2019/01/11-2019/01/13

2019/01/11

いつもより早起きして市電とJRで出社。
帰りに十日市でレンタカーを借りる。
ネットで見積もりを取った折に普通車も軽自動車も
同じ価格だったので、普通車を予約したと思っていたら、
軽自動車のほうを予約していた。
これで楽器が荷台ではなく座席に置くことが確定。
ギター2本、ベース1本、スネア、キック、物販、
人間4人を軽自動車に詰め込み走るエクストリーム遠征の始まり。

明日の朝の出立が早いので、
23時頃、ベースのかんなちゃんを迎えにいく。
かんなちゃんの家は大体近くまでは行けるけど、
細かいところの土地勘が全くない。
なんとか合流し、就寝。

2019/01/12

朝6時に起床。
6時半に三人で家を出て、7時前にたまちゃんと合流。
そこから広島ICへ。一路大阪へ。
ぐんぐんに走る軽自動車。
途中、吉備SAまで運転して、たまちゃんに交代。

まずは大阪に11時半が目標!
アメ村へ向けて疾走。
関西も久しぶりで、アメ村廻りがもっと久しぶりで記憶が曖昧。
途中で「ここ歩いたことがあるぞ!」「ここ一緒に誰かと散歩した!」
とか経験を思い出すことができても詳細が思い出せない。
どんなイベントで、どこでライブして、なぜそこを歩いたのか?
全く分からないな。
と思っていたら、「アメ村にapple storeありましたよね?」
「あー、あった。あった。」と会話したapple storeが右手に見えてきました。
そして、見覚えのあるマックいやマクド。
着いた。
時間は11時ちょいすぎ。
間に合ったと一息。

で、少ししてリハ開始。
準備段階から会場のPAの皆さんが素人にはわかりませんが、
マイクにノイズがのるのか、接触の具合で音が拾いにくいのか、
ケーブル変えたり、マイク変えたりしてました。

リハはこれ以上ない音環境にしていただけてありがたい限り。
やりやすい環境この上ない感じ。
clapperのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

そういや金曜に車借りた後にメンテナンスに出してたギターも取りに行ってて、
メンテナンス後、音を出すのがリハってのもちょっと不安だったけど、
結果、いい感じになってた。新品のエリクサーの弦も張られてて、
音が新品の弦の音でキンキンだったな。

で、しばらくして本番。
大阪はEmu sickSの活動休止イベント。今後、やるのかやらないのかは
分からないけれど、ここで止まるとのこと。
まぁ、みんな音楽やめないみたいなんで、それならそれぞれ
新しい音楽はじめてもいいし、やりたければEmu sickSの続きを
誰かが受け持ってもいいんだろうな。と思う。

そういえば浪速の狩野英孝ことなかじんくんも新しいバンドを考えているらしい。
が、それを隠しているらしい。
でも隠していることをみんなが知ってるらしい。
だったら、隠す意味ない…というのは、一般人の価値観。
そこにはなにかしら浪速の狩野英孝の美学が眠っているのだろうと思うと
ついつい顔がにやけてしまう。

「Emu sickSのみんなに幸あれ!」と
思いながら、ライブをしてはやいさん(正式名称;16ビートはやお)と
大善くんと簡単な挨拶をし、早速次の土地へと思っていると、
眼鏡にマスクで顔を完璧に隠したなかじんくんに遭遇した。
出会って一発目に「スター芸能人か!」とつい突っ込んでしまった。

なかじんくんはニヤニヤしていた。
「なかじんくんにたまに幸あれ!」
と思った。

挨拶もそこそこに14時過ぎに大阪を出立。
TSTBのあべくんに京都までの安い交通情報を聞いて出発。
梅田新道を探し、梅田新道の看板を発見し、梅田新道沿いに
走っているとさっき見つけたapple storeを再発見。

諦めて、都市高速にIN

googleがどうしても豊中のジャンクションに連れて行くので、
それに乗って京都南ICへ。

そこからはいつもどおり東寺のとこを曲がり、京都水族館のとこの
坂を超え、四条大宮の駅の横を通り、二条グローリーに着。

時間は16時ごろ。
中に入ると、カネコ君が歌っていた。
せっかくなので、カネコ君の目の前でライブを見た。
furateは良いバンドだなぁ。

カネコ君は一生懸命なんだと思うけど、常にアンニュイな感じをまとっている。
これからどんな人生が待ってて、どんな仕上がりになるのか、
バンドも人間も楽しみだ。
高級スーツを身に纏い、ビジネス用語を駆使して大金を動かす。
みたいな仕上がりは一番遠いのかな?と思うけど、人ってわからないもんなぁとか
思う。

次にノイエサンスーシ。
長崎から朝の5時ごろから移動してきたらしい。

バンドの荷物もさることながら、いろんな小道具を泣く泣く
諦めてきたらしい。そういえばライブ中に使う拡声器がなくなって
ワーミーのエフェクターが導入されていた。
まむしくんは少し焦り気味だったように思うけど、
やっぱりどこでもノイエサンスーシだった(笑)。

ANYO、2018も年頭に下北沢で観てるはずだったんだけど、
巧みなドラムパターンのループと1コードなどシンプルなベースパターンの
ループを元にケンタウロスの歪みと巧みなディレイの使い分け、
それに乗っかるリバーブがかった声の融合は壮大な体験。
アート、芸術。素晴らしいな。と思う。
自分が作ってる世界観とは全く違う素晴らしいものに触れると
琴線に触れる何かしらがあるな。

あと貧乏人の一般感覚で見てしまう自分が情けないのだが、
「1曲しか使わないのに、あんな高いエフェクターを…すげぇ」
とついついエフェクターの費用対効果の贅沢さをうらやましく思ったりもした。

5kai、山口でも観たけど強いバンドだなぁ。と思う。
音も空気も強い。メンタルが音に出ている感じ。
山口のみんなが好きだったり、憧れたりする気持ちがよくわかる。

ばけばけばー。

不思議なテンションの高さ(笑)。前に広島で観たときは
こんなテンションやったけ?と思い出そうとするも昔過ぎて思い出せない。
徐さんのベースラインも弾き方も素敵。

あと昨日気付いたけど、ベースがそんなに前に出なくていい時や、ベースが入ってない構成の際は
ステージの端に捌けているところに性格の良さを感じた。
曲は正しいオルタナティブといった感じで掴まれるアイデアが豊富。素敵。

ふつうのしあわせ

「おい!テンションたけぇな、西崎!」と言った感じ。
ふつうのしあわせのふつうのしあわせ(曲名ね)の最後にロックスター然とした
振る舞いに思わぬず録画をしてしまった(笑)。
ステージでもテンション高かったけど、客席でもMAXハイテンションだった。
酒ってすごいな。と思いつつ、西崎くんもABも前年比1.2倍くらいに丸くなっていた。
ただ酔ってあんなプログレ変拍子やれるのは何故なのだろうか?
頭良いからかな?

SOOZOO

こないだの山口で初めてみたので2回目。精神的なパンクスピリッツを感じる。曲は音楽性の守備範囲が広い印象だなぁ。

shiNmm

さないMCが1個所というまなぶくんの気遣い。その1個所に賭けたさないMCは爆発したのか、不発だったのか?
多分本人しかわからない。
その唯一のMCから突入した新しめの曲の「揺れるフィラメント三点倒立」と
歌う箇所でまごめちゃんが「揺れる」の箇所の拍のアタマで頭を揺らしていることを発見。

しかもとても様になっていてカッコいい。
あとで本人に伝えてあげると、「中身がないので恥ずかしいですよぅ」と言っていた。
JCにベースを刺した挙句、買ったばかりのベースを福岡に置いて帰ろうとしていた、そこから半年?が経ち、かなり中身も詰まってきていると思うのだが、本人はまだまだらしい。
真っすぐに育ってていいな。と思う。

シゼンカイノオキテ

抜群に爆発してた感じ。
11年ぶりの新しい音源も良かった。でもライブはもっと良かった。
メロ+オルタナは合唱というか声にパワーを振るときあるよね。
って勝手に共感して、独り言ちた。
アンコールもあり、大団円。

水車だけ観たことないのに、時間的に観れなくて残念。
またどこかで観れたらいいなぁ。

ライブ終了後、いろんな人を話をして解散。
まむしくんたちがやよい軒に行くのを見届けて、宿泊場所へ。
shiNmmとfurateと二階建ての一軒家を借りて10人で宿泊。
各階に布団が5客づつ敷いてあった。
上は鼾や歯ぎしり、寝言を言うメンバーと廻りで何があろうとも起きないメンバーで固められた。

ちなみに、
鼾…タカミヤ、カネコ
歯ぎしり…サキチヨ
寝言…まごめ
廻りで何があろうとも起きない…ゆかみりや
の布陣。

修学旅行感強しで楽しかったな。
まごめちゃんの得意なダンスがガールズという種類らしく、
それを模倣したさないさんがガールズの振り付けをしながら、
shiNmmの曲を歌ってる様がサキチヨさん曰く「今年で一番笑った」
とのこと。ちなみに今年はまだ12日しか始まっていない。

2019/01/13

疲れてると寝れない。
3時ごろに寝たのに、8時前には起きてしまった。
みんな、まだ寝ていた。
8時にまごめちゃんのアラームが鳴り始め、ずっと鳴っていた。
それでサキチヨさんは起床した。
まごめちゃんは寝ていた。
カネコくんも寝ていた。
ゆかみりやはもちろん寝ていた。

まごめちゃんのアラームを止めたら、
数分後にアラームがまた鳴り始めた。
サキチヨさんは起床した。
まごめちゃんは寝ていた。
カネコくんも寝ていた。
ゆかみりやはもちろん寝ていた。
まごめちゃんはこの時間に起きたいのだろうと思い、
起こしてみたが、起きない。
携帯をほっぺにあてて起こそうとしたが起きない。
なので、アラームを止めて煙草を吸いに下に降りた。

下に降りてもまだ誰も起きてなかったので、そぉっと移動したけど、
O型のそぉっと移動なので、もしかしたら誰かを起こしたかもしれない。

上に戻るとまたアラームが鳴っていた。

9時ごろまでまごめアラームは鳴ったり、消えたりして
まごめはついに起きた。
起きた瞬間からではないんだろうけど、印象として起きた瞬間から
化粧をしていた。
乙女だ。

カネコくんも9時ごろにノソッ起きた。
ゆかみりやは布団を剥いでも寝ていた。
9時45分でも寝ていた。
9時47分ごろ、急に起き上がり走って下の階に行き、準備をはじめた。

10時チェックアウトで9時57分ごろから怒涛の準備を開始し、
10時3分ごろ宿を出た。
若いって素晴らしいな。

shiNmmとfurateはここから大阪でライブなので、ここでお別れ。
かんなちゃんと合流し、三条の商店街をぶらぶらし、
キツネの嫁入りのマドナシくんと合流して飯を食う。
nouonのみなさんも一緒でルロウズの淳平くんと再会。
マドナシくんに調整してもらって、なんとか時間を併せて
会えてうれしい。
マドナシくんに紹介してもらってた三条商店街のパン屋でパンを買って
喰ったことと、商店街の入り口の肉屋でコロッケとメンチカツを買ったことを
報告するのを忘れたな。

二人して写真を撮った。
俺、顔でかいし、手のひらの開き方がブッダみたいだな。

そこから一路、広島へ。
ワンオペ400キロ疾走。
慣れない運転は怒りとともに疲れる。
ピークは広島着いて、荷物降ろしてかんなちゃんを
送り届ける際に乗降後から赤点滅のランプがついてて
おかしいな。と思ったので、信号待ちでエンジン止めて、
もう一度エンジン掛け直そうとしたら、エンジンがかからず三車線の
真ん中の車線でエンスト、立往生したときですな。
ボタンプッシュ型のエンジン起動装置だったので、今から思えば
多少の時間をおかないと連続でエンジンがかからないという
仕様だったのかもしれないと思うのですが、当時は怒りのみ。
車内を凍らせましたね。
すいません。

で、なんとか車はエンジンがかかり、後続車両に迷惑をかけながらも
出発。かんなちゃんを送り届け、レンタカー屋にレンタカーを返し、
終了。

帰りにファミマで総菜をいくつか買って帰ったのですが、
最近はことにコンビニの総菜のレベルたけぇな。
どれ喰っても何喰っても美味い。
臓物の煮込みもハンバーグも鮭の塩焼きもうめぇ。
京都で買ったメンチカツもコロッケもうめぇ。
うめぇ、うめぇと22時ごろ飯くって寝て、朝起きた腹がぷっくりでてました。

2019/01/05-2019/01/06

2019/01/05

特段急いでやることはないのだが、4日から出勤。
まぁ、でもここでしっかり飼い慣らされてるおかげで
月に低額兼定額の生活費を手に入れているのだから我慢。

5日の土曜日も律義に出勤。
年末ぐらいからPA機材について興味を持ったので、ちょこっと調べる。
個人的にこれまでずっと録音の際はいろんな方に協力をもらって、
録音→ミックス→マスタリングをしていただいていましたが、
自分の音は自分でケツが拭けるようになったほうが絶対良いような気がしている。

「ポップソングなんだけど、オルタナティブな感じ」とか
「声は歌詞が聞き取れるようにしてほしいけど、ちょっと雑に歪んだ感じ」とか
禅問答のような頭にぼんやりしかないイメージを具現化するには、
まず自分で作ってみたほうがよいと思う。

なので、次回のウサギの音源もテクニカルではない
大まかな音の作りのとことかは自分でやりたい。

ま、テクニカルなとことかは大阪に連絡して
助けてもらおう。とは思っている。

なので、よくわかんないまま調べ始めて概要を理解。
どうやらPCとインターフェースと編集ソフトが入りそうだ。
ふむふむ。
PCには以前やろうと思ってインストールしたstudio oneという
編集アプリが入ってるので、これでいいだろう。

インターフェースはPCに音を取り込むためにマイク繋げて
音をデジタル化するもんなんだろうな。と思いながら、
せめてドラムに立てるマイク分くらいの口は要るな。と
思いながら、検索。

PCは、まぁ、今のが数年前のcore i5だけどまだ動くから
これでチャレンジでいいか!ってことで、
必要なものはインターフェースのセレクトのみという
結論に達し、最終選考で選んだ機材が

zoom livetrak L-12

インターフェースだけでなく、ライブや練習のときのmixerの役割
なんかもこなしてくれそうなので、何かしらやってみたいと思った時でも
役に立ちそう(野外でライブやりたい。とかPA機材のない場所でライブしたいとかね。)

現在は諸々、検討に入った段階。

家に着いたら、年末のダウンタウンを家人が観ていた。
そういえば家人は、この録画を昨日も観ていた。
聞くと、「いやぁ、途中でなんだかんだいろいろやっててさぁ、集中して観れてないんだよね」
とのこと。

そんな会話をしていると、
テレビでは劇団ひとりが水中で鍵を外していた。

2019/01/06

朝起きて、パン屋へ。
パン屋でクロワッサンととんかつサンドを喰う。
このパン屋さんは金持ちマダムから子供から怪しいじいさんまでいる。
「ここは舟入のアメリカ。人種のるつぼだ!」
と来店するたびに思う。
このパン屋はイートインのスペースがあるのだが、
購入者にはそこで無料の珈琲も提供してくれるので、
パンを購入後、いつもそこで食べている。

先日は裕福そうな親子が幸せそうに
「パパは云々」「ママ、これ美味しいからママにもあげるね」
などと会話をしていた。

今日は同じ場所で汚いババアとジジイが
「あの台は1500回転まで回さないと云々」
「当たらんちゃ、あれは無理。やめといたほうがいい」
などと会話をしていた。

「ここは舟入のアメリカ。人種のるつぼ」

パンを喰って、家に帰り2度寝。
起きると、年末のダウンタウンを家人が観ていた。
昨日も観ていた。一昨日も観ていた。
聞くと、「いやぁ、途中でなんだかんだいろいろやっててさぁ、集中して観れてないんだよね」
とのこと。

そんな会話をしていると、
テレビでは劇団ひとりが水中で鍵を外していた。

デジャブ!
未来・過去・今・人々のドラマ…
(急に出てきてなんだ?とお思いでしょうが、
これはルナシーのデジャブの歌詞のはずです。)

2度寝のち、録画していたTV番組を観る。
新年のSPはどれも長い。
比較的短い名古屋のTV局制作の
千原ジュニアが後輩と高橋真麻を連れて酒を呑むという
番組のSPを観る。
ゲストで出てた最上もがを初めてじっくり観た。
ドラマにちょこっと出てたときは圧倒的に研ナオコみたいな鼻口だな。
って印象だったけど、話してるとことか観てると魅力的ですね。
エロいような妖艶なような不安定なような。
好きっていう人の気持ちがわかりました。
自分のことを僕っていうのはよくわかりません。
わざわざ人が引っかかってくるようなワードを一人称に選ばなくても…
って思うけど、魑魅魍魎が跋扈し、生き馬の目を抜く芸能の世界で
こういうことを言ってしまうのは野暮というもんなんでしょうね。

で、最終的に顔が真っ赤になった芸能人の酔っぱらいの話が
最後まで繰り広げられて終了。

今日は練習だったので、チャリに乗り練習へ。
土曜にサドルの緩みを直してたので快適走行。
練習はたまちゃんの仕事が長引いてしまったので、
3人での練習になったが、途中ディレイを深めにかけたら、
単音弾いても、空間が狙った以上にスカスカにならないし、
コード弾いたら轟音になるしで、いいことづくめだ!ということを
発見し、非常に有意義。

新曲も編曲/構成の大枠が完成し、7割がたのとこまで来た感じ。
あとは細かいリズムやコーラス、リフの調整があればOK。
最終的にはライブで何回もやって完成させたらよいので、
早くみんなの前で披露したい。

帰りにご飯食べてなかったので、
セブンイレブンでカレーうどんを買う。
喰ったらすごい好みのカレーうどんで満足。
うんめぇ、うんめぇ。
とあっという間に完食。

飯を食い終わってテレビの方を見ると年末のダウンタウンを家人が観ていた。
昨日も観ていた。いや一昨日も観ていた。さっきも観ていた。

もちろんテレビでは劇団ひとりが水中で鍵を外していた。

2018/12/29-2019/01/03

2018/12/29

年末の連休初日。
前日の深夜からグリッドマンのアニメを見始めていたので、
朝の10時から練習だったけど、眠い。

練習は数か月に1回集まって、1曲を練り練りするという一企画のためのバンド。
なかなか豪華な面子にて1曲のみを作るので、
どんなアレンヂを充てこんでもどれも及第点がとれるという贅沢な悩みを抱える。
最終的にどのアレンヂでいくかは、録音スタジオで決めてもいっか!という
結論の元、練習終了。

外がとても寒かった。
耳当てがないと耳が千切れるな。と思った。
あと、チャリのサドルのネジがまた緩んできた。
これは何かしらの欠陥がサドルか俺にあるな。
と思い至る。

家に帰り、風呂に入りながら、グリッドマンの続きを観る。
最後まで風呂の中で観てたら、思いのほか時間が経ってた。
風呂から上がり、録画してた番組観てたら寝てた。

2018/12/30

帰省。
しかも朝の8時前の電車に乗って防府へ。
山陽本線が復旧してたので、電車のみで帰れた。
ありがたい。
復旧の姿を見ようと外を見てたけど、
岩国を出発してすぐ寝てた。
起きたら、新南陽だった。

防府につき、親戚の家へ。
毎年、臼と杵で餅をついていたが、
高齢化の波には逆らえず、機械で餅をつく。

つきたてのクソ熱い餅を手で千切り、揉む。
あんこを入れたりして揉む。
大病をしたうちの爺さんは斜め上をジッと見ていた。

あと従兄弟はまだ20代かと思っていたら30代だった。
オタク気質の30代から大量の漫画を借りる。
中世で紙を作ろうとする漫画を一気読みする。

夜に父親の古稀を祝う。
ほどほどに。

その後、ゆかみりやに連れて行ってもらって
オルガンズメロディへ

皆がyoutubeを見て、鍋を喰っていた。
しばらくすると、バンドマン座談会が急遽開催され、
ステージ上でみんなと話す。
2時間以上も話す。でも、面白かったな。
聞いてるほうは飽きたと思うけど。

深夜にほどほどに酔ったゆかみりやを連れ、防府へ

2018/12/31

ゆかみりやの家にて歓談。
しばし台湾のガイドブック見ながら、
台湾の話をした後に布団をひくのが面倒だったので、
「このまま炬燵で寝ようかな」と言うと、
ゆかみりやから「炬燵で寝ると水分が足りなくなって、
風邪ひいたり、下手したら心筋梗塞になったりするんで、
絶対やめたほうがいいですよ!」と看護師らしい注意をされ、
それは良くないな。と思い、布団をひいて寝たのだが目覚めると、
ゆかみりやがバリバリ炬燵で寝ていた。。
しかも炬燵布団は上半身にかかっておらず、
素人が見ても、風邪になる確率1.5倍みたいなスタイルだったので、
とりあえず近くにあったMA-2を掛けた。
そしたら暑いのか、眉間に皺を寄せていた。
風邪引くよりマシだろ。と思ったが、思い返せば
炬燵で寝るのが良くない!と本人が言っていたので、
一応起こしてみた。
起きない。
知ってたけど、やっぱり起きない。
なので、MA-2を掛けたまま2度寝した。

次に起きたら、ゆかみりやはベッドで寝ていた。
知らぬ間に起きたのだろうな。

で、時計を見ると9時半過ぎ。
とりあえずゆかみりやを起こそうと頑張る。
いつものチャーシューの人形を探すも姿が見えない。
しょうがないので、京都でゆかみりやが買った民族楽器を
手にゆかみりやの耳元でオリジナルの即興インストを披露。
少し身体が揺れ始めた。
立て続けにオリジナルの即興インスト2曲目を披露。
2曲目にしてゆかみりや起きる。
これは…!効果的だ…!と思う。

ゆかみりやは寝起きは悪くないので、チャッと用意をして
三日月堂で朝飯を食おうと相談するも、三日月堂はお休み。
コメダ珈琲に行く。
食パンと珈琲を飲みながら大晦日の朝に
ゆかみりやとパラレルワールドの話をする。

確かゆかみりやが大学進学時にもうひとつ受かってた県外の大学に
行ってたら、出会ってない。とか学くんがいないと
出会ってない。とかこういう何でもない場も偶然が積み重なって
出来上がってるんだねぇ。と話しながら家の近所まで送ってもらう。

家に帰り、ぼ~っとする。
飯を食った後、布団の中でダウンタウンを観てて
細川ふみえがユータッチマイパイって言ってるのを記憶の最後に
寝てた。

2019/1/1

深夜3時に起床。
早いな。と思ったので2度寝。
7時ごろに目覚める。

正月らしく雑煮を喰う。
駅伝観てたら、時間になったので広島へ。
帰りも電車。
ただ行きに空っぽだったリュックに
総重量10キロ程度の野菜、根菜が詰め込まれていた。
背負うとグッと肩に野菜、根菜を感じる。

家に帰り、撮りためてたテレビを消化。
HDD残量が数パーセントしかない。
観て消す、観て消す。を繰り返す。

録画番組ばかり観てたら時間感覚が麻痺する。
多分、これ観たら寝よう。って番組を観終わった時間は
明け方の3時か4時だったように思う。
そこから睡眠。
多分、ダウンタウンを観てたように思う。

2019/1/2

10時ぐらいに起床。
餅を喰う。
餅喰って、元日に録られてた番組を少し観て外へ。
1/12の京都ライブの練習。
3時間で復習や新曲まとめ、最新作制作などを行う。
さ、どこまで出来るかな。
その前にレンタカーの予約しないとね。
と思い至る。

家に帰り、夕ご飯の準備。
実家からもらって帰ったブリの切り身があるとのことだったので、
ブリのカレーを作ることを決意。
通常通り、玉ねぎやニンニク、ショウガを炒める横で
ショウガと料理酒、みりん、昆布を加えた水にぶつ切りのブリを中火→弱火で煮込み始める。
灰汁をちゃんと取り除き、出汁が完成。

スパイスと同時にぶつ切りのブリを投入。
もう火は通ってるのでスパイスとブリを馴染ませるのみ。
馴染んだあとにブリの出汁を投入!!
あとは弱火でコトコト。

実食。
ぶつ切りのブリでかかった。
ま、食べ応えは抜群。
もう少し小さく切ってよかったな。
あと出汁の主張がもう少しあってよかったな。
ま、スパイスが主張の塊だしね。
もっと「出汁が我がが我がが!」で前に出ないと混ざらないね。
と思った。
スパイスを減らすか、出汁を強化するかを試すしかないな。
ギリギリカレーとして成立するスパイス量てどれくらいなのかな?

喰ったあとは寝る。
この日も床につくのは遅かったように思う。

2019/1/3

起きたら8時前。
テレビつけたら朝チャンしてた。
録画番組を消化してたら、宇垣さんが出ていた。
朝チャン→宇垣さんの流れは宇垣さんが
朝チャン降板と言われたときに烈火の如く猛った。という
ゴシップ記事を思い出す。
ま、でもメインの夏目さんもコンドーム写真→退社という
なかなかの窮地からのV字回復で現在の位置を獲得していることを
思うと、番組の降板くらいはフリーになったあとの御土産的エピソード
トークにするくらいのしたたかさはあるんだろうなぁ。
頑張れ、宇垣さんと思った。

昼になってトンカツが喰いたかったので、近くのジョイフルに
行ってみるも見たことないくらいの満席。
トボトボ散歩がてら歩いていると寿々女(ラーメン屋ね)が
開いていた。寿々女でチャーシュー麺を食す。
20年以上広島に住んでようやく、醤油豚骨の魅力がわかってきた気がする。
美味いね。

家に帰る前にマックスバリューに寄る。
アイスクリンがあればいいなぁと思うも、アイスクリンはなし。
悔しさを胸に帰宅。

家に帰り、ループステーションで1/16外国や2/10世羅での
一人演奏の練習。昨年からちょっとづつやってるので、
悪くないとは思うけど、まだまだ上が目指せる感じ。
出来る限り、詰めていきたいもんですね。

夕方からプレバトを観る。
観てていつも思うけど、俳句って自分のセンスが
俳句の流儀に合うか合わないかが一番に重要な問題な気がする。
だから、プレバトに出てる人を観るときには
最下位or大絶賛の人に注目して観ている。

そんなことを考えてたら、正月が終わった。
もう終わった。正月。

2018/12/22-2018/12/24

2018/12/22

朝、起きると8時ごろ。
というか今週は「おい、朝だ」といった感じで起こされたな。
最近、なぜかよく寝れる。
水曜に9時間、木曜にも8時間といった感じで
この年で成長期のような具合の睡眠。
春眠暁を覚えず。冬眠もまた暁を覚えずだな。
と思いつつ起床。

本日は11時半の新幹線にて福岡。
9時半までごろごろし、10時半までに風呂に入り、
そこから市電→JRにて広島駅へ。

無事、福岡行の新幹線にin
福岡に着くと、先についてた迫兄と合流。
「かんなちゃんは?」と聞くと、
「ここでずっと見てましたけど、まだ来てませんよ」
というので、ひとしきり待ってたら、かんなちゃんから
「改札出たとこで待ってます。」とのこと。

迫兄の監視力。

さ、旅の始まり。
そこからバスで3つ先まで移動し、
そこから歩きでUTEROにIN

かんなちゃんが福岡にHINTOをよく見に来てるとのことで、
かんなちゃんは福岡に詳しい。
かんなちゃんの案内で角を曲がると知ってる景色で場所を把握した。

UTEROの隣にオープンしてた加藤小判に行こうと張り切ってたけど、
24日まで休業とのこと。

前日の白☆星のワンマンの後なので、難しいかな?とも想像してたので、
ま、しょうがないか。思い、近くの海鳴へ。

ラーメン喰ったあとにUTEROへ。
偶然2日間一緒になったTHERATELの皆さんがリハしてました。
音楽性、楽器編成、おそらく曲が番号であること、すべてがスタイリッシュで
アヴァンギャルドにしてハードコア。
ご丁寧にリハ後にご挨拶いただき、恐縮。
そこでマドナシくん、アカクラくんが会話に登場し、世間の狭さを感じる。
というかあの二人が有名人なんだな。

で、ウサギリハ。
かっちり中西君に音を作ってもらって完了。
今回のウサギはツインベース編成。
しっかりやりたいところですな。

リハ後は近くの商店街を散歩。
リハ中に5弦という珍しい弦を切ったので張り替えたが、
ニッパー不所持のため、100円ショップでニッパーを購入。

そこからさらに散歩。
途中、対バンのダム狂いのドラムの方とチャリですれ違ったり、
宿をとっていない迫兄のためにマンガ喫茶を探したりして
会場に戻る。

ライブはダム狂いからスタート、メンバーが変わってた。

女性のギターの方がサングラスしてギター弾いてたのがなんか印象的だった。
続いて、石の犬、これまたメンバー変わってて、
同じ名前の違うバンドなのかな?と思ったけど同じバンドだった。
みんなメンバーが変われども音楽続ける意思と助けてくれる人が廻りにいて
良いな。と思った。また対バンして遊びたい。
それにしても石の犬はベース不在のギター3人編成、
ウサギはギター一人のベース二人編成。
足して2で割ったら通常ツインギターバンド編成が2つできるな。
と思い至り、ハッとした。

続いて、GOTOCANADA。今回が初ライブとのことでしたが、
元白痴のメンバーがいて、会場もワクワクが溢れてた。
イッツは初期衝動。
激楽しい感じとパンク、ハードコアナイズされた良い感じのキレキレ感。
メンバーの方も楽しさと緊張があって、見てても楽しい。
最後、ボーカルの方がステージから降りてくるパフォーマンスも少し控えめで
みんなに迷惑がかからないように気遣っているのが、なんとも言えない素敵さだった。
愛さずにはいられない感じ。

続いてはTHERATEL。流石のステージ。
いろんな方から聞いてた前評判を簡単に超えてくるライブと
曲の完成度。フルート、ファゴット、
ギター、ベース、ドラムで織りなす音は広く深い感じ、しかしながらダークネス
で沸々とした感情が伝わってくるような感じと無感情の印象、相反するものが混じって凛と存在している感が素敵。

で、次はウサギ。なんかすごい疲れた。良い疲れ。
楽しかったしね。ツインベースはいろいろ可能性を感じていて
まだまだ時間をかければよくなるし、面白いことができそうな感じで
ワクワクする。終わったあとにみんなからもツインベースの高評価を
いただき、更に自信がついた。

ライブ後、外でタバコ吸いながら汗が引くのを待ってると、
偶然、機材の片づけをしてた福本さんに遭遇。
挨拶を兼ねて加藤小判に行けなくて残念の旨を伝えると、
キーマカレーならできるかも?とのことで、急遽、加藤小判で
カレーが食べれる可能性が浮上。
そして、イベント終了後、食べれました!
加藤小判のキーマカレー。美味!

ラッキーだったなぁ。

キーマカレーを堪能させていただいた後、会場でyoundのあおたくんとかと
話をしてると吉田さんからご飯を誘っていただき、原尻さんに連れられて会場へ。

最初の店が人が多くて入れなかったので、違う店ということで
夕方散歩したときにここは感じ良さそうやね。とメンバーと
話してた飛車角というお店へ。

偶然、この店に入ったと思ってたけど、入るとGOTOCANADAの皆さんが
座敷の奥で呑んでた。どうやらGOTOCANADAの皆さんはここで打ち上げが
あると思っていたが、誰も来ないと思ってたらしく、「おいおい、誰も来ねぇじゃねぇか、
これじゃ練習終わりの呑みと変わんねぇ」と言ってたみたい。
なので、合流した際に必要以上の感謝をされた(笑)。
そこから吉田さんやそのほかの方々も徐々に合流。
僕らは偶然行きつきましたが、多分出演してたみんなは打ち上げがあることを
知らなかった可能性が高いな。と思いつつせっかくなので呑む。
もつ鍋も九州の甘い醤油タレで焼かれた串などを堪能。旨い。
合流した人のなかで未遂というバンドのドラムさんがいて、結構酔ってたのか、
とても呑みらしい中身薄目の馬鹿トークでとても楽しかった。
原尻さんと吉田さんと旧知の仲的ノリでバンドのアドバイスを求めてるのか?と思いきや
と思って話を聞いてたら原尻さんから「今日、はじめて話すよな?」と言われてたり、
吉田さんから「中西と仲がいいから、中西呼んできて(笑)」などの会話が
繰り広げられつつ、未遂のドラムさんから「俺、売れたいんす。西野カナみたいに売れたいんすよ」
「どうしたらいいすか?」という疑問に「パニスマと百蚊にそんなん聞かれてもわからん」
とか「吉田さんと俺(原尻さん)に嫌われたら売れるよ」とか酔っ払ったドラムさんを
中心に話をしてた。
いつの間にかドラムさんは吉田さんや原尻さんにため口で「よろしく~」とか「ありがと~」とか
会話の合間にちょいちょい入れてて、酔いが冷めたら謝るんだろうな(笑)と思った。
これは未遂ではなく事件だな。と思った。

しばらくすると、ドラムさんはワインをなみなみに注いで、グラスからたくさんワインを
こぼして、こぼしたらまたワインを注ぐという不思議な遊びをしていた。
気づくとGOTOCANADAのマルくん?マルさん?(年齢と関係性が出来上がったら敬称決めます(笑))が
座敷の端のほうで寝ていた。そこにドラムさんが近づき、なにやら手をずっと触ってた。
手相を観てたのか、タトゥーを観てたのか、触りたかったのか、
長い時間、手を触っていた。

ひとしきり騒ぎ、3時ごろに解散。
迫兄もかんなちゃんも最後まで付き合ってくれてありがとう。
と思いながら解散。
最後に起こされたGOTOCANADAのマルくん?マルさん?が
「寝よったら、手をずっとすげー触られよった」と言っていた。
犯人は未遂のドラムです。

泊まってたホテルが飛車角から徒歩1分だったので、解散後は
すぐにホテルに帰り、就寝。

2018/12/23

朝起きると、8時40分。
大浴場へ。
風呂はいい。だって、すっきりする。
風呂から上がり、浴衣から衣服に着替える。
今日は熊本なので、鈍行で行くのか?バスで行くのか?を
再検討しないとな。と思っていると一通のDMが。

端的に言うと、神田さんから熊本まで連れてってやるで。との
ご連絡。渡りに船。福岡にカンダ。
ありがとうございます。ありがとうございます。
ありがたく好意に甘えまくり。すんません。
待ち合わせ場所を決めようと現在地を確認したら、
泊ってるホテルの横のコンビニの駐車場にいらっしゃるとのこと。
僥倖。
9時半ごろ、合流してカンダ号で一路熊本へ。
道中、昨日のツインベースの動画や12/15の有鄰館でのshiNmmのライブの動画を
見せてもらった。shiNmmは若さもあるんだろうけど、化ける速度が桁違いに速い。
まなぶくん以外他のメンバーは気付くこともないだろうけど、
化ける速度が桁違いだと思う。
まなぶくんの頭でくみ上げられてた計算が着実に現実化しているように感じる。
計算違いがあるとすれば、あとの3人のトリッキーな性格が生み出す
奇跡のようなバカ三重奏が至る所で奏でられてしまうことだろうな。
そして、そこがshiNmmの魅力ひとつに変化したことももしかしたら、
計算外の嬉しい誤算なのかもしれない。

12時過ぎごろにnavaroに着くと、みんながテイクアウトした吉野家の
牛丼を食べていた。自分たちも飯を食いに出かけた。魚雷という激辛の
つけ麺屋へ。

カウンター10席で10人交代でお客さんが入れ替わるとか、チャーシューは
お客さんに入れるか入れないかわざわざ口頭確認を設けていたりと、あまり
馴染みのないシステムが導入されていた。
そして、俺は激辛つけ麺を注文すべく間違えてカレーつけ麺の食券を押していた。
美味かった。

会場に戻るとそろそろイベントスタート。
ArtBlakeyfes2018
総勢23組の宴。
タイテ通りでも24日の深夜2時頃終了予定だったのに、オープンからいきなり押してた(笑)。
結果、終わったのは3時過ぎ。
そこから打ち上げ。
打ち上げ開始が朝4時でそこから2時間。
全行程の終了は24日の朝6時過ぎという怒涛のイベントだった。
そういえば、ウーロン茶しか飲んでないのに、
朝の5時ごろ少し気分が悪くなってうつぶせで寝てたな。

そんな怒涛のイベントを掻い摘んで、感想をば。

最初から最後の石頭地蔵までなんか大きなうねりのようだったな。
さすがに途中、休憩を挟みながら立ったり座ったりして観てた。
清田さんと話してて今年は鹿児島の2つがまず決まったんですよ。かっこええんすよ。
と聞いてたNO edgeとZOKUDAMS。初見だったけど、鹿児島の音の潮流みたいなものを感じた。グッドメロディと残す音像。
福岡で会ったフォークイナフの柴田さんもZOKUDAMSかっこええよ。と
言ってたけど、かっこよさを分析すると現代の薩摩隼人の生き方を体現している
ようだからではないかな?と思った。耳に残るメロディは優しく、演奏は金切り声をあげるようなディストーションやファズの悲鳴。
感情は燃えている。
体内で熱く何かが燃えている。
その何かを燃やし続け、ステージの前の誰かに引火する。
そんな感想を持った。
薩摩隼人が頭に浮かんでくるのは、先週観た「せごどん」の最終回が大いに影響しているに違いない。

mullet cut!も凄い良かった。なんか声がこうグッとくる。
ハードコアっていうのか、あんまりジャンルに詳しくないので精確なジャンルは
言えないが、演奏も抜群に良かったし、とにかく声に心が掴まれた。

THE RATELも昨日のUTEROとは空間が広い会場だったせいか拡がり方が違った。
昨日も良かったが、今日も良かった。ありきたりの感想で申し訳ないが、
料理でも最高に美味いものが出てきたら、美味いしか言うことがないと思うので、
音楽も単純な感想にすべてを込めることもあるのだ。

ネネカートは久しぶりに見たけど、1曲目の鍵盤ハーモニカのフレーズで
なんか涙腺にグッとくるものがあった。最高だ。さすが大分の至宝。
全4曲すべてが優しく会場を包む。
あだちくんは演奏前に「奥さんにこういうの叱られるんですよね~」と言いながら、
一般的な赤ちゃんと自分の家の赤ちゃんの写真を比較して、我が娘の目の大きさ、
顔立ちの端正さを超真っすぐに自慢していた。清々しい。
「ほら、この目!隣りの子と全然違うでしょう。うちの子かわいい!!」と言っていた。
だから、あだちくんは多分そんなに優しくないし、おそらく腹も割と黒いほうだと思う。
だからこそ自分は気が合うし、話してて楽しいけど、そんな人が音楽と正面から向き合ったら
こんな優しく幸せな音がでてしまうのが、音楽の魔法だなと思った。
ドラムのかわむらさん(ATHallの店長さん)にも久しぶりにお会いしたので、
「お久しぶりです」とあいさつをしたけど、100%忘れられていた(笑)。
これはまたATHallにお邪魔しなければ!と心に誓う。

ネネカートとshiNmmは連続での演奏だった。
だからかもしれないけど、会場の熱がshiNmmの演奏に乗っていた。
抜群のshiNmmだった。
いつもはゆかみりやのドラムって”後ノリ”だなぁと思ってみてた、その”後ノリ”が
フロントの楽器すべてを巻き込んで見えない音のうねりを作ってた。それが
恐ろしく乾いてもう少しで具現化して目に見えるんじゃないか!?と思えるような
うねりで圧倒的なshiNmmの新世界みたい境地を魅せられた。本当に抜群だったな。

ナルコレプシンは前に白☆星のイベントか、UTEROのイベントで見た気になってたけど、
あとから考えたら、動画観て、コンピ聴いてライブを観た気になってただけかもしれないので、
初体験かもしれなかったけど、素晴らしかった。唯一無二。
鬼才の発想に凡人たる自分は驚き、興奮しウンウンと唸るのみ。
ループもサックスも極限までに削がれたリズムや音をまとめるセンスの体験。
ドキドキした。

京都のbedも初めてみた。良い音、良い歌の理想形みたいなバンドさんだった。
2曲程度聞いて、次のターンが自分の出番だったので、楽屋でギターを弾いて
フレーズの確認をして、最後辺りの曲を聴いたけど、会場のボルテージが
ぐんぐんグルトで上がっていた。良い音、良い歌がそろえばそりゃ、アガるわな。

小林どろり、どろりがたくさん吐いていた。緊張で。
しかし、ライブが始まると何かを押し込めて歌っていた。
そしてカウンターに上がって自撮りを決めていた。

小林も楽しそうな感じはしたけど、準備してるステージ側に顔を向けることが
少なくて、表情は見えなかった。小林と打ち上げで初めて話したけど、
さすが和田森くんの元カノ(1日限定)、素晴らしい女性でした(笑)。

自分たちもなんとか頑張り、魚座の藤井さんを観る。
前に多分ふらんす座で弾き語りを観た気がする。
歌を覚えてた。
ライブで聞いた歌を覚えてるってすごいことだと思う。
この曲、前に聞いたぞ!って自分のメロを他人の記憶に刷り込ませるのって
すごいなぁと思う。自分もメロを作るのでそういう風にならないとね。

そしてドイサイエンス。

なんか気合の入ったライブだった。清田さんの新陳代謝が10代みたいだった。
このバンドでしか出ないアイデアをこのバンドでしかできない演奏方法で
抜群の異質感とずば抜けたセンスを叩きつける感じ。
バンドをひとつの「個」と定義したら、ドイサイエンスの「個」は強すぎるし、
眩しすぎる。
あと、よく見るとやまぐちさんがウサギのTシャツを着ていた。
驚嘆。
何故。
笑うくらい嬉しかった。

石頭地蔵は神事めいていた。
この長い行事の最後の供物。
このドラムの音、ギターの音が鳴りやんだら、終わる。
マイクを通さない会話を少しメンバー内でしたあとに
アンプ直の清々しいまでの鋭角な音と巧みなドラムパターンが
鳴り、上っていく感じ。すべてが詰まっているようで空虚なのかもしれないし、
その逆かもしれない。深夜ということもあり、
少しずつ思考をやめて石頭地蔵に呑み込まれる。
そして急に神事は終わりを告げる。

明け方3時過ぎ。
清田さんの最後の挨拶で終了。
その後、清田さんが
「かなり押しちゃった。打ち上げ2時半から40人で予約してたのに!」
と言っていた。
そして、朝の4時から6時まで打ち上げは開催された。
最初、数人かと思いきや最終的には30人?程度集まっていた。
熊本の恐ろしさだな。と思った。
自分はウーロン茶しか飲んでいないのになぜか酩酊状態のようになり、
具合悪くして途中から机に突っ伏していたら、打ち上げが終わった。
目の前にいたはずの小林がどいちゃんに代わっていた。

朝6時過ぎに恒例の集合写真を撮り、帰路。

今回もどろりハウスにお世話になる。
どろりは重度の火傷をおったり、親指をスライサーでえぐったりしていて、
迷惑をかけるかもしれないと思ったので、今回、別の宿を探そうかな。と相談した際に
もみじまんじゅうとせんじがらで釣れた。

ケガしてるとこにお世話になってしまって、申し訳ないと思いながら、大感謝。
是非広島に来てくれ。というと、ライブは緊張するから嫌だ。ただただ遊びにいく。
と言っていた。それでもよい。受けた恩は倍にして返さなければ!

どろりハウスで少し話していつも起床のために鳴るアラームを止めて、
就寝。

2018/12/24

目覚めると14時半。
というか起こされたな。

もう日は高く、夕方の陰が見え隠れしているくらいだった。
でも、まだ眠たい。でも、起きる!

煙草を吸って、ぼんやりしてご飯のことを考えてると、
どろりから清田さんから連絡あって、清田さんもさっき起きたので
ご飯にいこうとのこと。
場所は以前にルロウズとも行ったスリランカ。
セットの大盛とタンドリーチキンを喰う。
どろりは辛いものが喰えないと言ってたのに、
辛さ☆3つのスリランカカレーのスーパーマイルドなるものを
喰っていた。喰いはじめこそ、「イケる!イケるぞ!」と言っていたものの、
終盤に差し掛かると「やっぱり辛い」と言っていた。
ゴール直前に清田さんにパスをまわしていた。

カレーを食べた後、清田さんの車で熊本駅まで送ってもらう。
ありがたい。
礼を述べ、別れたあと新幹線にIN
サキチヨさんが銘菓陣太鼓を購入していた。

博多で新幹線を乗り換え。20時ごろ広島着。
そこからJRと市電で家へ。

家に着くと、一息つく間もなく、
オンタイムでやってた「犬神家の一族」を視聴。
前の稲垣吾郎のときと、本で読んでた記憶があったので、
サキチヨさんにあらすじと犯人を教えてあげる。
ふーんと言われる。
でも、今回のやつ面白かったな。
その後、下町ロケット視聴。
楽しみにしてたけど、最終回なのに、終わってねぇじゃねぇか。
新春1月2日が実質の最終回っぽい。
勧善懲悪もののストーリーで悪者が失脚しないので、消化不良甚だしい。
さっさと神田正輝が役員から外れて、ダーウィンも一般販売後に
耐衝撃寿命の欠陥が発覚して返品の嵐、加えて野木の研究を盗んだことなども
一括で世間に露呈し、阿部寛が「人を恨むのではなく、夢がないと人は前に進まない」
とまた神田正輝と古舘伊知郎グループに述べて大団円。
というストーリーが見たい。

消化不良のまま、有吉の壁の録画を観ながら就寝。

これで2018の自身のライブすべて終了。
来年はもっと自身の音と音楽を磨いて、楽しいライブをしないとな。
と、心に決めている。
もういつ病気が発覚したり、急死してもおかしくない年齢になるので、
我慢をしててもしょうがない。

やります。

今年もみなさま、ありがとうございました!

2018/12/14-2018/12/16

2018/12/14

金曜の定時後、速攻で家へ帰る。
今日は迫兄と12/22のための個人練習だ。
と、思っていたけど違った。。
スタジオについてLINEを見返して気付いた。
そして、スタジオを到着後3分程度でスタジオを後にする。
街は寒かった。

そのまま家に帰るのではなく、練習後にTAKEVEZのホンダくんこと
SNS上ではホンダマンクォスくんとつけ麺を食べに流川のひこへ行くことに
なっていたので、とりあえず新天地公園で暇つぶし。
街は寒かった。
ツムツムをする手がかじかんで、タイムボムが全然出なかった。
廻りに柔らかいものがあれば、人目もはばからずスマホを投げていたと思う。
あと、字面を見るとホンダマンクォスは本当に下品でいいな。と思う。

で、小一時間新天地公園で記録のでないツムツムをしていたら、
ホンダくんが到着。
合流早々に「足が痛い」と言っていた。
なんか筋肉を使う仕事をしたのだそうだ。
もともとホンダ君は腰も悪いので大変そうだ。
もし階段から二人で転げ落ちて、俺とホンダ君が入れ替わったら、
痛さで俺は会話もままならぬまま帰路につくくらい痛いんだろうなとか考えてた。

ひこでいろいろ話をしたあとに人生初のpaypayで支払いをした。
前日に100億円キャンペーンは終わっていた。。

ひこ

ひこ

ホンダ君と別れたあと、帰路。
なんなんだ。ボーナス効果か年末効果か浮かれた人種が至る所にいる。
ご機嫌だな。と思う。
なるべく人気がない道を選び帰宅。
帰宅後、何をしたかは覚えていないけど、「1GBの容量のあるHDDがあと1%しかないので、
観てないやつを観て、消したい」と家人が言い、録画してた番組を観た気がする。
そして、「あっ、TVよりこないだ途中で寝落ちしたドキュメンタル観たいな」と思った気がする。

2018/12/15

9時前頃に起床。
わりとよく寝た。
起床後、またTVを観てた。
そして観たら消した。
けど、新たに探偵ナイトスクープが加わっていた。
いやぁ、観て消してもきりがないな。というくらいTVっ子だな。
ヴェポライザーを吸ってて、「あっ、そろそろシャグを買いにいかないとな」と思った記憶がある。

そんなことを考えてたら、14時前に山口から学くんと永田がやってきた。
前日に飯を食おうと約束していた。
合流したあとに場所を決めた。
ホルモン天ぷらの「たかま」に行った。
二人とも意外にも初めてだったらしく、適当に天ぷら15個と
うどんふたつと汁ひとつ、あと瓶ビールとスジを注文。
最初に出てきたスジを食べた段階で二人とも「うんめぇ」と言ってくれてよかった。
あとは出てくるものすべてに「うんめぇ」と言って喰っていた。
永田の体格からすると、「もう少し量を喰うだろう」と思い、追加の注文を聞くと、「うまいものは少量でも満足するんだ」と名言めいたことを言っていたので、フィニッシュ。

お土産にせんじがらを買った。

その後、ヲルガン座にキーボードを借りに伺い、rootzへ。
そう今日は年内最後の田舎者。

ルーペズ

ルーペズ

永田のリハからでいろいろ大変だったけど、全員野球(特に学くんのファインプレーに助けられ)でなんとか乗りきる。
そして長崎から三回転とひとひねり。いきなり3Fではなく4Fに言ってパリピに声をかけられたと言ってた。
その後も三回転はなんかクラブで酒を呑んだカップルの派手な寸劇を体験したりとrootzの入ってるビルで
体験できる非日常体験を結構したらしい。いやぁ、よい思い出になればいいなぁ。ちなみにライブ後に機材を運ぶ際、吉田くんが駐車場はあるもののどこからエレベーターに乗って降りてきたのか分からない。という事態になり、メンバー全員で坂道を上るというハプニングも体験していた。これは僕も体験した。

三回転とひとひねり

三回転とひとひねり

そしてルーペズ。リハでは永田がドラム叩いてた。ゴリラのバージョン違いだな~と思って観てたけど、なんか似合ってた。ルーペズにゴリラ要素は必要不可欠なのかもしれない。

本番はルーペズ、永田、三回転と一様に良い演奏をしていた。どこを切り取ってもいい感じだ。三回転のソリッドなポップセンスは唯一無二だし、永田はいるだけで唯一無二だし、ルーペズも唯一無二にすごいスピードで近づいている感じだ。で、ウサギ。あんまりよくなかったな。チーム感がないことを思い知らされるライブだったように思う。チーム作りを考えなくては。と反省した。トラブルはチーム力が試されるときなんだな。ということを認識できただけで良しとする。

打ち上げは過去最大級30人近くが参加。当初10人程度とrootzに伝えていたので、てんやわんや。ここでもチーム力のことを考えたけど、ま、しょうがない。なんとかなんとか。

打ち上げ終了後、帰宅。10代からウサギを観てくれてるあいあいの車が駐車場に入れたまま、駐車場の営業が終了したとのことで永田とともに連れて帰る。おっ、これは面白そうだぞ。と思ったのか、寂しがり屋のタナトリーヌもついてきた。年末のあわただしい中、なんとか2台捕まえたタクシーはあとから話を擦り合わせると2台とも最悪だった。僕の乗ったタクシーの運転手は乗車から降車まで一言もしゃべらなかった。挨拶もしない。コミュニケーションもとれない。スピードは違反する。態度はいわずもがな。タナトリーヌが車中で運転手の悪口を言い始めそうなのを「まぁまぁ」という感じでおさえてた。

僕が乗ったのは、三矢タクシーだったと思うけど、もし不況の煽りなどを喰らってこの会社が潰れたとしても「これは自然淘汰です。あんな運転手を許してる会社は淘汰されて当然です。」と言った感想を持ちそう。

閑話休題

家に帰り、布団をひいて就寝。朝、目覚めるとあいあいが永田の鼾で起きたと言っていた。そして、タナトリーヌが永田の鼾は定期的に鳴るからいいけど、お前の鼾は無呼吸症候群のそれに近い。と永田の鼾の問題のはずが、僕の鼾の不満を伝えられた。

2018/12/16

9時ごろには全員起床。タナトリーヌに攻撃されたので、タナトリーヌの弱点と思われるところの話をしてみたら、やはり思いのほか弱った。ステータスを攻撃に振り切りすぎている女。それがタナトリーヌ。バランス良くいきたいけど、バランスとったら周囲や廻りにヤラれてしまうのだろうなぁ。

あいあいが行ったことないというので、近所のきさくへ。汁なし担々麵を喰う。今日はそんなに辛くなかった。と思ったけど、サキチヨさん以外の三人は辛かった模様。永田が一口食べて「うぐぐ」、店員さんに向かって「おいしいです~」と言ってたのが、なんか面白かった。

きさくから出たら雨が降ってた。雨が降ってたけどウサギのグッズ、サコッシュの白ができてたので、その撮影をした。良く撮れた。モデルがいいな。

ウサギサコッシュ
ウサギサコッシュ

ここでタナとあいあいは分かれて家へ。家で永田とひとしきり話した。北海道の小学校の話が印象に残った。そしてツイッターみてたら永田のツイートにその続きが書いてあって、幸せな気分になった。幸せはいいな。得るまでの距離や難関はあるけれど。幸せは最高だ。そのために学ぶし、苦しいことを多少我慢してもいいと思えるくらいだ。

永田も出かけたあと、撮りためたTVを観ようと思ったら前日に放送されたはずのIPPONグランプリの録画ができていないことが判明。ネットで探して、それを観てたら寝てた。

起きたらIPPONグランプリが終わってた。そのあとも録画してた有吉反省会などを観て、オンタイムで下町ロケットを観て、録画してた番組視聴を挟んだのち、今日から俺は!をCM早送りしながらみて、0時を超えたので寝た。

2018/12/08-2018/12/09

2018/12/08

朝、起きたのが何時だったか忘れてしまったけどそんなに寝てないと思う。
昨日の金曜はツインベース用の練習をしたけど19時-21時と健康的な時間帯の練習だった。
なので、寝る時間もそんなに遅かったとは考えにくい。
で、起きて風呂に入る。
風呂に入っているとDNAが近しい奴がやってきた。世にいう妹ってやつ。
年末に父親のなにかしらのパーティをやるとのこと。
風呂から上がると、「飲み放題といっても家族みんなそんなに酒を呑むわけはないので、これは損になるのではないか?」「ウーロン茶何杯呑んだら元がとれるん?えっと、7杯かそんなに呑むわけねぇじゃん」とDNAが近しい奴が言っていた。
僕は最近細くなって、質が変わってきた髪の毛を乾かしながら、「やっぱ歳とって髪に影響が出始めたら坊主だな。」「上手い具合に前から薄くなってきてる気がするので、おでこが広いと坊主が似合うのでやっぱ坊主だな。」と一人ごちて、そそくさと準備。

どこへ行くかというと京都。
しかも新幹線。
遠方のライブが結構多く、「お金がない。」というのが理由でライブを断ったりするのはしたくないけど、車自体を持ってないし、車持ってるやつが車出さない。というのであれば、しょうがないけどすごい嫌な予感しかしない。
覚えなくてもいい贅沢を覚えて、我慢せず金を散財した結果、
「お金がない。」という理由でライブを断る。という未来しか見えない。
そして、「お金がない。」という理由だと俺に文句を言われるのが決まっているので、それを防ぐために多分俺は嘘をつかれる。

閑話休題。

で、京都。
早めに着くように移動。
着いて二条に移動。
JRで二駅。近い。圧倒的に京都が近い。
金で時間を買った感。
でも、金で時間を買ってもその時間を何に使うかというと、
飯食ったり、待ち時間だったりと大したことはしていない。
俺は金で時間を買っただけ。

16時前後に出演者全員集合。

shiNmmからリハ。
ウサギもリハをして本番。
今年の初めにtennjoeでスタジオライブをしていたから自身では2回目か。
前のスタジオライブで照明は暗いほうがライブっぽいな。と学んでたので照明を暗くしてスタート。
うん、本番っぽい。
で、7~8曲やって終了。
程々の出来だったのではないでしょうか。
ただ前日にギターのフレットがへたってしまって音が出なくなって急遽メンテ前のテレキャスでやったけど、これもそんなに調子よくない。そんなときに限ってシールドも壊れるし…で、個人的には準備不足?というか
テレキャスを十分に慣らして?鳴らして?やりたかったな。という想い。
でも、ま、終わったら終わり。

シンミリメートル

shiNmmを観る。最近、曲の始まりがいい感じのヌケた感というかヌケの雰囲気みたいなとこから始まるようになってて、「試行錯誤してるんだなぁ、まなぶくん。」弾いてるあいつらは特に何も気にしないんだろうなぁ。
と思うと、感慨深い。
何も知らないし、拘らないならとことん知らないし、拘らないほうが結果、早くていい感じに仕上がる気がする。現にいい感じに音が狂っている。最高じゃないか。
なまじ分かるから口を挟むことで遅延、間延び、くすぶりが生まれて誰かがどこかを我慢している仕上がりよりは、ずっといい気がするな。ま、時と場合とそのバンドによるんだと思うけどね。

あの娘はウォンバット

続いて、あの娘はウォンバット。じっくり観るのはほぼ初かな。
スタジオで見るほうがやりたいことが真っすぐに伝わってくる感じだな~。
あとshiNmmの女子3人が「あの娘はウォンバットの女子二人はいい匂いがする。」って言ってた。
今回、むらちちゃんと話してこういう企画ができたのは、とてもうれしいな。
ノリでやろうと言って、家に帰って寝て忘れるんじゃなくて、やると言ったらどういう形であれ、必ず実現させようとする。なんか当たり前っぽいけど、この当たり前をやるのは大変だし、面倒。でも、「やる。やるって言ったから。約束したから。」を大事にできる人はいい。
そういう人にやっぱり人は集まってきて、人を幸せにするし、人に幸せにしてもらえると思う。

ライブ終了後、打ち上げ。山口と広島にはない鳥貴族にて。
安斎君が「二条のトリキは最近出来たんですよ」と言っていた。
休みだったのに安斎君はわざわざライブに足を運んでくれて、受付までしてくれていた。
これが京都の誇る安斎君だ。
素晴らしい。
真似できないな。
8割がた人格者だ。
あとは自身の健康への気遣いくらいだな。
家族のことも踏まえて、是非、断酒/禁煙/適度な運動/年1の人間ドックをしていただきたい。

あと、会場に安斎君の奥さんのえみちゃんも遊びにきてくれていて感謝。
えみちゃんの体調も万全のようでなによりというか、ほんといつもと変わんなかったので、中古マンションを買うのは得だと思う?と相談に乗ってもらう。
あと、今のアパートは大家が建て替えするまで待ったほうが敷金礼金が返ってきたり引っ越し代が一部出たりする可能性があるので、そっちのほうがいいのか?と相談するも、大家が最近変わって、入居率もまだまだ高い水準で維持できてるんなら、多分建て替えとか考えてないと思いますよ。との推測を聞いた。
中古マンションに関しても、こんな考え方で中古マンションを買おうと思うんじゃ。と相談すると、「良いと思います。ありです。」と言ってもらえて「よし、本腰入れて探すぞ」という気になった。

閑話休題。

あまり酒を呑まないんでわからないけど、多分メガ金麦?メガハイボール?みたいなのが、酒を呑む人には鳥貴族はお得感が強いんだろうなと思う。
打ち上げであの娘はウォンバットのメンバーと話をして、いろいろ聞くといろいろ面白いな。
3か月無給で働かせて、そのあとの3か月は給料半分みたいな会社が平成に存在するなんて面白い。
フランスだったら、デモからの合わせ技で暴動だな。

打ち上げ終了後、特に泊まるとこも決めてなかったので検索。
西院にあるネットカフェに決めて歩く。
知らない街の深夜徘徊は楽しい。
ただ目的地までの目算が立てれないので精神的に疲れる。
途中で山陰本線の高架を潜り、金持ってそうな集合住宅をみたり、
狭小住宅ばかりが並んでる地区をみたり、嵐山に続く線路を超えたり、
支持政党のポスターを張りまくっている家をみたり、
火の用心と書いてある提灯をぶら下げている家を観たりしてたら、
西院に着いた。
駅前じゃねぇか。
ここ知ってる。ガタカのすぐ近くだ。
二条から西院って歩いて20分。
車だったら5分くらいなんだな。と学ぶ。
で、ネカフェへ。
6年ぶりくらいにネカフェに泊まったけど、特に何もない。
いろんなタイプの人がいるなぁと思ったくらい。
NHKの72時間でやりそうだな。と思って調べたらやっぱりあった。
「2007年1月30日 東京・上野にある24時間営業の漫画喫茶の、年末年始の様子。」年末年始を乗っけるのか~。そうかマンガ喫茶だけだったら弱いんだなぁ。と思った。

で、寝てみる。
少し寝苦しくて3時半ごろ一度起きる。
電話にさないさんから「明日時間あればご飯いきましょう」と書いてあったので、時間はあるので「行くわ。起きたらまた連絡するね」みたいな内容を返信して再度就寝。

8時ごろまで寝る。

2018/12/09

朝の西院

起きてリアルゴールドを呑む。
結果、この日25000歩という結構な距離を歩くようになるのでリアルゴールドは正解だったと思う。
おかげで月曜から働けてます。
高麗人参エキスに感謝だな。と効いてるかわかんないけど感謝する。

ナイト8時間パックだったので9時に店を出る。
近くのコンビニでマウスウォッシュと歯ブラシ買ってマックへ。あっ、コンビニから出たら、エレベーターの前で若いお兄さんが寝ていた。どこから移動してきてここで寝てるんだろうな。と思いながらマックに行ったんだ。
2階で朝マックを食いながら、バス停に並んでいる人たちを見てた。
ベースを持った女の人がバス停に並んでた。
ばけばけばーの徐さんに見えんことはなかったけど、多分違う。
もしも本人だったらすごい偶然だな。

さないさんから起きたとの連絡があり、10時に二条駅の約束をしたので、
二条駅まで歩く。夜はわくわくしてたからなのか、そんなに荷物の重さが
気にならなかったけど、昨日通った知ってる道になると、
精神的には楽だけど、荷物が重い。。

二条駅に10時前に着いて一服してたら、そろそろ着くというので、
分かりやすい場所に移動。そこから15分シンミリ一同が姿を現さない。
あの3人だと「どうせ化粧をしたり、トイレにこもったり、くだらないことで話が盛り上がったりして時間を見失う」んで15分くらい予想の範疇だけど、まなぶくんが付いててそろそろ着くという連絡から15分は
事故とかトラブルとかの嫌な予感がする。
加えて重さと寒さからどっかに避難して連絡待っとこうと思ってたら来た。
遅れてただけだった。
よかった。

そこから5人でカフェで相談した結果、以前にマドナシくんに教えてもらった担々麺が美味い匹十に行くことに決定。
店の前に行くと11時半からとのことだったので、三条の商店街を散歩。
靴修理屋で中古のチャリを売ってたりして楽しい商店街だ。
活気がある。
前にこの商店街歩いたときはハロウィーン祭りやってたな。
商店街が元気だと地域が元気な感じがしていいな。
と思って歩いていると、楽天1位みたいな洋菓子店の前に公園と大挙する外国人を発見。
公園で遊ぶ。
ひとしきり遊んだ後、匹十へ。
開店すぐなのに、結構人の出入りがあった。人気店なのかな。

匹十

蒸し鶏と担々麺のセットを注文。美味い。
まごめちゃんが初めて食べるので、感想を聞こうと思ってたけど忘れたな。
隣でさないさんが焼肉丼と半担々麺のセットを旨そうに食べてた。
焼肉丼が超美味そうだった。

その後、地下鉄二条駅から漫画ミュージアムの近くの駅まで移動。
そこから歩く。
目的地は錦市場。

錦市場
錦市場1
錦市場2
錦市場を超えたとこにある神社

シンミリはわりとちゃんと観光するみたいで錦市場も行きつけみたいな感じだった。市場でいろいろ観て、生麩まんじゅうを食う。すげーうまい。すげーうまかった。
さないさんやまごめちゃんは漬物を大量に買っていた。
ゆかみりやは箸を買っていた。
まなぶくんは引率していた。

まごめちゃんは定期的に「パンが…」「パンが…」「家族がみんなパンが好きなんですよ」と言っててパン屋でパンも買っていた。

錦市場からは歩いて二条まで帰った。途中民族楽器屋を発見し、今日一でテンションが上がったまなぶくんを先頭に入店。シタールとか二胡とか見て、TVの効果音が出るような名前を忘れた楽器を買った。土産にもなるしね。
ウィーミョン、ウィーミョンという。
ループでやるときに使ってみようと思う。

まごめちゃんに二条城で大政奉還があったんよ。と歴史の話をしたら
「そんな歴史的なゾウブツがあるんですね」と会話を進めてた。
そして「多分、ゾウブツって建造物のことよね?」とみんなで正したら、
「そうですね。ゾウブツって建造物ですね。あはは」みたいなことを言っていた。

そして無事二条まで歩き、解散。16時半。
シンミリはここからまなぶくんが運転して6時間かけて山口へ帰る。
おっさんは2時間ほど新幹線でうたた寝しながら帰る。
なんか申し訳なくなる。
帰りは「私たちも運転しますよ」とさないさんとゆかみりやが張り切っていただけど、多分寝るんだろうなと思った。
まごめちゃんに至っては必ず寝る。確認するまでもない。

また二条から電車に乗り、京都駅へ指定席を指定するためにみどりの窓口へ。
関東から来たのであろう標準語のおっさんが「スマホで三人分のチケット取ったからさー」と部下に言ってて、スマホを翳そうと券売機の前に立ったその刹那、スマホを翳すところがないみたいなことを言ってた。なんか券売機の下のほうの誰も触らねぇだろ。と思えるようなボタンとか押してたけど、
うまくいかなかったみたいで俺の後ろに並んだ。並んだけど「列がなげぇ」「三人分だからうまくいかない」だのうるせぇ。あの標準語の三人組、俺の後だったから結果どうなったかわかんねぇけど、どうなったのか気になるなぁ。
おっさんは部下を前に威厳は保てたのだろうか?
個人的に「スマホで三人分のチケット取ったからさー」という時点でコイツは部下に好かれてはいねぇな。と思ったので、多分、部下は腹の中で笑っている。

新幹線に乗り込むと俺の三人席の端だったが、
真ん中の席と窓際にカップルが座っていた。
三人席に三人座るだけでも狭いのに、あとから来たおっさん(俺)は
わりとでかいギターケースを抱えている。
すまない。と心のなかでカップルに少し詫びる。

そして、席に着くと…
カップルは人生の一大事みたいな話をもともとしていたらしく、
俺が座った刹那、彼氏が結婚(出来ちゃった)を決めたらしい。

結婚を決めた彼氏は即家族や上司、おそらく身近な人にメールを打っていた。
多分、明日の月曜日に言っても事態は変わらないけど、決めたことが揺らがないように自身を追い込んでるというか後戻りできないようにしてるんだなと思った。そして、なぜ俺はそんな瞬間に立ち会うのだ。と思った。

二人で結婚式に二人の共通の家族を呼ぶときはどっちの席に座ってもらって、
どうやって誘えばいいのか?という具体的な話をしていた。
「両家の出席する人数に合わせて、振り分ければいいんじゃない?」とギターケースを抱えたおっさんは思ったけど、面識もない、話が聞こえただけのカップルにそんなことを言うわけにはいかないので、黙って事態を見守っていた。
結果、彼氏がネットで調べておくということで話がついていた。

そしてカップルはどこかの駅で降りて行った。
カップルがいなくなったあとはうつらうつらしていた。
広島止まりの新幹線を選んでよかった。
意識を取り戻したら広島だった。
博多行きだったら、多分博多行ってたな。

広島駅で無事下車したのが19時前。
早いぞ。新幹線。
そこから在来線と市電を乗り継いで家に着いたら8時。
結構ここで時間かかるよね。

で、家について、サキチヨさんに民族楽器屋で買った楽器を渡すと、
全く興味を持たなかった。

で、「今日から俺は!」に備えて風呂に入って、
布団に入って準備してたはずが知らぬ間に寝ていた。

2018/12/1-2018/12/2

2018/12/1

前日に深夜3時くらいまで遊んでいたのに起きると9時ごろ。
疲れすぎると寝れない。眠る体力がなくなるんだろうね。
金曜に録画してた番組を観ようと思ったら、今週は特に特筆すべき録画番組もなかったので、風呂を溜めつつ、ツムツム。
もうツムツムも2年くらいやってると思うけど、なかなか点数が伸びない。
今年中に5千万点超えたいなと思いながら、風呂の中でツムツムしてると
非常に調子が良くない。個人的にすぐイライラするタイプで尚且つ貧乏症なので、ツムツムで思うようにいかないときのためにいつも沈みのよい布団やクッションを近くに置いてゲーム終了後、その沈みのよい布団やクッションにスマホを「くそがぁ!」と投げつけるのが日常なのですが、今日のプレイ場所は風呂。
イライラしても決してスマホを投げることができない状況。
そんなときに非常に調子が良くない。いつも以上にストレスも勝手に溜めて入浴。そんな風呂から上がると12時前。

本日は福山明治館でのライブ。
水曜日の練習で急にオーノが
「会社の人に始発と終電なんですけど、福山までの新幹線のチケットもらったので、僕は車で行きません。勝手に現地集合してください。」
とのこと。
しょうがないので鈍行ででも行こうかな?と思っていましたが、
それだったら打ち上げまで出れないな。と思ったので、ダメ元で一緒に広島からいくkthemusicgirl(以下、KTMG)のオカダさんに連絡。
車で行くとのことでお願いして同乗させていただくことに。
助かった。ありがたい。
で、待ち合わせの時間が12時過ぎだったので、急いで準備。

予定通り12時過ぎにKTMG号が到着。
途中、広島が誇るプロの客「しそ」も拾い、一路福山へ。
福山へ向かう途中、小谷ICで休憩。
なんか不動産関係の話でひとしきり盛り上がった。
最近安い中古マンション買って、払い終わるころにマンション取り壊しとかでも
今より安い家賃で広い場所に住めればそれはそれでありなんじゃないか?と考えている。

toeのブラックサバスのカバー曲やthe hatchなんかを聞きながら福山へ到着。
KTMGは福山での流儀がある。
チーン
「徳島ラーメン東大を食す」

チーン
「開放倉庫で”しそ”の服を買う」

この二つを必ず実践している。
が、今回ウサギのリハの都合でラーメン東大に行けなかった。これは非常に申し訳ない。
ただ開放倉庫で”しそ”の服を買うという流儀は達成。
頭の中でスガシカオを流した。”ずっと探してた理想の自分にぃ~”

で、明治館へ。
ウサギはすぐリハ。
同級生でPAのアイコさんが短時間でいい感じにしてくれる。ありがたい。
その後、ウサギのせいで流儀「徳島ラーメン東大を食す」を逃しているので
みんな腹が減っている。
近くにラーメン屋があるというのでリハ終わりに行ってみる。
「そのだ」というラーメン屋さんなのだが、みんなシューマイを推してくる。
なので、台湾ラーメンとシューマイを注文。
シューマイ、めちゃ美味い。
台湾ラーメン、めちゃ美味いけどぶち辛い。

先日の風邪が治りきっておらず、とくに喉の調子が本調子でないと感じていたので、朝からのど飴をずっと舐めていたわっていたその喉に唐辛子や山椒が直撃。
のど飴の効能をすべて綺麗に消し去った。なんかゾーマの凍てつく波動みたいだな。と思った。

あっ、ライブ大丈夫かな?と思い、
そっと喉の調子が良くても音程ギリギリの左脳という曲を
そっとスタメンから外した。

で、本番。主催のキョンキョンくんのアンチに続けて2番目で出演。
おっ、喉はなんとかイケそうだぞ。と思ったのも束の間。
1曲目で弦が切れる。
なんか「弦が切れる。」って「弦が切れる。→ゲンが切れる。→おどりゃークソ森」って
思考が進んで、広島っぽいな。と思ってしまった。

閑話休題。

1曲目が終わりどうしようかな。弦張り直そうかな?と思ってたら
sour thoughtのアライくんが自分のギター差し出してくれた。
ありがとう。と感謝してギターを借りてそのままライブ。

その後は弦が切れることもなく順調。
なんとかやり終える。
不安万能感とかファンタUSAとかあんまやらないやつをやったけど、
全部ウサギ2の曲ばっかりで後程ウサギ2がちょろっと売れていたみたいで、
なるほどなぁと思ってしまった。

その後sour thoughtを見ているとアライくんが1曲目でギターの弦を切る。
いきなり貸し借りいってこいでチャラ。
アライくんも弦を1本しか切らなかった。

岡山の二組のライブを見ててやっぱり
岡山の音楽シーンは面白いなぁと思った。
勝手な知見だけの印象ですが、岡山は、
「JC直刺し派/機材厨派/魔改造派」
みたいな感じで非常に両極の思考たちが1つの場所で混じってる感じ。
そういうのってすごい良い。

その後、打ち上げに参加してると酔ったおっさんから「ねぇ、ミュージシャン?」と聞かれ、会社員なので「違うよ」と答えたら、「じゃあ、大学生か?」と聞かれたので「過去はね」と
答えると「そうか、大学生か!大学生か!」と言ってた。
人間酔うと、40のおっさんが大学生に見えるというその事実。
ここまできれいに誤認できるということは、酔って女の人を口説いて朝起きると云々…というテンプレみたいな話って本当にある話かもしれないな。

打ち上げで同級生でPAのアイコさんとも少し話をさせてもらう。
同級生の生き方って自分と同じ年のあの頃にあんな判断をして、こんな結果を手に入れてるんだ。
みたいな感じで超リアリティがあるというか、簡単に自身に置き換えられるからなのか、なんかとても楽しい。

今度、グリンミルク(kくん)、ルロウズ(淳平くん)、ウサギ(僕)、PAのアイコさんの同級生イベントやりたいわ。んで打ち上げで小学校からここまでの道のりをみんなで話をしてみたい。

打ち上げも程々にKTMGの皆様と帰宅。
行きも帰りも運転してくれたオカダさんに感謝。
行きに一緒にいたはずのプロの客”しそ”が帰りにはおらず、
「じゃ、俺、アライくん家に泊まるから大丈夫っす」と
福山の夜に消えていく様は、誰よりもバンドマンの鏡だなと思った。

きょんきょんくんに感謝&感謝の1日でした。

2018/12/2

この日も帰ったら深夜3時。
そこから有吉反省会などの録画を漁る。
コナンも観る。
多分5時頃就寝。
そして起きたらワイドナショーしてたんで11時前後かな。

治りきらない風邪を治すべく一日中家で安静。
もちろん途中昼寝。
起きたらM1やってたけど、CM多いので飛ばしてみたいので、
M1録画して、ドキュメンタルを観る。
前の探り合いばかりで笑わせあわないということはなく、
割とみんな持ち駒をどんどん繰り出していく感じがとても良い。
一人退場となったところでM1視聴に切り替え。

視聴。

M1の審査員がとても良かった印象。自分の笑いのスタイルや新しいものを
受け入れれるのか受け入れられないのかとか人間性とか審査基準が人それぞれだけれども、それをまったく隠さない。隠さないと今時期はSNSなどで簡単に中傷や炎上の対象になるけど、そこは堂々と我が道、我が判断。我はこう判断する。というのが良かった。
もちろんそれができる人たちを上手に集めてたし、そういう風な評価を依頼してるんだろうなぁ。と思った。
多数派、少数派、依怙贔屓的な意見があり、評価のベクトルが審査員の数だけ存在する中でその全員が評価したコンビが優勝。
清々しくて、わかりやすかった。

M1を楽しんだ後「今日から俺は!」を見て、寝ようとするも昼寝のおかげで眼がギンギン。
結局また3-4時までは浅い眠りとなった。

2018/11/23-2018/11/25

2018/11/23

勤労感謝の日。
勤労させてもらってありがとうなのか?勤労してくれてありがとうなのか?
Wikipediaには「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。と
書いてある。ということは勤労させてもらってありがとう的なニュアンスのほうが強めなのか…。
ふうむ。
と、思いながらも休み(有給)なので気にはしない。

本日、宇部BBBにてライブ。
今回は何といってもツインベースにチャレンジするというのが
一番の楽しみ。
人間が10人集まって、10人が10人とも新しいことにチャレンジしたい!
やってみたい!と言う世界はある意味、理想な感じはするけど、
その実、かなり歪(いびつ)で、気味の悪い世界だな。と思うのだけれど、
こと自身のバンドになると10人メンバーがいたら、10人全員新しいことに
チャレンジするべきだと思ってしまうし、チャレンジをメンドクサイで
片づけられると「なんで新しいことにチャレンジする気概がないんだ!」
と不満とその気概のなさを嘆き&激怒となるのは不思議なもんですね。

ま、嘆いたところで気概がないやつに気概が生まれるはずもなく、
メンドクサイと思ってるやつがメンドクサイを克服するわけでもないので、
「新しいことにチャレンジしたい!新しいことに興味はある」という
メンバーを見つけるしかない。

で、すぐそんなメンバーを発見。
即フレーズ作成へ移行→フレーズ作る→個人で練習→スタジオ
の流れを数回繰り返し、ようやくなんとか7曲分の新規ベースラインを
完成させ、なんとか今日のライブを迎えることができた。

そして本番。いろいろ気になって自分の演奏が疎かになるところが
複数箇所あったものの初挑戦にしては音量、音色、フレーズともに
上々だったように思う。チャレンジしてくれたメンバーにも
「やるんじゃなかった」ではなくて、「やってよかった」と言ってもらえて
嬉しい。

次回ツインベースは12/22福岡UTEROにてチャレンジ。
ツインベースでやると決めたときに参考にさせてもらった白☆星の地元での
演奏。しかも白☆星はUTEROの隣でカレー屋を始めている。
これは緊張するぞ。
でも、やる。

宇部の夜景
かったくん

イベント自体は地元宇部に思い入れのある妙齢の女の子二人が
一生懸命やっているイベント。
胸を打たれないはずがない。
ネロやパトラッシュより現実味を帯びていて、2会場を行き来するために
ダッシュする二人を見るたびに胸がキュンとする。
一生懸命っていいよね。
しかも二人とも可愛らしいので、さらに映画的。
イベント自体はロックバンドが多いサーキットイベントだけど、
主催二人の準備期間の苦労とか当日の運営の切羽詰まった感じとか
勝手にBGMはGreeeenのキセキだな。と思ってました。
なんか、それくらい青春的感動を覚えましたよ。

2018/11/24

打ち上げを12時過ぎごろ切り上げ、深夜2時頃帰宅。
そこからロンハーの体力測定の録画を見て、
探偵ナイトスクープの録画を見たら、朝5時前。
寝る。
起きたら10時ごろ。
疲れているのに寝れない。これはもう歳だな。
で、家の近所のうどん屋がカープ優勝半額セールをしているというので、
うどんを食いに行く。肉うどんを食う。
その後、腹ごなしに徒歩でサンモールへ。
最近サンモールってオタクターゲットの店舗が少しづつ影を潜め、
ユニクロ、GUに続いてニトリも入って正統派ショッピングモールの道を
模倣している感じがしていいな。と思う。
時代と共に変わっていく。いいじゃないか。
でも、サンモールが昔、1次審査は音源、2次審査はライブという形式で
音楽コンテストをしてて、ことごとく知り合いや後輩が音源審査を通過していく中、
ウサギだけ何度応募しても音源審査に通らなかった。という屈辱は忘れない。
いつかサンモールに「僕たちにセンスがなくて、すいませんでした。」と言わせたい。
※自分にセンスがない。とは全く考えないので、僕は長い間音楽を続けることができています。

閑話休題。

で、そのサンモールのニトリで敷きパッドを購入。
家人がセミダブルの敷きパッドを買おうとしてたので、うちの布団はダブルだと伝える。
信用がないので家人が様々な情報から確認。
やはり布団はダブル。
ダブルの敷きパッドを購入。

その後、徒歩にて帰宅。
途中新居夫婦と相生橋の上で遭遇。
天気や風や会った時の表情すべてが完璧で映画みたいだった。
新居夫婦の愛娘がバナナしか食わねぇという話をひとしきりして別れる。

家に着くころ、「うん、すこし気分が悪いぞ」と思う。
午後14時ごろ、寝る。

多分風邪になる。
身体の節々と腰が痛い。肩も重い。下痢が出る。

2018/11/25
前日の風邪が継続。
一日中、身体の節々と腰が痛い。肩も重い。下痢が出る。
しかも土曜の夜にピザを注文し、スパイシー味にしたら
ガッツリ青唐辛子が乗ってるピザでしっかりこの日の下痢に上乗せ。
下痢+肛門のヒリヒリも味わい、1日中ダウン。

寝て起きてを繰り返してたら、知らぬ間に下町ロケットやってた。
いやぁ、いつも通りの勧善懲悪でいいなぁ。
そして、今日から俺は。を観る。
非常にコミックの原作に忠実に作られてたコミックの神回だったけど、
当時の破壊力を思い出してやっぱりコミックのほうが強いな。と
思ったけど、ツイッターで感想みてみたら、初めて観た人からすると、
十分な破壊力だったみたい。
視聴率も10%超えてて、これは続編も見えるな。と思いつつ就寝。