2019/02/15-2019/02/17

2019/02/15

金曜の夜に家人の会社の集いで肉を喰わせてもらえるということで、
「ほうほう」とでかけていく。
はじめてお会いする方が多く、会話はお互い平穏&無意味を
心がけ、要らぬ悪感情をお互いに抱かせぬように気をつけるといった感じ。

途中、カープの話が浮上すると全くの興味、ファンの地雷が分からないため、
遠藤周作いや沈黙。
広島の人はカープを心の底から地元の共通言語だと思っている。
と認識したのがこの会のメインの驚きだったな。

「今年の4番は誰だと思う?」から始まる会話はカルチャーショックだった。
会話の始まりは「やっぱりカープお好きですか?」くらいの距離の詰め方が
適切なスタートかと思いきや、「今年の4番は誰だと思う?」で盛り上がる会話。すごい世界だ。カープで世界が繋がったぞ。
去年の4番も誰が打ってたかも分かんないので、もちろん沈黙を続け、
カープの話題が去るのをじっと待つ。と、いったような2時間は、
久しぶりに新鮮な世界で、カープの話がわかんないので特別面白いというわけではないけど、興味深かったな。

あと子供たちも多い環境というのも新鮮だった。
会話や生活の中心が子供になるというのも納得の自由さだったな。子供。
うちには子供がいないので集団の中で家人が子供のことで肩身が狭い思いを
していることも多々あるのだろうなぁと考えると、やりきれなくなるけど、
ある家庭は積極的に妊活に励み、今の環境を手に入れ、ある家庭は流れるように
子宝に恵まれたのであろうから、その人たちはそういう答えをもって
行動したというだけであって、僕も何も持っていないわけではない。
音楽をやりたいときにやりたいようにやり、多くの人に評価してもらえるように
色んな場所にでかけることができる。
取捨選択とは言わないけれど、優先順位の違いだ。

ただDNAレベルで勝ち負けを鋭く感じてしまうときはある。
そんなときに子供がいることでマウントを取ってくる人たちには傷つけられてしまう。
ま、逆に趣味の話で知らず知らず、こちらがマウントを取ることもあるとも思うので、どっこいどっこいだと思うけどね。

あぁ、口だけではなく心根から他人の評価を気にせずに生きれたらよいなぁ。と
思うけど、そんなふうに人は出来ていないと思う。
だから、「欲」という言葉と「劣等感」という言葉が存在しているのだ。

なぁんてことを考えながら、録画しておいたアメトーークの高校中退芸人を観た。
紺野ぶるまに「この回で売れてやる」と言わんばかりの気合を感じた。
発言も多く使われていた。少し出しゃばるなぁと思うくらいだった。
でも、ここぞというときに空回りだろうがなんだろうが全力でぶつかっていける人は強いと思う。
やはり人間は素直が一番だ。
早くお茶の間で芽吹けばいいな。いや、劇場で芽吹くほうが幸せか。
あと、実物と宣材写真の顔が結構違うなぁ。と大きなお世話な感想を勝手に持つ。

で、寝た。

2019/02/16

朝起きたら7時半。
今日は12時から練習なので、二度寝せずそのまま起きる。
インスタント珈琲を入れ、水で溶き、電子レンジにイン。
電子レンジに飲み物という便利なボタンがあるので、
それを押してセットすると、それはトリックで最後まで
電子レンジにかけると地獄みたいに熱くなるので、
いつもは途中で取り出して飲む。しかしこの日は
ぼ~っとしてて、気がつくとレンジが「チン」と言っていた。

もちろん地獄みたいな熱さの珈琲が完成していた。
運よくそれほど水を入れていなかったので、大量の牛乳を入れ、
適温を試みる。
けっこうな量の牛乳を入れ、コップに口をつける。
熱い。
さすが、地獄だ。
ちょっと放置しておこうと心に決め、ツムツム。
おぉ、調子がいいぞ。と自己最高得点をマーク。
家人はだいたい何でも僕がすることを許してくれるのだが、
ツムツムで僕に負けることだけは許さない。
決して許さない。
そこに多分プライドがあるのだろう。
その分、家人をツムツムで抜いたときの快感はたまらない。
家人が起きるのを待って、ツムツムの順位表を見せると、
「ムキーーーー!」とツムツムを始めた。

割と見た目もツムツムのキャラクターっぽい家人だが、
「許さん!」と言ってツムツムを始め、背中を丸めて
ツムツムをプレイする姿は点数の低そうな
ツムツムのキャラクターだった。

そろそろ時間になるので、点数の低そうな
ツムツムのキャラクターを連れ、ウサギduoの練習。
先日購入したOC-3(bossのオクターバー ※音階を上げたり下げたり出来る機械ね。
要はギターでベースみたいな音が出せるものです)も試す。
結構いい感じにバンド感が出せてる気がする。
ただ、まだまだまとまりきらない。
もう少し頭を使う時間が必要だな。と思って練習終了。
あと、OC-3は驚くほど電池を喰う。
家で2日弾いただけでアルカリ電池がなくなった。
なので、給電はアダプタ一択だな。

家に帰り、掃除。
掃除完了後ににーくん、つついくん、こうたくんが来る。
みんなで作ってる曲のアレンヂ。
今回はこうたくんがプロデューサーになり、みんなにイメージを伝え、
前奏から一番サビ終わりまでを録音。
こうやって家でわいわいやれる録音は楽しいな。
人のイメージに添うために一番大事なことは否定や批判をしないことだと思う。
あまりしっくりいっていないと思ったら、廻りもそれを
ちゃんと感じているので、みんなからフォローするアイデアが生まれる。
それでいい。
モノを生み出す場所に否定や批判はいらない。
それが必要になるのはもっと後だ。いや、なければないほうがいい。
それで気に入らないものが出来るんなら一緒にやらなければいいだけだ。

みんなが帰ったあとに飯を食って、寝る。

2019/02/17

朝起きたらワンピースじゃない違うアニメをしていた。
内容はよく覚えていない。

腹が減ったなぁと思い、家に何かあるかな?と
思って家人に聞くと、「餅がある」というので、
餅を喰う。家人がレンジでチンしてくれたので、
事前に「お前は何個、餅を喰うんだ?」と問われたので、
「マングローブ」と答えると、「三つな」と
即座に正解が響く。
こういうものが20年の歳月で出来上がるのだと思うと、
俺の20年とは…。って思うけど、間が抜群で面白かったな。

餅を喰い、本日はウサギツインベース練習。
ウサギツインベースは結構完成されてるけど、
少しづつ壊して、もう少し上、もう少し上、という
アレンヂをしていく感じ。
割とギターを引き算してしまうほうが結果、面白く仕上がるという
ことに練習の終わりくらいに思う。
通常編成ではメインリフとしているものを簡易なものや
カットすることでぶつかっていたハイポジベースが前に出てきて
演奏しているときの印象が変わる。もちろん聞いてるほうの
印象も違うと思う。
この方向で作っていこうと決めたくらいで練習終了。

帰りに丸亀製麺に行きたいというので、丸亀製麺へ。
あまり行くことがないので、少し戸惑う。

家に帰り、昼寝という名の6時間睡眠。
起きる手前に夢を見ていた。
なにかの同窓会的集まりに参加するために
チャリで山を登り、防府天満宮の隣の
標高2000mくらいの山の頂上にあるスーパーの駐車場に集合。
スーパーの近くの石碑群の側にチャリを停めて会に参加した帰りに
家人が迎えに来た。
防府天満宮にチャリを停めたというので、そこまで歩く。
歩いたあとに「あ、俺、石碑群のとこチャリ停めたわ」と
徒歩でチャリを取りにいく。
途中、螺旋階段みたいなとこを登り、でっかい機械で
米の種まき?籾殻撒き?みたいなことをして、
大量に水を流しているところを屈んで通り、途中たんぼから
はみ出てた米の種?籾殻?をたんぼ戻すようなことをしてたら、
起きた。

TVがついてて、中国の世界遺産の棚田の紹介をしてた。
たぶんさっきまで観てた夢は螺旋階段が出てきた辺りから
この番組に途中から引っ張られてるな。
と思いながら、昼寝終了。

起きたら18時半。そこからついてるテレビを横目に観てたけど、
個人的に観るものがなくなったので、録画番組観て、毎週のお楽しみである3年A組。
新事実や新キャラも登場し、次からは黒幕追い詰める展開になるんだろうな。
と思いながら引き込まれたなー。
あと、今回スポット当たった男の子が角度なんだろうけど、劇団ひとりに見える瞬間が多かったな。
来週も楽しみじゃ。

2019/02/09-2019/02/10

2019/02/09

起床すると朝の8時頃。
PCを立ち上げてブラウザを立ち上げて考える。
「よし」と決意して
後厄の御払いに行くことを正式に決める。
「近いうちに行かねばなるまい」と家人と話をしていて
「ま、週末の何処かでテンション上がったら行こう」と
曖昧な回答でやり過ごしていたが、起床時に決定。

決定項をまだ寝ている家人に伝えると、
「ほう」と言い放ち、携帯を片手にまた寝た。
思い立ったが吉日。
寝ている家人をよそに準備。
基本5分で終わる。
一番の難所は暖房の全く効いていない部屋に
服の一式を取りにいくことだが、
テンションが上がっているので、
とりわけ苦にすることもなく用意。

決意から服を着替えて、8時半。
家人をもう一度起こす。
すると、「もう、おめぇ準備したのか。」と言った後に、
携帯でニュースを読みながら、
起床へのアイドリングを始めた。
このアイドリングが長い。
所要時間30分。
9時ごろ、ようやく「よっしゃー」と布団からむくっと
上半身が起き上がる。

また30分程度ツムツムをしたあとにさっき言ったはずの
「もう、おめぇ準備したのか。」をもう一度言い放って
ついに立ち上がった。山動く。

起きて早速に準備に取り掛かるかと思いきや、
おもむろに土曜の朝の朝ツムツムに着手しはじめやがった。

10時前に動き始めた山はのんびり珈琲を飲み、
服を着替え、着替えながら3年A組のダンスにチャレンジし、
失敗。「あれは難しいな」と言葉を残し、便所に消えた。

そして10時半過ぎに山の準備が完了し、玄関を出る。

家人は運動というものが嫌いで、
運動も家人のことが嫌いらしく、
お互い全く擦り寄る気配を見せない。
なので、家人に「走る」とか「飛ぶ」などの運動をさせることはできない。
「走る」と日常生活に影響が出る程度に足首をひねり、
「飛ぶ」と日常生活に影響が出る程度に膝を痛める。

家人にとって散歩がギリギリの運動なので、
散歩として護国神社までの都合5キロを歩かせる。
しかも家人は一人にすると、スムーズにバスや市電に乗り込む知恵を
持っているので、護国神社まで歩かせるためには俺も歩くしかない。

護国神社までの道すがら、昼飯も兼ねて十日市の寿楽亭へ。
いつもの寿々女の中華そばと源流は同じ醤油豚骨の
広島らしい中華そば。
そして20年住んでようやく醤油豚骨の良さを少しづつ理解している
身なので、味の違いも分かる。両方美味いけど、違いはある。
近くに美味い中華そば屋がたくさんあるという環境は良いな。

満腹で歩き、12時過ぎにようやく護国神社。
着いて家人が、
「厄の御祓いは、2月3日までに済ませるもんなんで、多分今日は人も少ねぇと思うよ」
とのたまい、厄の始まりの日?みたいな説明をしてくれた。

厄って2月3日が更新期限なんですね。
厄に明確な更新時期があることに驚き、なぜその知識を持ちつつ、
2月8日にノコノコと更新手続きをしようとする俺に
先週や先々週に打診をしてくれないのか?と不満に思いつつ、厄払い。

5000円程度の入場料を払い、神様に住所を伝えてもらう。
そこから鳴り物みたいなものをシャンシャン頭の上で鳴らしてもらって終了。
かと思いきや今年は玉串を奉納せよ。とのこと。

これまではちゃんと2月3日までに
行ってたので、
厄を一緒に払う人も多く代表で誰かが奉納をしてたみたいだが、
今回は人数も少ないってことで厄の奴も、乳児連れた家族も、
新車購入の安全祈願の奴も全員、みな玉串奉納せよと。
玉串奉納とかやったことないし、座った場所が悪く玉串奉納の一番手だったので、
緊張。家人に「逆、串が逆や!」と言われながらなんとか奉納。

更新期限を超えた厄払いを終え、市電で帰宅。

14時半ごろ、家でニーくんを迎える。
そこから、ニーくんと音楽制作。
やったことない音楽制作で手探り感満載で始める。
ネットの知識などをいくつか頭に入れてたけど、
結局最後はいつもどおりの手法をアレンヂした形で
やり方も発想も落ち着く。
個人的に音楽作ってて割と高い頻度で、
「偶然ハマる。」とか「結果、いい感じになる。」
ってことが発生するのだが、今回も出た。
「結果、いい感じになった」
とニーくんとニヤニヤした。

ニーくんが帰宅したあと、作った音楽を
何度も聞いて、「いやぁ、やっぱりいい感じだ。ニーくんすげぇな」
と思いつつ、有吉反省会の前に寝た。

2019/02/10

この日も8時過ぎごろ起床。
最近この時間に家にいることが多い。
そしてだいたいTVつけるとワンピースしてる。
何のために戦っているのかはよくわかんないけど、
主人公はタイマンを張り、仲間は船に乗り、
巨人の女からの大砲の弾を避けている。

珈琲を入れて煙草を吸って、
家人に「パン屋行くか?」と問うと、
「行くで」と覚醒したご様子。

携帯でニュースを読みながら、
起床へのアイドリングを始めた。

家人にとってパン屋は家の近所、延長線上にあるらしく、化粧はしなくてもOK
服もパジャマじゃなければOKとの独自ルールが
適用されるため、準備が早い。
ただ、起きてすぐにツムツムをやり始めるので、
ツムツムの待ち時間が長い。

そしてパン屋へ。
もちろん歩かせる。
「さみいな。」「おい、さみいな」と
寺門ジモンみたいなことをいう家人を連れ、
パン屋へ。

今日はいつものイートインスペースに
精通から2,3年経たような
中高校生っぽい団体がほぼ全席を占めている。
幸せ家族もジジイもババアも影を潜め、
今日は大量の精通から2,3年経たような
中高校生がいる。
やはり、ここは人種のるつぼ。

なので、本日は持ち帰りでパンを購入。
そういえば購入するパンは、ほぼほぼ決まっている。
クロワッサン、ちいせぇフランスパンにハムと
玉ねぎ挟んだやつか、トンカツサンド、
やはりこういうとこでも新しいチャレンジが必要と思い、
今日は幻のチョコクリームパンを購入。
美味かったけど、幻(まぼろし)感はちょっと感じれなかったな。

家に帰ってパンを喰って風呂。
風呂から出たくらいにタナトリ先輩が迎えに
来てくれて世羅へ。

落語と音楽というイベントに出演した。
初めて生で見る落語。
一人で行う話芸のすばらしさ。
長年培かってこられたのであろう
空気感。
たまにバンドでも見かけるグッと自分たちの世界に
見ている人を魅き入れるあの感覚。
短めの話4本と初心者にも丁度良い尺で
飽きさせる前に終わるという進め方も素晴らしかった。
youtubeで話の内容はわかるけど、
落語もライブ感を味わうものだと思った。

この音楽のほうを担当させてもらったが、
なんとかなったのか?わかんないけど、
終わった時にはホッとした。
いつもは一人でするときもループを使って
音を重ねていくけど、今回はアコギと声のみ。
個人的に自分の声は決して武器になるような
代物ではないと思っているけど、作れるのは
歌もの。どうしても自分の声でやるしかない。

ま、頑張れるだけ頑張るか。
と思って、出来る限り頑張ったので良し。

1級空気読み取り師の免許をもつタナトリ先輩に
空気を読んで、サラリーマン的にちゃんとできてた。
と褒めていただいたので、イベントの中の
歯車としてはちゃんと役割は果たせていたのだろう。

あとMCでも少し言ったけど、世羅とか尾道とか広島は備後や山間部がおもしろいと思う。広島市は何より大事なことは失敗しないことで、下を見て前例を探してばかりだと思う。中国地方を代表する都市になりたいんなら、誰もやっていないこと、新しい価値を提示することが与えられた使命だと思うけど、やってることは真逆だ。5年くらい前に東京で流行ったプロジェクションマッピングを今、広島市ではCMをうって告知していたり、昔、流行った歌手なんかをありがたがる。東京の5年前を焼き直す町なんだなぁと思うし、そんな町から新しいものなんか決して生まれない。しかし県の中心がそんなでも中心から離れたところで新しいことやものが生まれている。真ん中が腐ったら端まで腐るのではなく、端は新しい細胞を生み出す。素晴らしい。
広島市はずっと安全な5年前の東京の真似をしていればよい。
広島市から離れたところでちゃんと新しいものが生まれている。

そんなことを思いながら、

イベント終了後、帰宅。

3年A組を観る。
ほほう、やはり田辺誠一!!
今回の内容は現実世界ではバイトが終点:「損害賠償の
片道切符」のバカ動画を上げ続けている昨今に
丁度マッチした内容で、「これは狙ってんのか?」
「偶然?」とか思いつつ観てた。

いろいろ伏線張りつつ、回収しつつ、
その情報もう出るの!(hunterが田辺誠一とかね)とか
毎週夢中です。良いエンターテインメントをありがとう。

あとは満足度の高いエンディングを期待しております。
昔、ヤンマガの作家さんで好んで読んでた作家さんがいて、
その人は話を膨らませるのはとても上手で、ワクワクさせて
もらってたんだけど、その人は終わらせ方があまり上手でなくて
消化不良気味に終わって、残念だなぁと思ったことが
多々あったので、過剰に期待はしないほうがいいんだろうな。と
思いつつ、ワクワクしながら来週を待っております。

2019/02/01-2019/02/03

2019/02/01

金曜は肉を喰った。
大層脂の乗った肉で大盛の米と共に流し込むと
15分程度で食事が終わった。
呑み会だったので、そこからはカシスウーロンに
ちょいちょい口をつけながら2時間くらいちょい
ちょいしていた。

脂の乗った肉は3-5枚で胃が上限を迎えるな。
ということを学んだ。
そして、脂の乗った肉をタレで喰うのは40代にとっては
量が入らなくなる自殺行為だということも学んだ。
最初に割と頼みすぎたせいもあり、最終的には
ホルモンを塩で食っていた。
さっぱり感がないと胃が受け付けてくれない。
これが加齢というものなんだろうな。と思う。

呑み会後に家に帰ると21時半。
TVつけたらサッカーやってた映像だけぼんやり
みながら作業。

先週の録音の課題は

〇1 マスター0db、マイク4本立てるので
それを全部0dbから引き算で調整して
ドラム全体で-3~-6dbくらいに
収まるような音量で録音する。

→やってみた。割と0db近辺まで音が
割れないように録音できた。
いかんせんドラムのチューニングや
マイキング、マイクそのものは上手くできていなかったけど、
ミックスしてたら結構違うな。と実感。
しかしながら、ミックスダウンして聞いてみると
さして適当にやってときと印象は変わんない。

〇2 バスドラはsm58を奥まで
突っ込めなかったので手前で録ったけど、
奥のほうがドスドス感が出るみたいなんで、
なんとか突っ込んでみよう。

→やってみた。突っ込めるだけ突っ込んだけど、
上記と同じでミックスダウンして聞いてみると
さして適当にやってときと印象は
変わんない。

〇3 ノーマライズという機能を試す

→やってみた。でかくなる。でかくなる。
けっこう便利だけど、
やっぱり録音のときに音をでかく録るに限るな。
と思うのが、結論。

〇4 今一つ、
エフェクトがわかってないので勉強する。
→イベントごとにエフェクトをかける
→エフェクトチャンネルってのが
出てくる場合と出てこない場合があるのはなんで?

→Oやってみた。学んだ。
音そのものを変えるようなエフェクトと
元の音の上に被せるエフェクト(send?)
があるみたいで、もちろん印象も違うし
向いてるエフェクトも違うみたい。

〇5 ボーカルを録る

→やってみた。ピッチ修正ができないので
録ってイコライザーで下をカットして
リバーブかけて終了。
ミックスするときボーカルはむずいな。と思ったよ。
音外してるから録りなおそうと思ったけど、
早く完成させたくてちょっとの音痴はいっか!と決断。

〇6 歌だけならミスカラとかが
近いからそこで歌入れようかと思ったけど、
マイクがどんなのあるか分からないので、
ヤフオクででもsm58をひとつ買ってみようか?
というのを検討してみる。

→やってみた。結果、スタジオにした。
マイクは録音時に8ch録れるので購入はしたい。
どちらかといえば、コンデンサーマイクがほしい。

〇7studio one primeにはマスタリングする機能がないので、
ここまでやってミックスダウンをしてみよう。

→やってみた。できた。さらにサウンドエンジンという
フリーソフトでマキシマイズ?音がでかくできたので
それを使った結果、
音がデカいとこはそのまま
、音の小さいとこは音がデカくなって
音量の振れ幅がなくなっただけの印象。
でも、他の人の音源と
同じくらい音がデカくできるんだな。と実感。

■疑問
zoom livetrack l-12で録ったものを
0db超えないように調整して
l-12にヘッドホン刺して聞くと
生々しくていい感じなのに、
それをミックスダウンして
マスタリングデータとして
studio one primeに
取り込んで聴いたら、
ドラムはモコモコに籠って、
ベースは音がデカかったりするのは何故だ。

→これはまだよくわかんないな。

これらの課題をクリアして初のバンドミックス
「アイスを買いに」を金曜の夜にアップ!
いろいろあっただけに楽しかった。
一番イラついたことは
いろんな線が絡まって「ムキー」ってなったな。
全部無線になればいいのに。

あとほかの人のものや過去のウサギの音源を聞いてみて
録音やミックスして初めて感じるところが多々あったな。

なんでみんなあんなにリバーブかけるのか。とか
ドラムの録音は難しい。とか音が被る。とか
なるほどねぇ。って感じ。

そして2曲目のドラムのオーディオデータを取り込んで
ドラムの調整を始め、ざっとできたところで寝る。

2019/02/02

調整してたドラムに併せてギター2本とベースを録音。
ベースも録音するときはいい感じの尖った音なのに、
ミックスダウンするとポコポコ系の音になっている。
なんでだ。
もっと尖った音で録らないといけんのんかな。

あとベースの録音が結構手間取った。
音のゲシュタルト崩壊。
ずっと5拍で一音を弾き続けて回数を忘れたころにサビ。
途中で5拍が取れなくって大変。8拍子に引っ張られたり、
回数忘れたり、1時間くらいやってたな。

ギターも出力大きくするボタンを押し忘れてたりと
結果2本ギター録音するのにこれも1時間ちょっとくらい
やってた気がする。

ギターとベースの録音が終わって、昼寝。
16時ごろに起き出してスタジオに声の録音へ。
雨が降りそうな空模様だったけど、チャリでGO。
最初に2月10日に一人で歌うアコギの練習をして、
声の録音。

録音後、チャリで帰宅してミックス。
もちろん声はピッチ修正ができないので
録ってイコライザーで下をカットして
リバーブかけて終了。

そして全パートを併せて0dbとの戦い。
あっちをあげれば、0db超える。
下げたらなんか変。
多分ちゃんとしたマイキングやノイズ処理とかしたら、
もっと楽なんだろうけど、
0db超えたらオートメーションを書きまくって
音量を弄る。弄る。

で、出来上がったのが「模倣の街」

アップして一息。

コナンのオープニング曲が
こないだの修学旅行編の画の再編集だけで出来てた。
倉木麻衣が西野カナみたいな曲を歌っていた。
そして一緒にコナンを観ていた家人が
「舟入より治安悪すぎ杯戸町」と
スローガンめいたことを言っていた。

2019/02/03

朝から人種のるつぼのパン屋に行く。
今日は家族連れがパンを喰ってた。
ただ、家族連れと入れ替わりでいい感じのおっさんと
おばさんが入ってきた。
前の日記と併せると、もしかしたらここは、
俺と幸せな家族連れといい感じのおっさんとおばさんしか
いないのかもしれない。
人種のるつぼかと思いきや世界の果てなのかもしれない。

録音したかった2曲を録音し、一息ついたので、
日曜はずっとTVを観ていた気がする。

録ってた有吉反省会とかアメトーークとかを観て過ごす。
オンタイムでやってたyouは何しに日本へもぼ~と観ていた。

知らぬ間に夕方になり、打ち合わせにでかけた。
やったことないことをやるのは、脳に新しい刺激が加わり、
歳をとっても「1年早くてねぇ」とか言わなくていいので、
とてもありがたい。
どうなるか全くわかんない、使えるものが作れるのかも
わかんないけど、やったことないことをやって、
後から振り返って「この時はこれやったな」ということが
脳に刻まれていればいいな。

打ち合わせ後、家でご飯を喰い、毎週のお楽しみ
3年A組を観て、就寝。
いやぁ、hunterは教師か。
来週が楽しみだ。

今週末は世羅にて落語家さんと一緒にイベント。
アコギで歌を歌う。
あまりやってないことなのだが、こちらは
恥を脳に刷り込まれない程度に努力して臨みたい。
最近、気付いた癖として音程が低かったり危うかったりすると
変な癖のある発声でごまかす癖があるみたいだ。
これを直して臨むため、今週は一人でスタジオじゃ。

2019/01/26-2019/01/27

2019/01/26-2019/01/27

ちょっと悩んですぐに買ったzoom livetrack l-12を使い、週内に録音しておいた
ドラムの音源を元にギターとベースを録音。
出来上がっていく様は楽しい。
無料で配布しているstudio one primeを使って音を編集。
難しいもんだな。と思う。
前知識なく、適当にいい感じに聞こえるという理由で録ってた
ドラムの音量が小さいぞ。と思う。
どうやら録音はすべての楽器を足したときに0dbという音量を超えないように
調整せねばならぬらしい。
ドラムを録る時もギターを録る時もベースを録る時もボーカルを録る時も
全てそうらしい。
そんなこと知らねぇよ!てな具合に録音したドラムはどうやら音が小さい。
なので、音を大きくしようとしたら、バスドラ一発で0dbを超える。
いやぁ、難しいもんだ。
いや、しかし物事のすべてがそうなんではないかしらん。
と思い至る。
キャンプでもイベントでも大体前準備が万全であれば大抵失敗は起きない。
準備不足だな。と思っても準備する前に飛んじゃう性格なので、これでいいのだ。
落ちてから、こけてから、膝をついて立ち上がるときに負った傷の痛さで
学ぶということを、ずっとこれまで続けてきた(別に望んではいないのですが、そういう性分なんですね。)ので今回のこの録音学習も痛い目見ながら
学べばよいのだ。おほほ。
とりあえず調べたら小さい音をいい感じにデカくするノーマライズという機能が
あるみたいなので、帰ったらそれを試してみよう。
音が悪くなるって書いてあったけど、いい感じだと自分が思えばそれが正解だしね。

20年間音楽やってても全く興味を持たなかった録音になんとなく興味をもって
やってみて、その面倒さや難しさも分かりつつあるけど、なんかやっぱり音や曲が
出来上がっていく感じっていいよね。面倒を超越するね。

あと録音するときって録って聞いてやりなおしてってのができるので、
ライブや練習のときとは使うピックアップやエフェクターの掛け方も変わるね。
っていうか変えたほうが曲のまとまり?塊(かたまり)感?がよくなるよね。

とりあえずネットで今回の痛い目で何をどんな感じで準備したらよいのかを
学べたので、今週はまたドラムを録ろう。

■今週試すこと

〇1 マスター0db、マイク4本立てるのでそれを全部0dbから引き算で調整して
ドラム全体で-3~-6dbくらいに収まるような音量で録音する。

〇2 バスドラはsm58を奥まで突っ込めなかったので手前で録ったけど、
奥のほうがドスドス感が出るみたいなんで、なんとか突っ込んでみよう。

〇3 ノーマライズという機能を試す

〇4 今一つ、エフェクトがわかってないので勉強する。
→イベントごとにエフェクトをかける
→エフェクトチャンネルってのが出てくる場合と出てこない場合があるのはなんで?

〇5 ボーカルを録る

〇6 歌だけならミスカラとかが近いからそこで歌入れようかと思ったけど、
マイクがどんなのあるか分からないので、ヤフオクででもsm58をひとつ買ってみようか?
というのを検討してみる。

studio one primeにはマスタリングする機能がないので、ここまでやってミックスダウンを
してみよう。

■疑問
zoom livetrack l-12で録ったものを0db超えないように調整して
l-12にヘッドホン刺して聞くと生々しくていい感じなのに、
それをミックスダウンしてマスタリングデータとしてstudio one primeに取り込んで聴いたら、
ドラムはモコモコに籠って、ベースは音がデカかったりするのは何故だ。

ということを2日にかけて学んだ。
あと、優先のケーブルやヘッドホンの紐は簡単に絡んで超イライラする。
ということも学んだ。

あとは楽しみにしてる3年A組を観たくらいかな。
なんかいろいろ分かってきたけど、悪の秘密結社が登場してきたので、
少し話がわかりやすい感じになってしまいそうだな。
悪の秘密結社のリーダーはこないだ花より団子の杉咲花verに出てた
女優さんの彼氏か兄貴。そこでひとエピソードがありつつ、
菅田将暉の病気や元カノと悪の秘密結社の繋がり(性犯罪的な重いテーマかな?と想像)
などの展開を挟みつつ、だんだん観てるほうが終わりを想像できるような
ミスリードをしつつ、実はこうでした的な大どんでん返しを期待したい。
例えば田辺誠一がすべての黒幕とかね。
なんにせよ毎週楽しみに観させてもらってるのはありがたい。

そういえばこの二日間は1時ぐらいに寝て、8時ぐらいに起きるという
わりに規則正しい生活であったな。

2019/01/19-2019/01/20

2019/01/19

最近、人間ドッグが近いので毎日健康補助食品のような
ヨーグルトを飲み、整腸に努めていたはずが、
肛門が火を噴く。
しかも噴射後、肛門にアクション映画のクライマックスのような
ヒリヒリ感が…。

おそらく近々に食した汁なし担々麵の仕業であろう。
木曜に喰ったのに2日後まで打撃を喰らわすとは…。
と、思いながらも中国の麻と辛は癖になる。

そんなことを思いながら朝、起床。

ライブも何もないので久しぶりにパチンコにでも行ってみるか。
と思い立ったが最後、アドレナリンを適度に出さされた挙句、
財布から色んな偉人の紙幣がかっぱがれていった。

基本的にバカなので、すぐに熱くなる。
効率的に物事を捉えられず、直情的、反射的に
「まだまだー!」となり、気がつくと結構な後戻りが
できないところに来ている。大体そこで恐れをなして、
ほうほう体で帰路に着く。

今日がまさにそれだった。
行くんじゃなかった。

ま、でもギャンブルなんてそんなもんだし、
バカは時間があるとそんなことを何度も繰り返すのだ。
家に帰り、事のあらましを家人に伝えると
「うぷ、負けて凹んどるわ。うひゃひゃひゃひゃ」
と小馬鹿にされる。バカと自分で言う分には構わないが、
正面から「うぷ、負けて凹んどるわ。うひゃひゃひゃひゃ」と
言われると腹も立つが、反抗する気力も権利もなく昼寝。

目が覚めて、レミゼラブルの録画を観る。
面白いじゃないか。村上虹郎っていい役者さんだな。
と思いながら、ドラマに熱中。
長谷川京子がARATAに致命傷のような一撃を喰らわせたあたりで
お出かけ。

ルーペズのイベントへ。
ダムレコードでタケチヨ、ルーペズ、平井正也duoの演奏会。
「歌」っていいよね。って言わんばかりにメロディ楽曲のオンパレード。
最初のタケチヨからタケチヨの紡ぐメロディと世界がいい感じ。
ルーペズはバンドスタイルの引き算バージョン。結構練習したんですよ。
って言ってただけあって、観るほうも満足度の高い出来栄え。
最後の平井さんは同級生ということもあって、縁を感じる。
たくさんの歌全てに平井さんの一面一面が映し出されてる感じ。
持ち曲全部歌ったら、平井さんの人となりが丸裸になりそう。
素晴らしい。

あと、みんなボーカルの声が素晴らしい。人を惹きつける。
自分の声を録音して聞いても「なんだこりゃ」となるので、
うらやましい限り。でも、この声しか持ってないので、
この声でできることをやるしかないなぁ。と思い、帰路。
でも、うらやましいもんはうらやましい。

家に帰り、レミゼラブルの続き。
ARATA生きてた。
最後、個人的には回収してほしかった伊武雅刀の選択結果や
ディーンの最後(裁判?情状酌量?懲役?執行猶予?)が描かれず不満。
でも、物語全体は入り込めて満足度高め。
最後がなぁー。三時間もあるのに描けねぇかなぁー。

と、贅沢な不満を胸に入眠。

2019/01/20

起きたら6時過ぎ。
元気に起床。
朝から活動してたら「ちっ」という舌打ちとともに
家人が起床。ま、うるさくしてたしね。

家人はチャリを漕いでJAの辺りにいくと言って9時半頃、
出かけて行った。

なんとはなくずっとTVを観ていた。
ワイドナショーやミライモンスターを観てた。
東大入って、箱根駅伝出場とか字に書くとすげーな。って
思うけど、TV観ているかぎりは頑張っている努力の人に
見えたなぁ。でも、そんなんじゃない才人なんだろうなぁ。と
知らない人のことを考えたりしてた。

さらに録画番組を観る。
ちょっとミステリ要素強めで楽しみにしてた「3年A組」
いいじゃないか。わくわくする。面白い。
2話までみて重要そうな暴露や真実がてんこ盛り。
これは…持たないのでは?と勝手に心配しはじめる。

観終わった後に昼寝。
17時ごろに家人に起こされ、スタジオへ。
先日買ったmixer兼audiointerfaceを使って録音。
新曲のドラムの録音2曲と弾き語りを4曲。
当初は「うー」といらいらしながら操作を始めるも、
2時間でなんとか録音。

家に帰り、「3年A組」の3話を観る。
やはりいろいろ展開が早い。と思ってたら、
一部完との字面が…。
やっぱりこのペースで10話は持たないよねぇ。謎が枯渇する。
と思いつつも、2部は過去や未来の話で感情移入系なのか、
別軸の話で最後に話が交わるような倒錯系なのか楽しみだなぁ。
と思いながら就寝。

しようとしたら、昼寝が効いて全く寝れねぇ。
眠くない。
深夜3時ごろまで「水曜日のダウンタウン」を自主的再放送。
永野とかもうTVで観ることがない芸人になったけど、
売れてたのってたった二年前なんだなぁ。
こうみると、芸能界ってすげぇなぁと思ってたら寝てた。

2019/01/11-2019/01/13

2019/01/11

いつもより早起きして市電とJRで出社。
帰りに十日市でレンタカーを借りる。
ネットで見積もりを取った折に普通車も軽自動車も
同じ価格だったので、普通車を予約したと思っていたら、
軽自動車のほうを予約していた。
これで楽器が荷台ではなく座席に置くことが確定。
ギター2本、ベース1本、スネア、キック、物販、
人間4人を軽自動車に詰め込み走るエクストリーム遠征の始まり。

明日の朝の出立が早いので、
23時頃、ベースのかんなちゃんを迎えにいく。
かんなちゃんの家は大体近くまでは行けるけど、
細かいところの土地勘が全くない。
なんとか合流し、就寝。

2019/01/12

朝6時に起床。
6時半に三人で家を出て、7時前にたまちゃんと合流。
そこから広島ICへ。一路大阪へ。
ぐんぐんに走る軽自動車。
途中、吉備SAまで運転して、たまちゃんに交代。

まずは大阪に11時半が目標!
アメ村へ向けて疾走。
関西も久しぶりで、アメ村廻りがもっと久しぶりで記憶が曖昧。
途中で「ここ歩いたことがあるぞ!」「ここ一緒に誰かと散歩した!」
とか経験を思い出すことができても詳細が思い出せない。
どんなイベントで、どこでライブして、なぜそこを歩いたのか?
全く分からないな。
と思っていたら、「アメ村にapple storeありましたよね?」
「あー、あった。あった。」と会話したapple storeが右手に見えてきました。
そして、見覚えのあるマックいやマクド。
着いた。
時間は11時ちょいすぎ。
間に合ったと一息。

で、少ししてリハ開始。
準備段階から会場のPAの皆さんが素人にはわかりませんが、
マイクにノイズがのるのか、接触の具合で音が拾いにくいのか、
ケーブル変えたり、マイク変えたりしてました。

リハはこれ以上ない音環境にしていただけてありがたい限り。
やりやすい環境この上ない感じ。
clapperのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

そういや金曜に車借りた後にメンテナンスに出してたギターも取りに行ってて、
メンテナンス後、音を出すのがリハってのもちょっと不安だったけど、
結果、いい感じになってた。新品のエリクサーの弦も張られてて、
音が新品の弦の音でキンキンだったな。

で、しばらくして本番。
大阪はEmu sickSの活動休止イベント。今後、やるのかやらないのかは
分からないけれど、ここで止まるとのこと。
まぁ、みんな音楽やめないみたいなんで、それならそれぞれ
新しい音楽はじめてもいいし、やりたければEmu sickSの続きを
誰かが受け持ってもいいんだろうな。と思う。

そういえば浪速の狩野英孝ことなかじんくんも新しいバンドを考えているらしい。
が、それを隠しているらしい。
でも隠していることをみんなが知ってるらしい。
だったら、隠す意味ない…というのは、一般人の価値観。
そこにはなにかしら浪速の狩野英孝の美学が眠っているのだろうと思うと
ついつい顔がにやけてしまう。

「Emu sickSのみんなに幸あれ!」と
思いながら、ライブをしてはやいさん(正式名称;16ビートはやお)と
大善くんと簡単な挨拶をし、早速次の土地へと思っていると、
眼鏡にマスクで顔を完璧に隠したなかじんくんに遭遇した。
出会って一発目に「スター芸能人か!」とつい突っ込んでしまった。

なかじんくんはニヤニヤしていた。
「なかじんくんにたまに幸あれ!」
と思った。

挨拶もそこそこに14時過ぎに大阪を出立。
TSTBのあべくんに京都までの安い交通情報を聞いて出発。
梅田新道を探し、梅田新道の看板を発見し、梅田新道沿いに
走っているとさっき見つけたapple storeを再発見。

諦めて、都市高速にIN

googleがどうしても豊中のジャンクションに連れて行くので、
それに乗って京都南ICへ。

そこからはいつもどおり東寺のとこを曲がり、京都水族館のとこの
坂を超え、四条大宮の駅の横を通り、二条グローリーに着。

時間は16時ごろ。
中に入ると、カネコ君が歌っていた。
せっかくなので、カネコ君の目の前でライブを見た。
furateは良いバンドだなぁ。

カネコ君は一生懸命なんだと思うけど、常にアンニュイな感じをまとっている。
これからどんな人生が待ってて、どんな仕上がりになるのか、
バンドも人間も楽しみだ。
高級スーツを身に纏い、ビジネス用語を駆使して大金を動かす。
みたいな仕上がりは一番遠いのかな?と思うけど、人ってわからないもんなぁとか
思う。

次にノイエサンスーシ。
長崎から朝の5時ごろから移動してきたらしい。

バンドの荷物もさることながら、いろんな小道具を泣く泣く
諦めてきたらしい。そういえばライブ中に使う拡声器がなくなって
ワーミーのエフェクターが導入されていた。
まむしくんは少し焦り気味だったように思うけど、
やっぱりどこでもノイエサンスーシだった(笑)。

ANYO、2018も年頭に下北沢で観てるはずだったんだけど、
巧みなドラムパターンのループと1コードなどシンプルなベースパターンの
ループを元にケンタウロスの歪みと巧みなディレイの使い分け、
それに乗っかるリバーブがかった声の融合は壮大な体験。
アート、芸術。素晴らしいな。と思う。
自分が作ってる世界観とは全く違う素晴らしいものに触れると
琴線に触れる何かしらがあるな。

あと貧乏人の一般感覚で見てしまう自分が情けないのだが、
「1曲しか使わないのに、あんな高いエフェクターを…すげぇ」
とついついエフェクターの費用対効果の贅沢さをうらやましく思ったりもした。

5kai、山口でも観たけど強いバンドだなぁ。と思う。
音も空気も強い。メンタルが音に出ている感じ。
山口のみんなが好きだったり、憧れたりする気持ちがよくわかる。

ばけばけばー。

不思議なテンションの高さ(笑)。前に広島で観たときは
こんなテンションやったけ?と思い出そうとするも昔過ぎて思い出せない。
徐さんのベースラインも弾き方も素敵。

あと昨日気付いたけど、ベースがそんなに前に出なくていい時や、ベースが入ってない構成の際は
ステージの端に捌けているところに性格の良さを感じた。
曲は正しいオルタナティブといった感じで掴まれるアイデアが豊富。素敵。

ふつうのしあわせ

「おい!テンションたけぇな、西崎!」と言った感じ。
ふつうのしあわせのふつうのしあわせ(曲名ね)の最後にロックスター然とした
振る舞いに思わぬず録画をしてしまった(笑)。
ステージでもテンション高かったけど、客席でもMAXハイテンションだった。
酒ってすごいな。と思いつつ、西崎くんもABも前年比1.2倍くらいに丸くなっていた。
ただ酔ってあんなプログレ変拍子やれるのは何故なのだろうか?
頭良いからかな?

SOOZOO

こないだの山口で初めてみたので2回目。精神的なパンクスピリッツを感じる。曲は音楽性の守備範囲が広い印象だなぁ。

shiNmm

さないMCが1個所というまなぶくんの気遣い。その1個所に賭けたさないMCは爆発したのか、不発だったのか?
多分本人しかわからない。
その唯一のMCから突入した新しめの曲の「揺れるフィラメント三点倒立」と
歌う箇所でまごめちゃんが「揺れる」の箇所の拍のアタマで頭を揺らしていることを発見。

しかもとても様になっていてカッコいい。
あとで本人に伝えてあげると、「中身がないので恥ずかしいですよぅ」と言っていた。
JCにベースを刺した挙句、買ったばかりのベースを福岡に置いて帰ろうとしていた、そこから半年?が経ち、かなり中身も詰まってきていると思うのだが、本人はまだまだらしい。
真っすぐに育ってていいな。と思う。

シゼンカイノオキテ

抜群に爆発してた感じ。
11年ぶりの新しい音源も良かった。でもライブはもっと良かった。
メロ+オルタナは合唱というか声にパワーを振るときあるよね。
って勝手に共感して、独り言ちた。
アンコールもあり、大団円。

水車だけ観たことないのに、時間的に観れなくて残念。
またどこかで観れたらいいなぁ。

ライブ終了後、いろんな人を話をして解散。
まむしくんたちがやよい軒に行くのを見届けて、宿泊場所へ。
shiNmmとfurateと二階建ての一軒家を借りて10人で宿泊。
各階に布団が5客づつ敷いてあった。
上は鼾や歯ぎしり、寝言を言うメンバーと廻りで何があろうとも起きないメンバーで固められた。

ちなみに、
鼾…タカミヤ、カネコ
歯ぎしり…サキチヨ
寝言…まごめ
廻りで何があろうとも起きない…ゆかみりや
の布陣。

修学旅行感強しで楽しかったな。
まごめちゃんの得意なダンスがガールズという種類らしく、
それを模倣したさないさんがガールズの振り付けをしながら、
shiNmmの曲を歌ってる様がサキチヨさん曰く「今年で一番笑った」
とのこと。ちなみに今年はまだ12日しか始まっていない。

2019/01/13

疲れてると寝れない。
3時ごろに寝たのに、8時前には起きてしまった。
みんな、まだ寝ていた。
8時にまごめちゃんのアラームが鳴り始め、ずっと鳴っていた。
それでサキチヨさんは起床した。
まごめちゃんは寝ていた。
カネコくんも寝ていた。
ゆかみりやはもちろん寝ていた。

まごめちゃんのアラームを止めたら、
数分後にアラームがまた鳴り始めた。
サキチヨさんは起床した。
まごめちゃんは寝ていた。
カネコくんも寝ていた。
ゆかみりやはもちろん寝ていた。
まごめちゃんはこの時間に起きたいのだろうと思い、
起こしてみたが、起きない。
携帯をほっぺにあてて起こそうとしたが起きない。
なので、アラームを止めて煙草を吸いに下に降りた。

下に降りてもまだ誰も起きてなかったので、そぉっと移動したけど、
O型のそぉっと移動なので、もしかしたら誰かを起こしたかもしれない。

上に戻るとまたアラームが鳴っていた。

9時ごろまでまごめアラームは鳴ったり、消えたりして
まごめはついに起きた。
起きた瞬間からではないんだろうけど、印象として起きた瞬間から
化粧をしていた。
乙女だ。

カネコくんも9時ごろにノソッ起きた。
ゆかみりやは布団を剥いでも寝ていた。
9時45分でも寝ていた。
9時47分ごろ、急に起き上がり走って下の階に行き、準備をはじめた。

10時チェックアウトで9時57分ごろから怒涛の準備を開始し、
10時3分ごろ宿を出た。
若いって素晴らしいな。

shiNmmとfurateはここから大阪でライブなので、ここでお別れ。
かんなちゃんと合流し、三条の商店街をぶらぶらし、
キツネの嫁入りのマドナシくんと合流して飯を食う。
nouonのみなさんも一緒でルロウズの淳平くんと再会。
マドナシくんに調整してもらって、なんとか時間を併せて
会えてうれしい。
マドナシくんに紹介してもらってた三条商店街のパン屋でパンを買って
喰ったことと、商店街の入り口の肉屋でコロッケとメンチカツを買ったことを
報告するのを忘れたな。

二人して写真を撮った。
俺、顔でかいし、手のひらの開き方がブッダみたいだな。

そこから一路、広島へ。
ワンオペ400キロ疾走。
慣れない運転は怒りとともに疲れる。
ピークは広島着いて、荷物降ろしてかんなちゃんを
送り届ける際に乗降後から赤点滅のランプがついてて
おかしいな。と思ったので、信号待ちでエンジン止めて、
もう一度エンジン掛け直そうとしたら、エンジンがかからず三車線の
真ん中の車線でエンスト、立往生したときですな。
ボタンプッシュ型のエンジン起動装置だったので、今から思えば
多少の時間をおかないと連続でエンジンがかからないという
仕様だったのかもしれないと思うのですが、当時は怒りのみ。
車内を凍らせましたね。
すいません。

で、なんとか車はエンジンがかかり、後続車両に迷惑をかけながらも
出発。かんなちゃんを送り届け、レンタカー屋にレンタカーを返し、
終了。

帰りにファミマで総菜をいくつか買って帰ったのですが、
最近はことにコンビニの総菜のレベルたけぇな。
どれ喰っても何喰っても美味い。
臓物の煮込みもハンバーグも鮭の塩焼きもうめぇ。
京都で買ったメンチカツもコロッケもうめぇ。
うめぇ、うめぇと22時ごろ飯くって寝て、朝起きた腹がぷっくりでてました。

2019/01/05-2019/01/06

2019/01/05

特段急いでやることはないのだが、4日から出勤。
まぁ、でもここでしっかり飼い慣らされてるおかげで
月に低額兼定額の生活費を手に入れているのだから我慢。

5日の土曜日も律義に出勤。
年末ぐらいからPA機材について興味を持ったので、ちょこっと調べる。
個人的にこれまでずっと録音の際はいろんな方に協力をもらって、
録音→ミックス→マスタリングをしていただいていましたが、
自分の音は自分でケツが拭けるようになったほうが絶対良いような気がしている。

「ポップソングなんだけど、オルタナティブな感じ」とか
「声は歌詞が聞き取れるようにしてほしいけど、ちょっと雑に歪んだ感じ」とか
禅問答のような頭にぼんやりしかないイメージを具現化するには、
まず自分で作ってみたほうがよいと思う。

なので、次回のウサギの音源もテクニカルではない
大まかな音の作りのとことかは自分でやりたい。

ま、テクニカルなとことかは大阪に連絡して
助けてもらおう。とは思っている。

なので、よくわかんないまま調べ始めて概要を理解。
どうやらPCとインターフェースと編集ソフトが入りそうだ。
ふむふむ。
PCには以前やろうと思ってインストールしたstudio oneという
編集アプリが入ってるので、これでいいだろう。

インターフェースはPCに音を取り込むためにマイク繋げて
音をデジタル化するもんなんだろうな。と思いながら、
せめてドラムに立てるマイク分くらいの口は要るな。と
思いながら、検索。

PCは、まぁ、今のが数年前のcore i5だけどまだ動くから
これでチャレンジでいいか!ってことで、
必要なものはインターフェースのセレクトのみという
結論に達し、最終選考で選んだ機材が

zoom livetrak L-12

インターフェースだけでなく、ライブや練習のときのmixerの役割
なんかもこなしてくれそうなので、何かしらやってみたいと思った時でも
役に立ちそう(野外でライブやりたい。とかPA機材のない場所でライブしたいとかね。)

現在は諸々、検討に入った段階。

家に着いたら、年末のダウンタウンを家人が観ていた。
そういえば家人は、この録画を昨日も観ていた。
聞くと、「いやぁ、途中でなんだかんだいろいろやっててさぁ、集中して観れてないんだよね」
とのこと。

そんな会話をしていると、
テレビでは劇団ひとりが水中で鍵を外していた。

2019/01/06

朝起きて、パン屋へ。
パン屋でクロワッサンととんかつサンドを喰う。
このパン屋さんは金持ちマダムから子供から怪しいじいさんまでいる。
「ここは舟入のアメリカ。人種のるつぼだ!」
と来店するたびに思う。
このパン屋はイートインのスペースがあるのだが、
購入者にはそこで無料の珈琲も提供してくれるので、
パンを購入後、いつもそこで食べている。

先日は裕福そうな親子が幸せそうに
「パパは云々」「ママ、これ美味しいからママにもあげるね」
などと会話をしていた。

今日は同じ場所で汚いババアとジジイが
「あの台は1500回転まで回さないと云々」
「当たらんちゃ、あれは無理。やめといたほうがいい」
などと会話をしていた。

「ここは舟入のアメリカ。人種のるつぼ」

パンを喰って、家に帰り2度寝。
起きると、年末のダウンタウンを家人が観ていた。
昨日も観ていた。一昨日も観ていた。
聞くと、「いやぁ、途中でなんだかんだいろいろやっててさぁ、集中して観れてないんだよね」
とのこと。

そんな会話をしていると、
テレビでは劇団ひとりが水中で鍵を外していた。

デジャブ!
未来・過去・今・人々のドラマ…
(急に出てきてなんだ?とお思いでしょうが、
これはルナシーのデジャブの歌詞のはずです。)

2度寝のち、録画していたTV番組を観る。
新年のSPはどれも長い。
比較的短い名古屋のTV局制作の
千原ジュニアが後輩と高橋真麻を連れて酒を呑むという
番組のSPを観る。
ゲストで出てた最上もがを初めてじっくり観た。
ドラマにちょこっと出てたときは圧倒的に研ナオコみたいな鼻口だな。
って印象だったけど、話してるとことか観てると魅力的ですね。
エロいような妖艶なような不安定なような。
好きっていう人の気持ちがわかりました。
自分のことを僕っていうのはよくわかりません。
わざわざ人が引っかかってくるようなワードを一人称に選ばなくても…
って思うけど、魑魅魍魎が跋扈し、生き馬の目を抜く芸能の世界で
こういうことを言ってしまうのは野暮というもんなんでしょうね。

で、最終的に顔が真っ赤になった芸能人の酔っぱらいの話が
最後まで繰り広げられて終了。

今日は練習だったので、チャリに乗り練習へ。
土曜にサドルの緩みを直してたので快適走行。
練習はたまちゃんの仕事が長引いてしまったので、
3人での練習になったが、途中ディレイを深めにかけたら、
単音弾いても、空間が狙った以上にスカスカにならないし、
コード弾いたら轟音になるしで、いいことづくめだ!ということを
発見し、非常に有意義。

新曲も編曲/構成の大枠が完成し、7割がたのとこまで来た感じ。
あとは細かいリズムやコーラス、リフの調整があればOK。
最終的にはライブで何回もやって完成させたらよいので、
早くみんなの前で披露したい。

帰りにご飯食べてなかったので、
セブンイレブンでカレーうどんを買う。
喰ったらすごい好みのカレーうどんで満足。
うんめぇ、うんめぇ。
とあっという間に完食。

飯を食い終わってテレビの方を見ると年末のダウンタウンを家人が観ていた。
昨日も観ていた。いや一昨日も観ていた。さっきも観ていた。

もちろんテレビでは劇団ひとりが水中で鍵を外していた。

2018/12/29-2019/01/03

2018/12/29

年末の連休初日。
前日の深夜からグリッドマンのアニメを見始めていたので、
朝の10時から練習だったけど、眠い。

練習は数か月に1回集まって、1曲を練り練りするという一企画のためのバンド。
なかなか豪華な面子にて1曲のみを作るので、
どんなアレンヂを充てこんでもどれも及第点がとれるという贅沢な悩みを抱える。
最終的にどのアレンヂでいくかは、録音スタジオで決めてもいっか!という
結論の元、練習終了。

外がとても寒かった。
耳当てがないと耳が千切れるな。と思った。
あと、チャリのサドルのネジがまた緩んできた。
これは何かしらの欠陥がサドルか俺にあるな。
と思い至る。

家に帰り、風呂に入りながら、グリッドマンの続きを観る。
最後まで風呂の中で観てたら、思いのほか時間が経ってた。
風呂から上がり、録画してた番組観てたら寝てた。

2018/12/30

帰省。
しかも朝の8時前の電車に乗って防府へ。
山陽本線が復旧してたので、電車のみで帰れた。
ありがたい。
復旧の姿を見ようと外を見てたけど、
岩国を出発してすぐ寝てた。
起きたら、新南陽だった。

防府につき、親戚の家へ。
毎年、臼と杵で餅をついていたが、
高齢化の波には逆らえず、機械で餅をつく。

つきたてのクソ熱い餅を手で千切り、揉む。
あんこを入れたりして揉む。
大病をしたうちの爺さんは斜め上をジッと見ていた。

あと従兄弟はまだ20代かと思っていたら30代だった。
オタク気質の30代から大量の漫画を借りる。
中世で紙を作ろうとする漫画を一気読みする。

夜に父親の古稀を祝う。
ほどほどに。

その後、ゆかみりやに連れて行ってもらって
オルガンズメロディへ

皆がyoutubeを見て、鍋を喰っていた。
しばらくすると、バンドマン座談会が急遽開催され、
ステージ上でみんなと話す。
2時間以上も話す。でも、面白かったな。
聞いてるほうは飽きたと思うけど。

深夜にほどほどに酔ったゆかみりやを連れ、防府へ

2018/12/31

ゆかみりやの家にて歓談。
しばし台湾のガイドブック見ながら、
台湾の話をした後に布団をひくのが面倒だったので、
「このまま炬燵で寝ようかな」と言うと、
ゆかみりやから「炬燵で寝ると水分が足りなくなって、
風邪ひいたり、下手したら心筋梗塞になったりするんで、
絶対やめたほうがいいですよ!」と看護師らしい注意をされ、
それは良くないな。と思い、布団をひいて寝たのだが目覚めると、
ゆかみりやがバリバリ炬燵で寝ていた。。
しかも炬燵布団は上半身にかかっておらず、
素人が見ても、風邪になる確率1.5倍みたいなスタイルだったので、
とりあえず近くにあったMA-2を掛けた。
そしたら暑いのか、眉間に皺を寄せていた。
風邪引くよりマシだろ。と思ったが、思い返せば
炬燵で寝るのが良くない!と本人が言っていたので、
一応起こしてみた。
起きない。
知ってたけど、やっぱり起きない。
なので、MA-2を掛けたまま2度寝した。

次に起きたら、ゆかみりやはベッドで寝ていた。
知らぬ間に起きたのだろうな。

で、時計を見ると9時半過ぎ。
とりあえずゆかみりやを起こそうと頑張る。
いつものチャーシューの人形を探すも姿が見えない。
しょうがないので、京都でゆかみりやが買った民族楽器を
手にゆかみりやの耳元でオリジナルの即興インストを披露。
少し身体が揺れ始めた。
立て続けにオリジナルの即興インスト2曲目を披露。
2曲目にしてゆかみりや起きる。
これは…!効果的だ…!と思う。

ゆかみりやは寝起きは悪くないので、チャッと用意をして
三日月堂で朝飯を食おうと相談するも、三日月堂はお休み。
コメダ珈琲に行く。
食パンと珈琲を飲みながら大晦日の朝に
ゆかみりやとパラレルワールドの話をする。

確かゆかみりやが大学進学時にもうひとつ受かってた県外の大学に
行ってたら、出会ってない。とか学くんがいないと
出会ってない。とかこういう何でもない場も偶然が積み重なって
出来上がってるんだねぇ。と話しながら家の近所まで送ってもらう。

家に帰り、ぼ~っとする。
飯を食った後、布団の中でダウンタウンを観てて
細川ふみえがユータッチマイパイって言ってるのを記憶の最後に
寝てた。

2019/1/1

深夜3時に起床。
早いな。と思ったので2度寝。
7時ごろに目覚める。

正月らしく雑煮を喰う。
駅伝観てたら、時間になったので広島へ。
帰りも電車。
ただ行きに空っぽだったリュックに
総重量10キロ程度の野菜、根菜が詰め込まれていた。
背負うとグッと肩に野菜、根菜を感じる。

家に帰り、撮りためてたテレビを消化。
HDD残量が数パーセントしかない。
観て消す、観て消す。を繰り返す。

録画番組ばかり観てたら時間感覚が麻痺する。
多分、これ観たら寝よう。って番組を観終わった時間は
明け方の3時か4時だったように思う。
そこから睡眠。
多分、ダウンタウンを観てたように思う。

2019/1/2

10時ぐらいに起床。
餅を喰う。
餅喰って、元日に録られてた番組を少し観て外へ。
1/12の京都ライブの練習。
3時間で復習や新曲まとめ、最新作制作などを行う。
さ、どこまで出来るかな。
その前にレンタカーの予約しないとね。
と思い至る。

家に帰り、夕ご飯の準備。
実家からもらって帰ったブリの切り身があるとのことだったので、
ブリのカレーを作ることを決意。
通常通り、玉ねぎやニンニク、ショウガを炒める横で
ショウガと料理酒、みりん、昆布を加えた水にぶつ切りのブリを中火→弱火で煮込み始める。
灰汁をちゃんと取り除き、出汁が完成。

スパイスと同時にぶつ切りのブリを投入。
もう火は通ってるのでスパイスとブリを馴染ませるのみ。
馴染んだあとにブリの出汁を投入!!
あとは弱火でコトコト。

実食。
ぶつ切りのブリでかかった。
ま、食べ応えは抜群。
もう少し小さく切ってよかったな。
あと出汁の主張がもう少しあってよかったな。
ま、スパイスが主張の塊だしね。
もっと「出汁が我がが我がが!」で前に出ないと混ざらないね。
と思った。
スパイスを減らすか、出汁を強化するかを試すしかないな。
ギリギリカレーとして成立するスパイス量てどれくらいなのかな?

喰ったあとは寝る。
この日も床につくのは遅かったように思う。

2019/1/3

起きたら8時前。
テレビつけたら朝チャンしてた。
録画番組を消化してたら、宇垣さんが出ていた。
朝チャン→宇垣さんの流れは宇垣さんが
朝チャン降板と言われたときに烈火の如く猛った。という
ゴシップ記事を思い出す。
ま、でもメインの夏目さんもコンドーム写真→退社という
なかなかの窮地からのV字回復で現在の位置を獲得していることを
思うと、番組の降板くらいはフリーになったあとの御土産的エピソード
トークにするくらいのしたたかさはあるんだろうなぁ。
頑張れ、宇垣さんと思った。

昼になってトンカツが喰いたかったので、近くのジョイフルに
行ってみるも見たことないくらいの満席。
トボトボ散歩がてら歩いていると寿々女(ラーメン屋ね)が
開いていた。寿々女でチャーシュー麺を食す。
20年以上広島に住んでようやく、醤油豚骨の魅力がわかってきた気がする。
美味いね。

家に帰る前にマックスバリューに寄る。
アイスクリンがあればいいなぁと思うも、アイスクリンはなし。
悔しさを胸に帰宅。

家に帰り、ループステーションで1/16外国や2/10世羅での
一人演奏の練習。昨年からちょっとづつやってるので、
悪くないとは思うけど、まだまだ上が目指せる感じ。
出来る限り、詰めていきたいもんですね。

夕方からプレバトを観る。
観てていつも思うけど、俳句って自分のセンスが
俳句の流儀に合うか合わないかが一番に重要な問題な気がする。
だから、プレバトに出てる人を観るときには
最下位or大絶賛の人に注目して観ている。

そんなことを考えてたら、正月が終わった。
もう終わった。正月。