2018/12/08-2018/12/09

2018/12/08

朝、起きたのが何時だったか忘れてしまったけどそんなに寝てないと思う。
昨日の金曜はツインベース用の練習をしたけど19時-21時と健康的な時間帯の練習だった。
なので、寝る時間もそんなに遅かったとは考えにくい。
で、起きて風呂に入る。
風呂に入っているとDNAが近しい奴がやってきた。世にいう妹ってやつ。
年末に父親のなにかしらのパーティをやるとのこと。
風呂から上がると、「飲み放題といっても家族みんなそんなに酒を呑むわけはないので、これは損になるのではないか?」「ウーロン茶何杯呑んだら元がとれるん?えっと、7杯かそんなに呑むわけねぇじゃん」とDNAが近しい奴が言っていた。
僕は最近細くなって、質が変わってきた髪の毛を乾かしながら、「やっぱ歳とって髪に影響が出始めたら坊主だな。」「上手い具合に前から薄くなってきてる気がするので、おでこが広いと坊主が似合うのでやっぱ坊主だな。」と一人ごちて、そそくさと準備。

どこへ行くかというと京都。
しかも新幹線。
遠方のライブが結構多く、「お金がない。」というのが理由でライブを断ったりするのはしたくないけど、車自体を持ってないし、車持ってるやつが車出さない。というのであれば、しょうがないけどすごい嫌な予感しかしない。
覚えなくてもいい贅沢を覚えて、我慢せず金を散財した結果、
「お金がない。」という理由でライブを断る。という未来しか見えない。
そして、「お金がない。」という理由だと俺に文句を言われるのが決まっているので、それを防ぐために多分俺は嘘をつかれる。

閑話休題。

で、京都。
早めに着くように移動。
着いて二条に移動。
JRで二駅。近い。圧倒的に京都が近い。
金で時間を買った感。
でも、金で時間を買ってもその時間を何に使うかというと、
飯食ったり、待ち時間だったりと大したことはしていない。
俺は金で時間を買っただけ。

16時前後に出演者全員集合。

shiNmmからリハ。
ウサギもリハをして本番。
今年の初めにtennjoeでスタジオライブをしていたから自身では2回目か。
前のスタジオライブで照明は暗いほうがライブっぽいな。と学んでたので照明を暗くしてスタート。
うん、本番っぽい。
で、7~8曲やって終了。
程々の出来だったのではないでしょうか。
ただ前日にギターのフレットがへたってしまって音が出なくなって急遽メンテ前のテレキャスでやったけど、これもそんなに調子よくない。そんなときに限ってシールドも壊れるし…で、個人的には準備不足?というか
テレキャスを十分に慣らして?鳴らして?やりたかったな。という想い。
でも、ま、終わったら終わり。

シンミリメートル

shiNmmを観る。最近、曲の始まりがいい感じのヌケた感というかヌケの雰囲気みたいなとこから始まるようになってて、「試行錯誤してるんだなぁ、まなぶくん。」弾いてるあいつらは特に何も気にしないんだろうなぁ。
と思うと、感慨深い。
何も知らないし、拘らないならとことん知らないし、拘らないほうが結果、早くていい感じに仕上がる気がする。現にいい感じに音が狂っている。最高じゃないか。
なまじ分かるから口を挟むことで遅延、間延び、くすぶりが生まれて誰かがどこかを我慢している仕上がりよりは、ずっといい気がするな。ま、時と場合とそのバンドによるんだと思うけどね。

あの娘はウォンバット

続いて、あの娘はウォンバット。じっくり観るのはほぼ初かな。
スタジオで見るほうがやりたいことが真っすぐに伝わってくる感じだな~。
あとshiNmmの女子3人が「あの娘はウォンバットの女子二人はいい匂いがする。」って言ってた。
今回、むらちちゃんと話してこういう企画ができたのは、とてもうれしいな。
ノリでやろうと言って、家に帰って寝て忘れるんじゃなくて、やると言ったらどういう形であれ、必ず実現させようとする。なんか当たり前っぽいけど、この当たり前をやるのは大変だし、面倒。でも、「やる。やるって言ったから。約束したから。」を大事にできる人はいい。
そういう人にやっぱり人は集まってきて、人を幸せにするし、人に幸せにしてもらえると思う。

ライブ終了後、打ち上げ。山口と広島にはない鳥貴族にて。
安斎君が「二条のトリキは最近出来たんですよ」と言っていた。
休みだったのに安斎君はわざわざライブに足を運んでくれて、受付までしてくれていた。
これが京都の誇る安斎君だ。
素晴らしい。
真似できないな。
8割がた人格者だ。
あとは自身の健康への気遣いくらいだな。
家族のことも踏まえて、是非、断酒/禁煙/適度な運動/年1の人間ドックをしていただきたい。

あと、会場に安斎君の奥さんのえみちゃんも遊びにきてくれていて感謝。
えみちゃんの体調も万全のようでなによりというか、ほんといつもと変わんなかったので、中古マンションを買うのは得だと思う?と相談に乗ってもらう。
あと、今のアパートは大家が建て替えするまで待ったほうが敷金礼金が返ってきたり引っ越し代が一部出たりする可能性があるので、そっちのほうがいいのか?と相談するも、大家が最近変わって、入居率もまだまだ高い水準で維持できてるんなら、多分建て替えとか考えてないと思いますよ。との推測を聞いた。
中古マンションに関しても、こんな考え方で中古マンションを買おうと思うんじゃ。と相談すると、「良いと思います。ありです。」と言ってもらえて「よし、本腰入れて探すぞ」という気になった。

閑話休題。

あまり酒を呑まないんでわからないけど、多分メガ金麦?メガハイボール?みたいなのが、酒を呑む人には鳥貴族はお得感が強いんだろうなと思う。
打ち上げであの娘はウォンバットのメンバーと話をして、いろいろ聞くといろいろ面白いな。
3か月無給で働かせて、そのあとの3か月は給料半分みたいな会社が平成に存在するなんて面白い。
フランスだったら、デモからの合わせ技で暴動だな。

打ち上げ終了後、特に泊まるとこも決めてなかったので検索。
西院にあるネットカフェに決めて歩く。
知らない街の深夜徘徊は楽しい。
ただ目的地までの目算が立てれないので精神的に疲れる。
途中で山陰本線の高架を潜り、金持ってそうな集合住宅をみたり、
狭小住宅ばかりが並んでる地区をみたり、嵐山に続く線路を超えたり、
支持政党のポスターを張りまくっている家をみたり、
火の用心と書いてある提灯をぶら下げている家を観たりしてたら、
西院に着いた。
駅前じゃねぇか。
ここ知ってる。ガタカのすぐ近くだ。
二条から西院って歩いて20分。
車だったら5分くらいなんだな。と学ぶ。
で、ネカフェへ。
6年ぶりくらいにネカフェに泊まったけど、特に何もない。
いろんなタイプの人がいるなぁと思ったくらい。
NHKの72時間でやりそうだな。と思って調べたらやっぱりあった。
「2007年1月30日 東京・上野にある24時間営業の漫画喫茶の、年末年始の様子。」年末年始を乗っけるのか~。そうかマンガ喫茶だけだったら弱いんだなぁ。と思った。

で、寝てみる。
少し寝苦しくて3時半ごろ一度起きる。
電話にさないさんから「明日時間あればご飯いきましょう」と書いてあったので、時間はあるので「行くわ。起きたらまた連絡するね」みたいな内容を返信して再度就寝。

8時ごろまで寝る。

2018/12/09

朝の西院

起きてリアルゴールドを呑む。
結果、この日25000歩という結構な距離を歩くようになるのでリアルゴールドは正解だったと思う。
おかげで月曜から働けてます。
高麗人参エキスに感謝だな。と効いてるかわかんないけど感謝する。

ナイト8時間パックだったので9時に店を出る。
近くのコンビニでマウスウォッシュと歯ブラシ買ってマックへ。あっ、コンビニから出たら、エレベーターの前で若いお兄さんが寝ていた。どこから移動してきてここで寝てるんだろうな。と思いながらマックに行ったんだ。
2階で朝マックを食いながら、バス停に並んでいる人たちを見てた。
ベースを持った女の人がバス停に並んでた。
ばけばけばーの徐さんに見えんことはなかったけど、多分違う。
もしも本人だったらすごい偶然だな。

さないさんから起きたとの連絡があり、10時に二条駅の約束をしたので、
二条駅まで歩く。夜はわくわくしてたからなのか、そんなに荷物の重さが
気にならなかったけど、昨日通った知ってる道になると、
精神的には楽だけど、荷物が重い。。

二条駅に10時前に着いて一服してたら、そろそろ着くというので、
分かりやすい場所に移動。そこから15分シンミリ一同が姿を現さない。
あの3人だと「どうせ化粧をしたり、トイレにこもったり、くだらないことで話が盛り上がったりして時間を見失う」んで15分くらい予想の範疇だけど、まなぶくんが付いててそろそろ着くという連絡から15分は
事故とかトラブルとかの嫌な予感がする。
加えて重さと寒さからどっかに避難して連絡待っとこうと思ってたら来た。
遅れてただけだった。
よかった。

そこから5人でカフェで相談した結果、以前にマドナシくんに教えてもらった担々麺が美味い匹十に行くことに決定。
店の前に行くと11時半からとのことだったので、三条の商店街を散歩。
靴修理屋で中古のチャリを売ってたりして楽しい商店街だ。
活気がある。
前にこの商店街歩いたときはハロウィーン祭りやってたな。
商店街が元気だと地域が元気な感じがしていいな。
と思って歩いていると、楽天1位みたいな洋菓子店の前に公園と大挙する外国人を発見。
公園で遊ぶ。
ひとしきり遊んだ後、匹十へ。
開店すぐなのに、結構人の出入りがあった。人気店なのかな。

匹十

蒸し鶏と担々麺のセットを注文。美味い。
まごめちゃんが初めて食べるので、感想を聞こうと思ってたけど忘れたな。
隣でさないさんが焼肉丼と半担々麺のセットを旨そうに食べてた。
焼肉丼が超美味そうだった。

その後、地下鉄二条駅から漫画ミュージアムの近くの駅まで移動。
そこから歩く。
目的地は錦市場。

錦市場
錦市場1
錦市場2
錦市場を超えたとこにある神社

シンミリはわりとちゃんと観光するみたいで錦市場も行きつけみたいな感じだった。市場でいろいろ観て、生麩まんじゅうを食う。すげーうまい。すげーうまかった。
さないさんやまごめちゃんは漬物を大量に買っていた。
ゆかみりやは箸を買っていた。
まなぶくんは引率していた。

まごめちゃんは定期的に「パンが…」「パンが…」「家族がみんなパンが好きなんですよ」と言っててパン屋でパンも買っていた。

錦市場からは歩いて二条まで帰った。途中民族楽器屋を発見し、今日一でテンションが上がったまなぶくんを先頭に入店。シタールとか二胡とか見て、TVの効果音が出るような名前を忘れた楽器を買った。土産にもなるしね。
ウィーミョン、ウィーミョンという。
ループでやるときに使ってみようと思う。

まごめちゃんに二条城で大政奉還があったんよ。と歴史の話をしたら
「そんな歴史的なゾウブツがあるんですね」と会話を進めてた。
そして「多分、ゾウブツって建造物のことよね?」とみんなで正したら、
「そうですね。ゾウブツって建造物ですね。あはは」みたいなことを言っていた。

そして無事二条まで歩き、解散。16時半。
シンミリはここからまなぶくんが運転して6時間かけて山口へ帰る。
おっさんは2時間ほど新幹線でうたた寝しながら帰る。
なんか申し訳なくなる。
帰りは「私たちも運転しますよ」とさないさんとゆかみりやが張り切っていただけど、多分寝るんだろうなと思った。
まごめちゃんに至っては必ず寝る。確認するまでもない。

また二条から電車に乗り、京都駅へ指定席を指定するためにみどりの窓口へ。
関東から来たのであろう標準語のおっさんが「スマホで三人分のチケット取ったからさー」と部下に言ってて、スマホを翳そうと券売機の前に立ったその刹那、スマホを翳すところがないみたいなことを言ってた。なんか券売機の下のほうの誰も触らねぇだろ。と思えるようなボタンとか押してたけど、
うまくいかなかったみたいで俺の後ろに並んだ。並んだけど「列がなげぇ」「三人分だからうまくいかない」だのうるせぇ。あの標準語の三人組、俺の後だったから結果どうなったかわかんねぇけど、どうなったのか気になるなぁ。
おっさんは部下を前に威厳は保てたのだろうか?
個人的に「スマホで三人分のチケット取ったからさー」という時点でコイツは部下に好かれてはいねぇな。と思ったので、多分、部下は腹の中で笑っている。

新幹線に乗り込むと俺の三人席の端だったが、
真ん中の席と窓際にカップルが座っていた。
三人席に三人座るだけでも狭いのに、あとから来たおっさん(俺)は
わりとでかいギターケースを抱えている。
すまない。と心のなかでカップルに少し詫びる。

そして、席に着くと…
カップルは人生の一大事みたいな話をもともとしていたらしく、
俺が座った刹那、彼氏が結婚(出来ちゃった)を決めたらしい。

結婚を決めた彼氏は即家族や上司、おそらく身近な人にメールを打っていた。
多分、明日の月曜日に言っても事態は変わらないけど、決めたことが揺らがないように自身を追い込んでるというか後戻りできないようにしてるんだなと思った。そして、なぜ俺はそんな瞬間に立ち会うのだ。と思った。

二人で結婚式に二人の共通の家族を呼ぶときはどっちの席に座ってもらって、
どうやって誘えばいいのか?という具体的な話をしていた。
「両家の出席する人数に合わせて、振り分ければいいんじゃない?」とギターケースを抱えたおっさんは思ったけど、面識もない、話が聞こえただけのカップルにそんなことを言うわけにはいかないので、黙って事態を見守っていた。
結果、彼氏がネットで調べておくということで話がついていた。

そしてカップルはどこかの駅で降りて行った。
カップルがいなくなったあとはうつらうつらしていた。
広島止まりの新幹線を選んでよかった。
意識を取り戻したら広島だった。
博多行きだったら、多分博多行ってたな。

広島駅で無事下車したのが19時前。
早いぞ。新幹線。
そこから在来線と市電を乗り継いで家に着いたら8時。
結構ここで時間かかるよね。

で、家について、サキチヨさんに民族楽器屋で買った楽器を渡すと、
全く興味を持たなかった。

で、「今日から俺は!」に備えて風呂に入って、
布団に入って準備してたはずが知らぬ間に寝ていた。

2018/12/1-2018/12/2

2018/12/1

前日に深夜3時くらいまで遊んでいたのに起きると9時ごろ。
疲れすぎると寝れない。眠る体力がなくなるんだろうね。
金曜に録画してた番組を観ようと思ったら、今週は特に特筆すべき録画番組もなかったので、風呂を溜めつつ、ツムツム。
もうツムツムも2年くらいやってると思うけど、なかなか点数が伸びない。
今年中に5千万点超えたいなと思いながら、風呂の中でツムツムしてると
非常に調子が良くない。個人的にすぐイライラするタイプで尚且つ貧乏症なので、ツムツムで思うようにいかないときのためにいつも沈みのよい布団やクッションを近くに置いてゲーム終了後、その沈みのよい布団やクッションにスマホを「くそがぁ!」と投げつけるのが日常なのですが、今日のプレイ場所は風呂。
イライラしても決してスマホを投げることができない状況。
そんなときに非常に調子が良くない。いつも以上にストレスも勝手に溜めて入浴。そんな風呂から上がると12時前。

本日は福山明治館でのライブ。
水曜日の練習で急にオーノが
「会社の人に始発と終電なんですけど、福山までの新幹線のチケットもらったので、僕は車で行きません。勝手に現地集合してください。」
とのこと。
しょうがないので鈍行ででも行こうかな?と思っていましたが、
それだったら打ち上げまで出れないな。と思ったので、ダメ元で一緒に広島からいくkthemusicgirl(以下、KTMG)のオカダさんに連絡。
車で行くとのことでお願いして同乗させていただくことに。
助かった。ありがたい。
で、待ち合わせの時間が12時過ぎだったので、急いで準備。

予定通り12時過ぎにKTMG号が到着。
途中、広島が誇るプロの客「しそ」も拾い、一路福山へ。
福山へ向かう途中、小谷ICで休憩。
なんか不動産関係の話でひとしきり盛り上がった。
最近安い中古マンション買って、払い終わるころにマンション取り壊しとかでも
今より安い家賃で広い場所に住めればそれはそれでありなんじゃないか?と考えている。

toeのブラックサバスのカバー曲やthe hatchなんかを聞きながら福山へ到着。
KTMGは福山での流儀がある。
チーン
「徳島ラーメン東大を食す」

チーン
「開放倉庫で”しそ”の服を買う」

この二つを必ず実践している。
が、今回ウサギのリハの都合でラーメン東大に行けなかった。これは非常に申し訳ない。
ただ開放倉庫で”しそ”の服を買うという流儀は達成。
頭の中でスガシカオを流した。”ずっと探してた理想の自分にぃ~”

で、明治館へ。
ウサギはすぐリハ。
同級生でPAのアイコさんが短時間でいい感じにしてくれる。ありがたい。
その後、ウサギのせいで流儀「徳島ラーメン東大を食す」を逃しているので
みんな腹が減っている。
近くにラーメン屋があるというのでリハ終わりに行ってみる。
「そのだ」というラーメン屋さんなのだが、みんなシューマイを推してくる。
なので、台湾ラーメンとシューマイを注文。
シューマイ、めちゃ美味い。
台湾ラーメン、めちゃ美味いけどぶち辛い。

先日の風邪が治りきっておらず、とくに喉の調子が本調子でないと感じていたので、朝からのど飴をずっと舐めていたわっていたその喉に唐辛子や山椒が直撃。
のど飴の効能をすべて綺麗に消し去った。なんかゾーマの凍てつく波動みたいだな。と思った。

あっ、ライブ大丈夫かな?と思い、
そっと喉の調子が良くても音程ギリギリの左脳という曲を
そっとスタメンから外した。

で、本番。主催のキョンキョンくんのアンチに続けて2番目で出演。
おっ、喉はなんとかイケそうだぞ。と思ったのも束の間。
1曲目で弦が切れる。
なんか「弦が切れる。」って「弦が切れる。→ゲンが切れる。→おどりゃークソ森」って
思考が進んで、広島っぽいな。と思ってしまった。

閑話休題。

1曲目が終わりどうしようかな。弦張り直そうかな?と思ってたら
sour thoughtのアライくんが自分のギター差し出してくれた。
ありがとう。と感謝してギターを借りてそのままライブ。

その後は弦が切れることもなく順調。
なんとかやり終える。
不安万能感とかファンタUSAとかあんまやらないやつをやったけど、
全部ウサギ2の曲ばっかりで後程ウサギ2がちょろっと売れていたみたいで、
なるほどなぁと思ってしまった。

その後sour thoughtを見ているとアライくんが1曲目でギターの弦を切る。
いきなり貸し借りいってこいでチャラ。
アライくんも弦を1本しか切らなかった。

岡山の二組のライブを見ててやっぱり
岡山の音楽シーンは面白いなぁと思った。
勝手な知見だけの印象ですが、岡山は、
「JC直刺し派/機材厨派/魔改造派」
みたいな感じで非常に両極の思考たちが1つの場所で混じってる感じ。
そういうのってすごい良い。

その後、打ち上げに参加してると酔ったおっさんから「ねぇ、ミュージシャン?」と聞かれ、会社員なので「違うよ」と答えたら、「じゃあ、大学生か?」と聞かれたので「過去はね」と
答えると「そうか、大学生か!大学生か!」と言ってた。
人間酔うと、40のおっさんが大学生に見えるというその事実。
ここまできれいに誤認できるということは、酔って女の人を口説いて朝起きると云々…というテンプレみたいな話って本当にある話かもしれないな。

打ち上げで同級生でPAのアイコさんとも少し話をさせてもらう。
同級生の生き方って自分と同じ年のあの頃にあんな判断をして、こんな結果を手に入れてるんだ。
みたいな感じで超リアリティがあるというか、簡単に自身に置き換えられるからなのか、なんかとても楽しい。

今度、グリンミルク(kくん)、ルロウズ(淳平くん)、ウサギ(僕)、PAのアイコさんの同級生イベントやりたいわ。んで打ち上げで小学校からここまでの道のりをみんなで話をしてみたい。

打ち上げも程々にKTMGの皆様と帰宅。
行きも帰りも運転してくれたオカダさんに感謝。
行きに一緒にいたはずのプロの客”しそ”が帰りにはおらず、
「じゃ、俺、アライくん家に泊まるから大丈夫っす」と
福山の夜に消えていく様は、誰よりもバンドマンの鏡だなと思った。

きょんきょんくんに感謝&感謝の1日でした。

2018/12/2

この日も帰ったら深夜3時。
そこから有吉反省会などの録画を漁る。
コナンも観る。
多分5時頃就寝。
そして起きたらワイドナショーしてたんで11時前後かな。

治りきらない風邪を治すべく一日中家で安静。
もちろん途中昼寝。
起きたらM1やってたけど、CM多いので飛ばしてみたいので、
M1録画して、ドキュメンタルを観る。
前の探り合いばかりで笑わせあわないということはなく、
割とみんな持ち駒をどんどん繰り出していく感じがとても良い。
一人退場となったところでM1視聴に切り替え。

視聴。

M1の審査員がとても良かった印象。自分の笑いのスタイルや新しいものを
受け入れれるのか受け入れられないのかとか人間性とか審査基準が人それぞれだけれども、それをまったく隠さない。隠さないと今時期はSNSなどで簡単に中傷や炎上の対象になるけど、そこは堂々と我が道、我が判断。我はこう判断する。というのが良かった。
もちろんそれができる人たちを上手に集めてたし、そういう風な評価を依頼してるんだろうなぁ。と思った。
多数派、少数派、依怙贔屓的な意見があり、評価のベクトルが審査員の数だけ存在する中でその全員が評価したコンビが優勝。
清々しくて、わかりやすかった。

M1を楽しんだ後「今日から俺は!」を見て、寝ようとするも昼寝のおかげで眼がギンギン。
結局また3-4時までは浅い眠りとなった。

2018/11/23-2018/11/25

2018/11/23

勤労感謝の日。
勤労させてもらってありがとうなのか?勤労してくれてありがとうなのか?
Wikipediaには「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。と
書いてある。ということは勤労させてもらってありがとう的なニュアンスのほうが強めなのか…。
ふうむ。
と、思いながらも休み(有給)なので気にはしない。

本日、宇部BBBにてライブ。
今回は何といってもツインベースにチャレンジするというのが
一番の楽しみ。
人間が10人集まって、10人が10人とも新しいことにチャレンジしたい!
やってみたい!と言う世界はある意味、理想な感じはするけど、
その実、かなり歪(いびつ)で、気味の悪い世界だな。と思うのだけれど、
こと自身のバンドになると10人メンバーがいたら、10人全員新しいことに
チャレンジするべきだと思ってしまうし、チャレンジをメンドクサイで
片づけられると「なんで新しいことにチャレンジする気概がないんだ!」
と不満とその気概のなさを嘆き&激怒となるのは不思議なもんですね。

ま、嘆いたところで気概がないやつに気概が生まれるはずもなく、
メンドクサイと思ってるやつがメンドクサイを克服するわけでもないので、
「新しいことにチャレンジしたい!新しいことに興味はある」という
メンバーを見つけるしかない。

で、すぐそんなメンバーを発見。
即フレーズ作成へ移行→フレーズ作る→個人で練習→スタジオ
の流れを数回繰り返し、ようやくなんとか7曲分の新規ベースラインを
完成させ、なんとか今日のライブを迎えることができた。

そして本番。いろいろ気になって自分の演奏が疎かになるところが
複数箇所あったものの初挑戦にしては音量、音色、フレーズともに
上々だったように思う。チャレンジしてくれたメンバーにも
「やるんじゃなかった」ではなくて、「やってよかった」と言ってもらえて
嬉しい。

次回ツインベースは12/22福岡UTEROにてチャレンジ。
ツインベースでやると決めたときに参考にさせてもらった白☆星の地元での
演奏。しかも白☆星はUTEROの隣でカレー屋を始めている。
これは緊張するぞ。
でも、やる。

宇部の夜景
かったくん

イベント自体は地元宇部に思い入れのある妙齢の女の子二人が
一生懸命やっているイベント。
胸を打たれないはずがない。
ネロやパトラッシュより現実味を帯びていて、2会場を行き来するために
ダッシュする二人を見るたびに胸がキュンとする。
一生懸命っていいよね。
しかも二人とも可愛らしいので、さらに映画的。
イベント自体はロックバンドが多いサーキットイベントだけど、
主催二人の準備期間の苦労とか当日の運営の切羽詰まった感じとか
勝手にBGMはGreeeenのキセキだな。と思ってました。
なんか、それくらい青春的感動を覚えましたよ。

2018/11/24

打ち上げを12時過ぎごろ切り上げ、深夜2時頃帰宅。
そこからロンハーの体力測定の録画を見て、
探偵ナイトスクープの録画を見たら、朝5時前。
寝る。
起きたら10時ごろ。
疲れているのに寝れない。これはもう歳だな。
で、家の近所のうどん屋がカープ優勝半額セールをしているというので、
うどんを食いに行く。肉うどんを食う。
その後、腹ごなしに徒歩でサンモールへ。
最近サンモールってオタクターゲットの店舗が少しづつ影を潜め、
ユニクロ、GUに続いてニトリも入って正統派ショッピングモールの道を
模倣している感じがしていいな。と思う。
時代と共に変わっていく。いいじゃないか。
でも、サンモールが昔、1次審査は音源、2次審査はライブという形式で
音楽コンテストをしてて、ことごとく知り合いや後輩が音源審査を通過していく中、
ウサギだけ何度応募しても音源審査に通らなかった。という屈辱は忘れない。
いつかサンモールに「僕たちにセンスがなくて、すいませんでした。」と言わせたい。
※自分にセンスがない。とは全く考えないので、僕は長い間音楽を続けることができています。

閑話休題。

で、そのサンモールのニトリで敷きパッドを購入。
家人がセミダブルの敷きパッドを買おうとしてたので、うちの布団はダブルだと伝える。
信用がないので家人が様々な情報から確認。
やはり布団はダブル。
ダブルの敷きパッドを購入。

その後、徒歩にて帰宅。
途中新居夫婦と相生橋の上で遭遇。
天気や風や会った時の表情すべてが完璧で映画みたいだった。
新居夫婦の愛娘がバナナしか食わねぇという話をひとしきりして別れる。

家に着くころ、「うん、すこし気分が悪いぞ」と思う。
午後14時ごろ、寝る。

多分風邪になる。
身体の節々と腰が痛い。肩も重い。下痢が出る。

2018/11/25
前日の風邪が継続。
一日中、身体の節々と腰が痛い。肩も重い。下痢が出る。
しかも土曜の夜にピザを注文し、スパイシー味にしたら
ガッツリ青唐辛子が乗ってるピザでしっかりこの日の下痢に上乗せ。
下痢+肛門のヒリヒリも味わい、1日中ダウン。

寝て起きてを繰り返してたら、知らぬ間に下町ロケットやってた。
いやぁ、いつも通りの勧善懲悪でいいなぁ。
そして、今日から俺は。を観る。
非常にコミックの原作に忠実に作られてたコミックの神回だったけど、
当時の破壊力を思い出してやっぱりコミックのほうが強いな。と
思ったけど、ツイッターで感想みてみたら、初めて観た人からすると、
十分な破壊力だったみたい。
視聴率も10%超えてて、これは続編も見えるな。と思いつつ就寝。

2018/11/17-2018/11/18

2018/11/17

朝9時から練習。ツインベース版のウサギを進める。なんとかなる気もするけどもう少し時間があればなぁとも思うけど、やれることをやれることをやるのみですな。どんな感じになるのか楽しみ。

練習が終わって家に帰るとまだ昼前。そして机の上にはオカシモのケーキが。家の近所のオカシモというケーキ屋さんが1年に1度ホールケーキを1000個限定1000円で販売してるのですが、丁度練習と被っていたので家人にその旨のみを伝え、練習に出かけてたのですがナイス。ちゃんとこうて帰っている。ただ「開店10分前から並んだのに60分近く待った。」とクレーム。まぁ、よい。で、ケーキはもちろん1日で喰い切る。

昼過ぎに近所のラーメン屋へ。チャーシュー麺とルーローハンを食す。満腹。

チャーシュー麺(750円)とルーローハン(200円)

その後、録画していたTV番組を観て過ごす。知らぬ間に就寝。そして、深夜1時前に起床。さすがに2度寝。次起きたら6時頃だった。

2018/11/18

録画してたテレビを見てたら8時ごろになったように思う。そこからまた特筆すべきことがない時間が過ぎる。11時ごろに再度オカシモに出発。並ぶ。そういえば、ツムツムがこの日、ミッキー90周年かなんかで日がな1日中、ハートなしでプレイできたな。延々とコインを稼ぎ、稼いだらミッキーのガチャをひいていた。ミッキーはたくさん当たったがスキル3になるやつさえいないくらいに被らなかったな。

あと、ついてたTVで始まった池の水を抜く番組を観てた。指定外来種とか固有種を脅かすとか言ってるけど、もとはといえば国や誰かが食料やビジネスのために自ら進んで海外から持ってきた動物ばかりじゃねぇか。無理やり連れてこられて、時間が経って自らの仲間を増やしたらやれ危険生物だ。外来種だ。と言われたら亀も魚もやってらんねぇだろうな。と思う。外来種が喋れたら「お前らやってること滅茶苦茶だな」って説教しそうだな。って思いながら、ぼ~っと観てた。

夕方になって松田君に誘われてたイベントに行った。とても良いイベントだった。モンキービジネスから始まり、SUEZENで終わるまで良い歌がたくさんあった。モンキービジネスはアコースティックセットとのことだったが、コード感や東くんが持ってるメロディセンスがダイレクトに伝わってくる感じがとても好きだった。いい歌を歌う人だ。個人的にはこのセットでサンデーモーニングをしてほしかったな。

モンキービジネス

オカダノリコBandsetはオカダノリコというだけでアメリカくらいの力があるのに、そこにセンスの塊みたいな3人が加わり、アメリカ+中国+ロシア+イギリスみたいな感じでだれがそんな連合国に戦争をしかけるんやというくらいの圧倒さ。悪いわけがない。世界はひれ伏すしかない。

誰もみえないけど、これはオカダノリコBandsetの写真だと思っている。

次は名古屋からの鈴木実貴子ズ。以前京都で対バンして少し話して以来、会えばお話をさせてもらうようになった。都心環状線という曲が好きなので今日やるかな?と思ったら、やらなかった。やらなかったけど鈴木実貴子ズの都心環状線以外で好きな曲がたくさん増えたライブだった。このイベントはみんな歌詞がよく聞き取れたんだけど、鈴木実貴子ズの歌詞は鈴木実貴子そのものなんだろうな。と思った。時にメンヘラみたいで、時に真っすぐで、時にひねくれて、でも基本的には常に熱い。みたいな。最近自分もたまに意識してしまう人間である以上必ずやってくるイベント「死ぬ」についての鈴木実貴子なりの捉え方、理解方法なんかも歌詞に盛り込まれててよかったなぁ。あとズのMCがとても上手で曲と曲との間の緊張感にほっこりを挟んでくれて、なんかとても良かった。あっ、ズが言ってた広島駅の近くで祭りをしてて、目が合った人に「なんしよんならぁ、殺すぞ」みたいなことを言われて広島が嫌いになった。と言ってましたが、広島の一部の方は「なんしよんならぁ、殺すぞ」は「今日は天気もいいし、元気でいこうね」みたいな挨拶的な会話で使うと思うので、あれは挨拶だと思ってくださいね。と伝えるのを忘れてたな。

鈴木実貴子ズ

ブランクは岡原君のギターが変わってた。結構歪んだ音なのにまきはらくんのギターや声に混じるといい感じに前に出たり、後ろに下がったりしてて、うまいもんだな~。とひとりごちた。ブランクの歌は生活賛歌みたいに感じることが多い。あと、「ともだち」とか生活の中でもちょっと臭いようなセリフや言葉廻しもまきはらくんが歌うと妙な説得力とこれでいいんだ!的な一種宗教染みている魅力に包み込まれる感じがする。あとたくみくんが後半にかけてゴリラみたいなドラミングしてたな。

ブランクデスティネーション

最後はSUEZEN。「図鑑を抱いて」は名曲だな。といつも思う。ほかの曲はわりと潔くAメロとBメロは親戚関係にありますが、サビは別の家の子連れてきました的なアプローチが面白いなあと思ってるのですが、「図鑑を抱いて」は終始家族。サビのためのAメロ、サビのための展開があり、これは潔くサビ至上主義をひょいと取り入れてる感じがとても好きだなぁと思う。

SUEZEN

こうしていろんなことを思いながらイベント観て、家に帰る途中でチャリを漕いで歌詞を考えてたら、最初はこれにしよう!って歌詞ができてトントントンと家に帰るころには8割がた歌詞ができてた。やったー。と思って、即メモ帳に歌詞を書いたあと、「今日から俺は!」を観ながら就寝。

ドリカム

歌詞はこちら

タイトル「模倣の街」
白いカーテンを同じ日に買って、
暮らしに沈めて色は変わっていく
陽の当たり方とか洗濯の頻度で
白いカーテンは色を変えていく

だけど、
僕らの住む街は模倣の街
街は呼吸を止(や)めて
上澄みで作る模倣の街
平和な前例を探す
ここは模倣の街

同じ材料で同じものを作る
好みに合わせて味は変わっていく
その日の天気とか季節や気候とか
好みはそれぞれ味は変わってく

だけど、
僕らの住む街は模倣の街
街は呼吸を止(や)めて
上澄みで作る模倣の街
下見て前例を探す
ここは模倣の街

「めんどくさい」で逃げ回って
ここには何が残るのだろう

「やったことない」を繰り返して
ここには何が残るのだろう

僕が暮らしているこの場所
ここは模倣の街

2018/11/9-2018/11/11

2018/11/9
仕事終わりで定時ダッシュ。
チャリに跨がる。
最近チャリのサドルを留めてるネジが緩んでて、サドルがちょっと不安定。
カタカタ揺れるサドルがケツにあたるとケツにおできができやすい気がする。
多分気のせいだ。しかし、そう思うのでしょうがない。とか思ってるうちに家に着き、
そのままweight12キロの荷物を抱えて4.14へ。
荷物は12キロあるけど、ギター、エフェクターボード、ヘッドアンプ全てが詰まって12キロなら軽いだろ。
と自分に言い聞かせるも重いものは重い。で、
チャリを漕いでたら4.14到着。

本日はサンフランシスコのオルタナポップpregnantの広島公演。
メンバーのベンとは前にルロウズ、グリンミルクとのスリーマンのときに初め会って話したけど、若いのにフットワーク軽くて、人懐こくてとても良い感じの人物。
そのバンドメンバーも初めて会うけど、人懐こくてとても良い感じ。
人懐こいのが幸いしたのか、出会って4秒で「泊まるとこねぇから、泊めてくれ」とのこと(笑)。
こないだの熊本の僕らみたいだ。
どろりが即OKをしてくれたようにもちろん「OK」と簡単に結論を出したものの「そうだ、言葉が通じねぇ」
「俺、広島弁と山口弁しか喋れねぇ」と思ったけど、ま、なんとかなるか!と思い直して時間を過ごす。
結果、フロムマンチェスターのベンの家にメンバーと僕が一緒に泊まることになり、言葉の壁はクリア。

で、ライブ。

pregnant

pregnantは前評判以上に素晴らしいライブ。ディレイの機能を使ったループと彩りある楽器たちで紡ぐオルタナポップ。素敵やん。
石垣島からそんな声が聞こえてきそうな素敵さだった。
ウサギもよくできた。前日の練習ではベースが違う組み合わせでスタジオ入ってて、「明日大丈夫かな?」と思ってましたが、当日メンバーが全員揃うとよくできてた。
当日の雰囲気なのか、ベースなのか、ま、結果よくできた。

ライブ後、4.14で調子に乗って酒を呑んでたら吐きそうになったので、
早めに撤収して、ベンの家にGO!
着いたら、みんなでマリオカートしてたけど、僕はすぐ寝た。
みんなも寝た。

2018/11/10

近くのパン屋で朝ご飯
寝起き

朝起きて、pregnantを見送ったのち、家へ。
風呂に入り、三浦春馬ファンの海外の女の子たちに三浦春馬に会わせてあげる番組をみてて、
三浦春馬かっこええのぅ。と思う。

しばらくしてお迎えの車が到着。
七人乗りの車に七人乗って山口へGO。
shiNmm/O’te/Furateの企画を見にオルガンズメロディへ。
着いて中に入ろうと思うと、人が邪魔でドアが開かない。
言うなれば、満員御礼。人でパンパンです。
若い3バンドといえども、こんなにたくさん人に集まってもらうのは
大変だったと思います。高校生から爺さんまで山口が凝縮されてましたね。
O’te→Furate→マクマナマン→shiNmm→5kaiの流れもいい感じ。
ただ人が多いのと足の裏が痛いのとで途中抜けして、自販機の隣で
煙草を吸いながら足の裏の回復を待つというようなことをしながら、
楽しませていただきました。

マクマナマン
5kai

帰りにほらふき男爵というお店のジャンチキ(ジャンボチキンカツ)を食す。
腹が一杯になる。

帰りの車中はほぼ起きておらず、知らぬ間に家に着いた。
家に帰って有吉反省会を見ながら寝る。あっ、コナンも観たな。

2018/11/11
終始ウダウダする。
夜に11/23の初練習。
ツインベースの形態。
かんなちゃんに負担が集中してしまい、申し訳ないと思うけど、
挑戦を面白がってくれる奴じゃないと上手くいく可能性が減るだけだと思う。
あと挑戦をせずに模倣でこなそうとするって思考はとても広島っぽいと思う。

そして録画しておいた「今日から俺は!」を見ながら就寝。

2018/11/04熊大シグマ祭という打ち上げにいったよ。

ある日、オーノが「僕、11/4の熊本、新幹線で行きますね」と言いました。

言下には、
「俺、車出さねぇ」
「俺は打ち上げで酒を呑む」
という内容が隠されていました。

この日は熊大の大学祭、紫熊祭です。

昨年、圧倒的な打ち上げパフォーマンスを見せてくれた
熊大ロッ研のイベントです。
「ごぃずぅぃがでざぁまでぃぇええーーーーーす(お疲れ様です)」
の掛け声から繰り広げられる大学生ノリ抜群のスピード感ある指名制の
飲酒スタイルに昨年出演したメンバーたちが痛く気に入り、今年もこの日が
来るのを楽しみにしていました。

しかし昨年は僕らが次の日仕事だったため途中で泣く泣く帰る羽目になると共に
オーノは運転手だったので1滴も呑むことができず、大学生ノリに乗り切れず、悔しい思いをするとともに、
ゲロ酔いの大学生ノリの権化と化したおっさんのうざったい絡みをしのぎながら
なんとか広島に送り届けたのです。

そして、「今年こそは!」と気合の入ったオーノは次の日の有給消化と
交通手段、新幹線という運転を決してしないぞ!という万全の体制を整えたのです。今年のオーノは「熊大ロッ研の打ち上げ」に懸けていましたね。

で、僕たちは相談した結果、
打ち上げ初参加となるたまちゃんの車で熊本に行くことにしました。

出演時間は17時過ぎだったので、車の僕たちは9時ごろに出て
14時ごろに熊本についたのですが、オーノは新幹線にも関わらず、
何故か9時40分に熊本についていました。気合が違います。

僕たちが着いて大学の構内に入るための許可証をもらおうと担当の学生さんに
連絡したのですが、なかなか返信がなく、これは先に言ってるオーノに言って
もってきてもらおうとオーノに連絡したのですが、何回連絡してもオーノはなしのつぶて、全く連絡がとれません。結局、twitterで呟いたらなんとかなりました。

車を停めて機材を搬入してたら、ノイエサンスーシの皆様が到着です。
到着早々、小道具に「神のチェキ」という不思議な看板があります。
気になりすぎますが、時間ぎりぎりいや遅刻して到着したので、駆け足で
準備してノイエサンスーシはライブをしてました。
キャッチー&クレイジーとでも評するのが適切なのか分かりませんが、オンリーワンバンドです。ノイエサンスーシ。

ノイエサンスーシのライブ風景

このバンドでしか有り得ない楽曲とパフォーマンスを魅せてくれます。
マムシくんはセーラー服を着用し、ニーハイを履きその豊満な自身の太ももを包んでいました。

ノイエサンスーシのライブが終わると「神のチェキ」が登場です。
用意していたカツラを着け、メイクを仕上げると完成です。

神の子マムシくん
神の子マムシくんの2衣装目

学内をぐるりと行脚していましたが、子供は近づいてこなかったそうです。
でしょうね。

その後、fjordやnecomammaのライブを観ました。

nacomamma
fjordかな?

一般的によくいる大学生バンドとは一味も二味も違う味わいのバンド。
これからまだまだ進化してオンリーワンになる匂いがプンプンします。
necomammaは昨年観た時より、格段に素晴らしい内容でした。
これから就職とかあるんでしょうけど、続けてくれたらとっても素晴らしいところに到達するバンドなんじゃないかな?
と思いました。

で、ウサギ。
後からドラムのがんじに聞くと、「全然大丈夫だった」「むしろ抜群に調子が良かった」とのことでしたが、
ステージ上での僕は真逆の感想で「がんじ、疲れててテンポが追いついていないんじゃないか?」と勝手に心配し、
途中1曲減らして6曲で完全燃焼。でも、良く出来たのではないでしょうか。

熱気むんむんの会場から降りて、夜風にあたっていると幹部交代式が始まっていました。

幹部交代式で胴上げ。懐かしいなぁ。
神のチェキを持つオーノ

僕たちが大学の頃もそうでしたが、幹部交代式には胴上げと涙が付き物ですね。
感極まった後輩たちが先輩を胴上げしようと数十人の猛り狂った大学生の群れとなり、野外のスペースに駆け出す姿を目の当たりにした神の姿をしたマムシくんが少し真顔で引いてたのが、とても面白かったです。

そして、今日のメインイベント打ち上げへ。
会場は昨年と同じ、あきらかに中心の床が沈んでいるアリ地獄の居酒屋さんの2階です。
この店以外全部出禁になったという事実を裏付けるような大声。
窓を開け放ち、新部長が「ごぃずぅぃがでざぁまでぃぇええーーーーーす(お疲れ様です)」と言い放ったところから
3時間、地獄がスタートです。

打ち上げの様子

途中、慣れた手つきで立ったままゲロをビニール袋に吐く芸などを見たり、毛の焼ける匂いを嗅いだりとバカ丸出しです。途中、床が抜けると嫌だなぁと店を出て散歩をしたのですが、まず1階にはトドのように
ゴロリと数人転がっていました。
で、1人でちょっと離れたところまで散歩をしましたが、その間中ずっと打ち上げの声が聞こえていました。
よく苦情がこねぇなと思いましたが、まだ時間は22時台。近所も多めに見てくれてるんだろうなと思いました。
夜風に当たっていると「ウサギバニーボーイ」という声が耳に届きました。
そして、「たまちゃん、オーノ頑張ってくれ。」と目をそっと閉じました。

地獄絵図を描き切るような打ち上げは3時間で終わります。
その後、普通ならグチャグチャでウダウダとその場で大声で騒いで騒音トラブルやただのトラブルが発生するのが大学生あるあるだと思うのですが、店を出たら、これ、なかなかの組織体。
新部長が「よし、さっさと帰れ。2次会行くなら勝手に行け。ここから離れろ。散れ!」の言葉と共にあれだけグチャグチャだった集団がゆっくりと綺麗に散っていきます。これは「流石、国立大学。常識しってんな。」って感じでした。
ま、ここ出禁にされると多分次、打ち上げする場所を探すのも大変そうですしね(笑)。

この日は泊まる場所は何も決めずに行ったのですが、大学構内で出会ったどろりに声をかけると、瞬時に宿泊場所をゲットできました。ありがとうございます。くるり、ずるり、どろり!

で、タクシーを呼んで僕とオーノとどろりと、どろりハウスの家が近所というキヨタさんの4人で待ってたら、なにやら僕の携帯にLINEが…
たまちゃん、カバンを忘れたままタクシーに乗ったとのこと。
携帯しかもってない。
いや、携帯持ってたことが功を奏しましたね。
速攻で近くにいる打ち上げ帰りの子に忘れ物を聞くと、いきなり「これですかね?」とたまちゃんのカバンが登場。僥倖!
速攻でたまちゃんに返信。
たまちゃん、宿泊先のホテル寸前だったもののカバンを取りに戻ってくる。
良かった。カバンが見つかって喜んでました。

で、僕らはみんなでどろりハウスへ。
広い。洒落てる。豪華。

どろりハウス
どろりハウスのくそ広いベランダ

酒のせいなのか、広くて豪華が面白すぎてひとしきり笑ってました。
広い。ぎゃはは。
洒落てる。ぎゃはは。
ベランダもくそ広い。ぎゃはは。
サンルームもある。ぎゃはは。
みたいなことをひとしきり言ったあと、お茶をもらいました。
ありがとう。
正面にいたオーノが机の上に置いてあったみかんを勝手に剥いて食べ始めました。叱りましたが、酔っていたのでほぼ無視で人の家の机の上のみかんを勝手に食い、「僕、みかん好きなんですよね~。」と呆けたことを言っていました。
みかんを食べ終わると、机の上に置いてあった梅酒の封を勝手に切り、呑み始めました。
こちらももちろん叱りましたが、酔っていたのでほぼ無視で人の家の机の上の梅酒を呑み始めました。そして、キヨタさんが買っていたカップラーメンを物欲しそうに見ながら、「僕もカップラーメン食いたい。買えばよかった」と2回くらい言ったあと、風呂に入りたいと言い始め、風呂の用意をしていただいて風呂に入ったあと、敷いていただいた布団に潜ったと同時に鼾(いびき)をかきはじめました。

僕は「明日、こいつ絶対痛い目にあわせてやろう。」と心に決めました。

その後、僕も風呂を借りて就寝。

明けて朝、起きると、どろりが朝ごはんを食べさせてくれました。
味噌汁や自家製の梅干しなど誰しもが頭上に「女子力」を思い浮かべるであろうラインナップ。素敵。
オーノは大量の米を食べました。
その後、仕事の話をしたり、音楽遍歴を話したり、いろいろ話す中で
僕の知りうるオーノの人生経験を掻い摘んでどろりにお伝えしました。
どろりがちゃんと引くべきところで引いてくれたので、嬉しかったです。

さて、一宿一飯の恩をどう返そうかな?と思い、
出した結論が#今日はくら寿司/#どろりフェイバリット寿司です。
どろりがくら寿司大好きとSNSで知っていたので、レッツくら寿司です。
個人的には初めていったので、スシローとの違いを楽しむことができました。

今日はくら寿司

一宿一飯の恩を返せたのか、返せていないのかはさておき、
ご飯を食べた後は一路、広島。

寝てたらほぼついてました。
起きたら、オーノとたまちゃんが
「無呼吸症候群みたいでしたよ。おほほ」
「ガンツ」
「ガンツ」
と言ってました。

で、何がガンツがよく分かりませんが横川のゴン太で焼き肉食って終了しました。また来年もよろしく熊大!
そして12/23はアートブレーキ―フェス!

ゴン太?ガンツ?

あと、地獄の打ち上げでウサギに指名が入った時にロッ研のみんなで
ウサギの曲のサビを歌ってくれたときが個人的に一番エモーショナルになりました。嬉しかったし、照れ臭かったし、ありがたかったわ~。

12/23@熊本navaro アートブレイキーフェス!!

2018/10/19-2018/10/25

2018/10/19

仕事が終わり、速攻で帰宅。ギターケースに6カポしたままのギターを突っ込んでふらんす座へ。弾き語りイベントにウサギではなく、個人で参加。一人は自由な分、勝手がちょっと違う。何回か一人でしてるけどやっぱり難しいなぁ。バンドがいいなぁと思う。最近ルーパーを手に入れてからは少しずつ一人でもいい感じかな?というとこまで演奏を持っていけてるときはあるけど、そんなときに限ってバンドと同じキーで歌ってたら声が枯れる。なので、今回はいつものキーを3音上げてオクターブ下で歌うという方式を採用。なので6カポ。

いい感じに人も増えてきて、演奏。わりになんとかなったような…。弾き語りやれる人はみんな一人で歌っても、もちろん様になる。何故だろう。僕だけバンドじゃないと歌がよくない。声の問題か、自意識の問題か、歌い方の問題か、考えても出る結論は全て自分が悪いに決まっているので、考えるのをやめる。

打ち上げはヲルガン座。ゲストの金丸さんが同級生ということもあり漫画やテレビの話をしても楽しい。「ローゼスと言われたら、ガンズだろ」が通じる喜び。僕が高3の頃に防府ではストーンのほうはまだ伝来していたなかったのだよ。

2018/10/20

朝、起きたところから夜まで何をしていたのかは忘れてしまった。録画してたテレビ番組を見てたり、一生懸命布団の上でぐうたらしてたと思う。夜22時にさないさんがやってくる。家の前についたと連絡来たので、玄関開けたら誰もいなくてビビる。家の前とは玄関の前ではなく、アパートの建物の前のことだったらしい。でも、無事に着いてくれてよかった。さないさんからわらびもちとドーナツをもらった。わらびもちは速攻で胃におさめさせていただいた。有吉の壁の録画を見ながら寝た。

2018/10/21

尾道フレンド

朝、起きてしばらくすると変な爬虫類的な鳴き声が定期的に聞こえてくる。さないさんの目覚ましは変だ。しばらくしてみんな起床した。9時頃に尾道に向けてさない号で出発。一般道で向かうので心配だったけど割にさないさんはスピードも出さず、標識を理解し、余所見もしなかったので快適だった。さないは成長する。尾道についたら11時半過ぎ。宇宙1のラーメンを喰う。うまい。フレンド!前日に呟いてたら、みーとんさんからいろいろ連絡をいただきありがたい限り。shiNmmのことも知っててもらったみたいでさないさんも少し嬉しそうだった。車を停めて尾道を散策。さないさんは尾道で愛媛のみきゃんというゆるキャラの小銭入れ?を同じものを3つも購入していた。欲しがる人にあげるそうな。

みんなと合流

その後、学くん、かねこくん、たいせーくんと尾道で合流という不思議な事態が発生。5人で行動する。学くんたちがご飯を食べていないとのことでラーメンを食べている間、さないさんと引き続き散歩。さない、さきほど購入したみきゃんをあっと言う間に紛失。みきゃんとかばんを繋いでいた銀の安っぽい鎖だけが悲しく揺れていた。

みきゃんを発見するさない

しかし、さないノーズが発動。探す。見つかる。すぐそこに落としてた。

学くんたちが飯を食ったあと、街を散策&登山。千光寺へ。全員登山には不向きな靴で尾道の坂の街並を堪能しつつ頂上を目指す。山口のみんなに僕が持ってる唯一の千光寺の知識、自動で鐘をついてくれるシステムがあって、その提供メーカーがナム(多分、南無)システムなんだよ。と伝えるとさないさんが大声で笑ってくれたので、良かった。頂上で南無システムを確認して下山。一路広島へ。

広島に着いて、うちの近くでお好み焼きを食う金子くんやたいせーくんにウサギのおじさんが同じ年の頃、どれくらいダメだったかを教えてあげると金子くんがとても安心していた。金子くんもなかなかのマイナス方向のスペックなので最終的な仕上がりが楽しみだ。

お好み焼き食べたあと、少し家でみんなで談笑。メディアジュエラーを気に入ったらしいので貸す。金子くんに渡したが、絶対管理できないのでたいせーくんによろしく頼むと伝える。学くんにはわたしは真悟を貸す。

楽しい週末だった。もう1週間経ったけど。

2018/10/08角島ジャミン~2日目~

朝目覚めると、bpm早めの打楽器は止んでました。暗がりで目を細めると僕も含めて4人の男が雑魚寝をしてて、僕はその一番奥に寝てる形になってたので、みんなを起こさぬようそっと寝袋から抜け出し、外へ出ようとしました。が、おや?僕の靴と全く同じ靴が2つある。どっちが僕のかわかんないぞ。と思いつつも、ええい、ままよ。と適当に靴を選んで外へ(結果、あってました)。時間は6時過ぎ。固い板の上で寝袋で8時間も寝れるなんて。歳のせいか通常時は柔らかい布団の上で6時間程度しか寝れない自分からすると驚きです。運動って素晴らしい。健康的な生活って素晴らしい。と思うのもつかの間、「なんだ?この身体中の鈍痛は?」そう、体力狩りにあった結果、全身筋肉痛です。筋肉痛を抱えながら、外へ出ると向こうから学くんが歩いてきます。

学くんと挨拶を交わして階段に腰を下ろしてしばし談笑。そこにえいぞーさんや金子くんも加わり、朝からお喋り。1時間以上いろんなことを喋っていると、さないさんが登場。風呂にいきましょうとのこと。学くんから昨日の夜、ゆかみりやがいい感じに酔って遊んでたので、「絶対に起きないですよ。」と聞いてたので、さないさん、もしくはまごめちゃんを加えた3人で風呂に行くのかと思いきや、建物の陰から寝袋をもったゆかみりやが登場。起きてる。しかも朝からテンションが普通です。

みんなで昨日入れなかった風呂へ。車で20~30分かけて近くの温泉へ。そういえば角島周辺は道路工事をたくさんしてて片側通行が2,3か所ありました。年末でもないのに何故?と思いましたが、風呂のほうが優先です。ここでもさないさんが妙にスピードを出し気味です。そして、道路標識をあんまり覚えていません。道すがらに朝早くからゲートボールを嗜んでいるじいさん、ばあさん見つけて「あっ、あそこでゲートボールしてますよ!」と昨日と全く変わらないクオリティで運転してくれます。

温泉につくと、こないだウサギの録音をしてくれた菅田くんたちもいました。そして、温泉へ。気持ちいいもんですね。行ったとこの温泉が楽天の美肌部門?かなんかで1位を獲ったお湯らしく受付に楽天1位という掲示がちょこんと置かれてました。お湯はなんかとろみがあるようなお湯でおっさんの肌が艶々になりました。湯船も露天になってるとこでイヌワシみたいな鳥を見ながら菅田くんたちと喋りながら入りました。喋ってると時間を忘れるもので温泉に入る前にさないさんたちと「30分を目処で出て、ここのスペースで合流しましょう」と言っていたのを思い出して、急いで身体を拭いてドライヤーで伸びた髪を乾かして集合場所へ向かいました。着いたときがちょうど30分くらいだったのですが、さないさんたちはもちろんいません。僕はここで「そうだ、あの人たちは遅れてても焦ることのない人たちだった」ということを思い出しました。待つこと10分。遠くから笑い声とともにさないさんたちが登場です。登場直後から3人が口をそろえて「朝食ビュッフェが食べたい」と言ってました。でも、この温泉に朝食ビュッフェはありませんでした。

朝食ビュッフェは諦め、昨日夜にいったコンビニで朝飯を購入。まごめちゃんが朝からスイーツを買って「あまーい。うまーい。」と食べていると横からゆかみりやが「朝からそんなもの食べれるなんて、健康じゃね」と言ってましたが、朝からビールを呑めるゆかみりやのほうがすごいと思うなぁ。と思いましたが、口には出しませんでした。

会場に戻り、ウダウダしているとウサギバニーボーイの皆さんがあらわれました。あらわれた早々、テンション高く海の近くでオーノの動画撮影。たまちゃんがそれをアップ。オーノが「アップしないでくださいよぉ」とはにかむも満更ではない顔をしてました。サキチヨさんは散歩をしはじめ、スカイ膣ハリケーンはビールや焼き鳥を買って飲み食いしてました。その後、たつやスペースにお邪魔して金も払わずにBBQを楽しんだとのことです。その際はオーノはふーふーくう(山口のバンドさんです。)のメンバーの前でもらった肉を箸でつまんで「ふー。ふー。食う(パクッと肉を喰う)」という世にもつまらないギャグを飛ばして白い眼でメンバーに見られたそうです。なんで自分から地獄を作るんだろうと思いますが、オーノはそれがいいところなのかもしれません。

オーノin角島

メンバーが揃ったところで特にこれといってやることもないのですが、楽器が届いたので一応やる曲のチェックをしようと機材置き場で練習。練習していたらオーノがでかい声で歌を歌い始めたので、みんなの迷惑になるから大声で歌うなと注意。一瞬しょぼんとするも、また大きい声で歌い始めるので、「おい!」と注意。しょぼんとしてました。なんで自分から地獄を作るんだろう。

そして漸くウサギバニーボーイのライブです。転換込み30分だったので7曲から6曲に減らしましたが、結果5曲でよかったんじゃないのか?という感じで終了。6曲目が半音下げで演奏しようとしてた曲目だったのですが、青空の下では液晶が全く見えない。エフェクターもついてるのか消えてるのかわかんない。で、チューニングに手間取った挙句、カポしたらチューニングがまた狂ってしまって、結果、半音下げで用意してた曲とは違う曲を演奏。ま、でも楽しかったし面白かったのでよかったです。ま、僕らが少し押してしまった時間を次のshiNmmが抜群の早さで巻いてくれたので助かっただけですがね。

左から学くん、オーノ、たまちゃん

自分たちのライブ後はshiNmmとelephantを鑑賞してイベントが終了。長いようであっと言う間でしたね。みんなとても楽しんで、イベントに感謝してて素敵だなと思いました。撤収もみんな素早く動いてサクッと片付けも収束方向。素晴らしい。18時頃、ご挨拶の後、帰宅。帰宅前にさないさんやゆかみりや、まごめちゃんと別れを惜しむと同時にゆかみりやがまごめちゃんを使ってオーノに下ネタを振っていました。

最後まで笑わせてもらいました。

角島ジャミン初めて出させていただきましたが、7年前までは毎年開催されていたイベントとのことでした。久しぶりに開かれた面白い場所に僕らを呼んでもらえて幸せでした。防府出身の僕としては山口にずっと居続けても僕は音楽活動してて、角島ジャミンに呼んでもらえるくらい頑張ってただろうか?広島に行って広島でバンドしてたからこういう経験をさせてもらえたのだろうか?とかパラレルワールドのことを思うという感慨深くセンチメンタルに浸ることもできました。来年も開催されるんなら、もちろん出たいし、出れなくても二日間遊びに行ってたつやくんのBBQスペースでゆかみりやよろしく(実際はビールは持参してて、お金も払ったらしいです。)勝手に酒飲みながら肉つまむのもいいなぁと思っております。

角島ジャミン、ありがとうございました!!!