11月4日5日

4日
17時半、会社終わりにダッシュ。
家に帰り、楽器とアンプを背負ってQUATTROへGO。
着いたら、etosが演奏中。
袖から観たり、客席から観ながら準備。
なぜならetosの次がウサギだから(笑)。
準備しててもサキチヨさんと迫兄の姿が見えない。
少し、「おぉ、大丈夫か?」と思う。
しかし、etosの最後辺りで二人とも集合。
良かった。
一息つく間もなく、ライブの準備。
出来ればしっかりリハしたいけど、社会人バンドなんで、仕方がない。出れるだけでもありがたいと思いつつも、前日のスタジオでリハなしでQUATTROってことで少し話をしてたんでなんとかなったと思う。いや、思いたい。
ライブはイベントの感じから、今回はミディアムテンポの歌い上げる曲をチョイス。
ま、アップテンポの曲少ないんですがね。
自分たちのライブが終わったあとは、もう楽しみしかない。
なぜなら久方ぶりに観れるpanicsmile
世界でこのバンドでしか観れないエネルギー。もちろん楽曲やライブも好きだが、僕は吉田さんの声と歌詞のセンスがとても好きだ。
懐かしい曲もあり、最新のアルバムの曲もあり嬉しい限り。
最後はa girl supernovaで締め。
ライブが終わって振り返ったら、広島のいつもよく見る顔が汗で顔が火照っててた。

世界の果て 底が丸見え
丸見えの世界の果て

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
なぁんてことを何故か思った。

打ち上げでも九州勢とたくさん話が出来て嬉しかった。

んで、家に帰ったら
サキチヨさんから「あっ、Tシャツ買っといたよー。」と渡されたTシャツにグラスホッパーザ・サン(結構前のアルバム)と書いてあった。

「何故?」と思いながら、就寝。

11/5
4時ごろ寝て、8時半に起床。
今日は名古屋に。
こうたくんと合流するために安芸長束へ。
フレスタで珈琲と水を買って合流。
惜しいとこまでは来れたけど、指定の駐車場に来れなかった他力を拾い、途中でなんちょんも積んで名古屋。
今回は休憩も少なく一気に名古屋。
京都南ICまではありがたいことにいつも呼んでもらえるので、慣れた道なので、ただのドライブ。
京都南を超えた辺りで、ようやくナビ起動。週末ライブ生活も5年を超えるとこうなるんだなぁ。俺、好きなことをやってるなぁとここで実感。
家族や仕事や大変なことが増える中で、1番好きなことをやりたいように続けれる幸せは生きている理由に相応しいと勝手に思ってる。
欲は尽きず、こういう考えの人たちとバンドが出来たらもっと幸せだろうなと思うこともあるけど、これは我儘だと思う。

そして、ナビを観ながら名古屋。
なんとか辿り着く。

着いてリハしてたら、ちょこたんくんとemu sicksがやってくる。わざわざ会いに来てくれたのかと思ったら、半分はそれだが半分はリハでエフェクター壊れたから、エフェクター貸してくれもしくは直してくれという依頼(笑)。
なんちょんがPAさんに工具借りてエフェクター開けて中を見てみるも、原因不明。
エフェクターレンタルの約束をして、なかじんくんは楽器屋に行くと楽器屋が沢山あるであろう栄の中心地から離れたとこへ歩いていった。
その後、大善くんとemuのライブ会場へ。
行く途中で、話ししながらなかじんくんは浪速の狩野英孝じゃね。という結論をつける。

emuのライブ会場で他のメンバーとも話す。

自身の会場に帰ったら、すぐ準備。
18時からライブスタート。
この日はなんかやり慣れた曲をよく間違えた。また再戦したいと胸に誓う。
ライブ終了から寝不足と疲れがどっときて眠たくなる。

ご挨拶もそこそこに広島へ。
名古屋らしいものを御在所SAで。
味噌カツを食う。
美味い。メンバーもほぼ一食目とのことで、がっつく。

帰りの車中でいろいろメンバーと話す。
ウサギの場合、メンバーが多いのでこういうとこで聞く話がわりと大事。
最初からできることとできないことを予め決めてしまうという話が印象的。
教育を感じるね。
ゆとり、子供の個性を大事にってのを、ネガティブに捉えるとこうなるよな。って思う。ポジティブな人には向いた教育かも知らんけど、ネガティブの人はこう思うだなーというのを実感した。
ま、家庭の環境もあるんじゃろうけどね。

出来ないを克服して得る称賛を教えんとバンドが前に進まんので、この部分は僕が受け持とうと決心する。

家に帰り着くと、サキチヨさんが寝てた。
僕の玄関を開ける音で起きたらしく、セブンでプリンこうてきてというので、こうてきてあげたら、それを枕元に置いてまた寝てた。

こいつは何がしたかったんだろうと思いつつ、僕も就寝。

起きたら、常温だったであろうプリンの抜け殻がありました。

それでは。