きと僕が認識している方々)で、
「良かった。ガーゴイルとか殺害塩化ビニールの匂いを感じた」と3人で話したよと、
サキチヨさんが言っていた。

主催のspeakerは今年も美しい。
轟音までの緩やかな流れも、その後に待つ綺麗な音の波も美しい。
流石。

打ち上げでは例年通りつけ麺を注文。
しかし、注文係シモカドが途中参加の割に飲酒のダッシュ力が強くて、
注文時には脳が故障してたので、つけ神様の弟子しそくんが
テキパキ注文。
よかった。

次の日。
「ふつうのしあわせ」のメンバーが定宿である家に泊まってたので、
起きてから数時間ウダウダ話をする。
途中、ABが来る。
ABは今回3日連続でいるので別に宿を取ったとのことで、
平和公園を散歩しながら家までやってきた。
そして、「牡蠣喰いたい」のご要望に応えるべく、宇品へ。
今年の牡蠣はまだ小さかった。

まぁ、雰囲気を味わえたので良かったかな?と思う。

牡蠣を食い終わったら会場へ。
この日は頭からetos!

ウサギのドラマーでもある「おっくん a.k.a ya☆ka☆ra」または若頭が
参加してのetosのライブ。非常に良いライブだった。
僕はカシスソーダを呑み切った。

続けてヌイル!!
前日いや当日直前まで風邪をひいてた茶山くんでしたが、
始まってしまえば、やはり抜群。最初からグイグイいってました。
流石だ。
バンドマンあるあるかもしれませんが、ライブしたら汗かいて
風邪が治るみたいな感覚あるんですが、これは加齢とともにあるあるではなくなるみたい。

ヌイルの後は神戸のトレスパス!
ウサギのレコ発大阪にも出演いただいたトレスパス。
観るたびに歌詞や曲に発見があるように思います。
あと、叶さんのブログ読むたびに僕が一生かかっても出会わないような
高度な知的好奇心を満足させるような書物を読まれてて、
勝手にすごい頭が良い人だと思っています。

トレスパスの後は、num contena。
優しい。音が。
楽しい。人が。
素敵だ。
こういう環境で聞いたnum contenaは染みた。
アルバムのリード曲のギターの絡みは至極だと思う。

最後はFBMS!
最初からグイグイに盛り上げてくる。
そして、トミーくんはいつも思うが、MCが上手い。
喋れば笑いとともにみんなの心をいい感じにする。
音が重いだけに、MCで笑いが生まれると緊張と緩和で
ライブへの集中力が増す。(僕だけかもですが…)
Wアンコールで終演。

この日の打ち上げは、シモカドが故障せずに起動。
windous98程度の働きをしてくれました。
ありがとう。

最終日。
何か疲れてて、ギリギリまで寝てた。
だけど、10時から恒例のヲルガン座でのウサギ練習のため、
起床。
サキチヨさんと二人でダッシュ。

ギリギリに着く。
そして、練習。
割によく出来てた。
練習後は、十日市アパートでご飯。
練習の合間からご飯の最中も南先生による
ダイエット講座が開かれてた。

会場に着いてリハしてたら、ドイサイエンスの清田さんや石頭地蔵の方々が続々と会場入り。
僕はこの日初めてお会いする石頭地蔵の皆様に年末熊本に忘れたギターアンプを届けてもらうという
無礼を働いており、「初めまして」の次の言葉が「すいません!!」という流れになってしまった。

和田森くん属するグリンミルクもリハが無理かも?となってましたが、
なんとかリハもできて準備完了。

wave(波)からライブスタート。
wave(波)良かった。良いライブだった。
また曲のアレンヂが変わってた。
そして、一番新しい曲かな?のメロがいい。とてもいい泣きメロだと思う。

続いて、ドイサイエンス。

2年ぶりの広島公演。2年ぶりの田舎者フェス。
2年前に広島で衝撃を受けた皆さんが集まってくれて、
ドイサイエンスの2年ぶりのライブを各々楽しんでくれていたと思う。
メンバーの皆さんも期待に応える云々はないと思うのですが、
抜群のライブをプレゼントしてくれた。
そして、やっぱり地元以外は都市計画がセトリに入ってくるんだなぁと思った(笑)。

勢いはそのまま、石頭地蔵。

初広島ということで待ってた近隣の地蔵ファンと1曲でヤラれたお客さんが
盛り上がる。盛り上がる。
メンバーの皆さんも「悪くない」と表情なのか、少しはにかみ気味の表情を
浮かべながらガツンガツンとMCもそこそこに曲をぶち込んでくれました。
今回、石頭地蔵が決まったあとに結構いろんな方から、「石頭地蔵は九州から出ないのでは?」
「石頭地蔵は熊本から出ないのでは?」とかの噂から「良かったね」「凄いね」と褒めて
いただきましたが、ご本人たちによると、
「そんなことないよ。最近県外から呼ばれなくて少し寂しい」と
おっしゃっておられました。

続けて、グリンミルク
kくんのギターから唸るように出てくる爆音と対峙するベースとドラム。
爆音MAX。
プログレMAX。
浴びせるような音体験。
和田森くんも気合が入ってたように思う。
そういえば、グリンミルクも熊本に忘れ物をして、
広島で忘れ物を清田さんから受け取っていた(笑)。
そう、熊本はいろいろ楽しすぎて人が物をつい忘れてしまう。
そんな楽しい土地なのだ。
ということにしておきたい。是が非でも(笑)。

そして、ブランク。
良い声。
良い歌。
染みるメロディ。
それだけで十分な武器。
それだけで十分な力だなぁと思った。
ただ、前に爆音が鳴ってたせいか恐縮してた(笑)。
この日もたくみ君はゴリラのようにパワフルにドラムをたたいていた。

最後はウサギ。
朝練の効果もあり、頑張れました。
ただ、ナカタクさんは場慣れ感が足りなかったな~。
定期的にライブ出んとやっぱり感が鈍るね。

この日は「ひこ」で打ち上げ。
狭いテーブルを10人程度で汲々になっての打ち上げも楽しい。
3日間今年も楽しませていただきました!!

今年はいろいろ大変なこともありましたが、シモカド曰く、
「収益で焼肉慰労会が出来るまではやめねぇ」らしいので、
来年もやります(笑)。多分。

それよりも県内外のお客さんやバンドさんから
「このイベントはいいよ。楽しい。」と言ってもらう機会も増えてきて、
やっぱりこのイベントはやるべきなんだ!と再確認した喜びのほうが
根が真面目な彼の原動力になっていると思いますがね。

それでは、また来年よろしくお願いします!

1/5

新年初ライブは弾き語り。
いきなり頼る人が誰もいない状況でのライブ。
でも、頑張る。
誘っていただいたミカカさんに感謝。

というわけで夕方18時過ぎ。
僕はカポネというお店の前に立っていた。

やっぱりアルカポネが由来よね~?と思いながら中へ。
バーと聞いてたけど、広い。
しっかりライブができる仕様。

ギターをサキチヨ運送にお願いしてたのでリハはなしで、
本番を迎える。
タコ焼きをもぐもぐしながら、シマシマコを観る。
さすがヲルガン座紅白の歌唱力部門?優勝の声。
いい声だ。
歌詞も鬱屈としてて、雰囲気に合ってる。

次が僕。
やった。
歌った。

終わったらあとは観るだけなので、たこやきをもぐもぐしながら、
ミカカさん。

やはり長年ひとつのことを続けるのは意味がある。
意味があるというより味が出る。
ミカカさんの味がする歌。
歌唱力や作詞作曲などいろんな音楽要素を通り越している。
それが熟成した時間であり、熟成されたミカカさんという存在なんだろうなぁと思う。

次は茶夏ちゃん。
ラジオ終わりにいくつけ麺屋さんの店長さん。
初めて歌を聞いたけど、歌上手だなぁ。
そして、ちゃんと弦を貼り替えているせいか、ギターがいいのか
やたらギターの音色が良い。
こういう人が50まで歌を歌い続けたら、どんな味がするんだろうなぁと思う。

最後は久保モリソンさん。

いやはや流石。
ミカカさんとは全く違う味だが、やはり久保さんの味がする。
久保さんのライブや曲はなんか昔の甘いような思い出したく様な感情を
思い出させてくれる感じがする。

ライブ後はサキチヨさんと歩いて帰宅。
歩きながら、サキチヨさんが「やっぱり年代のメロディや空気感ってあるよね~」
って言ってたので、賛同した。

家に帰って、寝る。

本日から田舎者フェスです。

本日1/7は…

田舎者フェス 1日目

■費用
チケット2500円
県外割1500円
+1dr

■出演
UTERO ZZZ AAA(大阪)
ふつうのしあわせ(京都)
よろめき(岡山)
CONCRE
nekomusume
speaker gain teardrop

■タイムテーブル
17:00 open

17:30~18:05 speaker gain teardrop

18:15~18:50 よろめき(岡山)

19:00~19:35 UTERO ZZZ AAA(大阪)

19:45~20:20 nekomusume

20:30~21:05 ふつうのしあわせ(京都)

21:15〜21:50 CONCRE

12/23

朝8時に起きて、とよちゃんが来るのを待つ。今日は神戸でライブ。

8時半集合のため、家で待っていると携帯が震える。別に会いたくてそうなったわけではなく、メンバーからのラインだった。
「遅れてはならぬと7時半に集合したが、高速で事故があったらしく時間が読めない」とのこと。

そう、神戸の旅は車2台で行くのだ。
先発隊として出発したメンバーが早くも予定調和の波へのパドリングを誤ってしまった。迂回して幾つか離れた高速の入り口から乗ろうと画策するもひどい渋滞とのこと。
一方、その頃とよちゃんの車に乗り込んだ僕はとよちゃんと共にグーグルマップさんに相談。弾き出された答えは海田の橋を渡り、熊野から高速へ乗るというルートだった。集合時間が12時半。到着予定12時36分。あまり遅刻することはよくないけど、6分は許容だと判断し、出発。
僕らは無事12時半過ぎに神戸に到着。

話はトラブルに巻き込まれたなかたく、はやと号に戻ります。なんとか迂回して高速に乗るも11時前でまだ福山。
ふたりに苦渋の決断が迫る。
そして、出した答えとは!!
11時半。
新幹線の車窓から瀬戸内の景色を眺めるふたりがいた。
そう、車移動は諦めて新幹線移動を選択。
幸いにも乗り合わせが良かったらしく、結果としては僕らよりも先に会場に到着。
神戸で合流したときにはホッとした。
で、出演する会場で一息ついてたら、すぐにライブの順番がきた。
ライブはなんとか頑張ったけど、全体としては、まだ良いものが出せるかな?という感じだったが、はやとくんは良くできてた。本人も楽しかったらしく、何より。
とよちゃんは30分のライブが60分にも感じられるくらい集中をもってやってくれたけど、やはり練習量が少し足りなかったと言ってた。なかたくさんは、常人ではやり直しをするような間違いをなんとか勘で誤魔化すことに成功。Bメロが奇跡的にタイミングピッタリで入れたので、外から聴くと、あら、アレンヂかしらん?と思われるくらいの出来にはなったけど、そもそも盛大に間違えてたので、よくはないけど楽しそうで何より。

ライブ後、神戸の街をうろうろ歩いたり、メシアのライブみたり、ディスジャパのライブみたり、名前を聞いたことあるバンドさんを見に行こうとしたら、お客さんパンパンで諦めて散歩したりしてた。
最後のパノラマパナマタウンは最初から見ようと後ろで陣取りしてたら、あれよあれよと人が集まり、酸欠状態。終いには若い娘さんと不可抗力で接触しそうになってしまう。「それでも僕はやってない」の加瀬亮?が写ったジャケが頭に浮かび、数曲聞いて外へ。最後まで聴けないことは残念だが、痴漢冤罪よりは全然よいと思いなおす。痴漢冤罪は失うものが男のほうだけに多すぎると思う。

イベント終了後、打ち上げに15分ほど参加。なぜなら、新幹線の最終で帰る必要があるから。そう。とよちゃん夫婦は夫婦になって初のクリスマスを神戸で過ごすのだ。だから、車が2台必要だったのだ。
楽しい夫婦旅行になってればいいなーと、思い神戸から新幹線に乗る。

福山到着後、停めてた駐車場がなかなかのダンジョンでクリアするのに時間を要す。
まず入り口がわからない。
入り口入っても目的の駐車場までにエレベーターの乗り換えが必要。更に乗り換えエレベーター間の距離が結構ある。
そして、駐車場のタイムリミット間近というなかなかのダンジョンだった。

なんとか駐車場から脱出し、広島へ下道で帰還。

でも、新幹線のおかげで1時すぎくらいには家に到着してたなぁ。新幹線の速さを実感した1日でした。

12/16-18

金曜
年末でホンダくんも忙しく、ラジオが中止になり、スタジオ25で練習。
23日の神戸メンバーで合わせる。
最近は、隼人くんと合わせる機会も多くそこはなんとかいける感じ。
久方ぶりのなかたくさんもテンポに併せる難しさはあるものの、うまいことこなしてくれて神戸なんとかなりそうだなと思う。
ただ体調不良で練習来れなかったとよちゃんの体調と久方ぶりに弾くギターが心配だけど、ま、根が真面目なんで、なんとかするであろう。と結論づける。

丁度同じ時間にシモカド&おっくんペアも個人練してて、帰りに一緒にひこに行って話す。
そんなに久しぶりではないけど、おっくんと話すのは、いい。僕はおっくんのように武闘派な一面はあまり持ち合わせてないけど、義理や人情の部分はおっくんと共感できる部分が多いのがいい。
いろいろ環境や常識が変われども、変えられない、変えてはいけないものは絶対にあると思う。
そう、例え包丁持った怪しい宝石商に追いかけられても、変えてはならないことが世の中にはあるのだ。ふぅ。
いい感じにビールを飲んで帰宅。
睡眠。

土曜。
起きて、録画してたテレビを消化。
サキチヨさんが面白そうと思って…って録画してためちゃイケを観る。
この回はメディア使って喧嘩してる岡村と西野の仲直り企画?僕は個人的にはキングコングの漫才とかはあまり好みとは言えないけど、最近嫌われてる西野はとても面白いと思う。今までにない世の中への出方だと思う。アートとか鼻につくものを廻りが「嫌い」と言ってあげることで、観てる僕らに嫌いという感情でシンパシーを得るというのか、よく分からんけど廻りに本当にコイツ、鼻につくわー。嫌いじゃわー。って思われてるから、エピソードもしっかり面白いし、本人がこれで注目を集めるのは本意じゃないと思っても、ただ嫌われるより、弁解できる場所で嫌われることを良しと選んで覚悟みたいなものを背負って番組でてるのもいいなぁと思いながら、観てます。あと、品川も最近自分のマイナスを隠さないから、嫌いだなーと思うけど、面白いなーと思って観てます。
さ、僕は急にお笑い評論みたいなことを始めて何様なんでしょうね。

で、テレビ観てたら昼になり、近所のカレー屋でカレーを食す。
美味しい。
すぐに無くなる場所ではじめてるお店なので、長生きしてほしいなと思う。

で、家に帰ってめちゃイケの続きを見終わって、砂の塔の最終回を観る。
終わりの3回前くらいから見始めたのですが、丁度いい。最初の菅野美穂がマンション内で虐められるとこはなんか可哀想すぎて、観たくなくなって観るのをやめてしまった。
で、最終回。
なんとなくハッピーエンド。
女同士の虐めは苦手なくせに、ミステリー要素や犯行動機の論理を補強するためなら、もっとエグくやってもいいなーと思う。そして、与えられるだけのほうは好きなこと言うなーって思いながら、出発。
そう、今日も田舎者。
会場について、うろうろしてたらオクムラユウスケさんに遭遇。ほぼ初対面ながら、話しやすい方だったのでいろいろ話をさせてもらう。息子の幼稚園の発表会の後、即新幹線で駆けつけてくれたとのこと。その後、コンクリからリハ。思ってるほどの音量が出せずに苦労をかけてしまった。続いて、オクムラユウスケ&NOTSPORTSのリハ。ドラムのミワコさんが最初に音出してすぐ後に無邪気な感じで「大丈夫ですー。やりやすいでーす」と言ってもらってホッとする。

最後にウサギがリハして本番。そう、今日は3マン。60分づつの持ち時間でやりました。ウサギは長尺をやることも多いんで、さすがにいろいろ慣れてるので落ち着いてできたと思います。オクムラユウスケ&NOTOSPORTSは、メンバーからしても流石の貫禄。気合やライブの雰囲気など学ばせていただきました。

最後はコンクリ。最初音がでないトラブルなどありましたが、カッチリガッチリのステージを魅せていただきました。みよさんがチューナーで音をカットして、またチューナー踏んで爆音を出す瞬間がいつもぞわぞわします。綺麗な爆音といったら、変な言葉ですが、とても綺麗な爆音。

ライブ後はヲルガン座へ。ほぼ出演者全員で打ち上げ。同時開催のpexpoxからもアンドーくんや徳ちゃんなども集って、大団円。

その後、

オクムラユウスケ&NOTOSPORTSの吉田さん以外が家に泊まってベースの北里さんはサキチヨさんに足つぼマッサージを施術。サキチヨさんが健康についていろいろ聞いたり、足首が柔らかいといわれて、ホッとしてた。いろんな話を聞いて4時前頃に就寝。

日曜。

8時55分のバスで大阪に向かう

オクムラユウスケ&NOTOSPORTSのメンバーを近くの電停まで送って、家に帰って二度寝。起きて飯を食う。飯を食って三度寝。起きて録画してた世界の衝撃ニュースみたいな4時間のドキュメンタリー見て、四度寝。起きたら月曜の1時半。全然眠くない。IQ246の最終回みたり、themanzaiを見て4時ごろに五度寝。7時半に起きて出勤しました。