2019/01/26-2019/01/27

2019/01/26-2019/01/27

ちょっと悩んですぐに買ったzoom livetrack l-12を使い、週内に録音しておいた
ドラムの音源を元にギターとベースを録音。
出来上がっていく様は楽しい。
無料で配布しているstudio one primeを使って音を編集。
難しいもんだな。と思う。
前知識なく、適当にいい感じに聞こえるという理由で録ってた
ドラムの音量が小さいぞ。と思う。
どうやら録音はすべての楽器を足したときに0dbという音量を超えないように
調整せねばならぬらしい。
ドラムを録る時もギターを録る時もベースを録る時もボーカルを録る時も
全てそうらしい。
そんなこと知らねぇよ!てな具合に録音したドラムはどうやら音が小さい。
なので、音を大きくしようとしたら、バスドラ一発で0dbを超える。
いやぁ、難しいもんだ。
いや、しかし物事のすべてがそうなんではないかしらん。
と思い至る。
キャンプでもイベントでも大体前準備が万全であれば大抵失敗は起きない。
準備不足だな。と思っても準備する前に飛んじゃう性格なので、これでいいのだ。
落ちてから、こけてから、膝をついて立ち上がるときに負った傷の痛さで
学ぶということを、ずっとこれまで続けてきた(別に望んではいないのですが、そういう性分なんですね。)ので今回のこの録音学習も痛い目見ながら
学べばよいのだ。おほほ。
とりあえず調べたら小さい音をいい感じにデカくするノーマライズという機能が
あるみたいなので、帰ったらそれを試してみよう。
音が悪くなるって書いてあったけど、いい感じだと自分が思えばそれが正解だしね。

20年間音楽やってても全く興味を持たなかった録音になんとなく興味をもって
やってみて、その面倒さや難しさも分かりつつあるけど、なんかやっぱり音や曲が
出来上がっていく感じっていいよね。面倒を超越するね。

あと録音するときって録って聞いてやりなおしてってのができるので、
ライブや練習のときとは使うピックアップやエフェクターの掛け方も変わるね。
っていうか変えたほうが曲のまとまり?塊(かたまり)感?がよくなるよね。

とりあえずネットで今回の痛い目で何をどんな感じで準備したらよいのかを
学べたので、今週はまたドラムを録ろう。

■今週試すこと

〇1 マスター0db、マイク4本立てるのでそれを全部0dbから引き算で調整して
ドラム全体で-3~-6dbくらいに収まるような音量で録音する。

〇2 バスドラはsm58を奥まで突っ込めなかったので手前で録ったけど、
奥のほうがドスドス感が出るみたいなんで、なんとか突っ込んでみよう。

〇3 ノーマライズという機能を試す

〇4 今一つ、エフェクトがわかってないので勉強する。
→イベントごとにエフェクトをかける
→エフェクトチャンネルってのが出てくる場合と出てこない場合があるのはなんで?

〇5 ボーカルを録る

〇6 歌だけならミスカラとかが近いからそこで歌入れようかと思ったけど、
マイクがどんなのあるか分からないので、ヤフオクででもsm58をひとつ買ってみようか?
というのを検討してみる。

studio one primeにはマスタリングする機能がないので、ここまでやってミックスダウンを
してみよう。

■疑問
zoom livetrack l-12で録ったものを0db超えないように調整して
l-12にヘッドホン刺して聞くと生々しくていい感じなのに、
それをミックスダウンしてマスタリングデータとしてstudio one primeに取り込んで聴いたら、
ドラムはモコモコに籠って、ベースは音がデカかったりするのは何故だ。

ということを2日にかけて学んだ。
あと、優先のケーブルやヘッドホンの紐は簡単に絡んで超イライラする。
ということも学んだ。

あとは楽しみにしてる3年A組を観たくらいかな。
なんかいろいろ分かってきたけど、悪の秘密結社が登場してきたので、
少し話がわかりやすい感じになってしまいそうだな。
悪の秘密結社のリーダーはこないだ花より団子の杉咲花verに出てた
女優さんの彼氏か兄貴。そこでひとエピソードがありつつ、
菅田将暉の病気や元カノと悪の秘密結社の繋がり(性犯罪的な重いテーマかな?と想像)
などの展開を挟みつつ、だんだん観てるほうが終わりを想像できるような
ミスリードをしつつ、実はこうでした的な大どんでん返しを期待したい。
例えば田辺誠一がすべての黒幕とかね。
なんにせよ毎週楽しみに観させてもらってるのはありがたい。

そういえばこの二日間は1時ぐらいに寝て、8時ぐらいに起きるという
わりに規則正しい生活であったな。