導火線と意見の過去四年のバッヂコレクション。
統一感が全くないですね。
人気イベントになったら、牛はプレミアもんですな笑。

ウサギバニーボーイ大阪100分ライブ宣伝動画。
とよちゃん編
とよちゃんはtwiceと言ってますが、ライブは心斎橋Fanjです。
よろしくお願いします!

暇な僕の家に、にゃんこ先生が遊びにきてくれました。ありがたい。ありがたい。

昨日は2冊、本を読みました。折原一の「蜃気楼の殺人」と写真の横溝正史「髑髏検校」横溝正史のファンタジーがわりと「おぉ」ってなりました。真面目な人が急に奇人の真似をしているみたいな印象の本でした!

ウサギバニーボーイ
大阪100分ライブ宣伝動画
なかたく編

今日は世の中は休みなのに、なぜこんなところにいるのだ。

田舎者vol寅と大分ライブ

Share on Facebook
Bookmark this on FC2 Bookmark


導火線と意見から一夜明けたら、田舎者vol寅の開催です。
福岡の宝と言っても過言ではないフォークイナフのレコ発で広島に来ていただきましました!
あと、幼稚園と高校の同級であるキジマサウンドシステムも来広してくれて、楽しい田舎者にしていただきました。
フォークイナフの井上さんやキジマサウンドシステムの永田と話してると、自分が音楽に対してまだまだ足りないなぁと認識させてもらえます。
足りないものを認識してるけど、届かないでジタバタしたり、へんな理解をして解決したつもりになっているのが、僕の今の形なのでまたへんな理解を積み重ねて僕なりの何かを作っていこうと思いました。
ありがとうございました!

打ち上げの後、家に永田を連れて帰ると、
本棚を見て一言
「お前、こんな知識レベル高かったけ?」
と言われたことが印象的でした笑。
高校の頃、よっぽど馬鹿に映ってたんでしょうね笑。
しかしながら、推理小説や諸星大二郎ばかりが並ぶ本箱のどこに高い知識レベルを感じたのかは、未だに謎です。
ずっと謎でいいです笑。

でも、幼稚園から親同士が知ってるレベルの薄い線が30超えて、イベントきっかけで再会して繋がれるってのはいいですね。音楽続けてなければ、絶対再会しない人ですよ。
まぁ、人っていうよりは繊細なゴリラなんですがね。

当日急に「一緒にやろうや。」と言われて、できたのが、
こちら

KIJIMA SOUND SYSTEM stirring ウサギバニーボーイ @広島SLOW DOWN

また一緒にやると思いますんで、皆様よろしくお願いします。

そして、その週末。
行ってまいりました。大分!
スピーカーの3人とウサギ4人。あと、しそくんの計8人が1台の車に乗り込み行ってまいりました。
予想通り、車内は機材も積んでるのでパンパン!
ギリギリをギリギリ超えてました笑。

image

車内でもウサギの南くんが大爆発でした。
何を話しても受けます。
先輩には生意気、後輩には横柄な平等キャラがみんなにハマりました。愛すべきゲストークも冴え渡ります。
ときおり見せる「月曜、会社いかんといけん。嫌だなぁ」顔もファニーで素敵でした。

加えて、南くんとスピーカーのドラムのいっきさんは中学の先輩後輩にあたり、そこでも話に華が咲きます。
行ってた中学が、広島でもなかなか有名な中学校で南くんの時代にはつけてもどうせ割られるとの理由から教室の窓が嵌め殺しの小さい丸窓になったとか、いっきさんのころは先生が生徒がそこらに吐いたガムを一生懸命取っている姿を見たら、「悪いなあ」と感じながらもガムはそこらに吐き捨ててたこととか、職員室が火事になって午前中で授業が終わった話とか、屋上から何かが落ちてくるのはいっきさんのころも南くんのころも変わらずに行われている行事だったとかエピソードに枚挙に暇がありませんでした。
その中でも印象的だったのが、南くんは進学校に進学したのですが初めての授業で、授業が始まっても生徒が立ち歩いたり、騒がなかったことにカルチャーショックを受けたそうです。いっきさんのエピソードは、先輩が「おい、愛という名のもとにって番組の歌が言い歌じゃけ、借りに行くからついてこい」と言われて、ついて行って無事CDは借りれたのですが、次の日先輩から「おい、昨日のCDに音が入ってねぇぞ。文句いいにいくからついてこい!」って言われて先輩の借りてるCDみたら、サントラって書いてあったけど何も言えなかった話が秀逸でした。

そんな先輩後輩コンビとともに、まずは福岡県行橋でラーメン食いました。南くんが会社で仕入れてきた情報です。
金田家(行橋市役所の前)

image

腹も膨れて、一路大分と思いきや、
「次は唐揚げ!」とあいなり、中津で寄り道。

image

ここの唐揚げ美味かったす。
匂いに我慢ができなくなったいっきさんが、
「ビールが呑みたい。」
そして、高速の手前のLAWSONでモグモグ。
グイグイ、ぷっはー。
「うめぇすね!うめぇ!」って言って、
運転手が一気に減りました笑笑。

image

そして、

image

LAWSONで不思議な映画のポスター発見。
他にも別府とかでも地方映画のポスターを発見しました。
なんか県をあげて、映画を応援してるんですかね?
広島も文化に金使ってくれればいいのに。
で、会場に向かうかとおもいきや、次は地獄めぐり!

image

image

もはや観光以外のなにものでもありません。
こんなこともしました。

次は別府といえば、温泉。
大分出身のしそくんの情報で露天風呂へ

image

景色もよく、幸せ度マックスでした!
裸のつきあいでウサギとスピーカーの仲も一層深まりましたよ。多分。笑笑。
そういやいっきさんは、地元か旅行客かわかりませんが、おっさんに普通に声かけられてました。かなり馴染んでましたからね笑。

で、ようやくアトホールに到着!
連絡いただいてた河村さんもPAさんも素晴らしく素敵なライブハウスです。否応なくも感情が盛り上がります。
リハもいい感じに終わり、会場上にある今夜泊めていただくゲストハウスにおじゃましたら、正に快適!幸せが約束されました。今夜はいくとこまでいっても快適に寝れるとみんなが思ったのでしょう。おかげさまで僕と堀部さんといっきさん、うえのくん以外の若いメンバーは4時くらいまで遊んでたみたいです。

打ち上げで食ったりゅうきゅうという刺し身が絶品でした。

image

あと、いっきさんが美味いと勧めてくれた馬肉も美味でした。どれくらい美味いかというと、これくらいです。

image

一夜明け、あとは帰るだけという訳にはいきません。
高崎山いきました。

image

image

image

image

ベンツという伝説のボス猿のことがよくわかりました。
今のB群という群れのボスの名前が「なんちゅう」という名前に何故か親近感を覚えるなんちょん(南くん)

その後、しそくん情報で海鮮丼食いました。
あと、しそくんが関サバ奢ってくれました。
ありがたい。ありがたい。

image

image

帰りはみんなお疲れ気味でチュイーンと帰りました。
帰ったあと、無事帰れたことを僕たちの神様に報告しに、タワレコ神社に行って、おかげさまで楽しい旅ができましたと報告すると、「でしょうーね怒」って言われました。

それではー。
次は京都っす!

田舎者vol寅と大分ライブ was originally published on usagibunnyboy