2018/10/08角島ジャミン~1日目~

8時半前に防府を出発。高速道路へ。さないさんが運転しながら「私、ついついスピード出しちゃうんですよね。」「私、交通標識ってよく覚えてないんですよね。」「あっ、あそこにわんこがいますよ」スピード狂&知識不足&よそみisさない。そして、ずっと喋り続ける僕とゆかみりやとさないさん。声が聞こえねぇな。と振り向くと爆睡をキメるまごめちゃん。うるさい車内でよく寝れるなと思っていると、横のゆかみりやが「ぐげ、気分が悪い」「さないさん、運転してるほうが楽そうなんで変わりましょう」と言うので、停車して運転手変更。

ゆかみりやの運転で角島に近づく。最後の角を曲がったら角島大橋。おぉ来たーと思うも、今日は曇り。そして島に渡り会場へ。会場に着く前の車中で今日はキャンプなので、「なんかいろいろ食べ物とか買わなくていいのか?」と確認すると、「たつやさんが数万円分買い出ししてたのをツイッターで確認してるんで、大丈夫だと思います。」との返答。なぜそれが自分たちの分も含まれていると思うのか不思議でなりませんが、何も買わずに会場に到着です。

会場に到着するとちょうどセッティングが終わったところで開会宣言と注意事項のような申し送りをしてました。海も近くいい感じ。教会らしきものを見つけ、近くに行ってみると教会に続く階段は壊れ、教会内を除くことは叶わず。この教会は横についてたトイレがメイン機能でした。敷地内のどこにいても音楽が届くので、会場内で見たり散歩しながら聞いたりしてました。お腹が少しすいてきたので、会場近くで売ってたパン(150円)とソーセージを柔らかいタコスみたいなので挟んだもの(250円)とオニオンスープ(150円)を購入。うまい。散歩してると敷地の奥に先ほど話に出てたたつやくんの買い出し食材やキャンプ器具が置かれたスペースが登場。何人もの後輩?がBBQの準備をしてました。ゆかみりやが当然のようにそこからビールなどをもらい、呑んでました。後からさないさんに聞いたらたつやくんが大量にものを買う→有志がもらう前に金を幾何か払うという形で成立している不思議なシステムでした。さないさん曰く、損することもあるんでしょうけど、得することもあるみたいですよ。と、テレビ番組のタイトルのようなことを言ってましたが、良い感じのどんぶり勘定だと思いました。ゆるーーーーい信頼とゆるーーーーい思いやりの上で成立してるんですよね。このシステム。すごい良い。で、有志でないゆかみりやは呑むだけ、食べるだけ担当ということみたいでした。おそらくこのシステムは花見などそういうみんなが集まる時に発動するんだろうなあと想像しました。たぶんみんな思ってても口に出すことは決してしないんでしょうけど、いい先輩なんでしょうね。

この2日間は野外で活動するのでいつもは電子タバコ吸ってるのですが、この2日は値上がりした普通の煙草を吸うことにしたのですが、普通のタバコはどうしても珈琲が飲みたくなる。その旨を伝えるとゆかみりやが「私、うまい珈琲入れるセット持ってきました!」と車から戦時中に米軍が使ってましたと言わんばかりの古びたトランクを取り出しました。そこから簡易湯沸かし器、グアテマラの珈琲豆、コーヒーボーイの限定の豆、ミル、擦った豆を入れる茶色い紙、あとコーヒー入れるガラス容器を取り出し、出来る女系のしたり顔のまなざしをこちらに向けてきます。さないさんがグアテマラの珈琲豆をミルにぶち込み、親の仇のようにミルをグルングルン廻し、あっとういう間に準備完了。さ、簡易湯沸かし器で湯を沸かそうとするとゆかみりやが何もわかんないのに適当に簡易湯沸かし器を組み立てようとしています。ゆかみりやの目線の15センチ先に説明書がある旨を伝えましたがまったく読む気がなかったので、僕が説明書を見てゆかみりやが組み立て。できた。そして湯を沸かし、擦った豆の上にお湯を落とす。ゆかみりやが「あぁ、先端が細いやかんがあればよかったのに~」と言ってたら、たつやスペースからご所望の先端が細いやかんが登場。どこまでの準備を想定したらキャンプに先端が細いやかんを持って行こうと思えるのだろうか?すげぇな。と思いながら、苦労の果てに作られたコーヒーを試飲。うまいね。外という環境と苦労が相まって美味。美味しくいただきました。横でゆかみりやが「1杯800円です。」とニコニコしながら言ってました。

まなぶくんが受付してたので挨拶したあと、まなぶくんの車からさないさんがバレーボールをもってきました。ここから通算2~3時間、バレーとドッヂボールです。途中いろんな人が入れ替わり立ち代わり登場。みんな突き指や捻挫などどこかしらをうっすら壊して消えていきました。今回主催のえいぞーさんの息子こうくん(小学生)が登場してからはドッヂボールをするようになるのですが、親父狩りならぬ、体力狩りにあいました。ドッヂボールは全身運動&全力投球なので、数分間で思わぬ体力を消耗。しかし底抜けの体力の小学生は「もう1試合。もう1試合」と売るほどの元気っぷりでした。3試合くらいしたあと、狩られる体力がなくなったため、ドッヂボールは空中分解。その後、体力回復を図るべく水を買いに道の駅に行きました。

道の駅で一息つく。テンションが上がってるシンミリの三人はご当地アイスをハーゲンダッツより高い金額で購入。喜び勇んで食ってみると、「アイスから魚の味がする!」と大盛り上がり。嬉しそうにきゃっきゃっしてました。道行く知り合いに「ねぇ、これ食べて。これ」「ね、魚の味するじゃろ?」と誰も喜ばない施しを繰り広げてました。

日暮れに差し掛かると、景色がとても素敵。近くではずっと音楽が鳴っている。いいじゃないか。とてもいい。前入りしてよかった。とても楽しい。音楽もみんなから聞いてて初めて見た月見ジャブやウツツキ、弱者連合、若手注目バンドfurateなどみんな楽しそうで、見てても楽しくてよかった。

お父さんを応援する息子
初めてみた月見ジャブ
主催えいぞーさんの弱者連合。スティールパンなどおしゃれな楽器がたくさん。良い。
誰かが寝ているね。
山口の注目バンドのひとつ、furate。生きることに積極的に見えないところが素敵な金子くんのボーカルもよい。
角島の日暮れ

汗もかいてるので風呂にでも行こう!と近くの風呂を検索するも近くても30分かかる。でも風呂行こうぜ!と出かけるも出かける時間が遅くて風呂がどこも閉まってた。しょうがないのでコンビニに寄ると風呂難民がみんなコンビニに集まってて、田舎のコンビニが黒山の人だかり。

コンビニから戻るとまだ22時ごろだったけど、爆裂に眠い。恐ろしく眠い。まなぶくんからコテージのあそこで寝れますよ。との情報をもらって、移動。22時なんで誰も眠っていないコテージの電気をつけ、持ってきた寝袋で就寝。外からが延々とbpm早めの打楽器が鳴ってました。

続く。