20150530ウサギバニーボーイ@西院GATTACA

0giegirl:

8組くらい出演されるイベントだったんだけど…まいっか(笑)潔くウサギバニーボーイのことだけ書こうと思います。

えーまず。この日までわたし、もう気持ち悪いぐらいYouTubeでウサギの動画観てまして。また結構種類が多くて観応えあるんです。

だからかもう、ほんまもんの神様(高宮さんvo.gt)とスター(南さんgt)が居るわ、そこに、て、まずそんな感じでした。

1曲目、『東京はダモリ』 何か、音の鳴り始めからうわー今日来て良かったこの音聴けて良かったー!って思わせる、何ていうか、ライブハウス特有のうるささとかガジャガジャした感じの無い、クリアリーな生音。かといって、CD再現しただけの面白くない音とも違う音。本当にライヴクオリティ高い!

『買おうヘアケア祭り』初めてタイトル見たら、はて?ってきっと思うと思う(笑)でも何の先入観もなく聴いたらぎゅっと熱量高くて凄く染みる曲。「手相が変わるほどの意思で運命を貫いた」って歌詞が本当に天才。音源ではアコーディオンのパートのとこをギターで弾いてらして、新鮮だけどしっくりしてた。

『素敵な生活』大好きな曲過ぎてひたすらテンションあがって楽しかった。いえーいえーいえー!やりたかったけど、恥じらい。

『さよなら絶望』イントロの甲高いギターリフのはじまりでぶわーって感情高まる、これも好きな曲。南さんが弾いてるバージョン観たかったので幸せ。後半でそのリフを高宮さんが繰り返して南さんが乗っけていく感じ(うまく説明できない)に震えた。とても良かった。

順番間違ってるかもしれません。どこら辺かで高宮さんのメガネがあり得んぐらいズリ下がってたり南さんの汗がほとばしってて超エモかった。

ほいで、何か音源聴いてるときより、リズムが凄い奇想天外なんやなーというところに意識がいった。ノリにくい曲と言われるやつなんやろうけど、それがとても気持ち良い。リズム隊の初めましてのおふたりも良い仕事してらした。ドラムの方の叩き方かわゆかった。

MCで高「今回の京都の思い出は何ですか?」南「楽屋の扉が凄い音で閉まるんで(やったかな?)ちょっと見させてもらったんですけど、扉の上の何ちゃらが油圧式の何ちゃらで3000円ぐらいで売ってるので取り替えた方が・・・」と喋ってる途中で無視して『My name is Harada』のイントロ弾き始める高宮さん(笑)面白いし大好きな曲やし忙しい。好きな曲過ぎて勝手に頭の中でMVつくってたので(ちっちゃめのライヴハウスのステージで演奏するようなやつ)何かもう叶った感あって満足。素晴らしき世界ワンダーワー。ワンダーワーって。天才か!

初めて聴く曲も。それが新曲なのか、旧曲なのか聞けば良かった。でも演奏がとっても良くて、初めてでも全然飽きない。

『不安万能感』ハッピーなメロディにほんのり寂しさを湛えて、さよならに相応しい曲。どうでもいいけど、私が勝手につくった「ウサギバニーガール」というプレイリストでは不安万能感がラストでアンコールで素敵な生活というセットになっています。

ライヴって目でも楽しんでしまうから耳で取りこぼしていることがありそうやけど、何か五感フルで満たされて、交感神経刺激され過ぎて、疲れてすぐ寝たけど興奮してすぐ目が覚めた。まだはっきり言い表せない、麻薬みたいな魅力がウサギバニーボーイにはあって、それはシンプルづらして凄く緻密で濃密な要素が折り重なってて、解いては編んで解いては編んでしながら永く聴いていたい音楽だなぁと確信するライヴでした。音源だけでも飽きない素敵な生活を送っていましたが、ライヴ観たら良過ぎては~♡ライヴ~!ってなったからしばらく悶々とするんでしょうね!←誰