ダセェ言葉は一周したら真実だった

Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark


IMG_20140706_102704

 

 

 

 

 

 

「会いたい。会えないでも会えない」
「君が好きで云々」
「愛しているから、云々」
と、歌詞に困ったり、書くことがないときにすぐに発動する便利なテーマ「愛」
それはそれは軽薄でプログラム組んだら、2秒で出来そうなテーマ「愛」

しかしながらですね、一番深いテーマも「愛」だなぁとこの年になって
思ったわけですよ。

上記の「愛」は商業的なものなんで、侮蔑するような歌詞の部類ですが、
歌詞ではなかなか表現できないのですが、言葉にはできる「愛」の部類がございます。

先日、大阪のロックフェス「見放題2014」に参加させていただき、
広島の名もないヘッポコバンドを観に多くの方が足を運んでくれたことや、
大事なイベントに広島の名もないヘッポコバンドをブッキングしてくれたことなど、
僕たちの何かに火をつけてもらうこと、それこそが「愛」だなぁと思うのですよ。

言葉は姿を変え、「意志」や「心意気」などともって僕は表現してましたね。

そして、次の日見放題バスを降車してすぐレンタカーを借りて、
防府のウミコヤ38までライブしにでかけました。

到着がわりとギリギリになってしまい、すぐライブをするような形だったのですが、
PAの方もニコニコ。
リハしてないんで、ちょろちょろ音出す間も待ってくれてるお客さんもニコニコ。
ウサギのライブが始まるとニコニコ。
スタッフの方の息子さんがウサギが好きということで、おばあちゃんに駄々をこねて
連れてきてもらって最前列でウサギを観覧。
半泣きで「うるさい うるさい」と耳を塞いでいたのはご愛嬌。

ライブ後、
——————————-
日曜日は大阪からのお疲れの中来て頂き、
素敵なライブ大変ありがとうございましたm(__)m

ライブ終わりまともに挨拶も出来ず申し訳ございませんでした、、。
そしてウミコヤのみんなはやはりウサギバニーボーイが好きなんだと
改めて痛感した夜でありました。

元々は社長がウサギバニーボーイの一枚のCDを持っていた事から
Yさんを中心にこのフェスは動き始めました。
また来年もあると思いますので、
タイミングよろしければどうぞよろしくお願いいたしますっ
——————
と、涙が出そうなメールをいただいたり、

—————————–
日曜日はお疲れ様でした!
ありがうございました!
次男はウサギバニーボーイ1は車でウサギバニーボーイ2は、
ばーちゃんのラジカセ借りて家で聴いてます(笑)
将来バンド始めたら高宮さんの影響かもしれませんね(≧∇≦)
—————————–
と、ライブでは耳を塞いでましたがCDはお気に入りとの連絡をいただいたり、
CD流しながらウサギ歌ってる小学生の動画をいただいたりすると、
この感謝の気持ちや温かくなるこの感情をなんと表していいものかと
返信に窮していると、浮かんできた言葉が上記の「愛」という言葉です。

ウサギをブッキングしたい。
ウサギを観たい。
ウサギにライブに出てほしい。

見放題のブッキングいただいた方もウミコヤのスタッフの皆さんも
ありがたいことにウサギに対していろんな「愛」を注いでいただいております。

僕らの準備不足やメンバーが随時異なることが
原因でより良いものが魅せれたのではないか?という
疑問と闘いながら、常にライブをする僕らではありますが、
そういったバンド特有の欠点も含め、全て包んで愛していただいていることを
実感した2日間でございました。

僕らはまだ伸びしろがあります。(僕はおっさんですがね。)
メンバー毎に伸びしろが違いますが、一昨日、昨日見ていただいたウサギバニーボーイより
更に良いものをお見せできる自信もあります。

いただいた「愛」に対してウサギが返せるものは、
良い曲を書き、良い曲を伝える演奏力を誰が行っても
安定してお届けすることだと思っております。

僕は正直、jailやnuillやetosのライブを見ると自分が作っているものが、
ひどくダセェ曲を書いているのではないか?ちゃんと良い曲を書いているのか?
不安になることが多々あります。
出来た瞬間は、自分なりに「これがいい!」と思っているのですが、
上記のバンドのライブを見るとひどく不安になります。

しかし、こういった日が1年に1回、10年に1回でもあると、
自分が作っているものを信じれるというか、自分以外の人が自分を認めてくれている、
愛してくれているということがなんかどこかに染み入って、感謝の感情が溢れます。
これが愛をもらってるほうの感情なんだなぁと思うと、感傷的になります。

ということで、ウサギバニーボーイはこのままできる限り前倒しで進んでいきます。
それが頂いた愛情へのまずウサギができることですからね。

見放題、ウミコヤロックフェスありがとうございました!!

「愛」なんてダセェから絶対歌詞に使わねぇと思ってた自分を殴ろうと思ったよ。
という投稿でした。
けど、歌詞にはできないだろうなぁ~。書いたら、軽薄な愛になりそうだ。

それと、数件の統計ですが、防府出身の人は「東京はダモリ」が好きですな。
多分。

ダセェ言葉は一周したら真実だった was originally published on usagibunnyboy

utg-sounds:

ウサギバニーボーイのコピーバンド – 神戸大学

立ち位置はレコ発、素敵な生活の始まり方はおそらくゴトウイズミさんバージョンを見たのかなと思うほどよく再現されてます。なんだかジーンと来ます。憧れられるってすごいことですね。

ありがたや。ありがたや。

speakergainteardrop:

– 田舎者フェス 2日目 –

1/12 (sun) @4.14
open 17:00 / start 17:30

■ KASHIWA daisuke

■ nego(東京

■ ANYO(大阪)

■ nuill&un cuento de hadas

■ nekomusume

■ speaker gain teardrop

ウサギバニーボーイpresents「田舎者フェス」1/11(土)~13(月)で開催。
県外ゲスト3組、地元バンド3組による超濃厚な3日間。
11日はjailbird Y / etos、13日はウサギバニーボーイで主催します。

http://utg-sounds.tumblr.com/inakamonofes

– 田舎者フェス 2日目 タイムテーブル –

17:30~18:00 speaker gain teardrop

18:15~18:45 nekomusume

19:00~19:40 ANYO

19:55~20:15 nuill&un cuento de hadas

20:30~21:10 nego

21:25~22:05 KASHIWA daisuke

【広島の音源】「安芸の震導」配信スタート

utg-sounds:

image

広島のインディーバンド27組を集めたコンピレーションがbandcampにて公開されました。

安芸の震導bandcamp(引き続き試聴は可能です。)
*ダウンロード上限となりましたので以下からダウンロードできます。
Dropbox
firestorage
GigaFile
最も安定しているのはこちらになります。

参加バンドのまとめページはこちら
http://matome.naver.jp/odai/2136584507130991201

概要は以下の通り


「あきのうたげ」 X 「S.G.C.」 X 「導火線と意見」共同企画。

広島の裏ロックシーンで活躍するインディーバンドの楽曲を「安芸の震導」コンピレーションと題し、
地元バンドを迎えてフリーダウンロードというカタチでbandcampで配信します。

ロックを中心にポップ/オルタナ/シューゲイズ/ポストロック/エレクトロニカ/ジャンク/ノイズ等
今地元で勢いのあるバンドから、あの伝説のバンドまで27組が集結。

広島バンドマン目線で地元バンド を厳選。県外に出しても恥ずかしくない楽曲のオリジナリティを
重視したバンドを優先、本コンピレーションは各参加バンドの知名度の向上を主目的とし、ジャンルレス
に入り組み混沌とした広島音楽の現状をお楽しみいただければ幸いです。

是非とも広島を飛び越えて県外まで波及させるべく拡散して頂けるよう宜しくお願いします。

■ 「安芸の震導」ツイッター

https://twitter.com/akinoshindou

:リンク

■ 導火線と意見

http://www.facebook.com/doukasentoiken

■ S.G.C.(shin-gen-chi)

http://sgc-hiroshima.tumblr.com

■ あきのうたげ

http://hiroshima3event.tumblr.com

‐ 安芸の震導 スペシャルサンクス ‐

■ Do You Realize?? (utg_sounds)

http://utg-sounds.tumblr.com

■ TRASH-UP!! BATTLE OF DEATH IN HIROSIMA

http://hiroshimatrash.web.fc2.com

■ HIROSHIMA 4.14

http://www.hiroshima414.com

■ タワーレコード広島店

http://tower.jp/store/Hiroshima

トラックリストはこちらです。

Read More