UR22 – 2 x 2 USB 2.0 オーディオインターフェース – UR22 | Steinbergはアパート住まいにはぴったりだ。

ZOOM ズーム ライブトラック LiveTrak デジタルミキサー L-12を買って以降、自身でドラムから声まですべて録音して
やってみているが、なかなか面白くて難しい。
2曲仕上げてネットにアップして
「満足、満足。おほほ。」
としているときに
人生初の頼まれて
音楽を作るという事案が発生した。

やったことないことは
やったほうが面白そう。
できるかできないかは分かんない。
「ま、頼むほうができると思ってんなら、
オールOKに違いない。」
と結論付けて曲を作っていた。

何度かスタジオに入った後に
仮で音を重ねて作ってみようとなった時に
人生で初めてDTMの打ち込みをやった。

マシナリーなドラムの音。
音も無料のstudio one primeに
入ってるやつなんで、そんなにいいもの
ではないんだろうけど、初めてはいい。
出来たときに興奮するな。
「おぉ、できた!」って。

そのドラムの音の上に楽器を重ねていく。
いわゆる宅録ってやつ。
日曜の午後に各々楽器を持って集まり、
用意した茶菓子を喰いながら、
マシナリーなドラムを聞きながら、
まずは曲の構成を練る。

最初こそ、全体を考えてはみるものの
答えが遠い。
結果、まずは1番の構成を…
ということで音を入れ始める。

そこで取り出してきたのが、これSteinberg スタインバーグ 2×2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII
l-12でも音は取れるんだけど、
やはり兎小屋と言われる日本の賃貸では
小型化されているものは重宝する。

なんといっても大きさがいい。
テーブルの上に小皿を置いて、その上にチョコや
煎餅を置き、さらに飲み物を置く。
その空きスペースにちょこんと収まってくれるUR22は
非常にありがたい。

しかも有線のアダプタ給電じゃなくて、
バスパワー(PCから給電してくれる)なので、
線が絡まって「いー!」となることもない。

ただただPCとSteinberg スタインバーグ 2×2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkIIをusbケーブルでつなぐ
だけでOKなのも、手軽でいい。

こんなに手軽なのに、今回の
録音までほとんど使うことはなかった。

理由は簡単で曲作りをこれでやろう。
と勇んで買ったあとにBOSS ボス / RC-202 Loop Station
手に入れたからだ。

簡単なリフを併せるくらいなら
BOSS ボス / RC-202 Loop Station
充分だった。

そしてSteinberg スタインバーグ 2×2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkIIは影を潜めていた。
しかし、現在ほぼ毎日何かの録りなおしや
音の追加でSteinberg スタインバーグ 2×2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII
利用している。

マイクもつなげるし、
ギター録音用にHi-zもついてるし、
小さいけど必要十分だ。
昨日もこれでコーラスを録った。
音質も192khzまで対応してくれてるので、
CDで聞くレベルには十分だ。
ま、スペックなどはこちらを見たほうがいい。

そして宅録って結構楽しいな。
と思う。
今までは録音って嫌いだったけど、
家であーでもない、こーでもないと
言いながら、音色もライブでは
使わない音色のほうが他の楽器と
併せると馴染むな。と思いながら
作っていくのは楽しい。

またみんなで茶菓子を囲んで
録音したいのぅ。