2019/10/26-2019/10/27

いつも通りの朝起きる。
金曜の夜も早寝だったので、
もちろん土曜の朝も割と早い。
でも、最近は睡眠時間が割と長い。
22時に寝て、6時に起きるという
小学校高学年であれば、
親にめちゃ褒められるような
生活をしている。

やはり8時間寝れると違う。
体力、気力とも漲る。
その漲りを8時間、代わりが
いくらでもいる労働に使い、
その残滓をパーソナルな
表現に使う。
悪くないけど、8時間が
勿体ない。と思ってしまう。
でも、パーソナルの表現を
金銭に変える錬金術がいつに
なっても身につかないので、
それはしょうがないものだと
割り切るしかない。

で、土曜起床後、風呂に入ろうか
パン屋に行こうかと悩んでたら、
久しぶりにパチスロに行ってみようと
いう思考が頭をもたげ、実施。
9時半頃、近くのパチ屋に行ってみる。
いつ行っても変わらない匂いと
空気。しかし最盛期に比べると
盛り下がった感。
鉄火場みたいな目が血走った
お兄ちゃんやチンピラ崩れみたいな
輩はいない。

昔、打ってた花火の2019年版みたいな
台に着席し、数千円でビッグ。
呑まれて、その後も続けるも
回収することなく終了。

また1,2年は行かなくていいや。
今回行って思ったけど、パチスロで
出るアドレナリンは狭き門を
超えて、1%またはそれ以下の確立の
天国モードを引いたときに
出るけれども、ライブのアドレナリンは
全員がきちんと練習して、
テンションを上げて臨めば、
ドバドバ出てくる。
ライブのほうがリーズナブルだな。
と思う。

家に帰り、いつものラーメン屋へ。
先日、不在だった2代目の妻みたいな
人が復帰していた。
別居とかじゃなくてよかった。と
勝手に思う。

ラーメン屋の帰りにリアル(激安スーパー)に
寄り、バナナなどを購入。

帰宅後、なんとなくドクターXの
第1シーズンの1話からアマプラで
視聴開始。
内田有紀が可愛い。
TRFが主題歌歌って、主演してた頃は
全然興味なかったけど、
大門未知子で観てたら
内田有紀にばっかり目が行く。
なんか適材適所と本人の持ってる
能力?美しさ?が発揮されてる感じ。

医療ものとかビビりで自分と
重ね合わせて自分がこの病になったら
どうしよう…とか思ってあんまり
好んで観ないけど、大門未知子は
絶対に完治するのでいいな。
ドラマはいいな。
と思いながら、観る。
日曜の夜までかけて
シーズン2まで観たけど、漸く
いろんな人間関係が分かってきた。
今、第3部で白戸家の犬がでてきた。

土曜は大門の1部を全部観て就寝。

日曜も早起き。
5時半ごろには起きてた気がする。
観たこともないアニメをやってた。

そこから大門再開。
シーズン2に突入。
西田敏行が出てきた。
たまに口笛で
「もしもピアノが弾けたなら」
を囀るとことか良い。
というか脇が結構手堅く
上手い人たちばっかりだな。
このドラマ。
藤木直人も出てて、
グルナイとおしゃれカンケイ
を思い出した。

10時過ぎまで大門観て、
そこからワイドナショーを観る。
大分行くときに発見した
gaoのサヨナラをオマージュしてた
アイドル歌手が出てた。
あとドラフトの解説を元球児の
芸人がしてたけど、全くわからなかった。
けど、それでいいと思う感じの
芸人だった。草薙とロケとかしてると
予定調和がなくて面白かったので、
このまま続けてほしいなぁと思う。

ワイドナショーの後、
ミラモン観た。
筋肉。ボディビルのミラモン。
やはりボディビルの大会の
声援を一度はしてみたい。
誰かボディビルの大会
出ねぇかな。
「腕が太田川放水路!」
「腹筋が京都の区画整理!」
とか言ってみたい。

その後、1話、2話大門を進め、
この2連休最大のイベント、
チャリでイオンモールへを決行。

途中、飯を食った隣の
仏壇屋で
「フリースタイルな僧侶たち」の
55号を発見。

フリースタイルな僧侶たち55

どの業種も新しいことや
良いと思うものを模索し、
その独自性がおかしな方向や
変な方向に遷移して、文化を
生み出すことをやってるんだな。
と思う。もっともっとこの
「フリースタイルな僧侶たち」が
面白おかしくでも、多くの人に
届いて日の目を浴びたら、
面白くなるのにな。と
何とはなしに思った。

途中、キングスライムの確定を
狩りつつ、府中へ。
人生でチャリの最長移動距離が
5キロ未満だと豪語するサキチヨさんとの
チャリの行程だったので、途中で
チャリを放棄→バスや電車での移動も
考えてたけど、思いのほか、
スムーズにイオンモール着。
14と書いてある入り口から入ったけど、
窓には蜘蛛の巣が張られ、突出している
柱の金属は剥げ落ち、一瞬
「ん、ここは防府のニチイかな?」
と思わせられたものの、入ったら
やはり広くて人もたくさんいた。

老若男女、歩くスピード、身長が
違うものたちを目で捉え、その進行
スピード、挙動を推測。
そこから空くであろうスペースに自身の
進路を取るという慣れない作業。
(ま、歩くだけなんだけどね。)
これが本当に慣れなくて
2分程度でチャリより疲れた。
思いの外、横にズレないおばはん、
イレギュラーの権化で尚且つ
目線が低い子供たち。
安全な歩行ルートを脳内で何度も
再検索、再設定を行い漸く
目的地であるウニクロに到着。
サキチヨさんがこれがいいんじゃないか?
という服のサイズ、色がネットは売り切れ、
店舗在庫を見ても近場にはなく、
もっとも近隣でサイズと色がある
このウニクロにチャリで来たわけだけど、
結果サイズはあったけど色はなかった。
悔しいから第3希望の白を購入。
カーキ、ベージュのXLが良かったけど
まぁ、良し。
無人レヂを済ませて帰ろうとしてたら、
店員さんがスマホの忘れ物を手に
オロオロして、「誰か忘れ物して
いらっしゃいませんか~」と言ってた。
取りに行くのは非常に億劫だと思い、
自身の携帯、サキチヨの携帯を確認すると、
ちゃんとバック内に鎮座してたので、
ホッとして店を離れる。

ここまでの疲れをとろうと
珈琲の一杯でも啜ろうかと
珈琲屋の前に行くと、長蛇の列。
何故か「バカか?」と腹が立って
速攻帰宅。

帰宅時、橋に向かう上り坂を「私、普通に
上りますから」みたいなテンションで
坂の真ん中をチャリ漕いでたおばはんが
急にチャリを漕ぐのを止め、降りた。
すぐ後ろで坂を超えようとペダルを
踏んでたサキチヨさんも前が詰まって
チャリを降りることになってしまった。
その直後、サキチヨさんが
チャリのおばはんに聞こえないように
静かにブチ切れてた。
・登れねぇなら最初から降りとけ
・回避が難しい真ん中走んな
・後ろを走ってる人のことを考慮しろ
などが主な原因だった。
坂を超えて、橋を渡り、橋を下るまで
ずっと静かにブチ切れてた。
ランボルギーニの店舗に
紫ラメのヤンキー仕様みたいな
車体が止まってて、それを見たら
紫ラメの内包する笑いで通常モードに戻った。
ありがとう。ランボルギーニ。

で、帰宅後、大門のシーズン2を最終回まで
観終わり、3部の途中で今週末が終了した。

2019/10/19-2019/10/20

金曜の夜はduoの練習。
ここ数回バンドが続いたため、
ループに併せるタイミングを戻して
おかないと大変なことになるのは、
これまでの経験で学んでいたので、
しっかりloopに併せるリハ。
loopに併せるが一番だったはずだが、
この2週間で入れるloopフレーズを
完璧に忘れ、曲の構成も忘れるという
思ってもみないマイナス要素が発生。
“思い出す”という作業を行い、補完。
にも、関わらずウサギの”グッドバイ”と
いう曲のduo版アレンヂを作成し、
明日のライブでやろうと試みる。
バンドを始めた10代から何も変わらない、
80%できることの精度を100%に近づけるより、
0%のものを60%にする作業のほうを好む。
これはもう治んないんだろうな。と
思い、80%の曲数曲と60%のグッドバイを
携えて、帰宅。

最近、酒の味を覚えている。
日に1、2杯ハイボールを呑む。
そして呑んだらすぐ赤ら顔になり、
すぐ寝る。

土曜起きて、DQウォーク見たら、
近くに確定のモンスターのこころが
いくつかいたけど、無視。
なぜならそのこころは必要ないから。
そういえば誰かに
「こころを持ってないから
モンスターって位置付けなのに、
こころもってるんですね。」
「こころを持ったモンスターを
狩るのってフランケンぶっ殺す
みたいで、心痛みませんか?」
と問われ、「なるほど~」って
思った。
しかし、やることもない今、
俺はキングスライムと
キラーマシーンの
心を奪取するのだ。

で、風呂。
髪がやたら長いので、シャンプーを二回に
分けたり、ドライヤーも15分くらい
かかったりする。
最近は通常でもシャンプーしたら、
毛は抜けると思うのだけれど、
髪が長い分、抜ける毛1本1本の
存在感が強いため、「これ、どんどん
髪が抜け落ちてるんじゃないか?」と
不安になってしまう。
昔から髪が長ければ、「こんなもんだ。」
っていう量を学んでそうなもんだけど、
ここ数年で髪伸ばして、抜け毛を
最近意識しはじめた自分としては
適切な量の抜け毛でもビビるし、
ましてや加齢による脱毛が加わってると
しても気付かない。
こうやって人は禿頭に近づいていくのか。
と思う。と同時に坊主にするタイミングを
見誤ってはならない。と風呂に入るたびに
思う。

で、長々15分ドライヤーをかけ、
排水溝に溜まっている抜け毛を
じっと見た後、TVを観てたら
お迎えが。
今日はホンダくんの車に乗せて
もらって周南へ。
ナンバーガールをBGMにところどころに
悪意の混じった悪口をおりこみつつ
周南までドライブ。
ホンダくんのリハ前ギリギリで会場着。

僕らのリハまでは時間があるので、
くうかいにカレーうどんを食べにいく。
くうかいには大量の有名人のサインが
ある。こういった大量のサインを
見て、観察するたびに思うのだけれど、
ある特定層のみが知っている有名人の
サインって店員が特定層の住人で
知ってるのだろうか?
例えば一昔前のユーチューバーとかね。
あれってもしかして自分から
「僕、有名人なんでサインしていいすか?」
っていうのだろうか?自意識過剰な
僕からしたら、それは地獄だ。と思う。
そこで想像したのが、スタッフ説だ。
特定層に有名な人の場合、そのスタッフが
店員に「あの人は特定の界隈で有名なんですよ」
と耳打ちし、耳打ちされた店員が色紙と
マジックを本人に差し出すという仕組み
なのではあるまいか?
ということになれば、僕にもスタッフがついて
そのスタッフが店員に耳打ちさえすれば、
色紙とマジックがカレーうどんを食べて
満腹な僕の目の前に置かれるのだろうか?
とか考えてた。

カレーうどん

カレーうどん喰って、会場に戻りリハ。
duoの場合、ズレを防ぐために目を合わせる
必要がたびたびあるため、
ドラムと向かい合うのだけど、
そのためにドラムを移動させるのが、
いつも忍びない。と思ってしまう。
前に一回忍びなくてドラムの位置を変えずに
ギターがほぼ後ろ向いてライブしたら、
表情が見えなくて残念って教えてもらったので、
それ以来、ドラムの位置をかえるのだけれど、
位置を変えるのも労力がかかって申し訳ないと
いつも思ってしまう。
今回も思った。
でも、これが一番良いと思うので、
すんませんがよろしくお願いしたい。

リハ後、周南の町を散歩。
ミニデーモンなどのこころを手に入れる。

やさぐれ猫

イベントはタケベのソロから始まり、
なかなかの地獄寄りのカオス。
でも、楽しそうにやってて何よりだな。

duoだと自分のライブが終わるまでは
何かとソワソワしてしまう。
いろんなとこをソワソワして
ライブ。

今回はストラップが外れる(2回)
ボタン押しミス(1回)
止めるタイミングミス(1回)
でなかなかの地獄だったけど、
最後の60%のグッドバイが上手にできたので、
終わりよければ全てよしの諺を
思い出して、終わったことは思い出さない
ことにした。

タケベズのライブはタケベが
早々に体力を失ってたけど、
ケンヂくんが気合のコーラスで
カバー。しかもそのコーラスが
かなり感情を揺さぶる感じがあり、
グッときた。
その間、タケベはステージの隙間に
挟まっていた。
いけじゅんはどや顔でギターを弾き、
ホンダ君とかきぴーくんは寡黙に
演奏していた。

終演後、一杯ハイボールを呑んで
ホンダ君に広島まで連れて帰って
もらう。

そして寝る。

日曜は起きてから有吉反省会などを
観る。
ワイドナショーの最後のほうで
オカダノリコが娘のハルちゃんと共に
登場。
10/22の演奏会の練習。
登場時、ハルちゃんはなにかしらの
仮面を被っており、それにリアクション
しなかったことについて、少し責められた。

で、クレヨンしんちゃんの何かの外伝を
ハルちゃんには観てもらい、その間
曲を併せる。

少し心配してたけど、いい感じ。
割とどれもいい感じだ。
一緒に作った予感という曲のアレンジだけが
あんまグッとこないだけで、あとは諸々
大丈夫だ。

モンスターと将来の相談

小一時間程度、練習して解散。
電停まで送る。
ハルちゃんはその間ずっと志村けんの
顔真似をしていた。

二人を送った後は昼寝。
起きたら19時頃だった。

そこからいつぞやにさないに
もらったふぐ茶漬けと昨日買った
ザーサイの漬物を喰ったり、
ラグビー観たりしてた。
あと石田ゆり子がTVに出てたのを観た。
キレイだねぇ。石田ゆり子。
と思いながら、床に着くと、
昼寝が効いてて、全然眠くない。
宮迫が出てるアメトーークや
ナダルが「闇営業しないと喰えない。」って
言ってた水曜日のダウンタウンを
BGMにして就寝。

2019/10/12-2019/10/14

金曜の夜にルロウズが広島に到着。

ルロウズは土曜から
福岡→熊本→広島の3公演で
ウサギは土曜から
大分→熊本→広島の3公演。
2か所が一緒といった具合。

以前、会ったときに
「それなら金曜に東京出て、
広島で一泊して福岡に行った
ほうが楽じゃない?」となり、
「そりゃそうだ」とのことで
ルロウズは金曜に広島に到着。

夜にお好み焼きを喰う。
グリンミルクが好きな
一休さんで肉玉そばや
スペシャルを喰う。
甲殻類が喰えない上田くんが
スペシャルのメニューに
書いてある海老という文字を
じっと見ていた。

ルロウズ

オールドスタイルの
しっかりキャベツ押し付けて
水分を抜くタイプの
お好み焼き。
広島住んでても元が山口県民
なんで、お好み焼きを
生活の中で積極的に
摂取しないので、こういった
タイミングで喰うことが
多いけど、たまに喰うと
お好み焼き美味いな。

喰ったあとに
ドラッグストアで氷や
ビール。
セブンでガトーショコラを
購入し、帰宅。
じゅんぺいくんおススメの
セブンのガトーショコラは
濃くて美味かった。

ルロウズのフォント6ptで
書かれた米ツアーの珍道中を
少し読みながら就寝。

朝8時過ぎ。
全員で出立。
シモカドハウスに向かう。
大分、熊本は
kthemusicgirlと
etosとウサギの3組、
kとetosの車に
それぞれウサギを二人づつ
乗せてもらってGO。
途中、ローソンに寄ったら
早速ドアのガラスが割れていた。
ズレててこの威力か。台風19号。

広島は台風の端なのに、風で割れてた。


車中で、ちょいのり保険にスマホで
入ろうとしたら3大キャリアじゃ
ないと入れない。とか
確認メールが届かないなどの
苦難は乗り越えられず、
防府の佐波川SAのセブンで
ちょいのり保険に加入。
途中、SAでetos号から
kの車に移動。

kの車の車中でいろいろ
音楽を聴く。
アイドルソングを
聞いてたら、Aメロが
GAOの「さよなら」の
オマージュで驚く。
台風が反れたといえど、
大分に向かう途中も
風が強く、「これは本体が
関東に上陸したら大変だぞ」
と関東住みの家の弟のことを
思い出したけど、別府で
温泉は入ろうぜ!と相成った
段階で一度完全に忘れた。

別府に着いて、温泉に入浴。
山の上の温泉だったので、
台風の端でも風が強い。
でも温泉は気持ちいい。

風呂上り。


妙にケツがキレイなおじさんとかも
いた温泉を楽しみ、本日の
会場athall(アトホール)へ。

いつ来ても楽しいathallで
リハをして、上の階の宿泊所に
荷物を置く。
そこからシソくんに連れられて
珈琲屋で一息。
美味い珈琲だった。

美味かった。アトホールから徒歩3分くらいだった。


あと置いてあったケーキも
抜群に美味かった。
会場に戻り、御土産の話を
みんながしてて、アトホールの
河村さんに教えてもらった菓子を
購入しに再度散歩。
無事購入。

会場までの帰り道、サキチヨに
妙にケツがきれいなおじさんの
話をしたら、「顔がきれいな
やつはケツもきれいだ」と
嘘か本当かわからないことを
言っていた。
ちなみに「顔がきれいだったら、
爪もきれいだ。」とも言ってた。

ライブは7バンドくらい出演の
長丁場ライブ。長丁場ながら、
飽きることなく最後まで
楽しめるイベントで最高。
僕らの出番前に出演してた
mmm(みーまいもー)さんとステージ上で挨拶。

mmm(みーまいもー)


「どうもウサギバニーボーイです」
「どうももえです」
「みーまいもーさんじゃないんすね。」
「あっ、名前がもえです」
っていうやりとりをしつつ、準備。

ライブは楽しくやらせていただきました。
lowBPMの曲からスタートして
BPMをどんどん上げてく曲順にしたら、
なかなかしんどくて疲れた。
でも、生きてるな。って感じの
ライブが出来たので、少し気に入った。
後ろを振り返ると、ドラムのサキチヨが
2ℓくらいゲロ吐いた後のような顔を
してて、「体力がもたねぇ」と言ってた。
「ふーん」と思った。

ライブ後、調子に乗って缶チューハイを
2杯呑んだら、思ってたよりも酷い
酩酊状態に入った。顔も赤かったとのこと。
最後の迷いクジラの頃には立つのも
しんどくて会場内会場外をフラフラしてた。

迷いクジラ


迷いクジラのアンコールが終わる頃には
たぶん世間でいう「出来上がった」状態
だったと思う。

シソくんのお母さんに鶏飯のお礼を
言い、CDを購入いただいた方にお礼を
言い、いろんなとこでお礼を言い、
河村さんに交通費をいただき、
お礼を言い、最終的には上の宿泊所で
横になっていた。
横になっていたら、笑いながら
うえのくんがあらわれて、
「麺を食べにいくみたいですよ。わはは」
と言ってたので、下に降りたら、
麺ではなく、打ち上げ会場に行った。

大分の流川

打ち上げ会場は30人のお客さんを
スタッフ2人で廻すという荒行みたいな
ことになってた。大変そう。

打ち上げ後、アトホールにて就寝。
呑み足りない人たちは更に
闇夜に消えていったらしい。

ダウンタウン&芭蕉

朝、起きるとみんな寝ていた。
そしてみんな寝言をいったり、
いびきをかいていた。
なので、自分もいびきをかくけど、
お互い様だな。と思いながら起床。

歯を磨いてボーっとする。
わりとみんな早起きで8時半ごろには
ほぼ全員起きてた。
そしてみんなでシソくんのお母さんに
いただいた鶏飯を朝飯にいただく。
美味い。
そして、いつもありがとうございます。
りょうたは広島で元気です。
ちなみにシソくんは広島を代表する
インディーオルタナのプロの
客です。

朝10時に大分を出発。
本日は熊本へ。
kの車に本日も一緒のmmmも
積んでスタート!
自分たちの出番の前に急遽、
長崎のvelocityutが出演するとの
ことで大急ぎで向かう。
着いたらvelocityutが最後の1曲をしてた。
1曲だけでも観れて良かった。

velocityut

途中、妙にケツがキレイなおじさんが
「クソがしたい」と15分程度、
別府湾SAの便器で踏ん張りを効かせて
いたことが悔やまれるが、1曲だけでも
観れてよかった。
前日の夜にvelocityutが出演する!って
聞いたときに観たい!と思ったことが
叶ってよかった。

そんな感じで開幕した僕らの
今年の#artblakeyfes
今年も最高でしたな。
昼の12時から夜中の1時くらいまで
ずっと音楽が鳴りっぱなし。
PAのじゅんくんにとっては年1の
苦行のような気がするけど、
出演する僕らからは最高に楽しみな1日。

田中事件
furate
fjordとその奥の清田さん

田中事件、フィヨルド、フラテなど
熟し過ぎた果実の腐れかけが一番美味いを
実感したり、フレッシュな果実の艶々した
音楽を楽しんだりしつつ、徐々に痛くなる
足の裏。減る腹。
途中抜けたり、入ったりして楽しませて
いただいたが、清田さんは常に最前で
ノリノリで全てのバンド、歌い手を観ていた。
それもキラキラした純粋な目で。
とても羨ましい純粋さと関わる人への敬意。
神みたいなもんだな。と思った。
熊本の良心を具現化したような人だ。
etos、mmm、ルロウズ、倉知さん
円柱へ、yolz、screaming car show、k、
マレットカット、ドイサイエンス、石頭地蔵
まで足を休め休め、身体を休め休め、
いろんなとこから観て楽しんだ。

ルロウズ
screaming car show
doit science ウサギのギター、ウサギTシャツでレア画像で嬉しい。


毎年こんな音楽だんじり祭りをしている
ドイサイエンスはじめ、スタッフの皆さんは
本当に尊い。
みんな疲れてても楽しそうだし、
本当に素晴らしい場所を自力で作っている。
そんな中に毎年混ぜてもらえて嬉しいし、
嬉しいからこそ身も引き締まる。
素晴らしい土地だ。
いやぁ、住みたい。
でも石頭地蔵のみなさんに追い出されるなw

石頭地蔵

今年も最後の石頭地蔵のライブを
拝ませていただき、祭りの後夜祭には
今回は出ずに、一路広島へ。
時間は午前2時前。
ルロウズ号に乗り込みGO!

途中、じゅんぺいくんと運転を変わるはずが
じゅんぺいくんが元気を取り戻したことと、
上田くんの稼働により、
僕は最後まで運転せずに済んだ。

家に着き、あっというまに就寝。

昼過ぎに起きて、近くのうどん屋で飯。
うどん喰いながら、台風被害のニュースを
見てたらじゅんぺいくんが「これは、
家の実家のすげー近くだね」とさらっと
告白。
「大丈夫なん?」と心配するも、
いろいろ話を聞いて、「それは…大丈夫だね」
となる。

うどん喰って家で少しゴロゴロしたら
出発。本日は広島にて田舎者。

恙なくリハをみんな終え、
あっという間に本番。

ルロウズにチケット予約して
見に来てくれた方

シューゲーズが好きで
広島でもシューゲーズバンドが
観たいといろいろ調べて
遊びにきてくれた専門の留学生

いろんな方がたくさん遊びに
きてくれて嬉しかった。

そして、忖度かのように
kneeeeeeくんとルロウズが
ウサギカバーをしてくれた。
ありがたい。忖度。
8万もってたら、2000円づつ渡すくらい
感激した。

kneeeeee
speaker gain teardrop

留学生の子は初めてみる
スピーカーのライブを
とても満足気で観ていた。
そんな風景を観てて、
やってて良かったな。と思った。

ルロウズ
ルロウズ

ルロウズはどこで観ても
楽しい。抜群で爆発してる。
どこを切り取ってもルロウズ。
赤倉くんからDMで
the great journeyのリフの
タブ譜をもらったので、チャレンジ
してみよう。

イベント終了後はルーツで鍋。
遊びにきてくれたshiNmmの
まなぶくん、furateのかねこくんと
話込む。
面白かったけど、自分の凡人ぶりを
再確認する時間となったな。

1時半ごろ、お開きとなり
2時ごろ就寝。

スムーズに7時半に起きて
スムーズにDQウォークを
ウォークモードにして出社。

2019/10/05-2019/10/06

土曜の朝も早起き。

金曜に体重を量ると71キロの
体脂肪が21%と筋トレしてる割に
数値が良くない。と思い、
生活を振り返ると、
家路に着いたと同時に
ジャイアントコーン(チョコ)を
頬張り、飯を食った後に
アイスの実(ぶどう)を頬張り、
口さみしくなると、チョコを摘まみ、
寝る前に締めのアイスの実
(ゴールデンキウイ)を食する生活を
ほぼ毎日していることに思い至る。

体重と体脂肪の割に筋トレのせいか、
腹はそこまでたるんでいないので、
まぁ、いいかな。と思っていたけど、
起き抜けのサキチヨに現状を
報告すると、「理想の女子の体形だな。
女子かな?うぷぷ」と夜喰ってた
かっぱえびせんをポリポリさせながら
言われたので、「よし、断アイスと
断スナック菓子だ!」と決意してたので、
ブラックコーヒーを呑むのみの朝。

しばらくすると、サキチヨが
「こんちゃ」という独自用語で
目を覚ましたことを告げてきたので、
朝の挨拶を交わし、交渉の末、
近所に朝飯を買いに行った。

朝飯を食い、歯を磨いて
歯医者へ。
歯医者行く前にいつも歯を
磨いていくのだけれども、
ちょっと不思議に思うことがある。
どうせ歯医者で歯を磨くのだから、
敢えて家で歯を磨いていく必要は
ないのではないか?という
マインドA

いやいや、歯医者で歯を見て
もらう前に歯ブラシをすることは
エチケット、礼儀の一環だろ。
というマインドB

効率の面でいうと、マインドA
の圧勝。しかしながら、効率で
片付かない相手が持つ印象などを
考慮するとマインドBの圧勝。

結果、いつも効率を後回しに
して、歯を磨いていくのだけれども
世の中のデンタルユーザーの
何割くらいがマインドAに
支配されているのか?これが
漠然とした不思議、興味としてある。

3か月に1回くらい歯医者にいくのだが、
行くたびに新しい発見がある。
今回は歯科助手さんが二人
治療に携わってくれたのだが、
一人は明らかに前より
目元の化粧がバキバキになっていた。
ちょっとした夜会に出られるくらいの
バキバキっぷりだった。
もしかしたら、午後から人生をかけた
一大事があるのかもしれないな。と
勝手に思った。
もう一人は前より明らかに
髪の色が茶色くヤンキー寄りの色に
なっていた。
もしかしたら反抗期なのかもしれない。
ヤンキーに「前より歯をきれいに
保っているな、いいぞ」とお褒めの
言葉をいただき、「ざっす!」と
気合をいれて応えた。

歯医者の後は近所のラーメン屋に
ラーメンを喰いにいく。
いつもいる看板娘?息子の嫁みたいな
人がいなかった。
一瞬で妊娠or別居が頭をよぎり、
妊娠だったらめでたいな。と思いながら、
ズルズルとラーメンを啜った。

午後からは覚えていないくらい
グダグダした時間を過ごした。

ラグビーの試合見ながら、
youtubeで米津玄師を流して、
「簡易ノーサイドゲーム」ゲームを
したりして、遊んでた。
要はラグビーの点が入った瞬間や
試合途中のいいとこで、
「歪んだ~」の米津玄師の曲を流したら、
ノーサイドゲームのワンシーン
みたいになるので、どこが
一番ノーサイドゲームのワンシーン
っぽいかを勝手に決めて遊ぶだけだ。
要は余暇を楽しんだということだね。

ラグビーって不思議と両チームを
応援できるな。

で、寝る。

finlandsの写真は撮っちゃいけない雰囲気だったので、今回の写真はなく、過去のを貼ろうかと思ったけど何か迷惑がかかったらいけないので、いつかの広島の夜景を貼っときます。

日曜も午後までウダウダ過ごす。
今、デモをひとつ作ってるので
サキチヨさんがPCにドラムを
打ち込んでいるのを横目に
有吉反省会などを見る。
昼にキーマカレーを喰う。
今回のキーマはいつもより
少し粘り気があって、米も
硬く水分少な目で歯ごたえや
口に残る触感が組み合わせの妙で
美味かった。
ちょっと飲み物というか
スムージー的であり、
カレーは飲み物というデブたちの
気持ちがわからなくもなかった。

夕方になり、おでかけ。
cave-beにfinlandsのライブを
観に行く。
数年前に知り合ってから
一緒にライブをさせてもらったり、
してて、年を追うごとに
有名になってて、今回ついに
広島にも波がキテた。
人がキュウキュウな状態で入ってて
中は身動きが取れないくらい。
finlandsのTシャツを着てる人たちも
結構居て、広島でこんなに人気なら
関東ではクアトロでは収まらんくらい
人が入るんだろうなー。と思った。
ワンマンライブはMCもそこそこに
曲をどんどんやってく感じ。
途中観てる人たちそれぞれが
刺さった曲が異なるのであろうから、
刺さった曲が始まると皆、歓声を
あげてた。
個人的に恋の前とかウィークエンドとか
再生回数が高いものと歓声は
比例するもんかな?と思ってたら、
そんなこともないらしい。
みんな、ちゃんとCD聴いて自分の刺さる
曲を持ってんだなーと思った。
後ろから観てて、塩入先生の
マイクスタンドが横に移動できる
くらい緩んでて、誰か締めてあげれば
いいのにって思ってたら、わざとだった。
口で上手に左右にマイクスタンドを
操って歌ってた。
マイクスタンド移動中の発声も
バッチリでこれは芸だな。と思った。
あと新しく入った方のコーラスが
とても良かった。ほんとにメロを
支えて厚みや印象を変えるけど、
決して前に出すぎない感じが
素晴らしい声と技術だなと思った。
澤井くんも変わらず素晴らしく
自分なら緊張して絶対ミスるであろう
リズム隊が止まってギターフレーズ
だけになる瞬間、バラードの
ループフレーズを事も無げに
弾いていた。そして「お前、絶対
間違えんなよ。絶対だからな!」という
任務を完遂したあとの安堵から
ちょっとミスるみたいなとこまで
ワンセットで澤井くんは素敵だ。
ドラムのしゅんくんも前に4.14で
話をさせてもらった瞬間から非常に
性格の穏やかな良い人の印象が
あったけど、人柄がドラムに出てる
感じがある。すごい外から自分を
冷静に見てプレイしてる感じ。
塩入先生がちょいちょい気合の
オーバーテンポで曲をはじめても
「気合はいってるんすね。わかります。
でも、ちょっとこれオーバー過ぎるんで
テンポギリギリのとこまで調整させて
もらいますね。でも、この辺のテンポ
までは上げて対応しますんで、
気合でやってください」みたいな
心情の理解度が高いドラムだな。
最高じゃ。と思った。

ライブ後、物販の列に並び、
DVD購入。人がたくさんいたし、
出てきたらいろいろ大変なんだろうな。
と思って、物販の方に名前を名乗って
“ありがとう”とお礼言っといてくださいと
言うと、”あっ、ちょっと待っといてください。”
と言ってもらって、楽屋へt連れて行ってもらった。
疲れた顔してたので、少しだけ挨拶をとか
思っても元来自分が話好きなのか、
懐かしかったのか、15分くらい
長居してしまった。

その帰りに事務所で今ちゃんとも話す。
今ちゃんとは1時間近く話してた気がする。
内容を要約すると、
“生きてくのは大変だね。”
というのを話してた気がする。
ポスター作った分だけ、
唐揚げ売れるといいね。と
思いつつ、帰路。

ライブ前に連戦バトルで
キラーパンサーをボコボコに
してたのを放ってたので、続き。
サイオトコも撃破し、
エビルホーク戦。
効くと書いてあったラリホーが
全く効かず、スカラや癒しの風も
間に合わず、ボコボコにされる。

違う攻略サイト見たら
そんなに強くないので、
心配しないでも大丈夫的な
ことが書いてあった。

むう。