ウサギバニーボーイ台湾へ行くの巻~3~台湾観光&帰国編

朝起きて、初めて台湾のTVをつける。もちろん台湾語での放送。おぉと思う。そこからTVをザッピング。すると日本語放送のTV番組が!もちろん台湾語の字幕がついている。観てるとこないだまでやってたチア☆ダンが放送中。観る。日本では全く触手が動かなかったが、台湾の空気がそうさせるのか、チア☆ダンを視聴。そのあとロンハーの水泳大会が始まったところで、朝飯を食いにおでかけ。その前に部屋でタバコが吸えないので外でタバコを吸う。タバコがなくなったのでコンビニにタバコを買いにいく。台湾のセブンイレブンは日本のセブンイレブンに比べて陳列されている商品が圧倒的に少ない。余裕のある陳列といえばそうなんだけど、日本のそれに慣れていると少し寂しく感じる。台湾タバコを気合で購入。タバコの棚を指さして、「アップ、アップ、ライト、ワンモアライト」てな具合。

台湾の朝を歩く。気持ちいいけど湿気が朝から多い。ホテルから10分程度歩いたところで到着。20人くらいの行列。台湾と日本語で書かれたガイドブック持った人たちも数人いたので、多分日本で有名な飯屋なんだろうな。と思う。並ぶ。

ようやく順番が回ってきたので注文。台湾で行ったお店は全て最初にメニューの紙を渡されてそれに個数を記入してお店の人に渡すというスタイル。観光客にはありがたいスタイルで助かる。小籠包、豆腐のスープ、揚げパンを注文。食う。優しい味。廻りで日本語聞こえる。かなり日本で有名店なんだろうなぁと思う。

飯食ってホテルに帰ると、ジャパニーズファッキンボーイたちがやってきた。二日酔いの顔をしていた。そこからタクシーに乗り、また飯を食いに行く。小籠包や空心菜の炒め物などを食う。そういえば台湾のお店は飲み物の持ち込みが自由だった。知らなかったので注文後、店の向かいにあったファミマで飲み物を買う。茶葉がそのまま入ったお茶を買う。このお茶、旨い。店に戻るときに右みて左みて道路を渡ろうとするが、日本と逆なので左みてる間に右から車が来てた。しかしながら、台湾は人は飛び出してくるものだと思っているのか、車が人を見ると止まってくれる。お茶と飯を食いまたタクシーに乗る。

次は文化なんとかっていう洒落た場所へ。ここにはlegacyというライブハウスがあった。で、いろいろ観る。途中入ったお店で日本語がわかるお姉さんがいて、いろいろ話をさせてもらったので、そこのお店でTシャツを購入。その後、洒落たカフェでコーヒーを飲む。コーヒーを飲んだ後、オーノがトイレに行くといって帰ってこない。結果、長いうんこの時間だったみたい。体調崩してなくてよかった。あと、この文化なんとかはコスプレ撮影のスポットなのか、コスプレの女の子の写真をカメラ持ったおっさんがいたるところで撮影してた。ひとり、ペットボトルの写真を撮ってる変わり者がいるなぁと思ってみてたら、下からのアングルで女の子を撮ってるおっさんだった。

そこからまた移動。高級小籠包を食いにいく。台北の三越の下。ここは接客もサービスもよい。もちろん小籠包もうまい。

腹をパンパンにして外へ出る。そこからMRTという地下鉄に乗る。きっぷの販売機に金を入れるとコインが出てくる。なぜコインなのか?と思う。で、そこから夜市へ。

夜市ってみんなが言っててなんなんじゃろ?って思ってたら、祭りの夜店の集合体みたいな場所だった。人も関東の祭りくらいいる。熱が溢れている。生命力が溢れている。熱に浮かされ歩いてかき氷屋へ。かき氷を食う。日本のそれとは違って氷自体に味がついている。そして氷の切り出し方も違う。うまい。かき氷を食ったあと、更に歩く。歩くとちょっと開けてメインの場所につく。

活況。八角と羊肉を豪快に焼いた匂いと高い湿度で頭がボーとする。止まない人々の声、元気のいい夜店の客引き、とてもわくわくする。いろいろ夜店を見て回る。版権という言葉が存在しないであろう場所で版権バリバリのTシャツを購入。その後、フライドチキンみたいな大きな鶏肉を買い、帰宅。帰宅時は一人で帰る。異国でインターネット環境もない中、MRTでホテルまで帰宅。とても不安だったけど、初めての体験にわくわくした。中正記念堂という駅で降りて、そこからが勝負。何番出口が見たことある風景に行きつくんじゃ?中正記念堂の正面がrevolverで散歩したときに見えたのでそこを目指す。多分ここじゃ!という出口を出ると、ビンゴ。ふぅ。revolverでタバコを一本吸ってホテルへ帰宅。

ホテル帰宅後、睡眠。寝てたらトイレが壊れたと騒いでた。知らないおばちゃんがトイレを直してた。

朝5時起きて桃園空港へ。オーノの苗字名前逆問題でチェックインで手間取る。オーノが日本で出してもらったチケットに記載してもらった内容を一生懸命提示。チェックインカウンターの人たちがいい人でなんとかなる。しかもオーノが持ってたチケットがエバー航空とハローキティとコラボしてるらしくハローキティが書いてあった。それを見たチェックインカウンターの人たちが「帰りの飛行機はハローキティの書いてある機体じゃないよ」とエバー航空ギャグまで披露してくれた。

帰りはコナンを見た。待望のコナン。で、チュイーンと福岡空港。福岡についてバスで博多駅まで移動。博多駅でご飯を食べる。博多駅でラーメン食おうとしたけど、人が多くて結果、台湾で食ってた麺類と同じ麺類を食う。担々麵。食った後は博多駅の新幹線の構内で一服。そして、一路広島へ。

新岩国を過ぎたころ、あれ?俺、財布がないぞ。と気づく。はい、博多駅で財布落としました。広島駅について落とし物センターに電話。「あぁ、届いてますよ」とのこと。カードも現金も全部入ってた。着払いで送ってもらえるよう手配して旅が終了。

初めて尽くしで非常に楽しい遠征だった。また台湾行こう。