2019/10/12-2019/10/14

金曜の夜にルロウズが広島に到着。

ルロウズは土曜から
福岡→熊本→広島の3公演で
ウサギは土曜から
大分→熊本→広島の3公演。
2か所が一緒といった具合。

以前、会ったときに
「それなら金曜に東京出て、
広島で一泊して福岡に行った
ほうが楽じゃない?」となり、
「そりゃそうだ」とのことで
ルロウズは金曜に広島に到着。

夜にお好み焼きを喰う。
グリンミルクが好きな
一休さんで肉玉そばや
スペシャルを喰う。
甲殻類が喰えない上田くんが
スペシャルのメニューに
書いてある海老という文字を
じっと見ていた。

ルロウズ

オールドスタイルの
しっかりキャベツ押し付けて
水分を抜くタイプの
お好み焼き。
広島住んでても元が山口県民
なんで、お好み焼きを
生活の中で積極的に
摂取しないので、こういった
タイミングで喰うことが
多いけど、たまに喰うと
お好み焼き美味いな。

喰ったあとに
ドラッグストアで氷や
ビール。
セブンでガトーショコラを
購入し、帰宅。
じゅんぺいくんおススメの
セブンのガトーショコラは
濃くて美味かった。

ルロウズのフォント6ptで
書かれた米ツアーの珍道中を
少し読みながら就寝。

朝8時過ぎ。
全員で出立。
シモカドハウスに向かう。
大分、熊本は
kthemusicgirlと
etosとウサギの3組、
kとetosの車に
それぞれウサギを二人づつ
乗せてもらってGO。
途中、ローソンに寄ったら
早速ドアのガラスが割れていた。
ズレててこの威力か。台風19号。

広島は台風の端なのに、風で割れてた。


車中で、ちょいのり保険にスマホで
入ろうとしたら3大キャリアじゃ
ないと入れない。とか
確認メールが届かないなどの
苦難は乗り越えられず、
防府の佐波川SAのセブンで
ちょいのり保険に加入。
途中、SAでetos号から
kの車に移動。

kの車の車中でいろいろ
音楽を聴く。
アイドルソングを
聞いてたら、Aメロが
GAOの「さよなら」の
オマージュで驚く。
台風が反れたといえど、
大分に向かう途中も
風が強く、「これは本体が
関東に上陸したら大変だぞ」
と関東住みの家の弟のことを
思い出したけど、別府で
温泉は入ろうぜ!と相成った
段階で一度完全に忘れた。

別府に着いて、温泉に入浴。
山の上の温泉だったので、
台風の端でも風が強い。
でも温泉は気持ちいい。

風呂上り。


妙にケツがキレイなおじさんとかも
いた温泉を楽しみ、本日の
会場athall(アトホール)へ。

いつ来ても楽しいathallで
リハをして、上の階の宿泊所に
荷物を置く。
そこからシソくんに連れられて
珈琲屋で一息。
美味い珈琲だった。

美味かった。アトホールから徒歩3分くらいだった。


あと置いてあったケーキも
抜群に美味かった。
会場に戻り、御土産の話を
みんながしてて、アトホールの
河村さんに教えてもらった菓子を
購入しに再度散歩。
無事購入。

会場までの帰り道、サキチヨに
妙にケツがきれいなおじさんの
話をしたら、「顔がきれいな
やつはケツもきれいだ」と
嘘か本当かわからないことを
言っていた。
ちなみに「顔がきれいだったら、
爪もきれいだ。」とも言ってた。

ライブは7バンドくらい出演の
長丁場ライブ。長丁場ながら、
飽きることなく最後まで
楽しめるイベントで最高。
僕らの出番前に出演してた
mmm(みーまいもー)さんとステージ上で挨拶。

mmm(みーまいもー)


「どうもウサギバニーボーイです」
「どうももえです」
「みーまいもーさんじゃないんすね。」
「あっ、名前がもえです」
っていうやりとりをしつつ、準備。

ライブは楽しくやらせていただきました。
lowBPMの曲からスタートして
BPMをどんどん上げてく曲順にしたら、
なかなかしんどくて疲れた。
でも、生きてるな。って感じの
ライブが出来たので、少し気に入った。
後ろを振り返ると、ドラムのサキチヨが
2ℓくらいゲロ吐いた後のような顔を
してて、「体力がもたねぇ」と言ってた。
「ふーん」と思った。

ライブ後、調子に乗って缶チューハイを
2杯呑んだら、思ってたよりも酷い
酩酊状態に入った。顔も赤かったとのこと。
最後の迷いクジラの頃には立つのも
しんどくて会場内会場外をフラフラしてた。

迷いクジラ


迷いクジラのアンコールが終わる頃には
たぶん世間でいう「出来上がった」状態
だったと思う。

シソくんのお母さんに鶏飯のお礼を
言い、CDを購入いただいた方にお礼を
言い、いろんなとこでお礼を言い、
河村さんに交通費をいただき、
お礼を言い、最終的には上の宿泊所で
横になっていた。
横になっていたら、笑いながら
うえのくんがあらわれて、
「麺を食べにいくみたいですよ。わはは」
と言ってたので、下に降りたら、
麺ではなく、打ち上げ会場に行った。

大分の流川

打ち上げ会場は30人のお客さんを
スタッフ2人で廻すという荒行みたいな
ことになってた。大変そう。

打ち上げ後、アトホールにて就寝。
呑み足りない人たちは更に
闇夜に消えていったらしい。

ダウンタウン&芭蕉

朝、起きるとみんな寝ていた。
そしてみんな寝言をいったり、
いびきをかいていた。
なので、自分もいびきをかくけど、
お互い様だな。と思いながら起床。

歯を磨いてボーっとする。
わりとみんな早起きで8時半ごろには
ほぼ全員起きてた。
そしてみんなでシソくんのお母さんに
いただいた鶏飯を朝飯にいただく。
美味い。
そして、いつもありがとうございます。
りょうたは広島で元気です。
ちなみにシソくんは広島を代表する
インディーオルタナのプロの
客です。

朝10時に大分を出発。
本日は熊本へ。
kの車に本日も一緒のmmmも
積んでスタート!
自分たちの出番の前に急遽、
長崎のvelocityutが出演するとの
ことで大急ぎで向かう。
着いたらvelocityutが最後の1曲をしてた。
1曲だけでも観れて良かった。

velocityut

途中、妙にケツがキレイなおじさんが
「クソがしたい」と15分程度、
別府湾SAの便器で踏ん張りを効かせて
いたことが悔やまれるが、1曲だけでも
観れてよかった。
前日の夜にvelocityutが出演する!って
聞いたときに観たい!と思ったことが
叶ってよかった。

そんな感じで開幕した僕らの
今年の#artblakeyfes
今年も最高でしたな。
昼の12時から夜中の1時くらいまで
ずっと音楽が鳴りっぱなし。
PAのじゅんくんにとっては年1の
苦行のような気がするけど、
出演する僕らからは最高に楽しみな1日。

田中事件
furate
fjordとその奥の清田さん

田中事件、フィヨルド、フラテなど
熟し過ぎた果実の腐れかけが一番美味いを
実感したり、フレッシュな果実の艶々した
音楽を楽しんだりしつつ、徐々に痛くなる
足の裏。減る腹。
途中抜けたり、入ったりして楽しませて
いただいたが、清田さんは常に最前で
ノリノリで全てのバンド、歌い手を観ていた。
それもキラキラした純粋な目で。
とても羨ましい純粋さと関わる人への敬意。
神みたいなもんだな。と思った。
熊本の良心を具現化したような人だ。
etos、mmm、ルロウズ、倉知さん
円柱へ、yolz、screaming car show、k、
マレットカット、ドイサイエンス、石頭地蔵
まで足を休め休め、身体を休め休め、
いろんなとこから観て楽しんだ。

ルロウズ
screaming car show
doit science ウサギのギター、ウサギTシャツでレア画像で嬉しい。


毎年こんな音楽だんじり祭りをしている
ドイサイエンスはじめ、スタッフの皆さんは
本当に尊い。
みんな疲れてても楽しそうだし、
本当に素晴らしい場所を自力で作っている。
そんな中に毎年混ぜてもらえて嬉しいし、
嬉しいからこそ身も引き締まる。
素晴らしい土地だ。
いやぁ、住みたい。
でも石頭地蔵のみなさんに追い出されるなw

石頭地蔵

今年も最後の石頭地蔵のライブを
拝ませていただき、祭りの後夜祭には
今回は出ずに、一路広島へ。
時間は午前2時前。
ルロウズ号に乗り込みGO!

途中、じゅんぺいくんと運転を変わるはずが
じゅんぺいくんが元気を取り戻したことと、
上田くんの稼働により、
僕は最後まで運転せずに済んだ。

家に着き、あっというまに就寝。

昼過ぎに起きて、近くのうどん屋で飯。
うどん喰いながら、台風被害のニュースを
見てたらじゅんぺいくんが「これは、
家の実家のすげー近くだね」とさらっと
告白。
「大丈夫なん?」と心配するも、
いろいろ話を聞いて、「それは…大丈夫だね」
となる。

うどん喰って家で少しゴロゴロしたら
出発。本日は広島にて田舎者。

恙なくリハをみんな終え、
あっという間に本番。

ルロウズにチケット予約して
見に来てくれた方

シューゲーズが好きで
広島でもシューゲーズバンドが
観たいといろいろ調べて
遊びにきてくれた専門の留学生

いろんな方がたくさん遊びに
きてくれて嬉しかった。

そして、忖度かのように
kneeeeeeくんとルロウズが
ウサギカバーをしてくれた。
ありがたい。忖度。
8万もってたら、2000円づつ渡すくらい
感激した。

kneeeeee
speaker gain teardrop

留学生の子は初めてみる
スピーカーのライブを
とても満足気で観ていた。
そんな風景を観てて、
やってて良かったな。と思った。

ルロウズ
ルロウズ

ルロウズはどこで観ても
楽しい。抜群で爆発してる。
どこを切り取ってもルロウズ。
赤倉くんからDMで
the great journeyのリフの
タブ譜をもらったので、チャレンジ
してみよう。

イベント終了後はルーツで鍋。
遊びにきてくれたshiNmmの
まなぶくん、furateのかねこくんと
話込む。
面白かったけど、自分の凡人ぶりを
再確認する時間となったな。

1時半ごろ、お開きとなり
2時ごろ就寝。

スムーズに7時半に起きて
スムーズにDQウォークを
ウォークモードにして出社。

2019/10/05-2019/10/06

土曜の朝も早起き。

金曜に体重を量ると71キロの
体脂肪が21%と筋トレしてる割に
数値が良くない。と思い、
生活を振り返ると、
家路に着いたと同時に
ジャイアントコーン(チョコ)を
頬張り、飯を食った後に
アイスの実(ぶどう)を頬張り、
口さみしくなると、チョコを摘まみ、
寝る前に締めのアイスの実
(ゴールデンキウイ)を食する生活を
ほぼ毎日していることに思い至る。

体重と体脂肪の割に筋トレのせいか、
腹はそこまでたるんでいないので、
まぁ、いいかな。と思っていたけど、
起き抜けのサキチヨに現状を
報告すると、「理想の女子の体形だな。
女子かな?うぷぷ」と夜喰ってた
かっぱえびせんをポリポリさせながら
言われたので、「よし、断アイスと
断スナック菓子だ!」と決意してたので、
ブラックコーヒーを呑むのみの朝。

しばらくすると、サキチヨが
「こんちゃ」という独自用語で
目を覚ましたことを告げてきたので、
朝の挨拶を交わし、交渉の末、
近所に朝飯を買いに行った。

朝飯を食い、歯を磨いて
歯医者へ。
歯医者行く前にいつも歯を
磨いていくのだけれども、
ちょっと不思議に思うことがある。
どうせ歯医者で歯を磨くのだから、
敢えて家で歯を磨いていく必要は
ないのではないか?という
マインドA

いやいや、歯医者で歯を見て
もらう前に歯ブラシをすることは
エチケット、礼儀の一環だろ。
というマインドB

効率の面でいうと、マインドA
の圧勝。しかしながら、効率で
片付かない相手が持つ印象などを
考慮するとマインドBの圧勝。

結果、いつも効率を後回しに
して、歯を磨いていくのだけれども
世の中のデンタルユーザーの
何割くらいがマインドAに
支配されているのか?これが
漠然とした不思議、興味としてある。

3か月に1回くらい歯医者にいくのだが、
行くたびに新しい発見がある。
今回は歯科助手さんが二人
治療に携わってくれたのだが、
一人は明らかに前より
目元の化粧がバキバキになっていた。
ちょっとした夜会に出られるくらいの
バキバキっぷりだった。
もしかしたら、午後から人生をかけた
一大事があるのかもしれないな。と
勝手に思った。
もう一人は前より明らかに
髪の色が茶色くヤンキー寄りの色に
なっていた。
もしかしたら反抗期なのかもしれない。
ヤンキーに「前より歯をきれいに
保っているな、いいぞ」とお褒めの
言葉をいただき、「ざっす!」と
気合をいれて応えた。

歯医者の後は近所のラーメン屋に
ラーメンを喰いにいく。
いつもいる看板娘?息子の嫁みたいな
人がいなかった。
一瞬で妊娠or別居が頭をよぎり、
妊娠だったらめでたいな。と思いながら、
ズルズルとラーメンを啜った。

午後からは覚えていないくらい
グダグダした時間を過ごした。

ラグビーの試合見ながら、
youtubeで米津玄師を流して、
「簡易ノーサイドゲーム」ゲームを
したりして、遊んでた。
要はラグビーの点が入った瞬間や
試合途中のいいとこで、
「歪んだ~」の米津玄師の曲を流したら、
ノーサイドゲームのワンシーン
みたいになるので、どこが
一番ノーサイドゲームのワンシーン
っぽいかを勝手に決めて遊ぶだけだ。
要は余暇を楽しんだということだね。

ラグビーって不思議と両チームを
応援できるな。

で、寝る。

finlandsの写真は撮っちゃいけない雰囲気だったので、今回の写真はなく、過去のを貼ろうかと思ったけど何か迷惑がかかったらいけないので、いつかの広島の夜景を貼っときます。

日曜も午後までウダウダ過ごす。
今、デモをひとつ作ってるので
サキチヨさんがPCにドラムを
打ち込んでいるのを横目に
有吉反省会などを見る。
昼にキーマカレーを喰う。
今回のキーマはいつもより
少し粘り気があって、米も
硬く水分少な目で歯ごたえや
口に残る触感が組み合わせの妙で
美味かった。
ちょっと飲み物というか
スムージー的であり、
カレーは飲み物というデブたちの
気持ちがわからなくもなかった。

夕方になり、おでかけ。
cave-beにfinlandsのライブを
観に行く。
数年前に知り合ってから
一緒にライブをさせてもらったり、
してて、年を追うごとに
有名になってて、今回ついに
広島にも波がキテた。
人がキュウキュウな状態で入ってて
中は身動きが取れないくらい。
finlandsのTシャツを着てる人たちも
結構居て、広島でこんなに人気なら
関東ではクアトロでは収まらんくらい
人が入るんだろうなー。と思った。
ワンマンライブはMCもそこそこに
曲をどんどんやってく感じ。
途中観てる人たちそれぞれが
刺さった曲が異なるのであろうから、
刺さった曲が始まると皆、歓声を
あげてた。
個人的に恋の前とかウィークエンドとか
再生回数が高いものと歓声は
比例するもんかな?と思ってたら、
そんなこともないらしい。
みんな、ちゃんとCD聴いて自分の刺さる
曲を持ってんだなーと思った。
後ろから観てて、塩入先生の
マイクスタンドが横に移動できる
くらい緩んでて、誰か締めてあげれば
いいのにって思ってたら、わざとだった。
口で上手に左右にマイクスタンドを
操って歌ってた。
マイクスタンド移動中の発声も
バッチリでこれは芸だな。と思った。
あと新しく入った方のコーラスが
とても良かった。ほんとにメロを
支えて厚みや印象を変えるけど、
決して前に出すぎない感じが
素晴らしい声と技術だなと思った。
澤井くんも変わらず素晴らしく
自分なら緊張して絶対ミスるであろう
リズム隊が止まってギターフレーズ
だけになる瞬間、バラードの
ループフレーズを事も無げに
弾いていた。そして「お前、絶対
間違えんなよ。絶対だからな!」という
任務を完遂したあとの安堵から
ちょっとミスるみたいなとこまで
ワンセットで澤井くんは素敵だ。
ドラムのしゅんくんも前に4.14で
話をさせてもらった瞬間から非常に
性格の穏やかな良い人の印象が
あったけど、人柄がドラムに出てる
感じがある。すごい外から自分を
冷静に見てプレイしてる感じ。
塩入先生がちょいちょい気合の
オーバーテンポで曲をはじめても
「気合はいってるんすね。わかります。
でも、ちょっとこれオーバー過ぎるんで
テンポギリギリのとこまで調整させて
もらいますね。でも、この辺のテンポ
までは上げて対応しますんで、
気合でやってください」みたいな
心情の理解度が高いドラムだな。
最高じゃ。と思った。

ライブ後、物販の列に並び、
DVD購入。人がたくさんいたし、
出てきたらいろいろ大変なんだろうな。
と思って、物販の方に名前を名乗って
“ありがとう”とお礼言っといてくださいと
言うと、”あっ、ちょっと待っといてください。”
と言ってもらって、楽屋へt連れて行ってもらった。
疲れた顔してたので、少しだけ挨拶をとか
思っても元来自分が話好きなのか、
懐かしかったのか、15分くらい
長居してしまった。

その帰りに事務所で今ちゃんとも話す。
今ちゃんとは1時間近く話してた気がする。
内容を要約すると、
“生きてくのは大変だね。”
というのを話してた気がする。
ポスター作った分だけ、
唐揚げ売れるといいね。と
思いつつ、帰路。

ライブ前に連戦バトルで
キラーパンサーをボコボコに
してたのを放ってたので、続き。
サイオトコも撃破し、
エビルホーク戦。
効くと書いてあったラリホーが
全く効かず、スカラや癒しの風も
間に合わず、ボコボコにされる。

違う攻略サイト見たら
そんなに強くないので、
心配しないでも大丈夫的な
ことが書いてあった。

むう。

2019/09/28-2019/09/29

金曜の夜は横川に呑みに行き、
そのまま外国の2階にスムーズにIN
数時間に及ぶ飲酒+喫煙+筋トレを
行い、青色吐息。
酔っぱらった人間を家に送り届け、
置いてたチャリがなくなってたのを
見つけ、帰宅したのが朝4時半。

そこから睡眠前に録画してた
アメトーーク観てたけど、2分で
入眠。

起きたら9時前。
老い。
寝る体力がない。
ここから少し起きて休んで、
寝る体力をつけてお昼寝と
いうのが、最近の体力回復方法だが、
今日はおでかけ。

前日から京都のマドナシくんが
広島で出張で来ている。
今回も出張前に連絡もらってたけど、
金曜の横川呑みが入ってたので、
土曜の朝、飯を食おうと
相成っていた。
朝4時半帰宅のため、昼頃を
予定していた合流時間を
老いのショートスリーパ―発揮の
ため、10時半に早め、合流。
マドナシくんはいつ会っても
マドナシくんだ。
お互い割とSNSを活用して
近況を衆人環視の電脳の海に
垂れ流しているため、
「最近もライブ多いっすなぁ」
「マドナシくんも後輩のバンド、
プロデュース?みたいなことしとるね」
なぁんて、会話を楽しみながら移動。
市電に乗り込む。
京都の交通系カード、またはsuicaが
使えるのか?という市電最大の疑問を
マドナシくんは持っていたけど、
使えた。良かった。
そして、乗車時、降車時両方とも
カードを翳さないといけないことを
伝えると不思議そうにしていた。
確かに定額料金だと乗車時のみカードを
翳して180円徴収すればいいのに。
と思ったけど、白島線や宮島線など
180円以下、180円以上を徴収する路線も
混在していることを思うと、
乗車時、降車時両方ともカードを
翳させるのがもっとも確実で
もっとも安価な導入方法だったんだろうなぁとか
思ってたら、目的の駅に到着。
駅を降りると道路上に30センチくらいの幅と
全長5mばかりの島。
信号が変わるのを待って歩きだす。
目的地は西区のたかま。
ホルモン天ぷらのお店。
11時開店で11時ちょうどくらいに入店したのに、
結構な人数が店にいた。
住んでんのか?というスピードでINした
お客さんたちがいっぱいいた。
煮付けと天ぷらをあとから合流するモリソンさん
含めて3人分とビールを注文。
しばらくすると、本日北九州でライブが入ってる
モリソンさんが出発前にわざわざ来てくれた。
マドナシパワー。
マドナシくんはホルモン天ぷらは初めてだった
らしいけど、料理というか店の佇まいに
興味を持ってた。
ホルモンを喰いながら、仕事の話や
音楽の話、イベントの話や石川佳純の
周囲のセキュリティが甘いのではないか?
という心配まで会話は多岐に渡った。
途中でモリソンさんが帰ったあとに
バックボーンが見えるバンドに
ついてお互いの理論を話したりした。
僕はバックボーンが見えるバンドは
わりとズルいと思っている。
半コピー半オリジナルみたいな音は
コピー部分で品質を賄うので、
こけにくい。こけにくいとは、
お客さんが観てて「クソださ」とか
「何がやりたいかわかんない」「へたくそ」
「才能がない」など心無い言葉に
晒されるリスクが少ないという意味だ。
このこけにくさを担保にしたバンドは
大体思い出を作って数年後に雲散霧消
してしまうイメージがアマチュアにも
メジャーにもある。
そういうバンドは
オリジナル作ったつもりが影響受けすぎて
バックボーンが漏れてるというより、
狙ってバックボーンを見せているので、
あざとい。
あざとい分、その策が尽きると打つ手が
雲散霧消しかない。僕はその雲散霧消
っぷりを批判的に評価してしまうけど、
マドナシくんはそこらへんは寛容だった。
あとマドナシくんがナンパスポットである
ビアガーデンでライブすることになり、
ライブ前は自分たちの音楽をこんなとこで
演奏して大丈夫だろうか?って心配
してたけど、ライブが始まったら
「わしら、どこでもこんな感じやんけ!」
と思った瞬間に楽しくなった。と
話してて、「あぁ、だからマドナシくんの
音楽は需要があるんだな」と思った。
人は個人の放つ、その人にしか放てない
何かを放っている人に惹かれる。
あざといバックボーンバンドにはない、それだ。
ま、惹かれてくれる人数は人によるけどね。
ウサギもそうならなくてはな。と思う。
なんてことを取り留めもなく話してたら、
「最近4拍子の曲ができそうなんで、
わし、すごい売れるかもしれません」
とマドナシくんが言ってたので
「心配いらないと思うよ」と言うと、
京都の友達にも同じことを言われると
言っていた。

帰りは腹ごなしに徒歩で中区まで
戻ったけど、話してたらあっという間だった。
ヲルガン座に自転車置いてたので、
そこで話をしてたら、イズミさん登場。
少し話して写真を撮る。
写真を撮ったあとにマドナシくんが
イズミさんに
「最近4拍子の曲ができそうなんで、
わし、すごい売れるかもしれんで」
とマドナシくんが言ったら、イズミさんも
「心配いらないと思うよ」と言っていた。

マドナシくんを見送り帰宅。

夕方、キラーマシンを倒すのと、
タナ先輩の新居で餃子とカレーを
喰う会に参加。
ベンとタナ先輩がチャリを二人乗りして
二号線の横断歩道を渡っている風景を
見てたら、なんだかんだ幸せでいいな。
と思った。

数分前までベンに
「おまえは人の気持ち考えねぇんだよ」
「ちったぁ、考えろよ」
と烈火のごとく怒ってたババアが
まんざらでもない顔で文句をいいながらも、
おとなしくチャリの荷台に座っている。
いいじゃないか。

ま、二人乗りは違法だから今、この瞬間に
警察に捕まればいいのにな。と
思ってたら、次の日に捕縛されたと
ツイッターに書いてあった。
おもろい。

深夜に帰宅して就寝。

朝、起きて近くにゴーレムがいたので
倒しにいく。
ついでにクエストをいくつかこなす。
オートモードでサクサク進めてたけど、
4章8話をオートモードでやってたら、
知らぬ間にボコボコにされていた。

家に帰り、飯を食って
ワイドナショーとか見て、風呂。
風呂上がりに10/22のライブに向けて
アコギをメンテナンス。
ドブロギターの蓋みたいなのを開けて
掃除して開けた蓋の中にピエゾの
ピックアップを両面テープで留める。
なんか反響音を拾ったほうが良さそう
だったので思い切ってピックアップの位置を
変えてみた。
ギターの弦を外してたので、ついでに
弦交換を…と思ったら、弦がない。
弦を買いにギタートップまで歩く。

ギタートップで弦を購入後、サンモールへ。
GU、ユニクロの秋冬を見て試着して
ネットで購入しようとしたら、欲しいサイズが
ネットではもう売り切れてた。

一緒に歩いて街まで出てたサキチヨさんが
往復7キロ程度の徒歩にもかかわらず、
ぼろ雑巾のように倒れて眠っていた。

数時間後、ムクッと起き上がったサキチヨさんは
昨日、タナ先輩にもらった餃子をサッと焼いて
くれた。餃子は酢と胡椒で喰うのがいいな。
酢もたくさん取れるし。

その後、サキチヨさんがそわそわしながら
待ってた時効警察を観る。
麻生久美子、立派だな。
歳をとって皺が多少増えても役の印象が変わらない。
何故か歳をとり母になった今、パンチラチックな演技が
数か所あった。なんかカッコいいなと思った。
吉岡里帆はこれから味が出てくるんだろうな。
でも、クライマックス手前で寝てしまう。
ま、犯人は大体わかってたし後はエピローグみたいな
もんなので、大丈夫だろう。
今週末からの楽しみが増えたな。

今週はまた台風が来日するな。
うーむ。

2019/9/21-2019/9/22

土曜は朝から研修。
台風の影響がある可能性があったので、
電車でGO。
土曜の朝は、ゆっくりしている。
市電の中もゆっくりとした時間が
流れているようだったが、
よく見るとゆっくりとした
時間が流れているもの、
ゾンビの継続みたいなものの2種類がいた。
これは3連休を取得し、
今からどこかへ遊びに行こうと
しているものの顔と、金曜の延長で
本日も出勤というものの
顔の違いだと思われる。
後者のゾンビの顔をして僕も移動。
JRもほぼほぼ同じ状況で移動。
JRには制服を着た学生も結構いた。
部活なのか、受験勉強なのか
分かんないけど、学生たちも
3連休を取得し、今からどこかへ
遊びに行こうとしているものの
顔と比べるとゾンビだったな。
こういうのを見ると、
夢とか希望とか大事だな。と思う。
3連休という夢や希望が
叶うと人は生きている顔をする。

研修は朝から夕方まで。
好きなときにタバコ
吸ったり、休んだり
出来るので、そんなに
悪いもんでもないし、
集団で物事を考えるという
ことで暇をしなくてもいい。
暇だったら集団で雑談
したらいいし。
でも、目的があるので、
それを遂行するための
布石は打っとかないと
いけない。

これは何をしてくれる
わけでも、重い腰をあげる
わけでもない組織のための
忖度を用意してあげないと
いけないということだ。
面倒臭い。
出世を望んでない場合に
忖度を強要されるのって、
ハイリスクノーリターンみたいな
もんでやってる側に全く
メリットがない。
しかし、「どうせやらんやんけ!
無駄やんけ!徒労100%やんけ!」
という関西弁で浮かんでは
消えていく思いを騙し、騙し、
隠し、隠し笑顔で
「こなすことに金銭的
価値があるのだろう。」
と考え、踏ん張る。

ま、でも労働とは
そんなもんだろうという
達観してる部分もあるので、
理不尽を消化し、自身の
金に変える。
タイムイズマネー。
規定時間まで研修、研修。

家に帰り、duoの練習。
久しぶりにnoriで練習。
ここは環境が良すぎた。
全部の音が全てクリアに
きちんと聴こえる。
こんな恵まれた環境で
練習してたら、恵まれた
環境でないとライブが
できなくなるぞ。と思う。

loopは地獄に近い環境で
練習しとかないと、本当に
簡単に地獄に落ちるので、
たまにはこういった恵まれた
環境も必要だけど、
音がこもって聞こえにくい
ような環境でも練習して
おかないといけないと思う。

んで、ドラクエのレベルを
上げながら帰宅。

noriはライブ前のチェックとかで
自信をつけさせてもらうために
活用するくらいが
ウサギduoには合ってるな。
それくらい整ったスタジオだなー。
と思いながら、就寝。

朝、起きてから二足歩行を
始めるまでに8時間程度
かかった。
これは布団とソファの上のみを
行き来し、録画番組を
視聴し続けることで生まれる
状況だ。
練習だ、打ち合わせだ、休息だ、
とやってると先週は全く
TVが見れなかった。
台湾や福岡行ってたときのTVも
溜まってて、HDDが残1%切ってた。
金曜までにノーサイドゲームの
残りを観て3時間くらい余剰作ってたのに
そこにアメトーークSPがきっちり
3時間埋まってきてやがる。
凪のお暇も2話前から観てない!
とかやってたら、二足歩行を
始めるタイミングを失ってたな。

なんとかHDDを3%までこじ開けて
風呂。

そこからポプラ主催のライブにduoにて
今回は一人で演奏する人も多くて
いつものバンドとは違う側面を
出してくる感じもあり、なかなか
面白かった。
ポプラはほぼインスト、シミュラクラは
インストでetosとかと絡んでも
面白いだろうな。と思う。

duoはなんとか頑張った。
前日の練習でポロンと
適当に始めたグッドバイが良い出来に
なりそうな予感なので、
次回のduoまでにはまとめたいな。
今日のファンタUSAは
結構良かったかな。という感想。

ライブ後は台風接近もあって、
挨拶もそこそこに早めに帰宅。
家で炊き込みご飯喰って就寝。
炊き込みご飯に山椒が採れたての
姿のまま入ってた。

2019/09/14-2019/09/16

朝起きて、木曜に録ってた
アメトーークを観る。
芸人っぽい芸人って
それは一体何や?
芸人は芸人だろ?と
思いながら観てた。
破天荒な暮らしをする人は
芸人でなくても破天荒だし、
地味なやつは芸人でも地味。
破天荒だからこそ、
地味だからこそ
光る瞬間がある。

世の中そういうもんだよねぇ。
と考えながら、笑って観てた。
面白かったなぁ。なんて、
考えてたらお迎えが。
本日は福岡遠征。
音源リリースするkthemusicgirlの
九州ツアーで知ってるとこ紹介したら、
ウサギもどうですか?と問われ、
二つ返事で「行きます。」と答えた
芸人用語?でいうバーターってやつ。

てんぷら ひらお

もともと九州のロケットランチャーの町で
暮らしてたおーはしくんの久しぶり?の
九州ライブでおーはしくんは燃えていた。
まずは車を用意してくれた。
おーはしくんのバンドOMTのドラムさんから
優しくなのか、強引なのかは不明だけれども
車を借りてくれた。
そして、それを運転し、天ぷらひらおまで
連れて行ってくれた。
車中でおーはしくんがイカの塩辛について
熱弁してくれた。
ひらおに着いて、列に並んでいると
悩んだおーはしくんがご飯大盛の
食券を購入していた。

次にUTERO隣にある加藤小判に
出かけようとしたら、閉まっていた。
そしてリハをした。

リハ後、UTEROの2階に上がると
おーはしくんは全開だった。
数か月ぶりに会う九州の友達と
全開で会話を楽しんでいた。
そして、そこに未遂のドラムがいた。
昨年末、爆発的な酔っぱらい能力で
楽しい時間を提供してくれた
未遂のドラムがいた。
今回は打ち上げに参加せずに
近くのガールズバーで呑む。
という話題を提供してくれた。
多分、天才なんだろうな。と思う。
しかも無駄に声が渋いのも
最高に面白い。
また未遂のドラムの事件を
体験したいな。と思った。

URBANフェチ
NYAI

ライブは計7バンド出演という
長丁場ながら、面白いライブだった。
アーバンフェチを久しぶりに
観たけどキレキレでしたな。
あと話題のNYAIはポップセンスに
溢れてたな。
他のバンドのみんなも音楽好きが
拗らせてるような音を出してたな。

神棚onthewall
石の犬
未遂
kthemusicgirl


ウサギもライブ前にセッティングしながら、
中西くんから「おーはしの足はくさい。
足が臭くて怒ったのはお前が
はじめてだ」みたいなことを言ってて、
気合十分だった。
本日おーはしくんを泊めることになっていた
照明してたダム狂いの子だけが
絶望的な顔をしていた。
おーはしくんは足を臭くしながら、
良いライブをしてくれた。
ライブ後は打ち上げ。
NYAIのみんなとたくさん話した。
楽しい福岡のおじさんの話などをした。
一番印象に残ったのは話じゃないけど、
NYAIのボーカルの子が
「そのハイボールもう呑めんと?」
と聞いて周囲の男前ハイボールという
1.5ℓくらい入ってんじゃないかと
思われるハイボールを次々と
顔色を変えずに呑み切っていた。
僕も通常のハイボールを半分呑めなかったので、
片づけていただいた。
全く顔色は変わっていなかった。
UTEROでハイボールを3杯呑んで、
それに加えて打ち上げでのハイボールは
無理なんだな。ということを学んだ。
そしてUTEROのハイボールが打ち上げの
途中から異常な眠気として僕を襲って
きたので、2時半ごろホテルへ撤収。

朝、起きたらマラソン日本代表を
1発勝負で決める大会のスタート前番組を
やってた。
そしてずっとそれを観ていた。
風呂に入って髪を乾かしながらも
それを観ていた。
男女がスタートして少し経ったころに
みんなで集合して、福岡から広島へ。
途中、SAにて豚骨ラーメンを喰う。
14時頃広島に戻り、尾道へ。
尾道へはタナ先輩が連れて行ってくれた。

本日はduoにて尾道のジョンバーガー。
尾道でのライブは久しぶり。
前まで尾道でライブに誘ってくれてた
みんなが福山でライブをするように
なってからは自然と僕らも
福山によく行くようになり、尾道は
本当に久しぶりだったな。
duoと言えども音量は割とあるので、
大丈夫かな?と思って聞いてみたら、
PAしてくれてた方が「全然大丈夫よ」
との心強い返事をいただいたので、
いつもどおりやらせていただいた。
イベントは尾道というコンビニ1軒建てるのにも
反対運動が起こりそうな洒落た雰囲気の
街で、尚且つ一緒にやる皆さんも
どうも街の匂いがする面子で
土の匂いがする僕らは大丈夫かな?
と思ってましたが、1曲目の最中で
ちびっこが前でダンスしてくれてたので、
ちびっこがダンスする音楽は
最高だろ。と思っていつもどおりに
やらせてもらったら、盛り上がって
もらえたので、良かった。
街を散歩してたら
やたらと1眼レフ抱えたオシャレ女子が
たくさんいて、会場にこういう女子ばかり
だったら耳抑えて出ていくんだろうな。と
思ってましたが、どうやら
会場には1眼レフ抱えたオシャレ女子
じゃなくて、変わり者がたくさん
いたようでした。良かった。
でも、常々1眼レフ抱えたオシャレ女子に
ちやほやされたいとは思っています。

ありがとうございました。

ライブ後、最期の曲を
オカダノリコに歌ってもらうのに
娘のはるちゃんと契約したので、
約束のお菓子3個を買いにいく。
はるちゃんはエネルギーで
できている。
生命力と言ってもいい。
そんなものが常に爆発している。
すばらしい。
コンビニで清算してたら、
1円くれというので2円あげたら、
募金していた。
いい奴だ。
その後、こないだはるちゃんは
1万円を募金しようとした。
という話をしてくれたので、
「1万円とかは将来何かの役に立つから
とっといたほうがいいぞ。」と伝えると、
「それはお前だろ」と言われ、
「はるちゃんにお金はいらない」と
言いきられ、「なるほどな」と思う。

tatami

その後、tatamiの多幸感あふれるライブを
見て打ち上げ。
明日も朝早いので、そこそこで
打ち上げを切り上げて帰宅。
即寝。

起床後、すぐに移動。
天神川駅で合流して、一路高松。
この3連休はよく移動する。
本日は高松toonice。
朝、早く出発したのは
昼に骨付鳥を食べるため。

途中、屋島のSAでうどんを喰う。
骨付鳥が控えているので、
控えめに喰うもやはり
香川のうどんは美味い。

スムーズに13時ごろ、
到着。
途中、腹が痛くなり
コンビニに寄ってもらう。
小学生とその母親が
トイレのドアを隔てて
ずっと会話をしていた。
おじさんはその傍らで
ずっと便意と戦っていた。
母親は子にうんこを急かし、
子は急いてうんこをしようと
試みるもでないらしい。
母親は我慢が限界になったのか、
「もうお母さん、車に戻るからね」
とドアを離れた。
しかし、子にその声は届いておらず、
子はずっと母のいないドアに
話しかけていた。
しかし、そこには便意と戦うおじさん
しかいない。
「終わった!」とドア越しに
聞こえ、そろそろかと思ったら、
流石、子供そこからが長い。
なかなか出てこない。
そうこうしてる間に、
再度母親が登場。
ドア越しに会話を始める。
漸く準備が整って、
トイレから親子が離れてくれるかと
思いきや、子が手を洗っていない
ことに思い至った母親は、翻って
子に手を洗わせている。
便意と戦うおじさんも
そろそろ限界だ。

手を洗い、親子が離れたその刹那、
おじさんはトイレに飛び込んだ。

なんとかトイレも済まし、
会場に早めに着いたので
目的の骨付鳥へ。
マップで見ると、営業時間外。
「え」と思うも、
前は確かに昼に喰いにいったので、
開いてるはずだ。と思って
とりあえず店まで行ってみたら、
開いてた。
多分、祝日設定が効いてなくて、
通常の月曜日の営業時間が
適用されてたみたい。
通常は夕方5時から、
土日祝は昼11時からの営業みたい。
しかも空いてた。
これはマップの間違い表示のせいかも
しれないけど、待たずに喰えて
良かった。

骨付鳥を喰って会場に
戻ると、uniTONEのメンバーと
再会。

メンバーは機材を運びながら、
・オーモリくんがまだ来てない。
・昨日も1時間半遅刻した。
・あいつはただただ純粋に寝坊する。
といい感じの愚痴を教えてくれた。

ほうほう。と愚痴を美味しく
いただいて、一服してたら、
セブンイレブンのカフェオレを
チューチュー吸いながら、
オーモリくんが登場。
5スロで大負けした話を聞く。

そんな話をしてたら、
uniTONEのリハ。
リハを聞いてたけど、
いい感じ。
本番もみんな、いい感じに冷静で
尚且つPAもメンバーの持つ
音量のギリギリまで上げて
非常にライブとしても、
音質としても最高の
仕上がりで抜群のレコ発だったな。
会場もuniTONEへの愛情が
溢れててよかった。
ローランロールベイベー。

uniTONE

ウサギに関しては、メンバーは
それぞれ頑張ってくれたけど、
肝心の自分の調子が出切らず、
少し不完全燃焼。
なんかよくミスタッチし、
声も枯れてしまった。
うーん、また良いものを
魅せれるように精進しよう。

the circus
迷走ループ

ライブ後にみんなが余韻に
浸っている間も刻々と時間は
過ぎていくので、23時半過ぎに
挨拶して撤収。

途中まで助手席でたまちゃんと
話をしてたけど、眠気がピークを
迎え、福山の手前で助手席代わって
もらったら、眠りに落ちて、
起きたら家の近くのジョイフルだった。
時計を見たら、3時前だった。
たまちゃん、運転ありがとう。

家に帰り、即寝。

高松の草履屋さん


2019/09/05-2019/09/08

僕は腹を下していた。
木曜日の朝5時に起床。
寝ぼけ眼で用意をして出立。
didiでタクシーを家の裏のセブンイレブンに呼んで
広島駅へ。
早朝なので、駅の構内はまばら。
その中を12キロのギター(4人用エフェクター込)と
5キロ程度のエフェクター(2人用)と着替えを携えて
新幹線に乗り込む。
一路、福岡へGO。
博多駅に到着後、SUICAをチャージ。
チャージ後、地下鉄へIN。
通勤時間と重なり、反対のエスカレータには
通常日、木曜日をこなすサラリーマンの群れ。
一様にその顔は下を向いて、生を感じない表情を
していたように思う。ま、本当のとこは知らないけどね。
抜群の優越感を感じながら、福岡空港へ。
国内線のバスターミナルから国際線のターミナルへ。
天気も良く安心。数日前に発生した台風が二つ。
ひとつは消えたけど、ひとつはわりと近くにいるのに
福岡は快晴だった。
その天気を感じながら、僕はゲームキャラのレベルを
上げていた。

国際線の入り口に到着し、今回の航空会社を探す。
あった。端のほうに。
空港にくると、いつも貧富の差を感じる。
金があると近く便利で楽。金がないと遠く不便で大変。
ま、貧乏人でも海外へ行けるだけいいか。と思い直し、
目を上げると、チェックインカウンターに
ファーストクラス用、ビジネスクラス用を掲示している
シンガポール航空が目に入った。
潔ぎがいい。
貧富の差。
金持ちになったら是非ファーストクラス用、ビジネスクラス用の
チェックインカウンターを利用して「やり方が素直に下品だね。ハハハ」
と言ってやろうと思った。
閑話休題。
福岡空港の端のチェックインカウンターに重い楽器を預け、
無人チェックで国外へ出る。人生2度目の日本国内の日本でない場所へ。
空港の一番端の搭乗口から搭乗。
一路台湾桃園空港へ。
そういえば、飛行機内の客室乗務員の方がきれいだった。
どこの国の人なんだろうなぁ~と思った。

桃園空港には到着し、台湾へ入国。
特に悪いことしていないけど、
入国審査はいつもドキドキする。
自分の知らないところで冤罪事件に巻き込まれ、
裏で指名手配をされており、ここで捕縛されて
しまったら…など、おいおい想像力豊かだな。
ってことをいつも考えてしまうが、
いつも杞憂。そりゃそうだ。
朝から何も食べてなかったので、空港内の
フードコートでご飯。
新東陽?だったかな。
なんか台湾のやよい軒みたいな
とこでプレートのご飯を注文。
少しずつ昨年の記憶を呼び起こし、
書いてある金額の約4倍が日本の金と同じ。
と思い出して600円程度、150NTドルだった。
ちなみに漢字は読めるけど、意味もわかんないので、
肉が二つ書いてある漢字を頼りに注文。
すると、異なる肉料理が二つ乗ったプレートが
登場。食ってみる。うめぇ。
特に片方の煮込みの肉料理が美味。
因みにサキチヨさんは別の店でなんかの
セットを注文したら、思いの外、大量だった
らしくつくねが大量に入ったスープを四苦八苦
しながら食べてたので、 新東陽の隣に併設されてた
タピオカ屋でタピオカを購入。
日本では決して手を出すことはないけれど、
ここが海外であること、原価が安いタピオカらしく
40NTドル~80NTドルの値付けなんで、適正価格だな。
と思うので購入。
一番上にあるスタンダードなやつを注文したら、
おばちゃんから日本語で
「これ、タピオカ入ってないけど、いい?」と
聞かれる。おぉ、日本語通じる。と思いながら、
「じゃ、タピオカ入ってるやつで。」と注文。
50NTドルでタピオカミルクティーを購入。
タピオカ飲みながら、事前に購入していた5日間使い放題
simカードに交換。
因みにここまで写真はない。何故ならすっかり忘れて
いたからだ。
飯食って、sim変えてMRT(地下鉄)で台北へGO。

券売機でヨーヨーカーを購入。因みに右にある両替機で1000NTドルを4枚両替した。


今回はわりと電車やバスを使うので、
台湾の交通系カード「悠遊カード(ヨーヨーカー)」
を購入。

ヨーヨーカー

ヨーヨーカーに500NTドルチャージして、MTR(地下鉄)へ
このMTR(地下鉄)は飲食禁止で結構厳しいらしい。
あとヨーヨーカーは金が足りなくても一回はマイナス決済が可能で
次回チャージ時にマイナス返済ができるというシステムらしい。
そしてMTR(地下鉄) へ。
初めての改札でいきなり躓く。
なんかカードをピッとするところがプラスティックの面と、
透明ガラスの面があって、迷うことなく透明ガラスのとこに
ピッとしたつもりが通れなかった。
透明ガラスの上のプラスティックの面が正解だった。
さらにカードの接触時間が思いのほか長い。
感覚的に日本は1秒未満。
台湾は2秒って感じ。
一路台北へ

台湾は曇りだった。

台北駅に着き、3日間の根城となるホテルへ移動。
出口M6を必死に探す。
なんとか無事にたどり着き、チェックイン。
不思議なもんで英語は全く喋れないけど、積極性だけはあるらしく
僕は積極的に英語を喋ろうとする。チェックインも途中から英語で
口を出す。サキチヨさんから
「喋れもしないのに、喋ろうとするなんて、ハート強いな。お前」
とお褒めの言葉をいただく。ま、多分褒めてないけど。
お疲れのサキチヨさんをホテルに残して喫煙スペースを探す。
台湾は全土で建物内は禁煙。
タバコは必ず外で吸わないといけないらしい。
でも、携帯灰皿とかもってないので、喫煙スペースを探索。
あった。
三越の細道にあった。
台湾の灰皿は側面にタバコを廃棄するとこがある。
日本は上面にタバコを廃棄するとこがあるので最初は灰皿とは
思わなかった。因みに写真はない。

この三越と隣のビルの間に灰皿があった。

タバコを吸ったあとに台北駅の周辺を散歩。

駅前だけど、少し入ったらいい感じ。
近道なんかも見つける

晩飯を食うのにいい感じの値段の場所を見つけて一旦ホテルへ。
日本でも台湾でも布団に横になっているサキチヨさんに報告。
「うむうむ」と報告を聞いたサキチヨさんはそのまま、昼寝をした。
昼寝から起きたサキチヨさんを連れ、晩飯。
因みに飯の写真はない。
感じのいいおばちゃんの店で揚げた魚のスープと餃子麺を食ったけど
普通だった。

夜の台北駅

飯を食ったあと、腹ごなしに散歩。
来るときはMRTを使ったけど、帰りは朝6時のフライトで
MRTが動いてないので、今回は高速バスで桃園空港へ
行こうと相成っていたので、とりあえずバス乗り場を探す。
駅の裏にバス乗り場があった。1819のバス乗り場から
桃園空港への便が出てるみたいだった。
途中、台湾の音楽スタジオを見つけて嬉し気に中に入ってみる。
ピックを購入。
ホテルへの帰りは駅の構内を通って帰ってみる。
なんか駅の構内を通ったほうが早いな。と思い、
帰りは地下道から駅の構内を通ろうと決意する。
ホテルに帰り、TVをつけると
「あの花」のアニメの最終回をしてたので、
それを観ながら就寝。あなる。

2019/9/6
おじさんの朝は早い。
7時くらいに起きて散歩。
ちなみに台湾との時差は1時間。
三越の隣でタバコを吸った後に散策。

スシローとマックを発見。
ユニクロとくら寿司も発見。ドロリのことを思い出す。

散策中に吉野家なども発見する。
牛丼1杯150NTドルくらいする。600円?
高いな。と思う。材料を全部輸入してるからかな?
とも思う。
そしたらタピオカも同じかな?と思ったけど、
タピオカはただの流行に乗った暴利だ。と
何かのニュースで読んだので吉野家とは違うんだろうな。
と思ってホテルに戻ると、サキチヨさんも起床してた。
せっかくなので、朝飯を食いにいこう。と言うと、
ゴロゴロしながら「んああ、ま、いいけど、どこいくんや」
と言うので、検索。
「台北駅 朝ごはん」で検索して一番上の店に
行ってみる。徒歩で10分程度。
「阜杭豆漿」 っていう店。
朝の台北駅周辺は結構な交通量で尚且つ交通ルールがわりとワイルド。
ギリギリでバイクが車の間を通り抜けたりしてる。
「うまいもんだな~。」と思って道路を見てたら、
バイクとタクシーが接触して運転手が二人で1車線つぶして大ゲンカしてた。
平和だ。
店が入ってるという崋山市場というとこに着いて中に入ってみるも、
どこに店があるのかわからない。
市場を抜けたとこに階段があり、
そこにチラシみたいものが張ってあったので
階段を上るとあった。 「阜杭豆漿」
すでに結構な行列。並ぶ。

阜杭豆漿
こんな感じで戦場のような雰囲気でみんな必死に作ってる。ま、戦場いったことないけど。

行列の途中にメニューがあったのでメニューを取得。
飲み物コーナー、食べ物コーナーみたいに
読み取れる文字があったので、
最初の飲み物コーナーで豆乳を注文、
そのまま隣で食べ物を頼もうとすると
なぜかそのままスルーされそうになる。
どうやら飲み物コーナーですべてを注文し、
飲み物コーナーで飲み物を、食べ物コーナーで
食べ物をもらう感じらしかった。
けど、もう一度並ぶなんて無理だ。と
判断して、食べ物コーナーのおばちゃんに
英語で「これとこれとこれくれ!」と
言うと、ちゃっと取ってくれた。
で、清算。

みんな、なにやら豆乳にパンみたいなのをまぶしてた。

薄いパンみたいなやつがそのまま食っても、豆乳につけてもうまかった。
あと冷たい豆乳はうまい。
飯食ったあと、ホテルに戻りトイレへ。
快便。
どうやら台湾の食事は僕の腹に合うらしい。
一息ついて、本日は台南へ移動。
台湾はだいたい九州と同じくらいの大きさで
今日は九州でいうと、福岡から鹿児島と熊本の県境くらい
までの移動。
サキチヨさんが事前に新幹線のチケットを予約してたので、
そのチケットを前日に引き換えてたのでスムーズに
新幹線にIN

月台はプラットフォームって意味らしい。新幹線の構内。
新幹線内。日本の新幹線と変わらない感じ。

新幹線の台南の駅に到着。
どうやら台南は新尾道の新幹線の駅と
尾道駅の関係と同じ感じで新幹線の駅は
非常に町から離れた田舎にある。
新幹線の駅の隣に併設されてる「沙崙」駅
から鈍行に乗り換えて移動。
因みに台北~台南は新幹線なので専用の
切符とパスポートを改札で出して、
駅員さんに専用の改札口から出してもらうの
だけれど、鈍行は昨日買ったヨーヨーカーが
使える。

鈍行の車内。
保安や中洲など見覚えのある漢字の駅を4つくらい超えて、台南駅へ

台南駅に着いて、バスに乗ろうと思ったけど
道路渡るのが面倒だったので、タクシーに変更。
どのタクシーに乗ろうかな。と思って中をみようと
すると、日本と違ってスモークが前のガラスにも
貼ってあって中が見えない。
結果、徒歩にて移動。
街中を歩く。1.4キロの徒歩。
知らない町なので、なかなか疲れる。
あとどれくらいで着くのか?数値的には
分かっていてもなんか疲れる。
なんとか台南の宿泊先の近くまでたどり着いた
ところでダーマイと合流。
ダーマイはこないだ主題歌を作った
「君がいる、君がいた、そんなとき」の映画製作スタッフの
一人で台南ライブが決まってから、迫田監督に紹介して
もらって連絡をとっていたので、初めて会えてうれしい。
ちなみにダーマイは台湾語と英語が喋れる。
僕は日本語が喋れる。
根性の英会話コミュニケーションがスタートww
しかしながら、ダーマイはとても良いやつで
僕の文法や発音が絶望的な英会話に耳を傾け、
理解してくれる。ありがたい。

ダーマイとおじさん

ダーマイが「腹は減ってないか?」と聞いてくれたけど、
朝食がまだグングンに胃を満たしていたので、
「ノーハングリー!アイウォントトゥかき氷」
と言い、かき氷を翻訳で調べて、「刨冰」という
文字を出して「OKOK!」とかき氷屋に連れて行ってもらう。

火山爆発と書いてあったかき氷。

かき氷屋に入ると写真があったので、それを見ながら
「火山爆発」という一番高いかき氷を注文。
少し調べてて台南はマンゴーが有名とのことだったので、
せっかくなら特産品使ったかき氷を食ってみようと思って、
即注文したのだが、どうやら火山爆発はドラゴンフルーツを
使ったかき氷らしかった。
「マンゴー?」と言うと「ノー!ドラゴンフルーツ」って店員さんが
言ってたけど、かき氷が出てきたらマンゴーもたくさんのってた。
店員さんのサービスに痛み入る。
「センキュー!センキュー!」と言ってかき氷を頬張る。
「冷たい!うまい!マンゴーもドラゴンフルーツも新鮮で最高!」と
日本語で言ってた。
かき氷を頬張って、窓の外を見たらどこからともなく豚がやってきていた。

名前がついてたので、多分飼い豚。

その後、宿泊先と本日の会場のTCRCライブハウスの近くに
ある観光地に連れて行ってもらった。
築400年?くらいの城だった。
なんか日本人が市長をしたことがあるらしく銅像が立ってた。
建物は細かい細工と色鮮やかな彩色で綺麗。
建物内になんかデジタルカウンターがあったので、
「ホワット?」というと「これは重さを計るんだ。
重量制限があるんだ」とのことで、どうやら建物の3階は
耐荷重が低いらしい。
400年の歴史…。
上には誰もいないらしく、「0」の表示がでてたので上へ。
3階から台南の街を見下ろすと雨が降ってきた。
しかも結構強い。
ダーマイ曰く「んー、これ雨じゃなくてスコールみたいなもんかな。
じきに止むよ」とのことでちょっと待ってたら、
本当に止んだ。
野良リスが壁の上をシタタタと走っていた。
ちょうど帰るくらいに下から関西弁が聞こえてきたので、
日本でも有名な観光地なんだな。と思う。

有名な城。関西人の観光客がたくさんいた。

城を後にして、スコールの止んだ町を歩いてダーマイが
次は珈琲屋?カフェに連れて行ってくれた。
かき氷の支払いのときからそうなのだが、
ダーマイに出会って別れるまでお互いに奢り、奢られ戦争を
していた。
因みにかき氷はダーマイ、城はウチ、カフェはダーマイが
金を払っている。

ダーマイに連れて行ってもらって、尚且つ奢ってもらったカフェ

カフェで映画の話や何故、日本で映画のスタッフをしたのか?
ダーマイの故郷の話なんかを聞く。
先述のとおり、ここの珈琲代はダーマイが払ってくれた。
その後、宿泊先に楽器を取りにいって会場へ移動。

台南の夕暮れ

会場を見つけてIN
階段を下りて地下の会場。
ちょうどいいサイズの箱。
中にはPAの人が一人でいた。
簡単に英語であいさつするも僕の発音の悪い英語は
通じず、ダーマイが台湾語に翻訳してくれた。

TCRC着!

ダーマイの通訳のおかげでリハーサルも順調。
何曲か確認させてもらって外に出てみると、
対バンの暖嶼Fuermoshaが登場。
初めて会うのだけど、何故かお互い楽しそうに
会話ができた。
暖嶼Fuermoshaのメンバーはベースの子が
英語できるけど、他のメンバーはほぼ台湾語のみ。
僕は日本語のみなんで、ほぼダーマイ頼りの会話を
楽しんだ。それでもコミュニケーションって
取れるもんだなぁ。気持ちだね。気持ち。と
自分の英語力を反省することは一切なかった。
暖嶼Fuermoshaのリハも終わり、「外でタバコ吸おう」と
誘われて、またタバコを吸いながら外で話をしてたけど、
「そういえば…?」と思い出し、ダーマイに
「アーユーハングリー?」と問うと、
「めちゃ腹減ってる」というので、軽く飯を食いに出発。
ダーマイ曰く、食いたいものを食って次の店に移動することは
結構あるよ。とのことで2軒をハシゴ。

台南名物と言う牛肉のスープ。すごい旨い。見た目よりもあっさりしてる。
次に10mくらい先の米ケーキ?みたいなものを食う。旨い。ダーマイの好物とのこと。

腹を満たして暖嶼Fuermoshaのライブを観る。
結構人も入ってきていい感じ。
基本インスト+ポストロックのサウンドで演奏力も高く、曲もいい。
途中、大陸的だなぁと思う大味なアレンジと細かい優しい
単音の絡みを巧みに使ってるバンドでとてもいい感じ。
会場にもすごい似合ってた。

これは歌がある曲。

暖嶼Fuermoshaのあとにウサギduo。
いつもどおりいくつかの失敗はあったもののこの日は
テンションの高い演奏ができた。
会場からもたくさん声援をいただき、
嬉しいかぎり。
その中に日本語で「すげぇ」「いいぞ!」という
声が混じってた。よく聞くと日本人のイントネーション
とは違うので、日本語がわかる人がいるんだなぁ。
と思ってたら、ライブ後に日本語喋ってた子たちが
話かけてくれた。
話してみると、彼ら4人組は大学の先輩後輩で
facebookでこのイベントを知ってわざわざ
足を運んでくれたとのこと。
また彼らは多摩美術大学に留学してる、してた
とのことで基本日本語で会話ができた。
この出会いも本当に嬉しかった。
上でタバコ吸ってると、
「ご飯どうするんですか?」と
聞いてくれたので、
「特に決まってないよ」
というと、一緒に食べにいこう。
と誘ってくれた。
暖嶼Fuermoshaのメンバーも誘ってみたけど、
車1台で来てて、明日仕事のメンバーがいるとのことで
一緒には行けなかったけど、次は日本で
一緒に飯を食おうと約束して、
記念撮影をば。

暖嶼Fuermosha+ウサギduo+ダーマイ

多摩美術大学の学生の一番の先輩はゴーくんといい、
そのゴーくんに連れられて台南の夜市へ。
連れていってもらった夜市で
日本語で話をしてたら、店先でDJをしてた方が
「恋に落ちて」を流してくれた。
なぜか感極まった。
多分来たこともない、日本語が通じない土地で
いろんな人の優しさに感動したんだと思う。
そんな感情、前に出ることなんて滅多に
ないのに、このときはそんな感情に
包まれた。

飯!台南の料理もうめぇ。
帰りに記念撮影

1時過ぎくらいまで食べ呑みしてた。
東京は家賃が高いとか、香港の話とか中国の話とかを
聞く。生で体験している人の声は響く。
ゴーくんは台南でギャラリーに就職してるらしいけど、
後輩の大学院生の二人は日本で就職したいらしい。
でも、グラフィックデザイナーの初任給は超安いんだ。
と言ってた。
話をする中で「台湾のほうが食べ物安いけど、
日本で台湾より安いって思うものってある?」
って聞いてみると、みんな一斉に「吉野家」って
言ってた。
確かに台湾は牛丼一杯600円だもんな。と納得。
みんなで夜の町を歩いて宿泊先へ。
2010年代でもトップ3に入る素晴らしい1日だった。
今日の最後にダーマイと1枚。

ありがとう。ダーマイ。

次の日、台北に戻る新幹線が12時過ぎなので、
新幹線の駅に戻ることも考慮して、朝は9時くらいから
動こうと思うと、ダーマイに言ったら「9時!?お、おっけー」
とのことだったので、「こいつ、朝弱いのかな?」と思ったら
ビンゴ。朝11時前までダーマイとは連絡がとれなかった(笑)。
連絡がとれないのはしょうがないので、台南を散歩。

台南の街並
アート!
大通りを少し入るとこんな感じ。

11時ごろ、ダーマイと近くのセブンで合流し、朝飯。
サンドイッチを食う。

サンドイッチと豆乳 2つで400円くらいかな。
サンドイッチ屋の本箱に台湾ドラえもんがあった。

その後、ダーマイが「時間は大丈夫?」というので、
時計をみたら乗ろうと思ってた電車が出発してた。
ま、ひとつ早い電車だったので乗り換えと道順を
間違えなければ間にあうだろうと楽観的に考える。
すると、ダーマイが「あそこの緑豆のタピオカ屋が
すごい有名だ」というので、見てみたら11時開店で
11時15分には道路に溢れんばかりの人が並んでた。

双生なんとかって書いてあった。
小豆?の味がして和風を感じるタピオカ。うめぇ。

タピオカを片手に新幹線の駅へ。
ダーマイはバスで台北に行くとのことでここでしばしのお別れ。
ダーマイは台南の近くのジャーイって町に住んでると
思ってたら、出身はジャーイだけど、今は台北で仕事してる
らしい。わざわざ台北からバスに乗ってウサギを観に来てくれる
なんて…いいやつ。

「沙崙」駅までの車窓の景色

「沙崙」駅 に着き、乗り換えが10分しかないので、急いで移動しようと
すると、昨日見つけることはできなかったけど、連絡通路があった。
なので、 「沙崙」駅の改札から30秒で新幹線の改札に着いた。
余裕で間に合った。そして、新幹線で一路台北へ。
一旦ホテルに戻り、一息つく。
風呂にも入ってすっきりしたところで三越の細道に
タバコを吸いにいく。
温度も高く、湿度も高いのでタバコ吸ってホテルの部屋に
戻ると大汗。風呂意味なし(笑)。
準備を整えて、本日の会場リボルバーへ。

台北リボルバー

リボルバーに着いてそうそう店長のダンと再会。
今回の台南のライブもダンにとてもお世話になって
実現したので、そのお礼も伝えた。
本当にダンには世話になった。
何かお返しがしたいので、日本でなんかあったら
力になりたい。と伝えたら、「え、オーガナイズできんの?」
って感じの返事だったので、「まかせとけ」と言っといたけど、
ダンの中でどれくらい信憑性を持ってもらえたかは不明(笑)。
誰かリボルバーに行くことがあれば、「あいつ本当に
企画とかできるから、連絡して」と伝えといてほしい(笑)。
ダンとの話もそこそこに会場に入ると今回の台北ライブに
誘ってくれたポプラがリハをしてた。
リハ後にポプラのメンバーとそこそこ話をして
外でタバコを吸ってたら、speakerのメンバーが
汗をかきかき登場。
広島感、爆発。
speakerのリハ中にお腹をすかしたダーマイが
到着したので、ダーマイがルーローハンが有名な店に
連れて行ってくれた。
昨年タナトリーヌに連れて行ってもらった店と同じだった。
タナ先輩の情報能力の高さを感じる。
ここはルーローハンもうまいけど、ここの青菜炒めが
すごい好きだったので、青菜炒めも注文。
満足。

昨年も連れて行ってもらったルーローハンの店に再訪問

ルーローハン食べてリボルバーに戻るとちょうど
speakerのリハが終わってて、ダーマイおすすめの
小籠包を食いに行こうと出発。
ポプラのメンバーも誘ったら、ちょうど飯を
喰ったばかりだったので、断念。
speakerのメンバーとダーマイと小籠包屋へ。
噂通り、小籠包うまい。

確かにめちゃうまい。満足。

割と小籠包屋が遠かったので戻るともうイベントが始まってた。
最初は地元台湾のバンド。

優雅逆轉 Posh Inverse

優雅逆轉 Posh Inverseもpostrock感のある良いバンド。
演奏力高くてとてもいい感じだった。
2番手はウサギ。
直前リハでアンプを使ったことなかったけど、クリーンが
しっかり出るフェンダーのアンプを使ったら、
最初の2曲はループが全く聞こえずボロボロ。
いろいろ調整してたら、あっという間に
終わった感じ。
うーむ。少しへこみ気味。
ただ演奏後、サキチヨさんが「最後の曲は
これまでで一番よくできたよ!」と言ってたので
終わりよければ全て良しと思って、気を取り直す。
演奏後、下のbarに降りると優雅逆轉のドラムの子が
酔っ払いのお手本のような酔い方をしてた。
酔っ払いは万国共通で同じ話を何度もする(笑)。
とてもいいやつだったけど、完全にアルコールで
失敗するタイプだな、と思ったら、
メンバーから「こいつ、1年ぶりに酒を飲んだ
だよ」と教えてもらう。
1年前、酒でやらかして彼女にめちゃ叱られて
断酒してたけど、本日きれいにタガが外れた
らしい。ちなみに彼女は会場にいないらしい(笑)。
バンドはポプラ→speaker→us:weと続いていく。
どのバンドも演る側も観る側もテンション高くて、
最高。楽しい。

ポプラ 演奏する側も観る側もテンション高かった!
speaker gain teardrop 台湾でも圧巻な演奏。
US:WE ダンのバンド!多分shisoくんの大好物!

us:weが終わっても、 優雅逆轉のドラムの子はずっと酔ってた。
リボルバーは人種のるつぼのようにいろんな国の人がたくさんいる。
その中で優雅逆轉のドラムの子は最高に酔ってた。

営業中のリボルバーの雰囲気

みんなの演奏終了後、続けてDJイベントがスタート。
僕らは次の日の朝6時のフライトだったので、イベントの
最後まで居れない。残念だな。と思いつつも腹は減るもので
台湾最後の飯を食いに行く。
去年打ち上げで行った店を覚えてたので、僕の案内で
その店へ。
ダーマイに聞いたら割とたくさんあるチェーン店とのこと。
ダーマイに注文をお願いして、みんなで乾杯。
途中ポプラやダンも合流して台湾最後の夜を楽しむ。

地元感が溢れる良い店。大量の酒と大量の料理で一人1200円程度だった。
こんな感じでテーブルに乗りきらないくらいの量。

深夜1時過ぎにリボルバーを出発し、ホテルへ。
チェックアウト。
チェックアウト時、ホテルの従業員さんに
「サンクス!ウィー ベリーエンジョイド タイワン!」と
言うくらい深夜にテンションが高いおじさんとなっていた。
初日に調べた道順を通ってバスの停留所に行こうとしたら、
深夜は地下街に入れなかった。。
大廻りしてバス停へ。
台湾の蒸し暑く湿気の高い夜。
汗でへばりつくタンクトップ。
今回、最後のヨーヨーカーを使い、
高速バスに乗り込む。

高速バスの車窓から

深夜の台湾の一般道、高速道路を移動し、空港へ。
途中で寝てたらしい。
しかも鼾をかきそうだったとのことで、途中で何度か口を
閉じられたらしい。
深夜の空港はフライトを待つ人であふれていた。
その中に紛れて座って眠ってなんとかフライトへ。

今回の台湾の演奏旅行は新しい経験ばかりで
脳の海馬にしっかり刻み込まれるものだったな。
こんな経験ができるなら、まだまだ頑張れるし、
一年を長く感じることができる。

来年は広島からLCCが就航されるタイに行きたいと思ってます。
もちろん台湾にも行きたい。

2019/8/31-2019/9/1

2019/8/31
午後2時からduoの練習までずっと家で
ゴロゴロしていた。
もちろん撮りためていた番組を消化
することも忘れない。

午後2時からduoの練習。
既存の曲の確認。
今回、台湾がduoなので、諸々
心配になるけど、多分大丈夫だろう。
この1年でいろんな環境を経験した
おかげで環境に併せていろいろ
対応できるようになったし、
自分の音量などの調整も
エフェクターでできるように
なった。
あとはもう1回くらい練習して
台湾に向かうぞ。

台湾は2回目なので、
「今回は台北以外でもライブを」
と台南のライブハウスに連絡したら、
箱貸しだけとは知らずに、ブッキングに
苦戦。結果、revolverのダンに
いろいろ動いてもらってなんとかなった。
ありがとう。ダン。
ダンが日本でライブするときには、
世話になった恩をしっかり
返したいもんだ。

やよい軒で飯を食って帰宅。
味噌鯖定食喰ったけど、
美味いな。
というか、やよい軒って
何喰っても美味いよね。
家に帰って、録画番組を
観た後にツイッター眺めてたら、
ボギーさんのツイートがRTされてて
そこから今日だけ「ウィーアー
リトルゾンビーズ」が公開されてる
ことを知る。
ボギーさんとは直接話したことは
数回しかないけど、知り合いが被ってる
せいか大体情報が流れてくる。
なので、「ウィーアーリトルゾンビーズ」に子息のモンドくんが出てることも
知ってたので、せっかくなので視聴。
「ウィーアーリトルゾンビーズ」
面白かったな。
最初のエピソードを積み重ねてる感じが
すごい好きな感じだった。
後半が個人的には盛り上がりが
少なかったけど、答えは自分で
考えてね。系の映画としては
さわやかでポップだったと思う。
8bitの音楽が世代的にグッとくるし、
「ウィーアーリトルゾンビーズ」の
テーマも、エンディングの曲も
チープでポップで下手で大好きだった。
観終わったあともyoutubeで聴いてる。
ちなみに2時間の映画で22時半から
観始めて、8/31限定だったので、
1時間半後の12時には視聴が止まると
思ってたけど、先読み込みのおかげなのか、最後まで観ることができた。
よかった。
あと、13歳の中島セナにやられた。
美しかった。

観終わった後、就寝。
あっ、寝る前に「ウィーアーリトルゾンビーズ」のみんなの感想をみようとツイッター見てたら、オクムラユースケさんが関東でライブをされていた。

2019/9/1
この日も14時ころに家を出た。
本日はボルダリング。
数年前に一度やって以来、
久しぶりのボルダリング。

わりと筋トレとかしてたので
結構できるかな?と思ってたら、
みんなが出来るコースが
出来なくて筋トレが全く活きなかった。
さらに火曜の今日になっても
全く筋肉痛がとれない。
ギター弾こうとストラップを
首からかけるタイミングで
「いたた」
指動かして、フレーズ弾くと
「あいたた、いたた」ってなる。
因みにドアノブを回すと激痛。

ボルダリングの後に
集まったメンバーで呑む。
最近けっこう呑めるので
嬉しい限り。
ハイボールを2,3杯呑む。
ハイボールを5,6杯呑んだ同僚が
途中で山下清よろしく放浪を
はじめたので、探したり、
その山下清が6歳児でもまだ
眠くならないであろう20時半に
寝息を居酒屋で立て始めたので、
お開き。

山下清を家に送り届けた後、
他の同僚が「俺はラーメンが
食べたい」と言い始める。
因みに2時間前に「俺は最近
ダイエットをしている。」
と言っていたその同僚の額(ひたい)に
“嘘”の文字が見えたのは俺だけでは
あるまい。

そして安佐南区のラーメン屋にin
みんな初めてなので、人気ナンバー1の
スタンダードのラーメンを注文する中、
嘘つきが一人「醤油とんこつ」を注文。
ラーメンが出来上がり、店員から
手渡されるその瞬間に
「ここのラーメン屋、醤油とんこつが
一番うまいんすよね」とのたまう。
全員が「今!?今それ言う!?」と思う。
嘘と書かれた額(ひたい)の横に
“悪”と文字が見えたのは俺だけでは
あるまい。

ラーメン喰って、少し話してたら、
急に額に”嘘””悪”と書かれた同僚が
「うげ、頭いて。帰りてぇ」と
のたまう。

しょうがないので、車に詰め込んで
家に送る。家について車から降りても
「頭がいてー。頭がいてー。」と
言っていた。

参加メンバーを全員見送ったあと、
自分も送ってもらって家に帰ると
0時超えてた。
「ウィーアーリトルゾンビーズ」の
エンディング曲を聴いて寝た。

2019/8/24-2019/8/25

2019/8/24

泥のように眠る。
底辺の生活。
表現方法に枚挙に暇はない怠惰の表現。
今週末は正にそれだった。

ほぼ家を出ていない。
土曜の10時半に歯医者に行ったくらいだ。
歯医者も定期健診で驚くような内容はなく、
歯を丁寧に中歯ブラシで磨かれ、その後、
歯を丹念にに小歯ブラシで磨かれる。
その後、糸ようじみたいなものを
歯間に入れてシャッシャッとやり、
フロスを通し、歯科助手チェンジ。
次は資格を持ってるので、機械で
お掃除。ケルヒャーの歯版みたいな
高圧洗浄機で歯を磨いていく。
舌の根っこの溜まった水は吸い取ってくれるけど、
下の歯と舌のさきっちょに溜まった水は
吸ってくれない、いや気付かれないので、
うがいの時にペッと出す。
最後に御大、歯科医の先生が
グルっと歯を見回して終了。
2020円也。

ま、虫歯の早期発見のために
2-3か月に1回の検診ならよいかな。

家に帰り、盆に誤ってクリックして買った
キングダム50冊を読破。

続きが気になってあと4冊を
立て続けに意図的にクリック。
55巻の電子版の発売を待つ。

面白いなぁ。キングダム。
ずっと読める。

そして電子書籍の利便性の沼に
どっぷり嵌る。
いつでもどこでも端末で漫画を
読める。本を読めるがこんなに便利とは。
素晴らしい。
素晴らしいぞ。

ただ紙代も運送費用もかからない。
数百枚をスキャンするバイト代と
その他もろもろの費用を考慮しても
紙の本と同じ金額というのは、
暴利を貪りすぎだろ。とも思う。

販売するほうからしたら、
違法アップロードで損した金を
取れるとこから取ろうとしてる感じが
するけど、今、ちゃんと買ってる人間から
暴利を貪るより、今は電子書籍を割安で
販売して違法アップロードされた
リスクの高い書籍を読むより、
少しくらい金払っても
安全に読めるほうがいいよね。って
考える人口を増やすほうに注力するほうが
絶対後々良い方向にいくと思うけど、
出版社も明日の金がないと立ち行かない
くらい追い詰めらているのかも
しれないな。と思うと、
全紙事業撤退くらいの覚悟を
決めて商売しないといけない時代が
すぐ来るんだろうな。とか
想像したりした。

キングダムを読んだあとは、
ひたすら録画番組を観た。
こないだから観てる海外ドラマの続きを
観ようと思ってたのに、
録画番組を観た。
なぜならhddの容量が1%を切ったので、
観ないと消せないからだ。

かりそめ天国、探偵ナイトスクープ、
凪のお暇、ルパンの娘、
ノーサイドゲームなどを観てたら
夜になったので、寝た。

2019/8/25

起きたら6時半。
最近、筋トレをはじめ、
腹筋と腕立てをやってるせいか、
腰に負荷がかかっているらしく、
たまに腰が痛くなる。
なので、最近腹筋の前に
プランクをしている。

この日も起きて早々から
録画番組を観る。
松本清張の「10万分の1秒」とか
数週間前のドラマを見る。

そして、観て消してを繰り返したら、
残り7%程度まで復活。

うちは水曜日のダウンタウンと
ゴッドタンは消去しないので、
あと数か月でhddの容量がいっぱいに
なるはずだが、家人は決して
新しいHDを買おうとしない。
何故なのだろうか?

調べたらamazonで4TBが1万である。
今、使ってるのが1TBなんで、
4TBあれば、今までの使い方だと
1.5TBで10年持ったので、4TBあれば
25年くらいは持つ。
これは死ぬまで持つと言っても
過言ではない。

閑話休題。

録画番組を観終わると、
家人が浅田真央ちゃんを観る。
と言って24時間TVにチャンネルを変えた。

ギャラの発生するチャリティという
ギャグみたいな番組を観ていた。

そのギャラを寄付するからチャリティなんだよ。

ま、テレビ関係の仕事って金もらえないとやってられないな。とは実体験として思うけどね。

その昔、テレビ局でバイトしてたときも24時間TVにバイトで狩りだされたけど、バイト代はしっかりもらった。ま、そもそもバイト代もらえないなら、参加しないしね。ま、バイト代程度でヤラセの片棒担がされるとは思わなかったけどね。

うーん、24時間テレビってほんま嫌なことしか思い出さないな。