2018/12/08-2018/12/09

2018/12/08

朝、起きたのが何時だったか忘れてしまったけどそんなに寝てないと思う。
昨日の金曜はツインベース用の練習をしたけど19時-21時と健康的な時間帯の練習だった。
なので、寝る時間もそんなに遅かったとは考えにくい。
で、起きて風呂に入る。
風呂に入っているとDNAが近しい奴がやってきた。世にいう妹ってやつ。
年末に父親のなにかしらのパーティをやるとのこと。
風呂から上がると、「飲み放題といっても家族みんなそんなに酒を呑むわけはないので、これは損になるのではないか?」「ウーロン茶何杯呑んだら元がとれるん?えっと、7杯かそんなに呑むわけねぇじゃん」とDNAが近しい奴が言っていた。
僕は最近細くなって、質が変わってきた髪の毛を乾かしながら、「やっぱ歳とって髪に影響が出始めたら坊主だな。」「上手い具合に前から薄くなってきてる気がするので、おでこが広いと坊主が似合うのでやっぱ坊主だな。」と一人ごちて、そそくさと準備。

どこへ行くかというと京都。
しかも新幹線。
遠方のライブが結構多く、「お金がない。」というのが理由でライブを断ったりするのはしたくないけど、車自体を持ってないし、車持ってるやつが車出さない。というのであれば、しょうがないけどすごい嫌な予感しかしない。
覚えなくてもいい贅沢を覚えて、我慢せず金を散財した結果、
「お金がない。」という理由でライブを断る。という未来しか見えない。
そして、「お金がない。」という理由だと俺に文句を言われるのが決まっているので、それを防ぐために多分俺は嘘をつかれる。

閑話休題。

で、京都。
早めに着くように移動。
着いて二条に移動。
JRで二駅。近い。圧倒的に京都が近い。
金で時間を買った感。
でも、金で時間を買ってもその時間を何に使うかというと、
飯食ったり、待ち時間だったりと大したことはしていない。
俺は金で時間を買っただけ。

16時前後に出演者全員集合。

shiNmmからリハ。
ウサギもリハをして本番。
今年の初めにtennjoeでスタジオライブをしていたから自身では2回目か。
前のスタジオライブで照明は暗いほうがライブっぽいな。と学んでたので照明を暗くしてスタート。
うん、本番っぽい。
で、7~8曲やって終了。
程々の出来だったのではないでしょうか。
ただ前日にギターのフレットがへたってしまって音が出なくなって急遽メンテ前のテレキャスでやったけど、これもそんなに調子よくない。そんなときに限ってシールドも壊れるし…で、個人的には準備不足?というか
テレキャスを十分に慣らして?鳴らして?やりたかったな。という想い。
でも、ま、終わったら終わり。

シンミリメートル

shiNmmを観る。最近、曲の始まりがいい感じのヌケた感というかヌケの雰囲気みたいなとこから始まるようになってて、「試行錯誤してるんだなぁ、まなぶくん。」弾いてるあいつらは特に何も気にしないんだろうなぁ。
と思うと、感慨深い。
何も知らないし、拘らないならとことん知らないし、拘らないほうが結果、早くていい感じに仕上がる気がする。現にいい感じに音が狂っている。最高じゃないか。
なまじ分かるから口を挟むことで遅延、間延び、くすぶりが生まれて誰かがどこかを我慢している仕上がりよりは、ずっといい気がするな。ま、時と場合とそのバンドによるんだと思うけどね。

あの娘はウォンバット

続いて、あの娘はウォンバット。じっくり観るのはほぼ初かな。
スタジオで見るほうがやりたいことが真っすぐに伝わってくる感じだな~。
あとshiNmmの女子3人が「あの娘はウォンバットの女子二人はいい匂いがする。」って言ってた。
今回、むらちちゃんと話してこういう企画ができたのは、とてもうれしいな。
ノリでやろうと言って、家に帰って寝て忘れるんじゃなくて、やると言ったらどういう形であれ、必ず実現させようとする。なんか当たり前っぽいけど、この当たり前をやるのは大変だし、面倒。でも、「やる。やるって言ったから。約束したから。」を大事にできる人はいい。
そういう人にやっぱり人は集まってきて、人を幸せにするし、人に幸せにしてもらえると思う。

ライブ終了後、打ち上げ。山口と広島にはない鳥貴族にて。
安斎君が「二条のトリキは最近出来たんですよ」と言っていた。
休みだったのに安斎君はわざわざライブに足を運んでくれて、受付までしてくれていた。
これが京都の誇る安斎君だ。
素晴らしい。
真似できないな。
8割がた人格者だ。
あとは自身の健康への気遣いくらいだな。
家族のことも踏まえて、是非、断酒/禁煙/適度な運動/年1の人間ドックをしていただきたい。

あと、会場に安斎君の奥さんのえみちゃんも遊びにきてくれていて感謝。
えみちゃんの体調も万全のようでなによりというか、ほんといつもと変わんなかったので、中古マンションを買うのは得だと思う?と相談に乗ってもらう。
あと、今のアパートは大家が建て替えするまで待ったほうが敷金礼金が返ってきたり引っ越し代が一部出たりする可能性があるので、そっちのほうがいいのか?と相談するも、大家が最近変わって、入居率もまだまだ高い水準で維持できてるんなら、多分建て替えとか考えてないと思いますよ。との推測を聞いた。
中古マンションに関しても、こんな考え方で中古マンションを買おうと思うんじゃ。と相談すると、「良いと思います。ありです。」と言ってもらえて「よし、本腰入れて探すぞ」という気になった。

閑話休題。

あまり酒を呑まないんでわからないけど、多分メガ金麦?メガハイボール?みたいなのが、酒を呑む人には鳥貴族はお得感が強いんだろうなと思う。
打ち上げであの娘はウォンバットのメンバーと話をして、いろいろ聞くといろいろ面白いな。
3か月無給で働かせて、そのあとの3か月は給料半分みたいな会社が平成に存在するなんて面白い。
フランスだったら、デモからの合わせ技で暴動だな。

打ち上げ終了後、特に泊まるとこも決めてなかったので検索。
西院にあるネットカフェに決めて歩く。
知らない街の深夜徘徊は楽しい。
ただ目的地までの目算が立てれないので精神的に疲れる。
途中で山陰本線の高架を潜り、金持ってそうな集合住宅をみたり、
狭小住宅ばかりが並んでる地区をみたり、嵐山に続く線路を超えたり、
支持政党のポスターを張りまくっている家をみたり、
火の用心と書いてある提灯をぶら下げている家を観たりしてたら、
西院に着いた。
駅前じゃねぇか。
ここ知ってる。ガタカのすぐ近くだ。
二条から西院って歩いて20分。
車だったら5分くらいなんだな。と学ぶ。
で、ネカフェへ。
6年ぶりくらいにネカフェに泊まったけど、特に何もない。
いろんなタイプの人がいるなぁと思ったくらい。
NHKの72時間でやりそうだな。と思って調べたらやっぱりあった。
「2007年1月30日 東京・上野にある24時間営業の漫画喫茶の、年末年始の様子。」年末年始を乗っけるのか~。そうかマンガ喫茶だけだったら弱いんだなぁ。と思った。

で、寝てみる。
少し寝苦しくて3時半ごろ一度起きる。
電話にさないさんから「明日時間あればご飯いきましょう」と書いてあったので、時間はあるので「行くわ。起きたらまた連絡するね」みたいな内容を返信して再度就寝。

8時ごろまで寝る。

2018/12/09

朝の西院

起きてリアルゴールドを呑む。
結果、この日25000歩という結構な距離を歩くようになるのでリアルゴールドは正解だったと思う。
おかげで月曜から働けてます。
高麗人参エキスに感謝だな。と効いてるかわかんないけど感謝する。

ナイト8時間パックだったので9時に店を出る。
近くのコンビニでマウスウォッシュと歯ブラシ買ってマックへ。あっ、コンビニから出たら、エレベーターの前で若いお兄さんが寝ていた。どこから移動してきてここで寝てるんだろうな。と思いながらマックに行ったんだ。
2階で朝マックを食いながら、バス停に並んでいる人たちを見てた。
ベースを持った女の人がバス停に並んでた。
ばけばけばーの徐さんに見えんことはなかったけど、多分違う。
もしも本人だったらすごい偶然だな。

さないさんから起きたとの連絡があり、10時に二条駅の約束をしたので、
二条駅まで歩く。夜はわくわくしてたからなのか、そんなに荷物の重さが
気にならなかったけど、昨日通った知ってる道になると、
精神的には楽だけど、荷物が重い。。

二条駅に10時前に着いて一服してたら、そろそろ着くというので、
分かりやすい場所に移動。そこから15分シンミリ一同が姿を現さない。
あの3人だと「どうせ化粧をしたり、トイレにこもったり、くだらないことで話が盛り上がったりして時間を見失う」んで15分くらい予想の範疇だけど、まなぶくんが付いててそろそろ着くという連絡から15分は
事故とかトラブルとかの嫌な予感がする。
加えて重さと寒さからどっかに避難して連絡待っとこうと思ってたら来た。
遅れてただけだった。
よかった。

そこから5人でカフェで相談した結果、以前にマドナシくんに教えてもらった担々麺が美味い匹十に行くことに決定。
店の前に行くと11時半からとのことだったので、三条の商店街を散歩。
靴修理屋で中古のチャリを売ってたりして楽しい商店街だ。
活気がある。
前にこの商店街歩いたときはハロウィーン祭りやってたな。
商店街が元気だと地域が元気な感じがしていいな。
と思って歩いていると、楽天1位みたいな洋菓子店の前に公園と大挙する外国人を発見。
公園で遊ぶ。
ひとしきり遊んだ後、匹十へ。
開店すぐなのに、結構人の出入りがあった。人気店なのかな。

匹十

蒸し鶏と担々麺のセットを注文。美味い。
まごめちゃんが初めて食べるので、感想を聞こうと思ってたけど忘れたな。
隣でさないさんが焼肉丼と半担々麺のセットを旨そうに食べてた。
焼肉丼が超美味そうだった。

その後、地下鉄二条駅から漫画ミュージアムの近くの駅まで移動。
そこから歩く。
目的地は錦市場。

錦市場
錦市場1
錦市場2
錦市場を超えたとこにある神社

シンミリはわりとちゃんと観光するみたいで錦市場も行きつけみたいな感じだった。市場でいろいろ観て、生麩まんじゅうを食う。すげーうまい。すげーうまかった。
さないさんやまごめちゃんは漬物を大量に買っていた。
ゆかみりやは箸を買っていた。
まなぶくんは引率していた。

まごめちゃんは定期的に「パンが…」「パンが…」「家族がみんなパンが好きなんですよ」と言っててパン屋でパンも買っていた。

錦市場からは歩いて二条まで帰った。途中民族楽器屋を発見し、今日一でテンションが上がったまなぶくんを先頭に入店。シタールとか二胡とか見て、TVの効果音が出るような名前を忘れた楽器を買った。土産にもなるしね。
ウィーミョン、ウィーミョンという。
ループでやるときに使ってみようと思う。

まごめちゃんに二条城で大政奉還があったんよ。と歴史の話をしたら
「そんな歴史的なゾウブツがあるんですね」と会話を進めてた。
そして「多分、ゾウブツって建造物のことよね?」とみんなで正したら、
「そうですね。ゾウブツって建造物ですね。あはは」みたいなことを言っていた。

そして無事二条まで歩き、解散。16時半。
シンミリはここからまなぶくんが運転して6時間かけて山口へ帰る。
おっさんは2時間ほど新幹線でうたた寝しながら帰る。
なんか申し訳なくなる。
帰りは「私たちも運転しますよ」とさないさんとゆかみりやが張り切っていただけど、多分寝るんだろうなと思った。
まごめちゃんに至っては必ず寝る。確認するまでもない。

また二条から電車に乗り、京都駅へ指定席を指定するためにみどりの窓口へ。
関東から来たのであろう標準語のおっさんが「スマホで三人分のチケット取ったからさー」と部下に言ってて、スマホを翳そうと券売機の前に立ったその刹那、スマホを翳すところがないみたいなことを言ってた。なんか券売機の下のほうの誰も触らねぇだろ。と思えるようなボタンとか押してたけど、
うまくいかなかったみたいで俺の後ろに並んだ。並んだけど「列がなげぇ」「三人分だからうまくいかない」だのうるせぇ。あの標準語の三人組、俺の後だったから結果どうなったかわかんねぇけど、どうなったのか気になるなぁ。
おっさんは部下を前に威厳は保てたのだろうか?
個人的に「スマホで三人分のチケット取ったからさー」という時点でコイツは部下に好かれてはいねぇな。と思ったので、多分、部下は腹の中で笑っている。

新幹線に乗り込むと俺の三人席の端だったが、
真ん中の席と窓際にカップルが座っていた。
三人席に三人座るだけでも狭いのに、あとから来たおっさん(俺)は
わりとでかいギターケースを抱えている。
すまない。と心のなかでカップルに少し詫びる。

そして、席に着くと…
カップルは人生の一大事みたいな話をもともとしていたらしく、
俺が座った刹那、彼氏が結婚(出来ちゃった)を決めたらしい。

結婚を決めた彼氏は即家族や上司、おそらく身近な人にメールを打っていた。
多分、明日の月曜日に言っても事態は変わらないけど、決めたことが揺らがないように自身を追い込んでるというか後戻りできないようにしてるんだなと思った。そして、なぜ俺はそんな瞬間に立ち会うのだ。と思った。

二人で結婚式に二人の共通の家族を呼ぶときはどっちの席に座ってもらって、
どうやって誘えばいいのか?という具体的な話をしていた。
「両家の出席する人数に合わせて、振り分ければいいんじゃない?」とギターケースを抱えたおっさんは思ったけど、面識もない、話が聞こえただけのカップルにそんなことを言うわけにはいかないので、黙って事態を見守っていた。
結果、彼氏がネットで調べておくということで話がついていた。

そしてカップルはどこかの駅で降りて行った。
カップルがいなくなったあとはうつらうつらしていた。
広島止まりの新幹線を選んでよかった。
意識を取り戻したら広島だった。
博多行きだったら、多分博多行ってたな。

広島駅で無事下車したのが19時前。
早いぞ。新幹線。
そこから在来線と市電を乗り継いで家に着いたら8時。
結構ここで時間かかるよね。

で、家について、サキチヨさんに民族楽器屋で買った楽器を渡すと、
全く興味を持たなかった。

で、「今日から俺は!」に備えて風呂に入って、
布団に入って準備してたはずが知らぬ間に寝ていた。